旅行に持っていくべきカードは?選び方とおすすめのクレジットカード8選を紹介!

  • 作成
  • 更新

旅行する場合にクレジットカードがあればとても便利です。しかしクレジットカードはカードごとに特徴が異なるため、旅行での使用シーンに強いカードを保有していると、より便利でお得となります。この記事では、旅行に持っていくべきクレジットカードの選び方と、おすすめのクレジットカードを紹介します。旅行好きな方はぜひ参考にしてください。

旅行に持っていくクレジットカードの選び方

近年多くの人がクレジットカードを保有しており、人によって、財布の中に複数枚のクレジットカードが入っていることも珍しくありません。基本的にはどのクレジットカードも便利に活用することができますが、ライフスタイルに合わないカードを保有している場合には、もったいない使い方になっているケースもあります。

クレジットカードのスペックやサービス内容は、カードごとにさまざまですので、あなたのライフスタイルにジャストフィットしたカード選びが重要となります。頻繁に旅行に出かけるという人の場合には、旅行先で使い勝手の良いクレジットカードや、旅行に行くほどお得になるクレジットカードを選びましょう。

まずは、旅行に持っていくクレジットカードの選び方から解説いたします。

海外旅行なら国際ブランドVISAのカードは1枚は持っておこう

クレジットカードを選ぶ際には、国際ブランド選びも重要となります。クレジットカードについているVISAやJCBなどのロゴをご覧になったことがあるかと思いますが、国際ブランドとは決済ネットワークのブランドを指し、どの店舗で使えるかを示しています。

あなたのクレジットカードに入っているロゴが、利用可能な国際ブランドであり、そのブランド加盟店での利用が可能ということなのです。

国際ブランドの中でも有名なのが五大国際ブランドで、VISAマスターカードJCBアメリカン・エキスプレスダイナースクラブが該当します。五大国際ブランドに銀聯(ぎんれん)とディスカバーを加えて、7大国際ブランドということもありますが、いずれにせよ、どの国際ブランドかを選ぶことで、利用シーンでの利便性が異なります。

もしも海外旅行に行くことが多い場合には、VISAカードは1枚保有しておきましょう。VISAカードは世界シェア1位の国際ブランドであるため、世界中で活用しやすいという利点があります。海外旅行先で、加盟店が多いクレジットカードを保有していると、とても安心です。

国内旅行ならホテルや新幹線の割引が適用されるカードもあり!

国内旅行の場合には、ホテルや新幹線の割引が適用されるクレジットカード選びましょう。国内で遠出をする場合には、新幹線は欠かせませんし、帰省などの際にも新幹線を利用する人は多いでしょう。

そんな時、どうせ新幹線代を支払うのであれば、少しでもお得に支払いたいものですよね?JR系のクレジットカードや提携クレジットカードの場合、新幹線の割引は適用されるものがありますので、ぜひ保有しておきましょう。

また、ホテルの宿泊費割引や、ホテルでの優待特典が付くクレジットカードも数多く存在します。旅行の前にお得な特典のあるクレジットカードを手に入れておきましょう。

旅行保険や日本語サービスなど付帯特典も確認

旅行保険日本語サービスなども重要な要素です。旅行保険は、クレジットカード会員に保険事故があった場合に補償してくれるサービスで、海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険があります。

傷害死亡保障や後遺障害のほか、傷害治療費用や疾病治療費用、携行品損害などの各種補償があり、安心して旅行に出かけることが可能となります。補償内容や補償額は、カードごとに異なりますし、利用付帯か自動付帯かというのもカードによってさまざまです。

利用付帯とは、旅行費用などをクレジットカードで支払った場合に保険が適用されることを指し、自動付帯とは、クレジットカードを保有しているだけで保険が適用されることを指します。

また、クレジットカードによっては、海外でのトラブル時に日本語対応してくれるヘルプデスクが設けられているものもあるなど、さまざまなサービスで利用者をサポートしてくれます。これらの付帯特典も含めてカード選びを行いましょう。

飛行機を利用するならマイルが貯まるかも重要!

