Suica一体型カードならこのクレジットカード!Suica一体型の魅力やおすすめクレジットカードを徹底比較

  • 作成
  • 更新

「タッチ&ゴー」のキャッチフレーズでもお馴染みのSuicaは、JR東日本が提供している交通系電子マネーです。Suica機能を利用できるのは、ICカードだけではありません。

クレジットカードの機能の一つとしてSuicaの機能が付いた一体型クレジットカードを持って、日々の生活をもっと便利でお得なものにしてみませんか?

Suica一体型カードの基本情報から上手な使い方・おすすめのカードまで、わかりやすく解説していきます。

Suica一体型カードの特徴

まずは Suica一体型カードとはどのようなものなのか について見ていきましょう。

Suica…東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供しているICカード乗車券のこと。名称のSuicaは、“Super Urban Intelligent Card”の頭文字から名付けられた。非接触型ICカードFeliCaの技術が用いられており、「乗車券機能」「電子マネー機能」を併せ持っている。

数多くある電子マネーの中でも国内シェア率・利用件数共にトップクラス。

なおJEから始まる17桁の番号が割り振られており、「Suicaカード番号」と呼ばれている。

Suicaを知らないという人はいないくらい、交通系電子マネーとして私たちの生活に浸透しています。交通系ICカードは、Suica以外にもご当地ものも含めて多数発行されています。中でもSuicaは最も利用エリアが広く、各エリアの鉄道・バス・モノレールなど各種交通機関を利用することができます

Suicaは事前にチャージするプリペイド方式

チャージ(入金)機能が搭載されており、現金による入金を行って繰り返し使うシステムです。自動券売機や多機能券売機など、「交通系ICマーク」や「Suicaマーク」のある機械をつかってチャージを行います。

1回の操作で500円・1,000円・2,000円・3,000円・5,000円・10,000円の6種類の単位から好きな金額を選んでチャージすることができ、上限は20,000円です。それを超える金額をチャージしておくことはできません。

オートチャージができるクレジットカードもある

オートチャージとは、券売機にSuicaと現金を持っていくことなく、自動的にチャージができる便利なサービスです。Suicaの残高が設定金額以下になると、改札出入場時に自動的にチャージが行われます。

オートチャージを利用するためには、オートチャージ機能に対応したクレジットカードを持っていることが必要となります。

オートチャージに対応したクレジットカードは以下の2種類です。

Viewカード・・・法人カードを除く、全てのビューカード

株式会社ビューカードが発行するクレジットカード。お手持ちのSuicaカードとビューカードをリンクさせることで、オートチャージ機能を使うことができるようになる。

Suica一体型クレジットカード

カードの券面にSuicaのマークとビューのマークが書かれているもので、Suicaの機能とクレジットカードの機能が一体型になったカード。設定を行うことで、オートチャージを利用することができる。

JR東日本のグループ会社であるビューカードが発行するクレジットカードもしくは、Suica機能が付帯したクレジットカードであれば、オートチャージを利用することができます。

Suicaが利用できる場所

《ICカードとしての利用エリア》

Suicaの発行はJR東日本となっていますが、Suicaは全国の交通系ICカードと相互利用することができます。

ご当地ものなどを含めると、現在全国に約34個の交通系ICカードが存在すると言われています。それらすべての交通家ICカードの中でも、最も利用可能エリアが広いのはSuicaです。

Suicaでは、以下の15種類のICカードの利用エリアでも利用することができます。

ICカード名

提供事業者

主な提供エリア

Kitaca

JR北海道

北海道 札幌周辺

SAPICA

札幌市交通局

北海道 札幌周辺

ICAS nimoca

函館バス株式会社

北海道 函館周辺

PASMO

関東各社局

関東

TOICA

JR東海

東海

manaca

名古屋地区各社局

愛知県

ICOCA

JR西日本

近畿、中国+香川県

PiTaPa

関西ほか各社局

近畿

SUGOCA

JR九州

九州

nimoca

西日本鉄道 ほか

九州(鹿児島、長崎除く)+函館

はやかけん

福岡市交通局

福岡県

icsca

仙台市交通局

宮城県

odeca

JR東日本

岩手県

※2019年6月17日現在

Suicaは関東だけでなく全国の広い範囲で交通機関の支払をすることができるのです。目印としては、電車をモチーフとした「IC」マークというものがあります。ICカードの全国相互利用提携サービスのシンボルマークであり、このマークのある鉄道やバス・モノレールを利用することができます。

