ビューゴールドプラスカードは最上級のビューカード!魅力的なサービスやお得なポイントの貯め方を解説

  • 作成
  • 更新

ビューゴールドプラスカードはJR東日本グループが発行しているクレジットカードで、鉄道利用や旅行での利用がお得です。この記事では、ビューカードの中で最上級のサービスを誇るビューゴールドカードについて、詳しく解説します。

ビューゴールドプラスカードの基本情報

ビューゴールドプラスカードは、日本国内在住者で、電話連絡可能満20歳以上の人が利用でき、安定収入があることが前提で発行されます。

数あるビューカードの中でも最上級のカードランクとなっており、それにふさわしいサービスを提供しています。まずはビューゴールドプラスカードの基本情報からお伝えします。

総合評価
3.8
Suica、定期券、クレジットガードも一枚に集約、電車通勤の方には必須のカード

Suicaのオートチャージや切符、定期券の購入はポイント3倍でどんどんポイントが貯まる

  • ETCマイレージサービスに登録すると驚きの10%ポイント還元
  • 年間の利用金額に応じて最大20,500円分のポイント付与
  • 最高5,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 最短5営業日
10,000円(税別) 年会費
10,000円(税別)

ビューゴールドプラスカードの年会費は10,000円

ビューゴールドプラスカードの年会費は10,000円(税抜)です。一般的に、ゴールドカードの年会費は10,000円~30,000円程度で、低年会費ゴールドカードの場合は無料から10,000円程度となっています。

そのため、ビューゴールドプラスカードは平均的なゴールドカードのポジションであることが分かります。年会費10,000円と聞くと、割高と感じる人もいるようですが、月割すると800円ちょっとですので、大きな負担にはなりません。

ビューゴールドプラスカードの国際ブランドはJCBのみ

一般カードである「ビュー・スイカ」カードの場合は、JCBに加えてVISA、Mastercardを選ぶことができますが、ビューゴールドプラスカードの国際ブランドはJCBのみなので注意が必要です。

ビューゴールドプラスカードの付帯保険・補償

ビューゴールドプラスカードは、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯しています。いずれも、クレジットカードを持っているだけで保険適用となる「自動付帯」であるため、特別な手続きや旅行代金のカード決済は不要です。

また、ショッピングプロテクション(国内・海外)も付帯しています。ショッピングプロテクションとは、ビューゴールドプラスカードで購入した商品が、購入日から90日以内に破損したり盗難被害にあった場合に、年間300万円まで補償してくれるサービスです。

そのため、クレジットカードでの買い物に不安を感じる人でも、安心して利用可能です。ただし、1事故につき5,000円の自己負担が必要ですので知っておきましょう。

付帯保険に関する詳細は以下のとおりです。

《ビューゴールドプラスカードの付帯保険》

国内旅行傷害保険

死亡

5,000万円

後遺障害

程度により200万円~5,000万円

入院

1日につき5,000円(フランチャイズ7日)

手術

入院保険金日額の10倍(入院中の手術)または5倍(入院中以外の手術)(フランチャイズ7日)

通院

1日につき3,000円(フランチャイズ7日)

海外旅行傷害保険

傷害死亡

5,000万円

後遺障害

程度により200万円~5,000万円

傷害治療費用

1傷害治療100万円限度

疾病治療費用

1疾病治療100万円限度

賠償責任

1事故限度額3,000万円

携行品損害

1旅行かつ年間累計額20万円限度

救援者費用

年間累計額100万円限度

ショッピングプロテクション

年間300万円限度(1事故あたり自己負担額5,000円)

※フランチャイズ7日とは、事故発生から7日目以降においても入院や通院状態の際に、保険金が支払われること

ビューゴールドプラスカードの家族カード・ETCカード        

ビューゴールドプラスカードは、家族カードの発行が可能です。家族カードは、本人カードのサービスと同様のサービスが受けられ、貯まったポイントは家族分も合算されます。そのため、効率良くポイントを貯めることができます。

家族カードの年会費は1枚目が無料2枚目以降年会費3,000円(税別)となっています。家族カードの申込条件は、本人会員と生計をともにする同姓の配偶者や両親、子どもとなっています。高校生を除く18歳以上が申し込み可能で、本人会員が学生の場合は申し込みできません。