クレジットカードの中には、航空マイルが貯まるカードもあります。クレジットカードを利用するごとに、利用金額に応じてマイルが貯まったり、買い物に応じて貯まるポイントをマイルに移行できるなど、その方式はさまざまです。

いずれの場合も、お得にマイルを貯められますので、旅行好きにとっては見逃せないサービスです。クレジットカードに申し込む場合には、マイルという視点も持っておきましょう。

旅行におすすめのクレジットカードはこれだ!

ここまで、旅行に持って行くべきクレジットカードの選び方を紹介してきましたが、いざクレジットカード選ぼうと思っても、具体的にどのカードを選べば良いのか迷ってしまいますよね?そこで、旅行におすすめのクレジットカードを8枚紹介します。

VISAカードがあると安心!?おすすめは『三井住友VISAカード』

三井住友VISAカードの一般カードには、年会費1,250円(税別)のクラシックカードと、年会費1,500円(税込)のクラシックカードAがあり、インターネット入会の場合は初年度年会費が無料となります。

また、1回払い利用分が自動でリボ払いとなる「マイ・ペイすリボ」に登録+クレジットカードでの買物利用で、翌年度以降も年会費無料または半額となる割引特典がありますので、ぜひ年会費特典を活用しましょう。

ショッピング利用枠が最高80万円リボ・分割払い利用枠が最高80万円キャッシング利用枠が最高50万円となっていますので、ゆとりを持ったカード利用ができるでしょう。

iDやApple Payのほか、WAONやPiTaPaなどの電子マネーに対応していますので、利便性の高いクレジットカードとして知られています。

三井住友VISAカードの付帯保険

三井住友VISAカードの付帯保険は、クラシックカードが最高2,000万円の海外旅行傷害保険クラシックカードAが最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険付帯となっており、いずれのカードも年間100万円までのショッピング保険が付いています。

それぞれの補償内容については以下の表にまとめますので、旅行に出かける前にご確認下さい。

《三井住友VISAカード クラシックカードの旅行保険》

海外旅行傷害保険(利用付帯)

保険事故

補償内容

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円

傷害治療費用(1事故あたりの限度額)

50万円

疾病治療費用(1疾病あたりの限度額)

50万円

賠償責任(1事故あたりの限度額)

2,000万円

携行品損害(自己負担:1事故あたり3,000円)

15万円(1旅行中かつ1年間の限度額)

救援者費用(1年間の限度額)

100万円

 

《三井住友VISAカード クラシックカードAの旅行保険》

海外旅行傷害保険

保険事故

補償内容

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円(自動付帯分:300万円、利用条件分:1,700万円)

傷害治療費用(1事故あたりの限度額)

100万円

疾病治療費用(1疾病あたりの限度額)

100万円

賠償責任(1事故あたりの限度額)

2,500万円

携行品損害(自己負担:1事故あたり3,000円)

20万円(1旅行中かつ1年間の限度額)

国内旅行傷害保険

保険事故

補償内容

救援者費用(1年間の限度額)

150万円

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円(自動付帯分:300万円、利用条件分:1,700万円)

お得なポイントサービス「ワールドプレゼント」

三井住友VISAカードには「ワールドプレゼント」というお得なポイントサービスがあります。利用金額の合計が1,000円(税込)ごとに1ポイントが付与されますので、お得にショッピングを楽しめます。

貯まったポイントは景品に交換したり、他社のポイントプログラムに移行可能ですので、利用シーンを広げることも可能です。

また、ポイントアップモールを利用した場合には、ポイントが通常の2倍~20倍にアップするため、より効率良くポイントが貯められます。

その他充実のサービス

三井住友VISAカードは、写真入りICカードが選べます。クレジットカード裏面に、あなたの顔写真が入りますので、他人による不正利用防止に役立つでしょう。また、クレジットカードの紛失や盗難に対するサポートサービスもあります。

国内・海外ともに、24時間365日連絡を受け付けていますので、万一の時にも安心です。そんな三井住友VISAカードは、インターネットから申し込みをすると、最短3営業日で発行されます。ネットで引き落とし口座の設定も可能ですので、署名や捺印の手間もありません。

総合評価
4.7
VISAカードといえば三井住友VISA!年会費初年度無料で、簡単条件で2年目以降も無料!