提携先は年々増えてきており、これから先 利用可能エリアが更に広がっていくことが期待されています。

《電子マネーとしての利用エリア》

SuicaはICカードとして公共交通機関の乗車料金を支払うだけでなく、電子マネーとして街中での会計に使うこともできます

発行枚数・利用金額共に国内でトップクラスというだけあって、利用エリアは非常に広いです。電子マネーが利用できる店舗であればSuicaに対応していると考えても過言ではないくらい利用店舗に困ることはないでしょう。

コンビニエンスストア

セブンイレブン・デイリーストア・NewDays・FamilyMart・ミニストップ・LAWSON

ショッピングセンター

ララポート・Ario・AEON・イトーヨーカドー・COREDO・サミット・ダイエー・ドンキホーテ・

飲食店

ガスト・かっぱ寿司・Cozy Corner・KFC・すき屋・Tully’scoffee・マクドナルド・ミスタードーナツ

ライフスタイル

マツモトキヨシ・ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ウェルシア

上記は一例であり、他にも利用店舗は数多く存在します。詳しくは、JR東日本のホームページを参考にしてください。

Suica一体型のおすすめクレジットカード

  • ・交通機関に乗る時は、現金チャージをして緑とシルバーの券面のSuicaカード
  • ・街中でお買物をする時は、クレジットカード

とカードを2枚別々に所有しているという方も少なくありません。また、あまり交通機関には乗らないからその時々で切符を買っているという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方々に是非おすすめしたいのが、Suica一体型のクレジットカードです。

この1枚で、Suica・クレジットカード 2つの機能を使うことができます。別々に持つよりもお得度が高く利便性にも優れています。

Suica一体型のおすすめクレジットカードを7つご紹介します。オススメポイントやお得度に注目して見てください。

「ビュー・スイカ」カード

東日本旅客鉄道(JR東日本)の子会社である株式会社ビューカードが発行するSuica一体型のクレジットカードです。同社が発行するカードの中で、最もスタンダードな1枚であり発行枚数も同社の中では1番多いとされています。

発行会社

株式会社ビューカード

年会費

477円+税

ポイントの種類

JREポイント(価値:1ポイント1円)

ポイント還元率 クレジット

ポイント還元率 Suicaオートチャージ

1,000円につき5ポイント

1,000円につき15ポイント

その他 特徴

・WEB明細登録で600ポイント付与

・年間利用金額に応じてボーナスポイント付与

・国内海外旅行保険付き

・家族カード最大9枚まで発行可

・定期券機能を付けられる

こんな方にオススメ!

・JR東日本管内の定期券利用がある方

・Suicaの利用頻度が高い方

477円+税の年会費が発生するものの、WEB明細に登録することで600円分のJREポイントが付与されるため、実質的に年会費無料のカードといっても過言ではないでしょう。

JR東日本の子会社が直々に発行しているカードというだけあって、Suica機能の利用をすればするほどお得度合いが大きくなる仕組みとなっています。オートチャージに対するポイント還元率も、他のSuica一体型クレジットカードよりも高還元であり、公共交通機関の利用が多い方にとっては見逃せない1枚でしょう。