また、ビューゴールドプラスカードは、ETCカードの発行もできます。ビューゴールドプラスカード1枚につき、ETCカードが1枚発行可能で、年会費は477円(税別)です。車が複数台ある場合には、ETCカードも複数枚発行しておけば、1枚のETCカードをシェアする必要がありません。

ビューゴールドプラスカードはSuicaが搭載されている

ビューゴールドプラスカードはSuicaが搭載されています。Suica機能が搭載されていると、通勤や通学、その他移動がとても便利になりますので、嬉しいサービスの1つです。では、ビューゴールドプラスカードのSuica機能について見て行きましょう。

Suicaオートチャージでポイント3倍

Suicaオートチャージは、自動改札機にタッチするだけで、Suicaに自動入金される仕組みのことです。Suicaの残額が設定している金額を下回った際に、改札を通過した時に自動的にチャージされるため、残額不足で改札に引っ掛かる心配がありません。

Suicaオートチャージをクレジット払いにしておけば、通常1,000円(税込)ごとに5ポイント貯まるJRE POINTが、1,000円(税込)ごとに15ポイント貯まってお得です。ポイント還元率が3倍となりますので、ぜひSuicaオートチャージをクレジット払いにしましょう。

JRE POINTについては後述致します。

JR以外の路線の定期券も対応

Suicaは、JR以外の路線における定期券にも対応しています。このことを連絡定期券と呼びます。具体的には、JR線と他の鉄道会社にまたがる定期券や、バス定期券も対応していますので、定期券を2枚に分ける必要がありません。

連絡定期券に対応している鉄道や区間に関しては、公式サイトに「JRの駅の窓口にお問い合わせください」と書かれていますので、あなたの利用している鉄道や区間が対応しているかどうか聞いてみましょう。

モバイルSuicaが無料で利用可能

モバイルSuicaの利用も可能です。モバイルSuicaとは、スマホがSuicaになるサービスで、Suicaチャージ、Suicaでの買い物、新幹線チケットの予約、グリーン券の購入など、スマホだけで行えます。

ビューゴールドプラスカードでモバイルSuicaを登録すれば、通常1,030円(税込)かかるモバイルSuicaの年会費が無料となってお得です。

ビューゴールドプラスカードの魅力的な付帯サービス

ビューゴールドプラスカードには、ゴールドカードならではの魅力的なサービスが備わっています。憧れのゴールドカードのサービスを、余すところなく利用しましょう。詳しく紹介いたします。

東京駅にあるビューゴールドラウンジが利用できる

ビューゴールドプラスカード会員は、東京駅にあるビューゴールドラウンジの無料利用が可能です。ビューゴールドラウンジは、豪華な内装と上質な調度品が特徴で、新幹線や特急列車出発までの時間をゆったりと過ごせます。

新幹線や特急列車の出発90分前から入室可能で、90分以内で滞在できます。ソフトドリンクサービスやお菓子のサービス、新聞や雑誌、無線LAN、クロークの利用など、嬉しいサービスとなっています。営業時間は午前8時~午後6時で、年中無休です。

会員誌や会員限定イベントを開催

会員限定サービスとして、会員誌や会員限定イベントなどの特典があります。会員誌「VIEW Premium」は年間2回発行され、鉄道に関する特集や旅情のほか、手土産に最適なスイーツ情報、ワンランク上のお店情報などが掲載されています。

また、ゴールドカード会員限定のプレミアムイベントやセミナーの開催もあります。過去の開催履歴を紹介すると、「TRAIN SUITE四季島 深遊探訪の旅3日間」「鉄道博物館ナイトミュージアム」「京都福寿園 お茶の楽しみ方セミナー」など、魅力的なイベントやセミナーが行われています。