日本で初めてVISAカードを発行したのは三井住友VISA!年会費が安いのに電子マネーとの提携が充実しており、さらに100円で1マイルためられるバランスの良いカード!裏面に顔写真入りICカードを選べば安全性がぐんとアップ!

  • 「ポイントUPモール」経由のお買物で、amazon、楽天市場、Yahoo!の獲得ポイントが最大20倍!
  • 「マイ・ペイすリボ」登録と前年1回以上のカード利用で翌年度年会費が無料でお得!
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険と年間最高100万円のショッピング保険の充実補償で安心です!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 最短3営業日
無料 年会費
無料

年会費無料で安心の旅行保険付帯『エポスカード』

エポスカードは、年会費無料のクレジットカードでありながら、旅行保険が付帯している充実の1枚です。エポトクプラザという優待サイトを利用すると、レストランや居酒屋、カフェ、ホテル、アミューズメントなど、お得な割引サービスを受けることが可能です。

エポトクプラザの優待が受けられる店舗は10,000店舗もあるため、あなたにとって嬉しい優待が受けられるでしょう。

お得なポイント利用

エポスカードをVISA加盟店で利用すると、200円(税込)ごとの利用につき1ポイントが貯まります。レストランやスーパー、コンビニなどのほか、通信費や光熱費などでお得に貯めることも可能です。

また、400以上のショップが集まる「たまるマーケット」というポイントアップサイトを利用すると、ポイントが2倍~30倍貯まります。日常での利用に加えてネットショップでの利用もおすすめです。

ポイントの使い道はさまざまです。たとえばエポスVISAプリペイドカードに移行したり、商品券や航空マイルに交換することもできます。

マルイでの割引優待

上記ポイントは、マルイの店舗やネットショッピングの割引として1ポイント単位で使用できますので、使い勝手が良いポイントプログラムとなっています。また、マルイの店舗やネットショッピングでは、割引優待を受けられます。

年間4回開催される「マルコとマルオの7日間」では、会員限定でいつでも10%割引となります。お近くにマルイがある場合や、よくマルイのネットショップを活用する人は、ぜひチェックしておきましょう。

安心の海外旅行傷害保険

エポスカードは海外旅行傷害保険が付帯しています。年会費無料のクレジットカードで旅行傷害保険が付いているというのは、大きなメリットの1つでしょう。海外旅行に出かけた時の病気やケガのほか、携行品の盗難や破損までしっかりと補償してくれますので、安心して出かけることが可能です。

エポスカードの海外旅行傷害保険は自動付帯ですので、お出かけ前の手続きは不要です。また、エポスカードは最短即日発行が可能なので、旅行前に急いで入手することもできるでしょう。海外旅行傷害保険の補償内容は以下の通りです。

《エポスカードの旅行保険》

海外旅行傷害保険

保険事故

補償内容

傷害死亡・後遺障害

最高500万円

傷害治療費用(1事故あたりの限度額)

200万円

疾病治療費用(1疾病あたりの限度額)

270万円

賠償責任(免責なし)

2,000万円(1事故あたりの限度額)

救援者費用(1旅行・保険期間中の限度額)

100万円

携行品損害(免責3,000円)

20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

総合評価
3.9
年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ

入会金・年会費永年無料で最短即日発行!

