Solaseed Air(ソラシドエア)カードを使ってソラシドエアにお得に乗ろう!メリット・デメリットを解説

  • 作成
  • 更新

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、羽田・沖縄と九州を結ぶ路線中心のソラシドエアにお得に搭乗できるカードです。マイルがザクザク貯まる仕組みやマイルの利用方法など、ソラシドエアユーザーに絶大な人気を誇る魅力についてご紹介します。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの基本情報

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、航空会社Solaseed Air三井住友カードが提携して発行するクレジットカードです。Solaseed Airは、九州を中心としたローカルエアラインで、LCC(格安航空会社)に近い立ち位置でありながら充実したサービスが受けられる航空会社として、利用者から高い支持を得ています。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、Solaseed Air便の搭乗によりマイルが貯まる「ソラシドスマイルクラブ」の機能が一体となったカードです。国際ブランドはVISAのみで、クラシックカード(一般カード)とゴールドカードの2つのラインナップがあります。まずは、Solaseed Air(ソラシドエア)カードの基本情報からご説明します。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの年会費は初年度無料

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのクラシックカードの年会費は1,250円(税別)かかりますが、初年度は無料です。ゴールドカードは、初年度より10,000円 (税別)かかります。発行先の三井住友VISAカードでは、リボ払いである「マイ・ペイすリボ」の利用で年会費を下げることもできますが、Solaseed Air(ソラシドエア)カードは対象外となっています。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの家族カード・ETCカード

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、家族カードを発行できます。クラシックカードの家族カードの年会費は、初年度無料ですが翌年以降から1枚あたり400円(税別)かかります。ゴールドカードの家族カードの年会費は1人目無料、2人目以降は1枚あたり1,000円(税別)かかります。また、ETCカードも追加発行できます。発行手数料は無料ですが、年会費として500円(税別)かかります。ただし、前年度にETC利用の請求が1回以上あれば無料となります。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの申込み資格

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのクラシックカードの申込み資格は、満18歳以上の方(高校生は除く)です。ただし、未成年の場合は親権者の同意が必要です。ゴールドカードは、原則として、満30歳以上で本人に安定的継続収入のある方となっています。

Solaseed Air(ソラシドエア)カード利用可能枠

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのクラシックカードの総利用枠(カードショッピング)は 10~80万円、ゴールドカードは70~200万円です。ただし、キャッシング利用枠はいずれも 0~50万円となっています。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの支払い方法、締め日、引き落とし日

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの支払い方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いから選択できます。支払日は、毎月15日締め翌月10日払いとなっています。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの付帯保険・補償

Solaseed Air(ソラシドエア)カードには、充実した海外および国内旅行傷害保険が付帯されています。カードごとの詳しい内容は次の通りです。

【クラシックカード】

《海外旅行傷害保険》…利用付帯

  • 傷害死亡・後遺障害…2,000万円
  • 傷害治療…50万円
  • 疾病治療…50万円
  • 賠償責任…2,000万円
  • 携行品損害…15万円(1旅行中かつ1年間、自己負担金1事故あたり3,000円)
  • 救援者費用…100万円

《国内旅行傷害保険》…自動付帯

  • 死亡・後遺障害…1,000万

【ゴールドカード】

《海外旅行傷害保険》…自動付帯

  • 障害死亡・後遺障害…5000万(うち利用付帯4000万)
  • 傷害治療…300万
  • 疾病治療…300万
  • 賠償費用…5000万
  • 携行品損害50万円(1旅行中かつ1年間、自己負担金1事故あたり3,000円)
  • 救援者費用…500万

《国内旅行傷害保険》…自動付帯

  • 死亡・後遺障害…5,000万(うち利用付帯4,000万)
  • 入院保険日額…5,000円
  • 通院保険日額…2,000円
  • 手術保険金…最高20万円

また、Solaseed Air(ソラシドエア)カードで購入した商品の破損や盗難などの損害を補償してくれるお買物安心保険が付帯されています。クラシックカードの年間補償限度額は100万円、海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみに適用されます。ゴールドカードの年間補償限度額は300万円、海外国内および支払い回数を問いません。いずれも対象期間は購入日および購入日の翌日から200日間です。自己負担金として1事故につき3,000円かかりますが、他と比べて負担金の少ない点が魅力です。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードで利用できる電子マネー

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、電子マネーiDに対応しています。iDはポストペイ型の電子マネーで、利用分をクレジットカードと一緒に引き落としされるため、事前にチャージする必要がありません。クレジットカードのポイントも貯まるのでお得です。Solaseed Air(ソラシドエア)カードにはiDが搭載されていませんが、iD機能専用のカードを発行、もしくはおサイフケータイで利用可能です。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのマイルの仕組み

Solaseed Air(ソラシドエア)カードによるマイルの貯め方や使い方についてご説明します。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのマイルの貯め方

Solaseed Air(ソラシドエア)カードでお買い物をすると、実質100円ごとに1マイル相当貯まります。また、入会時および毎年の継続時にボーナスマイルがプレゼントされます。クラシックカードは入会時1,000マイル・継続時500マイル、ゴールドカードは入会時2,000マイル、継続時1,000マイルが付与されます。Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、陸とボーナスマイルでどんどんマイルが貯められるカードです。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのマイルの使い方