JR東日本グループや提携施設での優待サービス

ビューゴールドプラスカード会員は、JR東日本グループや提携施設での優待サービスを受けられます。提携施設や優待サービスの内容は以下にまとめますのでご確認ください。

《提携施設での優待サービス》

ジャンル

施設

店名

優待サービス

飲食店

東京駅グランボーナス

東京駅周辺の対象施設で、年間利用額累計5万円ごとに3,000円分の施設利用券をプレゼント

ベックスコーヒーショップ・ベッカーズ

ドリンク無料サイズアップ

東京駅八重洲北口 北町ダイニング

串揚げ処「華祭」

15時以降、入店時にカード提示で、会計から10%割引

中華居酒屋「東京屋台」

入店時にカード提示で、お会計から5%割引

鶏料理専門「本家あべや」

入店時にカード提示で、枡酒1杯サービス

蕎麦居酒屋「いろり庵」

15時以降、入店時にカード提示で、おつまみ1品サービス

ビア&グリル「オールドステーション」

15時以降、入店時にカード提示で、レギュラーサイズのビール1杯サービス

和食居酒屋「七代目卯兵衛」

15時以降、入店時にカード提示で、アルコール含むドリンク1杯サービス

株式会社日本レストランエンタプライズ

為御菜(おさいのため)東京駅黒塀横丁店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

串はん 東京駅黒塀横丁店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

繁乃井 東京駅黒塀横丁店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

羅かん 東京駅黒塀横丁店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

天ぷらけやき 東京駅キッチンストリート店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

いろり庵 上野店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

いろり庵 大宮店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

上野ぶんか亭

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

赤羽ぶんか亭

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

水戸庵

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

Vimon 東京駅キッチンストリート店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

お米のごちそうカフェ iine kitchen(イーネキッチン)

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

スタシェーン 上野店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

スタシェーン 田町店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

上龍酒家 上野店

1,500円以上利用で飲食代金10%割引

ダイニング

楽蔵

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

花咲酒蔵 ウメ子の家

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

湊一や

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

びすとろ家

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

京町しずく

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

鮮や一夜

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

葱や田蔵

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

百魚

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

CELTS

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

とり蔵

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

十勝石狩函館

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

せせらぎを聴きながら

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

TOMPOOYA

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

J’Bar

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

HIT STUDIO TOKYO

飲食代10%割引(ランチは50円引き)

健康中華 青蓮

17時以降、1組4,000円以上ご利用で飲食代金1,000円割引

京鼎樓(ジン ディン ロウ)HANARE

琥珀コース熟成飲み放題2時間付(L.O.30分前) 通常12,352円→8,600円(税込)

ホテル(レストラン・バー)

ビューカード ホテルズボーナス(ゴールド版)

JR東日本ホテルズ対象施設(東京ステーションホテル、メトロポリタンホテルズ、JR東日本ホテルメッツ、ホテルニューグランド<横浜>、ホテルドリームゲート舞浜本館・ホテルドリームゲート舞浜アネックス、ホテルファミリーオ・ホテルフォルクローロ)で、宿泊や直営レストラン・バーの年間利用額10万円ごとに、ビューカードで5,000円分のところ、ビューゴールドプラスカードでは7,000円分のホテル利用券をプレゼント

JR東日本ホテルズ

宿泊基本料金が最大20%割引、直営レストラン・バー 基本料金最大10%割引、レイトチェックアウト

ホテルファミリーオ、ホテルフォルクローロ

1泊朝食付 基本宿泊料金が20%割引

JRホテルグループ

宿泊料金が10%割引

東急ホテルズ

宿泊料金が10%割引

レンタカー

駅レンタカーJR東日本レンタリース

基本料金20%OFF

リラクゼーション

リラクゼ

リラクゼの施術料割引(全コース初回30%割引・2回目以降10%割引)