  • マルイで買い物する方は必須のカード!
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ
  • 優待期間以外でもマルイでの買い物ならポイントは2倍
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~ 最短即日
無料 無料

空港ラウンジも使える、海外サポートも手厚い『アメックスゴールド』

アメリカン・エキスプレスゴールドカード(アメックスゴールド)は、ゴールドカードならではの上質なサービスが受けられます。

たとえば国内・海外合わせて30空港のラウンジを、同伴者1名も含めて無料利用ができたり、国内・海外合わせて1,200箇所以上の空港VIPラウンジが利用可能な「プライオリティ・パス」の無料会員登録が可能です。飛行機で旅行に行く際に、フライトまでの時間をゆったりと過ごすことができるでしょう。

また、国内・海外合わせて約200店舗のレストランで、2名以上で予約の指定コースメニューが、1名分無料になったり、旅のプロが24時間365日、日本語で電話サポートしてくれるサービスも受けられます。年会費29,000円(税別)とそれなりにかかりますが、その分上質なサービスを受けることができます。

ちなみに、家族カードの年会費は1枚無料で、2枚目以降が12,000円(税別)となっています。家族も本会員と同じサービスが受けられ、カードポイントは本会員に合算されるため、家族に喜ばれる上、効率良くポイントを貯めることが可能です。

充実したアメックスのポイントプログラム

アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラムである「メンバーシップ・リワード」では、クレジットカードの利用代金100円ごとに1ポイントが貯まります。もしも、ボーナスポイント・パートナーズの対象提携加盟店でカード利用をした場合には、よりお得にポイントが貯められます。

また、「メンバーシップ・リワード・プラス」というポイントアップグレードプログラムというサービスもあり、ポイントの期限が無期限となったり、ボーナスポイントの加算・ポイントレートアップとなったり、提携ポイントへの移行などが可能となります。

「メンバーシップ・リワード・プラス」は年間3,000円(税別)が必要ですが、ライフスタイルに合わせてポイントが貯まりやすくなるため、とてもお得です。

アメックスの旅行保険はこんなに充実!

アメリカン・エキスプレスゴールドカードの旅行傷害保険は、最高1億円補償ととても充実しています。自動付帯分と利用付帯分で金額が異なりますので、以下の表を参照してください。

《アメリカン・エキスプレスゴールドカードの旅行保険》

海外旅行傷害保険

保険事故

自動付帯

利用付帯

傷害死亡・後遺障害

最高5,000万円

最高1億円

傷害治療費用

最高200万円

最高300万円

疾病治療費用

最高200万円

最高300万円

賠償責任保険

最高4,000万円

最高4,000万円

携行品損害保険(免責3,000円)

1旅行あたり最高50万円(年間限度額100万円)

1旅行あたり最高50万円(年間限度額100万円)

救援者費用

最高300万円

最高400万円

国内旅行傷害保険

保険事故

自動付帯

利用付帯

傷害死亡

補償なし

5,000万円

傷害後遺障害

補償なし

最高5,000万円

 

総合評価
4.3
圧倒的な旅行サポートを誇る、世界が認めるステータスカード!

ブランド力と無料ラウンジ利用やマイル移行のし易さで圧倒的に旅をサポート。100円=1マイルのハイペースでマイルが貯まる!航空会社VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」がなんと年会費無料で登録できます(通常99USドル)

  • ANAマイルだけじゃない!スターアライアンス系提携数十社にマイル移行可能
  • 海外旅行保険が最大1億円補償!さらに航空機遅延保険まで付帯!
  • 国内外の空港ラウンジが同伴1名まで無料で利用可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.4%~1.0% 2週間程度
29,000円(税別) 29,000円(税別)

国内旅行ならこのカード

旅行に出かけるのは、国内が中心という場合には、楽天カードビュー・スイカカードがおすすめです。いずれも気軽に保有できるクレジットカードの割には、サービス内容が充実しているため、使い勝手が良いでしょう。それぞれの内容を詳しく見て行きましょう。

国内ホテルやレンタカー割引適用!『楽天カード』

楽天カードは、年会費永年無料のクレジットカードで、使えば使うほどお得にポイントを貯めることができます。100円(税込)につき1ポイント貯まる楽天スーパーポイントは、楽天トラベルの利用でポイント2倍、楽天市場の買い物で最大3倍、Rakoo加盟店で2倍、街の加盟店で最大3倍となるため、ポイントがザクザク貯まって行くでしょう。

