Tポイント クレジットカードならコレがおすすめ!お得にポイントを貯める方法や先に知っておきたい注意点とは

  • 作成
  • 更新

クレジットカードで貯まるポイントは各社で異なりますが、他社カードなどを使っていて、「ポイントの使い道が少ない」「ポイントがなかなか貯まらない」といった不満が生じている方もいるでしょう。

Tポイントが貯まるクレジットカードを利用すれば、カードの提示でもポイントが貯まり、さらに全国にあるTポイント加盟店でポイントを使えるメリットを得られます。

この記事では、Tポイントがたくさん貯まるTカード一体型クレジットカードの魅力を徹底解説します。

クレジット決済で便利に使えるTポイントを貯めたい方は、参考にしてください。

Tポイントとは?

Tポイントとは、カルチュア・コンビニエンス・クラブが展開しているポイントのサービスです。

Tポイントは加盟店ならどこでも貯めたり使ったりできるのが特徴で、通常はプラスチック製のポイントカードで貯めるしくみです。しかし、クレジット機能付きのTポイントカードや、スマートフォンで表示できるバーコード型のTカードも存在します。

Tポイントカードを持っていれば普段の買い物や食事などでどんどんポイントを貯め、1ポイント1円で使えるので、持っておいて損はないでしょう。

TポイントがたまるTカードの魅力

Tポイントは使い勝手が良い、便利なポイントサービスです。

ここからは、Tポイントの魅力を徹底解説するので、Tポイントに興味を持った方はご覧ください。

Tポイントは加盟店がたくさんあり、貯めやすい

Tポイントは、加盟店が街中にたくさん存在するのが大きな特徴です。

ファミリーマートやTSUTAYAだけでなく、たくさんのお店がTポイントに対応しています。

主なTポイント加盟店をジャンル別にまとめたので、ご覧ください。

書店・CD・DVD

  • TSUTAYA
  • WonderGOO
  • Honya Club with加盟書店
  • 旭屋書店

グルメ

  • ガスト
  • 吉野家
  • ドトール
  • 牛角
  • バーミヤン

旅行

  • 東急ホテルズ
  • マイナビトラベル
  • Yahoo!トラベル

ドラッグストア・スーパー

  • ウエルシア薬局
  • ハッピー・ドラッグ
  • ドラッグユタカ
  • マルエツ
  • マミーマート

他にも様々な加盟店があり、都市部・地方問わず身の回りで使える機会が多いのがTポイントの魅力です。

ポイントの使い道に困ることもほとんどない!マイルにも交換できる

たくさんの加盟店があるため、Tポイントはたくさん貯まっても少額でもポイントの使いみちに困ることはありません。

多くのお店で1ポイント1円分として使えるので、たとえあまりポイントを貯められなかった月があったとしても、ポイントを使うことは容易です。

また、Tポイントは、500ポイントを貯めればANAマイレージのマイル250マイルと交換することができます

10,000ポイント貯めれば交換レートがアップし、10,000ポイント=10,000マイルとの交換も可能となっています。

普段のファミリーマートやTSUTAYAなどにおける買い物で貯めるのも良いですし、マイルと交換するのも良いでしょう。

使い道が豊富なのは、Tポイントの大きなメリットです。

Tポイントはジャパンネット銀行で現金に交換できる

Tポイントは、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば100ポイント85円として1,000ポイント単位で交換することもできます。

Tポイント加盟店をあまり利用することがなかったとしても、現金に交換できてしまうので、対象クレジットカードなどを利用してTポイントを貯める意味は十分です。

他社クレジットカードで貯めたポイントをTポイントと交換可能

他社クレジットカードで貯めたポイントは、Tポイントと交換できるケースもあります

例えば、三井住友VISAカードで貯めたワールドプレゼントのポイントは、1ポイント=Tポイント4ポインとして交換することが可能です。

他社クレジットカードをメインカードとして活用している場合でも、交換に対応していれば必要に応じてTポイントと交換できるので、クレジットカードで貯めるポイントのTポイントへの1本化は容易です。

総合評価
4.7
VISAカードといえば三井住友VISA!年会費初年度無料で、簡単条件で2年目以降も無料!