オートチャージの利用分も含めたクレジットカードの年間利用金額に応じたボーナスポイントが付与されるビューサンクスボーナスも大きなメリットの1つです。

ビューサンクスボーナスの付与ポイントは以下の通りです。

年間利用金額

付与ポイント

30万円

250ポイント

70万円

1,000ポイント

100万円

1,500ポイント

150万円

2,500ポイント

また、家族カード最大9枚まで発行できるのも特徴です。家族皆で利用することで、JREポイントを効率よく貯めることができるでしょう。

総合評価
3.8
Suica、定期券、クレジットガードも一枚に集約、電車通勤の方には必須のカード

Suicaのオートチャージや切符、定期券の購入はポイント3倍でどんどんポイントが貯まる

  • 貯まったポイントはSuicaの電子マネーに交換できるので利用が便利
  • WEB明細サービス利用で600円分のポイントが付与されるので、年会費477円は実質無料
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 最短1週間
477円(税別) 477円(税別)

ビックカメラSuicaカード

ビューカードが家電量販店大手のビックカメラと提携して発行しているクレジットカードです。最大の特徴は、1枚のクレジットカードで2種類のポイントを同時に貯める

ことができるという点でしょう。

発行会社

株式会社ビューカード

年会費

477円+税

ポイントの種類

ビックポイント(価値:1ポイント1円)

JREポイント(価値:1ポイント1円)

ポイント還元率 クレジット

ポイント還元率 Suicaチャージ

1,000円につき5ポイント

1,000円につき15ポイント

その他 特徴

・年1回以上の利用で翌年度年会費無料

・キャッシング不可

・ビックカメラでポイント還元率10%

・ビックポイントをSuicaにチャージ可

こんな方にオススメ!

・家電量販店をよく利用する方

・学生の方

当該カード最大の特徴は、1枚のカードで2つのポイントが同時に貯まるというそのポイントプログラムでしょう。貯まるポイントは、ビックカメラのポイントサービスである“ビックポイント”と“JREポイント”の2つです。

例)クレジットカード払いにて1,000円の決済をした際
ビックポイント・・・5ポイント付与   
JREポイント・・・5ポイント付与
合計:10円相当のポイント還元(実質ポイント還元率1,0%)

ビューカードが発行するカードは、利用1,000円につき5ポイントの付与がスタンダードであり、実質ポイント還元率は0.5%という計算になります。ポイント還元率1.0%以上のカードが増えてきている中、0.5%は少し物足りないと感じる方も多いでしょう。

当該カードはポイント還元率こそ0.5%ですが、0.5%の還元率で2種類のポイントが貯まるため、実質還元率が1.0%となります。どちらのポイントも相互交換をすることができるので、自分の使い道に合わせて移行・交換して便利に使いましょう。

利用可能額が最大80万円までと比較的少額なのも特徴です。また当該カードはショッピング専用クレジットカードであるため、キャッシングの利用をすることができません。

18歳以上であれば学生でも申し込みをすることができることから、学生が使いすぎを心配せずに持つことができるカードとしても人気となっています。

当該カードは、ビックカメラでの買い物が最大11.5%ポイント還元されます。まずはビックカメラSuicaカードにSuicaをクレジットチャージします。そうすると、通常の3倍のポイント還元率1.5%のポイントが貯まります。さらにそのチャージしたSuicaを使ってビックカメラで買い物をすると10%ポイント還元を受けることができます。併せて11.5%ポイント還元という驚異のポイント還元率を誇るのです。

総合評価
3.4
ビックカメラ利用ユーザには最大11.5%の高ポイント還元率

クレジットカードチャージをしたSuicaを使ってビックカメラでお支払いすると、チャージポイント1.5%とビックカメラの10%ポイントを合わせて11.5%ポイント還元

  • 初年度年会費無料(2年目以降も、前年にクレジット利用がある場合は「無料」)
  • ビックカメラの該当店舗だと、即日発行が可能(仮カードの為限度額10万円)
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~11.5% 10日間程度
無料 無料

イオンSuicaカード

イオンモール・イオンショッピングセンターでお馴染みのイオンクレジットサービスが発行するSuica機能一体型のクレジットカードをご紹介します。年会費無料でSuica機能が一体型になったあまり類を見ない1枚です。

発行会社

イオンクレジットサービス

年会費

無料

ポイントの種類

ときめきポイント

ポイント還元率 クレジット

ポイント還元率 Suicaオートチャージ

200円につき1ポイント

400円につき1ポイント

その他 特徴

・お客様感謝デー5%OFF対象カード

・国際ブランドがVISA・Mastercard・JCBから選択可能

・イオン店舗でいつでもポイント2倍

・ETCカードが無料

・国内海外旅行保険あり

・登録すればJREポイントも貯まる

こんな方にオススメ!