貯まったポイントは1ポイント1円相当として利用可能で、楽天サービスや街のお店、楽天EdyやANAマイレージに交換可能です。

また、国内ホテル予約と楽天カードでの決済によって、通常ポイントに加えて1%のポイントが加算されるため、お得な宿泊予約が可能です。海外旅行の場合は、世界145カ国以上、合計10,300箇所の拠点で、レンタカー10%割引となるため、リーズナブルにレンタカーの手配ができるでしょう。

また、年会費永年無料でありながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付いています(利用付帯)。国内旅行で便利なカードではありますが、実は海外旅行のサービスも充実しています。

《楽天カードの旅行保険》

海外旅行傷害保険(利用付帯)

保険事故

補償内容

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円

傷害治療費用(1事故あたりの限度額)

200万円

疾病治療費用(1疾病あたりの限度額)

200万円

賠償責任(1事故あたりの限度額)

2,000万円(免責なし)

救援者費用(年間限度額)

200万円

携行品障害(免責3,000円)

20万円

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

新幹線の旅なら『ビュー・スイカ』カード

ビュー・スイカカードとは、Suicaと定期券、JRE POINTカード、クレジットカードが1枚になったクレジットカードです。カード利用1,000円(税込)ごとに、JR東日本共通ポイントであるJRE POINTが5ポイント貯まります。

年会費は477円(税別)ですが、Web明細ポイントサービスにすることで、明細書発行のたびにJRE POINTが貯まるため、年会費分以上のポイントが貯まってお得です。

ビュー・スイカカードでポイントを効率良く貯めるには、さまざまな方法があります。たとえば、定期券購入でポイント3倍となりますし、年間の利用額に30万円を超えると250ポイント、70万円を超えると1,000ポイント、100万円をこえると1,500ポイント、150万円を超えると2,500ポイントのボーナスポイントがもらえます。

また、新幹線の予約や、JR券の申込みに便利な「えきねっと」会員の場合は、割引切符の購入が可能となります。その上、ビュー・スイカのクレジット払いをすると、「えきねっとポイント」と「JRE POINT」がダブル取りできます。「えきねっと」で申し込み、みどりの窓口や指定席券売機からJR券を受け取ると、JRE POINTが3倍貯まってとてもお得です。

新幹線での旅行など、JR東日本での旅行が多い場合には、ぜひ知っておきましょう。貯まったポイントは、Suicaへのチャージや、JRE POINT加盟店での利用のほか、商品交換、商品券やクーポン券に交換、社会貢献などに利用することができます。

そんなビュー・スイカには、旅行保険がセットされていますので、安心してお出かけが可能です。

《ビュー・スイカの旅行保険》

海外旅行傷害保険(自動付帯)

保険事故

補償内容

死亡・後遺障害

最高500万円

傷害治療費用

50万円限度

疾病治療費用

50万円限度

国内旅行傷害保険(利用付帯)

保険事故

補償内容

死亡・後遺障害

最高1,000万円

入院

3,000円/日

手術

入院保険金日額の10倍または5倍

通院

2,000円/日

 

総合評価
3.8
Suica、定期券、クレジットガードも一枚に集約、電車通勤の方には必須のカード

Suicaのオートチャージや切符、定期券の購入はポイント3倍でどんどんポイントが貯まる

  • 貯まったポイントはSuicaの電子マネーに交換できるので利用が便利
  • WEB明細サービス利用で600円分のポイントが付与されるので、年会費477円は実質無料
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 最短1週間
477円(税別) 477円(税別)

マイラーには、もちろんこの2枚!