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの利用で貯まったソラシドエアのマイルは、特典航空券へ交換して使うことができます。会員本人、または会員が予約時に指定した利用者に限り利用ができるため、家族以外の第三者も利用可能な点が大きな魅力です。有効期限は、最初の予約日から1年間、または交換に使用したマイルの有効期限のいずれか短い方となります。

特典航空券は、同一路線でも搭乗日によって交換マイル数が異なるシーズン設定(ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズン)があります。また、お盆や年末年始など利用不可期間も設定されています。区間およびシーズンごとに必要な交換マイル数は次の通りです。

区間

 

ロー

レギュラー

ハイ

東京(羽田)~九州(宮崎・熊本・

長崎・鹿児島・大分)

片道

5,000

7,000

9,000

往復

9,500

12,000

14,000

沖縄~九州(宮崎・鹿児島)

片道

5,000

7,000

9,000

往復

9,500

12,000

14,000

沖縄~神戸

片道

5,000

7,000

9,000

往復

9,500

12,000

14,000

沖縄~名古屋(中部)

片道

6,000

8,000

10,000

往復

11,000

13,000

15,000

沖縄~石垣

片道

4,000

5,000

7,000

往復

7,500

9,500

11,500

名古屋(中部)~鹿児島

片道

5,000

6,000

8,000

往復

9,500

11,000

13,000

特典航空券へ交換するには、WEB会員専用のサービス「ソラシドスマイルクラブ」への登録が必要です。予約・変更・払戻も全てWEB上で行えます。ただし、搭乗者名義および利用区間の変更はできません。払戻しには、手数料として3,000マイル減算されます。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードで貯めたポイントはマイルに交換できる

Solaseed Air(ソラシドエア)カードでは、利用金額1,000円(税込)につきワールドプレゼント(三井住友VISAカードが提供するポイントサービス)が1ポイント貯まります。1ポイントあたり5円相当のため、ポイント還元率は0.5%です。Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、1ポイント=10 マイル換算でソラシドエアのマイルに交換することができます。つまり、実質100円ごとに1マイル相当が貯まる仕組みです。

交換は200ポイント以上1ポイント単位から行え、マイル移行手数料は無料、移行所要期間は申込み日から2日後となっています。なお、ワールドプレゼントのポイントをマイルに交換するには、ソラシドスマイルクラブへの会員登録が必要です。ワールドプレゼントのポイントは、ソラシドエアのマイルだけでなく、他社のマイルをはじめ多種多様な交換先があります。主なポイント交換先と移行レートは次の通りです。

【他社のマイル移行】

  • ANAマイレージ…1P→3~15マイル
  • フライングブルーマイレージ(エールフランス・KLM)1P→3マイル
  • ミッレミリアマイレージ(アリタリア-イタリア航空)…1P→3マイル
  • クリスフライヤーマイレージ(シンガポール航空)…1P→3マイル
  • ブリティッシュエアウェイズエグゼクティブクラブAvios…1P→3マイル
  • イースタンマイルズ(中国東方航空)1P→3マイル…1P→3マイル

【他社のポイントプログラム移行】

  • 楽天スーパーポイント…1P→5P
  • dポイント…1P→5P
  • ヨドバシカメラゴールドポイント…1P→5P
  • ビックカメラビックポイント…1P→5P
  • auWALLETポイント…1P→5P
  • nanacoポイント…1P→3P
  • WAONポイント…1P→5P(三井住友カードWAON)、1P→3P(その他)
  • 楽天Edy…1P→3円
  • スターバックスカード…1P→4円
  • ジョーシンポイント…1P→5P
  • ベルメゾンポイント…1P→5P

【キャッシュバック】

  • キャッシュバック…1P→3円
  • iDバリュー…1P→5円

【ギフトガード】

  • Amazonギフト券…1P→5円
  • Google Play ギフトコード…1P→5円
  • App Store & iTunes ギフトカード…1P→5円
  • VJAギフトカード…1P→4.5~4.9円

ワールドプレゼントのポイントは、上記以外にもバラエティー豊かな景品と交換することができます。ただし、Solaseed Air(ソラシドエア)カードで貯めたポイントは、ソラシドエアのマイルに交換するのが最もレートがよいといえるでしょう。なお、有効期限は、クラシックカードがポイント獲得月から2年間、ゴールドカードがポイント獲得月から3年間となっています。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのメリット

Solaseed Air(ソラシドエア)カード会員限定の割引運賃

Solaseed Air(ソラシドエア)カードを保有していると、ソラシドエアの運賃が割引価格で購入できます。ソラシドスマイル会員ページにログインして予約し、航空券のチケット代をSolaseed Airカードで支払うことが条件です。会員専用運賃には「ソラシドカード割」と「ソラシドカード割EX」の2種類あります。クラシックカードとゴールドカードで割引運賃に違いはありません。詳しい内容は次の通りです。