美術館

東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリーの入館料を100円割引

スポーツ

ジェクサー・フィットネスクラブ

入会金 + ご利用開始月・翌月会費 = 無料

GALA湯沢スキー場

場内1日リフト券20%割引、場内2日リフト券10%割引、レンタル、スクール、ショップの割引券、「SPAガーラの湯」の割引券

レインボーカントリー倶楽部

決済でプレー料金5%割引

セキュリティサービス

ホームセキュリティ「ファミリーガードアイ」

CSP特別価格より、さらに10,000円相当割引

シニア向け見守りサービス「見守りハピネス」

月額料金定価より300円割引

家事サポート「ユアライフ」

1年に1回まで2,000円割引

引越

サカイ引越センター

引越基本料金(車輌費+人件費)25%割引、ダンボール最大50枚サービス

アート引越センター

引越基本料金(車輌費+人件費)20%割引、資材ダンボール最大50枚サービス

ジェイアール東日本物流

引越基本料金(車両費+人件費)20%割引

カラオケ

カラオケ ビッグエコー

「ルーム料金30%割引」もしくは、「飲み放題プラン10%割引」

その他

ロッテ免税店銀座

商品ご購入時のご提示で最大15%OFFとなる「VIP GOLDカード」を即時発行

横浜駅「リフレスタ」

メイクアップラウンジの利用料金30分200円を100円でご提供

acure<アキュア> 通信販売

「FROM AQUA(フロムアクア)」「朝の茶事」「白神山地の天然水」「青森りんご」を通信販売にて優待販売価格

グリーン車利用券のプレゼント

ビューゴールドプラスカードには、グリーン車利用券のプレゼントがありました。2019年3月末までに入会した場合には、以下のコースから特典が選べたのです。

2019年3月までの入会特典

・新幹線・特急グリーン車利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)コース

・普通列車グリーン車利用券(10枚)コース

・普通列車グリーン車利用券(6枚)&JR東日本新幹線車内販売コーヒー無料券(7枚)コース

・東京ステーションホテル スイーツセット ペアご利用券コース

・紀ノ国屋特選デリカテッセン詰合せコース

・JR東日本東北総合サービス 復興応援ギフトコース

・ベックスコーヒーショップ&ベッカーズ コーヒーチケット(25枚)コース

・ジェクサー・フィットネスクラブ 施設ご利用券(レンタル付)(2枚)コース

・「ビューゴールドラウンジ」ご利用券(3枚)コース

しかし、2019年4月1日以降は後述する入会ポイントに一元化されましたので、注意が必要です

ゴールドカード会員用の空港ラウンジが利用できる

ビューゴールドプラスカードには、空港ラウンジ無料サービスの特典があります。空港ラウンジサービスは、ビューゴールドプラスカード会員本人だけでなく、家族会員も利用できます。

国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを、いつでも無料で活用できるため、フライト前にくつろぎの時間が過ごせます。具体的な空港ラウンジは以下をご確認ください。

《ラウンジサービス対応空港》

エリア

空港ラウンジ

北海道・東北

旭川空港「LOUNGE 大雪(TAISETSU)」

新千歳空港「スーパーラウンジ」

新千歳空港「ノースラウンジ」

函館空港「ビジネスラウンジ A Spring.」

青森空港「エアポートラウンジ」

秋田空港「ロイヤルスカイ」

仙台空港「ビジネスラウンジ EAST SIDE」

関東

成田国際空港第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE(アイ・エー・エス・エス エグゼクティブ ラウンジ)1」

成田国際空港第2ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE(アイ・エー・エス・エス エグゼクティブ ラウンジ)2」

羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」

羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」

羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」

羽田空港 第2ターミナル「エアポートラウンジ(南)」

羽田空港 第2ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」

羽田空港 第2ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」

羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE」

羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE ANNEX」

中部・北陸

富士山静岡空港「YOUR LOUNGE」

中部国際空港セントレア「プレミアムラウンジ セントレア」

新潟空港「エアリウムラウンジ」

富山空港「ラウンジ らいちょう」

小松空港「スカイラウンジ白山」

近畿

大阪国際空港(伊丹空港)「ラウンジオーサカ」

関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「六甲」「アネックス六甲」「金剛」

関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「比叡」

関西国際空港「KIX エアポートラウンジ」

神戸空港「ラウンジ神戸」

中国・四国

岡山桃太郎空港「ラウンジ マスカット」

広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」

米子空港「ラウンジ DAISEN」

出雲空港「出雲縁結び空港エアポートラウンジ」

山口宇部空港「ラウンジ きらら」

高松空港「ラウンジ 讃岐」

徳島空港「エアポートラウンジ ヴォルティス」

松山空港「ビジネスラウンジ」

松山空港「スカイラウンジ」

九州・沖縄

福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」

福岡空港「ラウンジTIMEインターナショナル」

北九州空港「ラウンジ ひまわり」

長崎空港「ビジネスラウンジ アザレア」

大分空港「ラウンジ くにさき」

熊本空港 ラウンジ「ASO」

鹿児島空港「スカイラウンジ 菜の花」

那覇空港「ラウンジ華~hana~」

海外

ダニエル・K・イノウエ国際空港「IASS HAWAII LOUNGE(アイ・エー・エス・エス ハワイ ラウンジ)」

ビューゴールドプラスカードで貯まるのはJRE POINT

JRE POINTは、JR東日本グループのポイントプログラムで、鉄道利用やSuica利用、ショッピングなどで貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円相当として駅ビルで使えたり、SuicaチャージやSuicaグリーン券に交換可能です。また、JREモールでのショッピングやJREポイントWEBサイトで商品にも交換できます。