クレジットカードを利用しながら、航空マイルを貯めている人も多いです。クレジットカードであればフライトだけに限らず、カード利用でもマイルを貯めることができるため、しっかりとマイルを貯めていくことができます。

とはいえ、JALマイルを貯めている人、ANAマイルを貯めている人と、普段利用する航空会社によって、マイルのニーズは異なります。ここでは、JALカード TOKYU POINT CLUBQカードと、ソラチカカードを紹介しますので、JALかANAかで使い分けましょう。

JALマイラーにおすすめは『JALカード TOKYU POINT CLUBQカード』

JALカード TOKYU POINT CLUBQカードは、JALカードのサービスと、東急グループのサービスの両方が受けられるクレジットカードで、JALマイルもTOKYU POINTも両方貯まる、とてもお得なカードです。

TOKYU POINT CLUBQカードの特徴としては、利用明細やキャンペーン登録をインターネットで行うことができる「DC Webサービス」や、「ふらっと・ぷらっと」などの海外旅行に役立つ旅行関連パンフレットが用意されていること、毎月の支払い額を自分で決められる「楽Pay」というリボ払いサービスなどがあります。

ほかにも、各種特典や割引が利用可能なWEB優待ガイドなど、ユーザーメリットの多い情報をしっかりと提供してくれます。

そんなTOKYU POINT CLUBQカードとJMB WAONカードを2枚セットで登録した場合、JALカードからチャージが可能で、チャージをした場合も支払いをした場合でもマイルを貯められるようになります。

チャージは100円で1マイル(最大)、支払いは200円で1マイル(最大)と、2回マイルが貯まるため、200円で3マイル(最大)が貯まります。

さらに、東急百貨店や東急ハンズなど、TOKYU POINT加盟店で利用した場合には、ショッピングマイルとTOKYU POINTがダブル取りできます。貯まったTOKYU POINTは、2,000TOKYU POINTを1,000マイルに交換可能ですし、逆に10,000マイルを10,000TOKYU POINTに交換することもできます。いずれか、よく利用するポイントを貯めて行くと良いでしょう。

総合評価
3.8
通常のJALマイルに加え、東急グループのTOKYUポイントも貯まり、還元率最大10%!

年会費500円(税別)の東急グループでお得な「TOP&ClubQカード」のサービスも付与、東急百貨店の利用では年間利用額に応じて3~10%ポイント高還元!

  • カード利用200円で1マイル、全国に約52,000あるJALカード特約店での利用では100円で1マイル付与
  • JALグループ航空便の初回搭乗ボーナス1,000マイル、毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル、さらに搭乗ごとに10%ボーナスマイル付与
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯で安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~10% 4週間程度
無料 2,000円(税別)

ANA派のあなたには『ソラチカカード』がおすすめ!

ソラチカカードは、クレジットカード1枚で3つのポイントが貯まります。3つのポイントとは、ショッピングによるOki DokiポイントANAの利用によるフライトマイル東京メトロの乗車によるメトロポイントです。

まず、Oki Dokiポイントは、ソラチカカード1,000円の利用ごとに1ポイント貯まります。Oki Dokiポイントよりもマイルを貯めたい場合には、自動的にマイルへ移行するコースも選ぶことができます。

ANAマイルは、ANAグループ便の搭乗や、スターアライアンス加盟航空会社便に搭乗することで貯めることが可能です。1,000マイルがもらえる入会ボーナスマイルや、継続時のボーナスマイル、フライトマイルの10%加算される搭乗ボーナスマイルなど、各種ボーナスマイル特典がありますので、事前に確認しておきましょう。

メトロポイントは、東京メトロの利用で平日は5ポイント、土日祝日は15ポイント貯まります。提携先や加盟店でPASMO電子マネーを利用することでもポイントが加算されますので、東京メトロの利用がよりお得になるでしょう。

ソラチカカードは、年会費2,000円(税別)で、初年度年会費は無料です。海外旅行損害保険が最高1,000万円国内航空傷害保険が最高1,000万円と、旅行保険も充実しています。

総合評価
4.1
ANAマイル・メトロポイント・Oki Dokiポイントの3つのポイントがたまる!陸マイラー必須のカード!

ANAカードとTo Me CARDの機能がひとつになった初年度年会費無料のソラチカカード。日々のショッピングと東京メトロ利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでたまる!ポイントはマイル移行ができるのでマイラーにおすすめ!