・イオンのお店をよく利用する方

・年会費無料のSuica一体型カードを探している方

・モバイルSuicaを無料で利用したい方

通常のイオンカードにSuicaの機能がプラスされたのが、このイオンSuicaカードです。お客様感謝デーの割引やイオン店舗でのポインント2倍といった、イオンカードの特典はそのまま受けることができ、プラスしてSuica機能・Suicaオートチャージ機能が付帯しています

注意していただきたいのは、当該カードはビューカードが直接発行しているわけではありませんので、クレジットカードを発行しただけではJREポイントが貯まらないという点です。上で解説したビックカメラSuicaカードは、特に登録なくビックポイントとJREポイントの2重取りができていましたが、当該カードはJRE POINTの公式ホームページから会員登録をする必要があります。

JREPOINTのホームページにアクセスし、イオンSuicaカードのSuica番号や個人情報を登録しましょう。年会費などはかかりませんので、登録して損はないでしょう。登録が完了すると、Suicaを使った買い物をする際に100円につき1ポイントが溜まり、たまったポイントはSuica残高に移行することができます。

総合評価
3.7
デポジット無料でSuicaが使える!「Suica」と「イオンカード」が一体になった便利カード

年会費永年無料!オートチャージ機能付きでSuicaの残高を気にせず改札を通過できとっても便利! 毎月10日「ときめきWポイントデー」はときめきポイントが2倍! イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍でポイントがどんどん貯まる!さらに、貯まったときめきポイントをSuicaに交換できます

  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF
  • 55歳以上の方限定!毎月15日「G.G感謝デー」は 5%OFF
  • 最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.33% 2~3週間程度
無料 無料

JALカードSuica

日本航空(JAL)がビューカードと提携を結んで発行しているクレジットカードです。「飛んでも乗ってもマイルが貯まる」というキャッチフレーズのもと、JALマイルを日常生活の中でも効率よく貯めたいという陸マイラーから注目されている1枚です。

発行会社

JALカード

年会費

2.160円(税込み)

初年度年会費無料

ポイントの種類

JALマイル

JREポイント

ポイント還元率 クレジット

ポイント還元率 Suicaオートチャージ

200円につき1マイル

1.000円につき15JREポイント

その他 特徴

・フライトボーナスマイルあり

・国内海外旅行保険あり

・空港や免税店割引サービス

・入会キャンペーンが多い

・JREポイントもマイルに移行可

こんな方にオススメ!

・Suicaを利用しながらマイルを貯めたい

・海外旅行や出張によく行く

JMBカード(JALマイレージバンクカード)にSuica機能とクレジット機能が付帯した1枚で3つの機能が付いた非常に便利なカードです。やはり特に充実しているのは、やはりマイルに関する優待です。JALマイルを貯めることがメインという方にオススメの1枚と言えるでしょう。

ショッピング機能を利用した場合は自動的にJALマイルが貯まるのですが、オートチャージを利用した時だけは、JREポイントが付与されます。このJREポイントも、1,500JREPOINTで1,000マイルと交換することができますので、無駄にはなりません。

JALグループ便に搭乗すると、通常のフライトマイルに加えて非常に多くのボーナスマイルを貯めることができるのが最大のメリットです。当該カードでもらえるボーナスマイルについてまとめてみました。

入会時・継続時

1,000マイル

入会搭乗ボーナス(入会後初めて搭乗時)

1,000マイル

毎年初回搭乗ボーナス

1,000マイル

搭乗時毎回もらえるボーナスマイル

フライトマイル+10%

※2019年6/17現在

総合評価
4.3
空でも陸でもマイルがたまる!JALとJR東日本が提携したJALマイルをためるのに最適な一枚!

