すき家でクレジットカードと電子マネーを支払い方法に選ぶことはできる?詳しく解説します

  • 作成
  • 更新

牛丼チェーン大手の「すき家」。大人気チェーン店のすき家ですが、クレジットカードや電子マネーを使うことは出来るのでしょうか?今回はすき家の支払い方法について徹底的に解説していきます。

すき家の支払い方法でクレジットカードは選べる?

結論からいうとすき家では、クレジットカードを使うことが出来ます。すき家で利用出来るクレジットカードのブランドは以下のようになります。

  • ・VISA
  • ・MASTER
  • ・JCB
  • ・アメックス
  • ・ダイナース

主要なクレジットカードの国際ブランドは利用することが可能になっています。しかもすき家でクレジットカードを利用する場合、サイン不要になるので非常に便利にクレジットカードを利用することが出来ます。

すき家の支払い方法に選べる電子マネー

すき家では、多くの電子マネーを使うことが出来ます。すき家で利用出来る電子マネーは以下のようになります。

  • ・ID
  • ・クイックペイ
  • ・楽天Edy
  • ・交通系電子マネー(suica、Pasmoなど)

電子マネーの決済はクレジットカード以上にスピーディーに行うことが出来るので非常に便利です。

WAON、nanacoは使えない

すき家では多くの電子マネーを利用することが出来ます。しかしすき家で利用することが出来ない電子マネーはあります。

WAONnanacoは電子マネーの中でも代表的なものですが、すき家では使うことが出来ません。WAONやnanacoユーザーにとっては痛いポイントです。

しかしnanacoは、2019年7月からポイントの還元率が従来の半分(今までは200円で2ポイント。2019年7月以降は200円で1ポイントになります。)になることを考えるとこの機会に電子マネーの見直しをしても良いかもしれません。

すき家での支払い方法でおすすめのクレジットカード

すき家で特別お得になるクレジットカードはありません。そのためクレジットカード払いをする場合はいつも使っている使い勝手のいいカードを使用すればいいでしょう。

すき家でクレジットカードや電子マネーを支払い方法に選ぶメリット

すき家でクレジットカードや電子マネーを使う主なメリットは3つあります。

現金を持っていく必要がない

すき家でクレジットカードや電子マネーを支払方法に選ぶメリットの1つ目は現金を持っていく必要がないことです。現金を持っていかなくてもすき家のおいしい料理を食べることが出来ることは大きなメリットになります。またクレジットカードや電子マネーは当然お釣りが出ないので会計をスピーディーに行うことが出来ます。

ポイントが貯まる

すき家でクレジットカードや電子マネーを支払方法に選ぶメリットの2つ目は、ポイントが貯まることです。現金で会計をすると何も特典はありません。しかしクレジットカードや電子マネーを利用すればポイントが貯まります。一回当たりに貯まるポイントは大したポイント数ではないかもしれません。しかし日常からよく使うすき家でポイントが貯めることが出来ればいつの間にか大きなポイント数になる可能性が高いのです。

利用履歴の確認が出来る

すき家でクレジットカードや電子マネーを支払方法に選ぶメリットの3つ目は、利用履歴を確認することが出来ることです。現金だとレシートで確認しないといつすき家に行ったかを確認することが出来ません。しかしクレジットカードや電子マネーであればインターネットで一発で確認することが出来ます。利用履歴を確認することが出来ることがクレジットカードや電子マネーを使用する大きなメリットになります。

まとめ

今回は、牛丼チェーン「すき家」でのクレジットカードや電子マネーの使用についてまとめました。

すき家でクレジットカードや電子マネーを使えないと思っている人は多いかもしれません。しかしすき家では、原則全店でクレジットカードや電子マネーを利用することが出来ます。この記事を参考にみなさんも是非すき家でクレジットカードや電子マネーを利用してみてください。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る