  • 東京メトロの定期券購入にご利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでもらえます!
  • 東京メトロ乗車ごとに平日5ポイント、休日15ポイントがたまり、メトロポイント100ポイントを90マイルに移行できる
  • 最高1,000万円の国内外旅行傷害保険が付帯で安心
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~1.0% 最短3営業日
無料 2,000円(税別)

日本語サポート付き!外国語に不安のある人も安心の『JCBプラチナ』

JCBプラチナは、年会費25,000円(税別)と、しっかりかかりますが、それ以上にサービスが充実しています。JCBプラチナでぜひ活用したいサービスがプラチナ・コンシェルジュデスクです。

プラチナ・コンシェルジュデスクでは、たとえば旅行の各種手配や情報案内のほか、万一のトラブルまで全般的にサポートしてくれます。プラチナ・コンシェルジュデスクは、24時間365日利用可能で、国内外問わず日本語対応をしてくれるため、外国語に不安がある人も気軽に利用できるでしょう。

また、JCBプラチナは、有名レストランで1名分が無料になったり、厳選宿泊施設をお値打ち価格で宿泊できるなど、プラチナカードならではのサービスを備えています。

さらに、世界の空港VIPラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスも備わっていますので、フライトまで有意義に過ごすことができるでしょう。

Oki Dokiポイントがしっかり貯まる!

ポイントに関しては、1,000円(税込)の利用ごとにJCBのOki Dokiポイントが1ポイント貯まるのですが、スターバックスカードにオンライン入金またはオートチャージをすると、Oki Dokiポイントが10倍貯まります。

「Oki Doki ランド」経由でネットショッピングをすると、ポイント最大20倍になるなど、お得にOki Dokiポイントが貯められます。

旅行傷害保険は最大1億円

国内・海外旅行傷害保険も最高1億円と充実していますので、万一をしっかりとサポートしてくれます。いずれも自動付帯となっていますので、何の手続きをせずとも、保険が適用されます。詳しい補償内容は以下の表をご確認ください。

《JCBプラチナの旅行保険》

海外旅行傷害保険(自動付帯)

保険事故

補償内容

死亡・後遺障害

最高1億円

傷害治療費用(1事故あたりの限度額)

1,000万円限度

疾病治療費用(1疾病あたりの限度額)

1,000万円

賠償責任(1事故あたりの限度額)

1億円

携行品損害(免責3,000円)

100万円限度(1旅行あたり100万円限度)

救援者費用(1事故あたりの限度額)

1,000万円

国内旅行傷害保険(自動付帯)

保険事故

補償内容

死亡・後遺障害

最高1億円

入院日額

5,000円(事故日から180日限度)

手術保険金

入院日額×倍率(10倍、20倍、40倍)1事故あたり1回が限度

通院日額

2,000円

総合評価
4.2
年会費25,000円(税別)で誰でも申し込み可能なJCB高ステータスカード

日本を代表するJCBのプラチナカード!24時間・365日対応のコンシェルジュサービスはもちろん、ホテルや高級旅館での優待サービスが充実!家族カードは1名無料

  • 海外旅行傷害保険は安心と充実の最高1億円補償!
  • 世界中の豪華空港ラウンジが無料で利用可能な「プライオリティ・パス(年会費399USドル)」の登録が無料!
  • 「グルメ・ベネフィット」で国内一流レストランの所定コースを2名以上で予約すると1名無料に!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~2.5% 最短3営業日(通常1週間程度)
25,000円(税別) 25,000円(税別)

まとめ

旅行に出かける時には、クレジットカードがあると決済が便利です。また万が一のトラブルの際に、補償やサポートを受けられるため、クレジットカードを持っておくと安心です。

クレジットカードは、利用によるポイント還元や割引特典などを含め、便利でお得かつ安心に利用することが可能です。ぜひ、あなたのライフスタイルに合ったクレジットカードを選び、賢く活用しましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る