通常の利用は1000円で5ポイント

JRE POINTは、カード利用1,000円ごとに5ポイント貯まります。現金で購入しても何も得られませんが、ビューゴールドプラスカードで決済すればポイント分がお得ですので、積極的にビューゴールドプラスカードを活用しましょう。

特に、水道光熱費や通信費などの固定費をカード払いにすると、毎月自動的にポイントが貯まりますので、家計の節約になるでしょう。

JR東日本関連の利用でポイント3倍

SuicaオートチャージによってJRE PONTが3倍になることは、上記でお伝えしましたが、ほかにもポイントが3倍になるサービスがあります。具体的には以下にて紹介しますのでご確認ください。

JRE PONTが3倍になるサービス

・乗車券、定期券、回数券、特急券

・JR東日本国内ツアー

・Suica定期券、Suicaカード

・ビューカードでのSuica入金(チャージ)

・オートチャージ

・モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション

入会するだけで5000ポイント

ビューゴールドプラスカードは、入会するだけで5000JRE POINTがもらえます。新規入会後に、初年度の年会費を支払った人が対象となっていますので、お得にポイントをゲットして入会が可能です。初年度年会費分は入会ポイントでほとんどペイできます。

また、2年目以降も入会月から1年間の利用額が100万円以上であれば、5000JRE POINTがもらえますので、しっかりと利用していれば、年会費は消費税分だけで済むでしょう。

年間利用額に合わせてボーナスポイントが最大10500ポイント

ビューゴールドプラスカードは、通常ポイントに加えて、年間利用合計額に応じたボーナスポイントが加算されます。このサービスを「ビューゴールドボーナス」と呼び、「Gボーナス70」から「Gボーナス200」までのステージ制となっています。

つまり、使えば使うほどボーナスポイントが多くもらえますので、お得にポイントが貯められます。

《ビューゴールドボーナス》

ステージ

Gボーナス70

Gボーナス100

Gボーナス150

Gボーナス200

年間利用金額累計

70万円以上

100万円以上

150万円以上

200万円以上

ボーナスポイント

1,500ポイント

2,000ポイント

3,000ポイント

4,000ポイント

合計ポイント

1,500ポイント

3,500ポイント

6,500ポイント

10,500ポイント

貯まったJRE POINTの使い道

貯まったJRE POINTの使い道について具体的に紹介します。以下、一覧にまとめますので参考にしてください。

《貯まったJRE POINTの使い道》

ポイントの使い道

内容

駅ビルでポイントを使う

駅ビルでのショッピングや飲食でポイント利用が可能

Suicaにチャージする

貯まったポイントは登録Suicaにチャージ可能

Suicaグリーン券に交換する

JRE POINT用Suicaグリーン券に交換可能

ショッピングモールサイト「JRE MALL」で利用

ショッピングモールサイト「JRE MALL」で利用可能。ジャンルは鉄道グッズ、Suicaのペンギングッズ、ホーム・家電、食品・ドリンク・お酒、ファッション・ビジネス、スポーツ・トラベル・レジャー、ホビー・雑貨、ビューティ・健康、カタログギフトなど多彩

JRE POINT WEBサイトで商品に交換する

JRE POINT WEBサイトで商品に交換可能。商品アイテムのジャンルは、クーポン、Suicaのペンギングッズ、鉄道グッズ、ファッション・ビジネス、キッチン、リビング、グルメ、ドリンク、ビューティ&ヘルス、ベビー・キッズ、

アウトドア、商品券、社会貢献、提携ポイントに交換(マイル、ビックポイントへの交換)など多彩

ビューゴールドプラスカードのメリット     

ここまで紹介してきたように、ビューゴールドプラスカードのメリットは、ポイントをお得に貯められるところや、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯するところ、Suicaが搭載されているなどがあげられます。

また、ビューゴールドラウンジや空港ラウンジサービス、JR東日本グループや提携施設での優待サービスも大きなメリットでしょう。ビューカードとして最上級のカードとして恥じないサービスを提供しています。