日本で初めてVISAカードを発行したのは三井住友VISA!年会費が安いのに電子マネーとの提携が充実しており、さらに100円で1マイルためられるバランスの良いカード!裏面に顔写真入りICカードを選べば安全性がぐんとアップ!

  • 「ポイントUPモール」経由のお買物で、amazon、楽天市場、Yahoo!の獲得ポイントが最大20倍!
  • 「マイ・ペイすリボ」登録と前年1回以上のカード利用で翌年度年会費が無料でお得!
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険と年間最高100万円のショッピング保険の充実補償で安心です!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 最短3営業日
無料 年会費
無料
総合評価
4.7
18歳~25歳限定のお得カード!ポイントが通常の2倍、入会後3カ月は驚きの5倍!

18歳以上25歳以下の方限定!学生や新社会人の最初の一枚にオススメのカード!付帯保険がシンプルな分、ポイントが入会後3カ月は5倍の大幅アップ!

  • 初年度年会費が無料で、前年一回以上の利用さえあれば翌年度の年会費も無料!
  • ポイントが常に通常カードの2倍!入会後3ヶ月間は驚きのポイント5倍で還元率2.5%!マイル移行で100円で2マイル以上!!
  • 年間100万円までのショッピング保険やカード盗難、不正利用の補償もしっかりサポート
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~2.5% 最短3営業日
無料 1,250円(税別)※前年1回以上の利用があれば翌年度の年会費無料

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードの魅力

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードには、生活を便利にできる様々なメリットがあります。

ここからはTポイントがたまるTカード一体型クレジットカードの魅力を解説するので、入会を検討している方は参考にしてください。

クレジットカードとTカードを1枚にまとめられる

TポイントがたまるTカードは通常、プラスチック製の厚みがあるカードとして持ち歩くこととなります。

つまり、別にクレジットカードも持ち歩くと、財布の中のカードは2枚となってしまい、財布自体の厚みも増し、持ち運び時に邪魔になってしまうリスクも高まります。

また、財布の中に複数枚のカードを入れていると、Tポイントやクレジットカード提示の際にカードを取り出す時にどこにしまったかわからなくなり、無駄な時間を消費してしまうこともあるでしょう。

TポイントがたまるTカードとクレジットカードが1枚にまとまっていれば財布の中身はスッキリ、取り出しやすくなります。

TSUTAYAのレンタル登録料や年会費が無料になる

TSUTAYAでDVDなどのレンタルを利用する際は通常、レンタル登録料300円程度と年会費300円程度が発生しますが、TポイントがたまるTカード一体型のクレジットカードなら無料になります。

TSUTAYAのTカードプラス以外であっても、年会費や登録料はかからないので、TSUTAYAにおける毎年の利用料金を大幅に削減できるのもメリットです。

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードには年会費無料のバリエーションもたくさんあるので、できれば年会費無料カードを選び、Tカード関連の費用は0円に抑えたいところでしょう。

カード提示とクレジット決済の併用でポイントがざくざく貯まる!

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードは、カードの提示とクレジット決済でTポイントの二重取りができます

Tカード加盟店でクレジット決済をすれば基本的にポイントの二重取りができるものの、Tカード一体型のクレジットカード以外だと貯まるポイントは2種類に分かれるので、1つのポイントに絞って貯めたい場合は不利です。

貯めるポイントをTポイントに絞り、どんどん貯めて加盟店でお得に使いたい方には、Tカード一体型クレジットカードが有利となります。

Tポイント加盟店以外でもポイントを貯められる

Tポイント加盟店でなければ、通常はTポイントを貯められません。

しかし、TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードなら、クレジット決済によりいつでもどこでもTポイントを貯められます。