JAL便利用でのマイル加算はもちろん、JR東日本定期券購入やSuica機能付きなのでチャージして獲得したポイントでマイルをGET!200円で1マイルたまるJALマイラーにおすすめ!

  • JAL便初回搭乗ボーナス1,000マイル、さらに毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル、さらに搭乗ごとに10%ボーナスマイル付与!
  • SuicaチャージなどのJR東日本系での利用で1.5%のポイント還元!
  • 「JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円税別)」に入会するともらえるマイルが2倍で100円で1マイルたまる!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
JCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 約4週間
無料 2,000円(税別)

ルミネカード

関東を中心に展開する駅ビル型ショッピングセンター「LUMINE(ルミネ)」でお得に使えるクレジットカードです。ルミネ自体もSuicaと同じくJR東日本グループの企業であり、ただの駅ビルではなくファッションビルとしても人気を集めています。

発行会社

ビューカード

年会費

953円+税 初年度年会費無料

ポイントの種類

JREポイント

ポイント還元率 クレジット

ポイント還元率 Suicaオートチャージ

1,000円につき5ポイント

1,000円につき15ポイント

その他 特徴

・入会キャンペーンが多い

・JREポイントをルミネ商品券に交換可

・ルミネスペシャルサンクスポイントサービスあり

・国内海外旅行保険あり

・ルミネ、アイルミネでいつでも5%OFF

こんな方にオススメ!

・ファッションに興味がある方

・ルミネやアイルミネをよく利用する方

・お洒落な券面のカードを持ちたい方

ルミネ・NEWoMan・ネット通販アイルミネを頻繁に利用される方であれば、是非所有を検討しておきたい1枚です。

当該カードを利用することで、いつでも5%OFFで利用することができます。また年に数回10%OFFのイベントも行われるため、お得にお洒落なファッションアイテムをゲットすることができるでしょう。ファッションビルとしても人気のルミネということもあり、カードの券面がスタイリッシュで持ちやすいデザインとなっているのもポイントです。

貯まったJREポイントは、Suica残高にチャージすることもできますがルミネ商品券に交換する方がお得です。Suica機能へのチャージを行った場合は1ポイント=1円としてのレートが適用されますが、ルミネ商品券に交換した場合は最大で1ポイント1.2円のレートでの交換をすることができます。

大人の休日倶楽部ミドルカード

満50歳以上の方に是非おすすめしたいのが、“大人の休日倶楽部ミドルカード”です。テレビCMなどでも「大人の休日倶楽部」という言葉を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか?JR東日本線やびゅう国内旅行商品に対するお得な優待がたくさん用意されている当該カードは、旅を楽しむ大人に向けて作られたカードです。

発行会社

ビューカード

年会費

2.575円+税 初年度無料

ポイントの種類

JREポイント

ポイント還元率 クレジット

ポイント還元率 Suicaオートチャージ

1,000円につき5ポイント

1,000円につき15ポイント

その他 特徴

・JR線等の切符代金優待あり

・びゅう国内旅行商品にも優待あり

・大人の休日倶楽部会員向けの口座やイベントに参加できる

・大人の休日倶楽部会員限定の切符やツアー商品あり

・国際ブランドがVISA・Mastercard・JCBから選択可

こんな方にオススメ!