ビューゴールドプラスカードのデメリット

ビューゴールドプラスカードのデメリットは、JRの利用頻度が少ない人や、旅行に行く機会がない人には恩恵が薄いところです。あくまでもJR東日本グループの利用を前提として発行されていますので、JRを使わないライフスタイルの人には不向きです。

また、ゴールドカードとして充実のサービスを誇っていますが、他社のゴールドカードのサービスと比べると、特典が平凡であるともいえます。旅行傷害保険金額もゴールドカードとしては平凡ですし、ポイントサービスも突き抜けて目立つ内容ではありません。

空港ラウンジサービスも国内主要空港に留まり、世界中のVIPラウンジは使えません。より上質なサービスを期待している人には物足りない可能性があります。

「ビュー・スイカ」カードとビューゴールドプラスカードの違い

「ビュー・スイカ」カードビューゴールドプラスカードの違いを紹介します。ビュー・スイカ」カードは年会費が447円(税別)であるのに対して、ビューゴールドプラスカードは年会費10,000円(税別)ですので、年会費はビューゴールドプラスカードが20倍以上となっています。

しかしながら、旅行保険が充実していることや、ビューゴールドボーナス、ラウンジサービスなど、ゴールドカードならではのサービスを提供しています。入会条件にも違いがあり、「ビュー・スイカ」カードが18歳以上に対し、ビューゴールドプラスカードは20歳以上と厳し目です。

それぞれの内容は一覧表で比較すると一目瞭然となるため、以下の比較表をご確認ください。

《「ビュー・スイカ」カードとビューゴールドプラスカードの違い》

 

ビューゴールドプラスカード

「ビュー・スイカ」カード

国際ブランド

JCB

JCB、VISA、マスターカード

年会費

本人会員10,000円(税抜)、家族会員 1枚目年会費無料、2枚目からは年会費3,000円(税抜)

本人会員 477円(税抜)、家族会員 477円(税抜)

入会時の利用可能枠

80~200万円

80~200万円

入会条件

日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満20歳以上の安定した収入のある方

日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方

保険内容

最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険(自動付帯)

最高500万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)、最大1,000万円の国内旅行傷害保険(利用付帯)

ゴールドカード特典

ビューゴールドボーナス、ビューゴールドラウンジ、空港ラウンジサービス、JRE POINT 5,000ポイント特典、会員誌の発行や会員限定イベント、提携施設優待サービス

 

総合評価
3.8
Suica、定期券、クレジットガードも一枚に集約、電車通勤の方には必須のカード

Suicaのオートチャージや切符、定期券の購入はポイント3倍でどんどんポイントが貯まる

  • 貯まったポイントはSuicaの電子マネーに交換できるので利用が便利
  • WEB明細サービス利用で600円分のポイントが付与されるので、年会費477円は実質無料
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 最短1週間
477円(税別) 477円(税別)

ビューゴールドプラスカードがおすすめな人       

ビューゴールドプラスカードがおすすめな人は、JRで通勤や通学をしている人、駅ビルやJR関連施設でショッピングをする人、旅行に出かける機会が多い人などがあげられます。

これらの人であれば、日頃の生活にビューゴールドプラスカードを溶け込ませることができるでしょう。いつも通りJRを利用したり、いつも通り買い物をするだけでポイントがどんどん貯まりますので、気が付けば得していることになる筈です。

また、東京駅に頻繁に行く人や、国内空港をよく活用する人も、ラウンジサービスの恩恵が受けられます。これらに該当する人は、ぜひ保有を検討しましょう。

まとめ

ビューゴールドプラスカードは、ビューカードの最上クラスとして、充実したサービスを提供しています。年会費は10,000万円かかりますが、JR関連サービスを頻繁に活用するのであれば、すぐに元が取れるでしょう。

便利なSuica機能を備えている上、モバイルSuicaにも対応しているため、これまで以上にJRの利用がスムーズになるはずです。

また、使えば使うほどポイントが貯まりやすいカードですので、日常生活での決済や、固定費の支払いに利用しましょう。ビューゴールドプラスカードの上質なサービスとお得な特典を、ぜひしっかりと活用しましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
口コミ投稿
国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス
満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る