普段の生活でどんどんTポイントを貯めたい人は、生活費決済などをTカード一体型のクレジットカードにまとめてみてはどうでしょうか。

ファミマTカードは最強?TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードを比較

Tカード一体型クレジットカード自体はたくさんのバリエーションがありますが、中でもオススメなのは、以下の3種類に絞られます。

  • ファミマTカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • Tカードプラス(TSUTAYA)

「これが最強」という選択肢はなく、いずれも魅力的な選択肢です。

それぞれ、名前にある通り特定のTポイント加盟店で有利にポイントを貯められるメリットを持っています。

以下に主な各カードの特徴をまとめたので、まずはご覧ください。

 

年会費

ポイント還元率

主な特徴

ファミマTカード

無料

0.5%

カードの日にポイント最大5倍

Yahoo!JAPANカード

無料

1%

Yahoo!JAPAN、LOHACOでポイント3倍

Tカードプラス(TSUTAYA)

無料

0.5%

TSUTAYAでポイント3倍

見ての通り、年会費はいずれも無料ですが、ポイント還元率や主な特徴が異なっています。

ここからは3つのTポイントがたまるTカード搭載クレジットカードにおけるメリットを詳しく解説するので、どのカードを選ぶか迷っている方は参考にしてください。

総合評価
3.6
ファミリーマート利用ユーザに圧倒的おすすめ!ポイント還元率最大18%!

毎週火曜と土曜はファミリマートでの利用で、ポイント最大5倍

  • 25歳以下の方のファミリーマートでのカード利用でポイント2倍
  • 一ヶ月間のファミリーマートでのお買い物金額に応じて、翌月のポイントレートが最大3倍
  • 年会費永年無料
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~18.0% 最短2週間
無料 無料

ファミマTカードはファミリーマート向けのTカード一体型クレジットカード

ファミマTカードは、名前に「ファミマ」とあることからもわかる通り、ファミリーマートユーザーにとって特にオススメの選択肢となるTポイントがたまるTカード一体型クレジットカードです。

カードの発行会社はポケットカードで、年会費は永年無料に設定されています。

ポイントは通常200円につき1ポイントのTポイントが還元されるため、還元率は0.5%ですが、ファミリーマートで使うならカード提示によるポイントも200円につき1ポイント貯まるので、合計1%還元です。

もちろん、他のTポイント加盟店でクレジット決済としても、カード決済ポイントと提示ポイントでTポイントの二重取りができるのでご安心ください。

さらに、ファミマTカードはファミリーマートで活用すれば、還元率をアップさせたり商品の価格を割引にできたりとメリット満載です。

次項よりファミマTカードの魅力を解説していくので、ご覧ください。

ファミマTカードをお得に使えるカードの日とは?

ファミマTカードは、毎週火曜日・土曜日が対象となる「カードの日」に利用すればポイントを5倍還元、つまり2.5%還元にすることができます。

カードの日において200円ごとに貯まるポイントの内訳は、以下にまとめたとおりです。

  • 通常ショッピングポイント:1ポイント
  • スペシャルポイント:2ポイント
  • クレジット決済ポイント:2ポイント

クレジット決済をしなくてももれなくファミマTカードなら200円につき3ポイント還元の1.5%還元となるので、ファミリーマートでの買い物はカードの日がお得であることを覚えておきましょう。

ただし、カードの日を利用しなかったとしても、ファミリーマートでポイントを5倍獲得する方法があるので、続けて解説します。

ファミマTカードを活用すればファミランクも上がっていく

ファミマTカード以外も含めて、Tカードではファミリーマートでの毎月の買い物金額に応じて、「ファミランク」が上がります。

ファミランクが上がるとポイントレートが上昇してお得にポイントを貯められるようになるので、ファミリーマートのヘビーユーザーにとっては大きなメリットといえるでしょう。

ファミランクの上がり方と条件を以下の表にまとめたので、ご覧ください。

ランク

ランクに必要な前月の利用金額

貯まるポイント

ブロンズ

〜4,999円

ポイントアップなし

シルバー

5,000〜14,999円

1%還元(ポイント2倍)

ゴールド

15,000円〜

1.5%還元(ポイント3倍)

さらに、ファミマTカードなら、カードの日も併用すればポイントは最大6倍=3%還元です。

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードで決済をすれば、もちろんクレジット決済ポイントも貯められます。

ファミマTカードとカードの日、そしてファミランクを組み合わせて、お得にポイントを貯めましょう。

ファミマTカードを選べば、対象商品が割引に!