・50歳以上で旅行が好きな方

・新幹線に乗って帰省することが多い方

・お得に家族旅行を楽しみたい方

申込に対して年齢の条件があるのが、ビューカードが発行する大人の休日倶楽部カードの特徴です。大人の休日倶楽部カードの申し込み条件については以下の通りです。

カード名

申込条件

大人の休日倶楽部ミドルカード

男性:満50歳以上~64歳まで

女性:満50歳以上~59歳まで

※入会条件の年齢になってからの申し込みとなり、誕生日前に申し込みをすることはできません。

大人の休日倶楽部ジパングカード

男性:満65歳以上

女性:満60歳以上

※入会条件の年齢になってからの申し込みとなり、誕生日前に申し込みをすることはできません。

大人の休日倶楽部会員として、受けられる優待について1つ1つ見ていきましょう。

JR線が5%Off

新幹線も含んだ、JR線(JR東日本線・JR北海道線)を連続で201キロ以上利用した場合料金が5%OFFになります。201キロというと、東京から熱海までの往復・東京から水戸までの往復で201キロメートル以上となりますので、新幹線や特急電車で旅行にいけば容易に条件を満たすことができるでしょう。

この割引には利用回数制限などはありませんので、利用すればするほどお得になります。

びゅう国内旅行商品が5%OFF

駅構内にあるびゅうプラザで契約することのできる旅行商品やビジネスパックなどびゅう国内旅行商品がいつでも5%OFFで利用することができます。

カード会員だけでなく、一緒に旅行へ行く同行者の分も割引対象となるのは非常にポイントが高いです。

年会費が発生するクレジットカードではありますが、この2つの割引を上手に使えばすぐに年会費分の元が取れてしまうでしょう。

総合評価
3.6
満50歳以上でSuicaユーザーの方必携!旅に適した大人の休日倶楽部ミドルカード

初年度年会費無料!JR東日本線・JR北海道線の切符が何回でも5%割引!さらに、国内旅行が同行者も全員5%割引になるサービスも利用可能!家族旅行の際にとってもお得。

  • これ1枚でSuicaも使える!モバイルSuicaの年会費ももちろん無料!
  • JR東日本線・JR北海道線の切符が何回でも5%割引で購入可能!
  • 海外旅行保険が自動付帯!国内旅行保険もカード利用で補償されとっても安心。
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.9% 約10日間程度
無料 2,575円(税込)

JRE CARD

クレジットカードの比較サイトや金融関連雑誌などでも軒並み高評価を得ているのが、当該JRE CARDです。その高いポイント還元率と、利便性の高さが高く評価されているのでしょう

発行会社

ビューカード

年会費

477円+税 初年度無料

ポイントの種類

JREポイント

ポイント還元率 クレジット

ポイント還元率 Suicaオートチャージ

1,000円につき5ポイント

1,000円につき15ポイント

その他 特徴

・ポイント還元率最大3.5%

・家族カード発行不可

・JREポイントがどんどん貯まる

・国内海外旅行保険あり

こんな方にオススメ!

・駅周辺の商業施設を頻繁に利用する方

・JREポイントをお得に貯めたい方

JRE CARDという名前からも分かるように、JREポイントに特化した内容のクレジットカードとなっています。

JR東日本エリア・首都圏エリアにある、駅ナカ・駅地下の商業施設で3.5%のポイント還元を受けることができるため、非常に効率よくポイントを貯めることができます。

ポイント還元率が3.5%となる主な商業施設は以下の通りです。

  • アトレ 
  • ペリエ 
  • イーサイト 
  • ラスカ 
  • シャル 
  • フェザン 
  • エスパル

同じくビューカードが発行している「ビュースイカカード」と年会費やスペックが似ているように感じますが、当該カードの方が上記のように3.5%ポイント還元などの優待があるため、ポイントを貯めるという点に関しては優れていると言えるでしょう。

また、初年度の年会費が無料である点もポイントです。

オートチャージをすることができるSuica一体型クレジットカードといっても、このようにたくさんの種類のものが発行されています。Suica機能が付帯しているという部分では共通していますので、それ以外のクレジットカード部分の優待や自分がよく利用する店舗でのポイント還元率などを考慮して、ライフスタイルにあった1枚を選択しましょう。

Suica一体型カードの魅力

Suicaの魅力や、Suica一体型カードについてご紹介してきましたが、Suicaカードとクレジットカードを一体化させることで具体的にどのような魅力があるのでしょうか?一つ一つ分析してみました。