ファミリーマートでは、ファミマTカード会員向けに、食品などを割引販売していることがあります。

ファミリーマートに行く機会がある人は、ファミマTカードを持っていれば商品をお得に購入できるのも見逃せないメリットと言えるでしょう。

ファミマTカード以外のTカード一体型クレジットカードでは、ファミマTカード会員向けの割引を受けることができないので注意が必要です。

ファミマTカードはファミリーマートで利用料金を支払える!

クレジットカードの請求額は、通常口座引き落としによって支払うこととなります。

しかし、ファミマTカードは、Famiポートを利用して翌月1日までに利用金額を支払うことも可能です。

事前に口座へ利用金額を預金しなければいけない口座振替でなく、ファミリーマートで手軽に利用額を支払いたい方は、店頭支払いコースを利用しましょう。

ファミマTカードなら、ポケットモールでネットショッピングもお得に!

ファミマTカードでは、「ポケットモール」を経由して対象店舗で買い物をすれば、ポイントをお得に貯められます

例えば楽天市場ならポイントが1,000円につき別途Tポイントが6ポイント還元Yahoo!ショッピングなら12ポイント還元です。

ネットショップを利用する機会が多い方は、お店を利用する前にポケットモールを確認し、ポイントをお得に貯めてみてはどうでしょうか。

ファミマTカードはiD対応・対応スマホでiD決済もできる

ファミマTカードは、iD決済に対応しています。

おサイフケータイ対応のスマートフォンや携帯電話にファミマTカードを登録すれば、後払い・チャージ不要の電子マネーiDを使っての決済ができるしくみです。

ファミリーマートはもちろん、ガストや自動販売機などたくさんのお店でiD決済ができるので、対応機種を持っている方はスマホをタッチするだけで支払いができるiDも活用するのがオススメです。

総合評価
3.6
ファミリーマート利用ユーザに圧倒的おすすめ!ポイント還元率最大18%!

毎週火曜と土曜はファミリマートでの利用で、ポイント最大5倍

  • 25歳以下の方のファミリーマートでのカード利用でポイント2倍
  • 一ヶ月間のファミリーマートでのお買い物金額に応じて、翌月のポイントレートが最大3倍
  • 年会費永年無料
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~18.0% 最短2週間
無料 無料

通常ポイント還元率が最も高いのはYahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、Yahoo!が展開しているTポイントがたまるTカード一体型のクレジットカードで、年会費は無料です。

他に詳しく紹介している2つのTカード一体型カードとYahoo! JAPANカードの大きな違いは、100円につき1ポイントのTポイントを貯められる1%還元であることです。

Tカード一体型クレジットカードは、対象店舗でのポイントアップなどはあるものの、基本的に200円につき1ポイント還元の0.5%還元です。

クレジット決済時にポイント付与の対象となる金額が少なく、さらに還元率も高いのは、Yahoo! JAPANカードを選ぶ大きなメリットと言えるでしょう。

Yahoo!JAPANカードはYahoo!ショッピングやLOHACOでのポイント3倍還元が魅力!

Yahoo! JAPANカードはただ還元率が1%で高いだけでなく、対象店舗で3%もの高還元を受けられるメリットがあります。

対象となるのはYahoo!ショッピングと、Yahoo!が展開している食品や日用品が中心の通販サイト・LOHACOです。

  • 食料品やトイレットペーパー、化粧品などの日用品はLOHACOで購入
  • 書籍やCDなどはできるだけYahoo!ショッピングで購入

以上のようなネットでの買い物中心の生活なら、Yahoo! JAPANカードでどんどんTポイントを貯められるためお得です。

ファミリーマートやTSUTAYAといった実店舗での利用中心でないなら、いつでもどこでも1%還元+Yahoo!ショッピングとLOHACOで3%還元のYahoo! JAPANカードが最もお得・オススメと言えるでしょう。

Yahoo!JAPANカードならヤフオクで出品時に本人確認不要!