紛失しても補償が付く

普段のお買い物は現金派という方や、現金チャージ式のSuicaを使っているという方に話を聞くと、多く聞かれるのが「オートチャージ機能やクレジットカード一体型は、紛失した時の悪用が怖いから持ちたくない」というものです。確かに、盗難や紛失時に悪用されてしまったらどうしようと思いますよね。

そんな方に知っておいて頂きたいのが、Suica一体型カードの方が現金や無記名Suicaよりも圧倒的に安全という点です。

現金…悪用されても犯人を捕まえるのは困難

無記名Suica…現金チャージをして利用する、個人情報の登録が全くないタイプのSuicaでは、紛失時の残高補償なし。機能の停止もできないため、見つかるまで探すしか方法がないというデメリットがある。

Suica一体型カード…クレジットカード会社に連絡をすることで、利用停止の措置がとれる。万が一停止前に悪用があった場合でも、盗難紛失補償でもって補填が可能。

Suicaの残高に関しても、ビューカードに連絡をすることで停止措置が取れる。停止時点での残高は、再発行カードに移行して利用することができる。

無記名Suicaでは、カードを紛失してしまった時点で見つかるまで手の施しようがありません。一方でSuica一体型カードであれば、停止措置・残高の移行をすることができます。

オートチャージで残高の心配をする必要なし

交通系ICカードで改札を出ようとして、残高不足でエラーとなって出られないという方を見かけたことはありませんか?多くの人が利用する改札でエラー表示がでてしまうと、恥ずかしいですし周りの人からの視線も痛く感じます。

そんなトラブルへの心配を払拭してくれるのが“オートチャージ”機能です。

オートチャージでは残高が一定以下になると自動的にクレジットカード部分からチャージを行ってくれるため、残高不足が発生するリスクを最小限に抑えることができます

Suicaを利用する前に、その都度「残高をチェックして足りなければチャージをする」という手間を省くことができるため非常に便利で快適にSuicaを利用することができるでしょう。

ポイントが貯まりやすい

現金でSuicaカードにチャージをしても、なにもポイントが貯まりません。オートチャージ機能を利用することで、クレジットカードの利用ポイントを貯めることができます。

例) 毎月 5,000円のSuicaチャージを行う場合

  • 現金からSuica機能へのチャージ・・・0ポイント
  • ビューSuicaカードのオートチャージ機能・・・75JREポイント
  • イオンSuicaカードのオートチャージ機能・・・12ときめきポイント

このように、同じ金額をチャージするのであれば、圧倒的にオートチャージを利用する方がお得なのです。

定期券一体型にすると3つの機能がひとつに

クレジットカード機能+Suica機能が付いたSuica一体型クレジットカードについてご紹介してきましたが、カードの種類によってはJR線と他の鉄道会社にまたがる定期券やバス定期券の機能も一体化”させることができます。

JR東日本駅構内にある多機能券売機やみどりの窓口などで、定期券情報をお手持ちのSuica一体型カードに定期券情報を書きこむことで利用できるようになります。日頃から定期券を利用している方にとっては、Suica一体型カードと定期券機能を1枚のカードにまとめることで普段の生活が更に便利になることでしょう。

定期券機能が利用できるViewカードは以下の5種類です。

  • ビュースイカカード  
  • ビュースイカ リボカード 
  • ビューゴールドプラスカード
  • ルミネカード   
  • JRE カード(Suica定期券付)

まとめ

Suica一体型クレジットカードの魅力やその特徴についての理解は深まりましたか?

Suicaは、交通系ICとして全国で利用できるだけでなく電子マネーとしても非常に利便性が高いです。何か電子マネーを利用したいと考えている方には、是非2通りの利用方法があるSuicaをオススメします。

そしてそのSuicaを一番お得に使いこなす方法としては、今回ご紹介してきたSuica一体型クレジットカードを利用しましょう。ポイント面やオートチャージで、私たちの生活をより便利でお得なものにしてくれるはずです。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る