Yahoo! JAPANカードを持っていれば、ヤフオクに初めて出品するときに本来必要となる面倒な本人確認手続きも必要ありません。

不用品を売却する際は、ヤフオクを利用すれば街中の買い取りショップに比べて高額な販売価格になることもあり、大きな利益を得られます。

手間をかけずにヤフオクで出品を開始できるのも、Yahoo! JAPANカードを選ぶメリットの一つなのです。

Yahoo!JAPANカードで買い物に補償をつけられる「プラチナ補償」とは?

Yahoo! JAPANカードを使ってネットショップや街中で買い物をする際に、買った商品にトラブルが発生すると大きな損害となってしまい、心配な方もいるのではないでしょうか。

月額490円(税抜)のプラチナ補償を利用すれば、買い物以外も含めた様々な場面で補償を受けられます。

プラチナ補償の補償内容は、以下の18種類です。

  • 購入した商品の修理補償金(修理費の50〜100%)
  • 商品の破損補償金(購入金額の90%)
  • 宅配郵送事故補償金(購入金額の90%)
  • 商品の盗難補償金(購入金額の60%)
  • 返品不可時の補償金(購入金額の50%)
  • 携帯電話水濡れ時のキャリアにおける保証サービス利用料(実費全額)
  • Yahoo! JAPANカード決済時の交通トラブル(入院1日3,000円)
  • 災害時の電子デバイス故障時の修理代・購入金額
  • 車上荒らし被害補償金(購入金額)
  • 自転車事故賠償責任補償金
  • 家族が事故で亡くなった際の帰省にかかった交通費
  • 急な怪我・病気における旅行・イベントキャンセル料
  • 海外旅行中の怪我・病気の治療費
  • 海外旅行中に荷物が盗まれた時の損害補償金(購入金額の50%)
  • 乗り継ぎ便欠航などでの出費補償金
  • インターネットのなりすまし被害における損害賠償額
  • ネット売買におけるトラブル時の弁護士費用
  • 個人情報漏洩における損害賠償

以上の通りたくさんの場面で補償を受けられるのが、プラチナ補償のメリットです。

月額費用がかかるので絶対に加入が必要とは言えませんが、生活や旅行、インターネットでの買い物を安心して行いたい方は、必要に応じて加入してみてはどうでしょうか。

TSUTAYAのTカードプラスはTSUTAYAでポイント3倍還元がお得

TSUTAYAで展開されているアプラス発行のTポイントがたまる「Tカードプラス」年会費無料で、カードデザインは黒と白の2種類から選べます。

Tカードプラスは200円につき1ポイントのTポイントが還元される0.5%還元のカードですが、TSUTAYAにおいてポイントを3倍還元・つまり還元率1.5%にできるのが特徴です。

もちろん、TSUTAYAのレンタル利用の年会費や、登録手数料はかかりません。

TSUTAYAで書籍を買ったり、DVDやCDをレンタルしたりする機会が多い方は、お得にポイントを貯められるTカードプラスの利用がオススメです。

TSUTAYAのランクアップサービスで、Tカードプラスは最大ポイント6倍還元に!

TSUTAYAには、ファミリーマートのような独自のランクアップサービスがあります。

利用金額でなくTSUTAYAの利用回数によってランクが変動するしくみで、ランクが上がればポイント還元率はTカードプラスでのクレジット決済利用時に最大3%にまで上昇します。

なお、TSUTAYAのランクアップサービスも、ファミリーマートと同様その他のTカード一体型クレジットカードや、ポイントカードのTカードでも利用できます。

以下の表に、TSUTAYAのランクアップサービスのランク条件と、TポイントがたまるTカードプラスにおけるカード払い時のポイント還元率をまとめたので、ご覧ください。

ランク

条件

ポイント還元率(Tカードプラス)

ブロンズ

月に1〜2日TSUTAYAを利用

2%(4倍)

シルバー

月に3日以上TSUTAYAを利用

2.5%(5倍)

ゴールド

月に5日以上TSUTAYAを利用

3%(6倍)

利用金額に細かい規定はないので、100円のDVDレンタルであっても月に5日以上利用していればすぐにゴールドの条件は満たせます。

例えば、学校や駅の近くにTSUTAYAがある方は、すぐにゴールドランクへ到達し、ポイント還元率を3%にまで高めることができるでしょう。

TSUTAYAでTカードプラスやその他のTカード一体型クレジットカードをお得に使いたい方は、TSUTAYAのランクアップサービスのシステムを覚えておいて、利用日数を増やすのがオススメです。

Tカードプラスはアプラスモール利用でポイント最大30倍!

Tカードプラスユーザーは、アプラスモールというネットショッピング用サイトも利用できます。

アプラスモールを経由して買い物をすると、ポイント還元率がアップするしくみで、例えばYahoo!ショッピングは3倍=Tカードプラスだと1.5%還元です。

楽天市場でもポイント2倍なので、1%還元を受けられます。

TポイントがたまるTカードプラスを手に入れたら、インターネットで買い物をする際はアプラスモールを利用して、お得にポイントを貯めましょう。

家族カードはある?年会費は?

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードは、種類によって家族カードの発行可否が異なります。

以下の表に、各カードの家族カード対応状況と、年会費をまとめました。

 

年会費

ファミマTカード

家族カードなし

Yahoo!JAPANカード

無料

Tカードプラス(TSUTAYA)

家族カードなし

家族のカード決済の請求とクレジット決済の付与ポイントを1つにまとめられる家族カードを利用したい場合は、発行に対応するYahoo!JAPANカードを選びましょう。

なお、Yahoo! JAPANカードの家族カードにおいて「カード提示」で貯まったTポイントは、例外として家族カード自体に付与されます。

ファミマTカードやTカードプラスは、家族カードに対応していないので、もしも家族それぞれがクレジット決済対応のTカードを手に入れたいなら、各自で本会員カードを発行する必要があります。

ETCカードは発行できる?年会費や発行手数料は?

クレジット一体型Tカードでは、ETCカードを発行して有料道路の通過時に利用・Tポイントを貯めることもできます。

3つのカードにおけるETCカードの年会費や発行手数料をまとめたので、ご覧ください。

 

年会費・発行手数料(税抜)

ファミマTカード

年会費・発行手数料無料

Yahoo!JAPANカード

年会費500円・発行手数料無料

Tカードプラス(TSUTAYA)

年会費・発行手数料無料

Yahoo!JAPANカードを選ぶと、ETCカードに年会費が発生することに注意が必要です。

ファミマTカードTカードプラスなら、年会費はかかりません。

家族カードを使うならYahoo! JAPANカード、ETCカードならファミマTカードやTカードプラスを選ぶのが良いでしょう。

他にもある!Tポイントがたまるクレジットカードをご紹介♪

Tポイントを貯められる、Tカード一体型のクレジットカードは他にもたくさんあります。

以下の表に主なバリエーションをまとめたので、ご覧ください。

 

年会費(税抜)

ポイント還元率

主な特徴

マジカルクラブTカードJCB

無料

0.5%

1ヶ月3万円以上の利用でポイント2倍

島忠・HOME’S Tカード

無料

0.5%

島忠・HOME’Sでポイント最大3倍

日立チェーンストールTカード

初年度無料、2年目以降500円

0.5%

とくになし

「マジカルクラブTカードJCB」は3万円以上買い物をするならポイントを1%還元にできるのが魅力、「島忠・HOME’S Tカード」は島忠・HOME’Sでもれなく1.5%還元を受けられるのが大きなメリットです。

日立チェーンストールTカードは2年目以降に年会費が500円(税抜)かかることに注意しましょう。

対象店舗を利用する機会が多い方は「島忠・HOME’S Tカード」を申し込むのも良いでしょう。

その他のTカード一体型クレジットカードも、必要に応じて検討してみてはどうでしょうか。

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードのデメリット・注意点はある?

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードには、いくつか知っておきたい注意点・デメリットもあります。

3つの注意点を解説するので、それぞれしっかりチェックしておきましょう。

ポイントモールはAmazonが対象外

ポケットモールやアプラスモールは、Amazonでの買い物がポイントアップの対象外です。

Amazonでもお得にポイントを貯めたい場合は、どこで使ってもポイントが1%還元になるYahoo! JAPANカードを選ぶのがオススメです。

クレジットカードを解約する時はポイントの失効に注意

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードを解約してしまうと、Tポイントが失効します。

Tポイントは他のカードへ残高を移す機能があるので、残高が残っている場合は解約前に、他のTポイントカードへポイントを移行させておきましょう。

ファミマTカードはリボ払いカード

ファミマTカードは通常の一括払いができない、毎月一定額+発生した場合は手数料を支払うリボ払い専用カードです。

支払い金額を限度額と同額に設定することで、手数料なしで代金を支払う「一括払い」は可能になりますが、1つの支払いを複数回に分ける「分割払い」はできないので注意しましょう。

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードがおススメな人

最後に、Tカード一体型クレジットカードはどんな人にオススメかをまとめます。

自分がTカード一体型クレジットカードを使うべきかどうかで悩んでいる方は、参考にしてください。

Tカード加盟店に行く機会が多く、ポイントをお得に貯めたい人

Tカード一体型のクレジットカードを手に入れる際の必須条件は、Tカード加盟店に行く機会が度々あることです。

ファミリーマートやTSUTAYAなどの加盟店に一切足を運ばないとしても、現金への交換やANAマイルへの交換といったTポイントの活用法自体はありますが、提示ポイントとの二重取りができず、お得なポイント獲得はしづらくなります。

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードは、普段からTポイントを貯めている人にこそ最適な選択肢です。

クレジットカードで貯まるポイントを実店舗で使いたい人

今までクレジットカードで貯めたポイントの使い道に困った経験がある人には、ファミリーマートなどの実店舗ですぐにポイントを使えるTカード一体型クレジットカードがオススメです。

ポイントは1ポイントからでも使えるお店がたくさんあるので、中途半端に貯まっているだけの状況でも問題ありません。

財布の中のカード枚数を少なく抑えたい人

TポイントがたまるTカード一体型クレジットカードはTカードとクレジットカードの2つの機能を備えているので、財布の中のカード枚数を減らしたい人にオススメです。

他にたくさんのポイントカードを持っている人も、財布の中のカード枚数を2〜3枚などに抑えている人にとっても、本来なら各機能利用のために2枚必要なカードを1枚に減らせるのは大きなメリットでしょう。

まとめ

ファミリーマートやTSUTAYAなどの加盟店でTポイントを貯めたり使ったりする機会が多い人にとって最適な選択肢は、TポイントがたまるTカード一体型のクレジットカードです。

財布の中のカード枚数を減らせるだけでなく、カード提示とクレジット決済によりポイントの二重取りができたり、対象店舗でお得にポイント還元を受けられたりするので、メリットは満載です

ファミマTカードは、ファミリーマートで買い物をする機会が多い場合に選びましょう。

カードの日やファミランクを利用して、ファミリーマートでの最大3%還元でお得にポイントを貯めてみてはどうでしょうか。

Yahoo!JAPANカードは、Yahoo!ショッピングやLOHACOを利用する機会が多い人はもちろん、どこでもたくさんのTポイントを貯めたい人に最適です。

Yahoo!JAPANカードを使い、1%還元による高還元で、どんどんTポイントを貯めてみてはどうでしょうか。

TSUTAYAに行く機会が多いなら、TSUTAYAでランクアップサービスを併用しポイント最大3%還元を受けられるTカードプラスを選びましょう。

今回の解説を参考に、自分にとって最適なTポイントがたまるTカード一体型クレジットカードを見つけて、日々の生活で活用してみてはいかがでしょうか。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る