【ソラシドカード割】

予約期間は会社が指定する日から搭乗日10日前まで予約の変更は不可マイル積算比率は75%となっています。搭乗予定日の60日前までは、取消手数料はかかりませんが、59日前から搭乗予定便出発までは、運賃の50%相当額がかかります。

【ソラシドカード割EX】

予約期間は会社が指定する日から当日まで予約の変更は可能で、マイル積算比率は100%となっています。搭乗予定便の出発時刻までに予約取消しの申し出があった場合、取消手数料はかかりませんが、搭乗予定便の出発時刻までに予約取消しの申し出がなかった場合、区間によって4,000円または6,000円の取消手数料がかかります。

通常期の割引運賃は次の通りです(2020年3月28日搭乗分まで)。

区間

ソラシドカード割

ソラシドカード割EX

東京(羽田)~宮崎

14,500円

30,000円

東京(羽田)~熊本

14,500円

30,000円

東京(羽田)~長崎

14,500円

33,000円

東京(羽田)~鹿児島

12,500円

33,000円

東京(羽田)~大分

14,500円

29,000円

沖縄(那覇)~宮崎

13,000円

24,500円

沖縄(那覇)~鹿児島

13,500円

22,500円

沖縄(那覇)~神戸

11,000円

28,000円

沖縄(那覇)~名古屋(中部)

11,000円

32,500円

沖縄(那覇)~石垣

6,500円

20,000円

名古屋(中部)~鹿児島

11,000円

23,000円

東京(羽田)~宮崎の大人普通運賃が36,600円(2019年9月1日~2019年11月30日)のため、ソラシドカード割はもちろん、ソラシドカード割EXでもお得になります。Solaseed Airではバーゲン(14・28・35・60・75日前)運賃があり、ソラシドカード割の場合、バーゲン28と比べると高くなりますが、バーゲン14なら安くなることが多くなっています。取消手数料がバーゲンよりも割高になるというリスクがあるものの、搭乗前1カ月未満の予約ならソラシドカード割を利用した方がお得といえるでしょう。

機内販売、空港などで優待サービス

ソラシドエアの機内販売をSolaseed Air(ソラシドエア)カードで決済すると10%オフになります。月ごとにオリジナル商品の販売を行っています。また、那覇空港と鹿児島空港の対象店舗で、Solaseed Air(ソラシドエア)カードを提示すると、5%オフで購入できます。ただし、割引対象外となる商品があります。さらに、ソラシドエア就航都市のサービス対象店舗で Solaseed Airカードを提示すると、期間限定および対象の飲食店限定でさまざまな特典やサービスが受けられます。

ソラシドファーストメンバーズ特典

Solaseed Air(ソラシドエア)ゴールドカード会員は、一定の条件満たすと特典満載のソラシドファーストメンバーズに認定されます。毎年(1月~12月)の搭乗回数が20回以上になることが条件です。ただし、搭乗回数はマイルが積算された搭乗便数が対象となり、マイルが積算されていない搭乗分や積算マイルが0マイルとなる便は対象外となります。

ソラシドファーストメンバーズになると、毎年4月頃にボーナスマイル2,000マイルが自動的に積算されます。また、搭乗便の出発ゲートや空港での空席待ちの際に優先的に案内してもらえます。さらに、手荷物に優先返却タグを付け、到着地空港では最優先で手荷物を受け取れます。その他にも、出発当日の空港にて通常の無料手荷物に加え、超過分(プラス20㎏分)の手荷物を無料で預かってもらえます。なお、適用期間は翌年4月から翌々年3月までの1年間です。ソラシドファーストメンバーズなら、空の旅を快適に過ごすことができます。

三井住友VISAカードのサービスを利用できる

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、三井住友VISAカードの共通のサービスや特典を利用できます。その中から特におすすめの内容をピックアップしてご紹介します。

【ポイントUPモール】

三井住友VISAカードが運営するショッピングモール「ポイントUPモール」を経由して、Solaseed Air(ソラシドエア)カードカードで決済すれば、ポイントが常に2倍以上、最大20倍貯まってお得です。経由するだけで、いつものネットショッピングと変わりません。期間限定でポイント率がさらにアップするキャンペーンも随時行っています。主な提携先は次の通りです。

  • Amazon…2倍
  • 楽天市場…2倍
  • Yahoo!ショッピング…2倍
  • ベルメゾンネット…2倍
  • イトーヨーカドーネット通販…3倍
  • ユニクロオンラインストア…2倍
  • GAPオンラインストア…4倍
  • LOHACO…3倍
  • DHCオンラインショップ…2倍
  • オルビス…4倍
  • ビックカメラ.com…2倍
  • 爽快ドラッグ…5倍
  • 一休.comレストラン…2倍
  • じゃらんnet…3倍
  • エクスペディア…6倍
  • HMV & BOOKS online…3倍

【ココイコ!】

事前にエントリーして街でカードを利用すると、ポイントやキャッシュバックの特典がもらえる「ココイコ!」を使えば、さらにお得にショッピングを楽しめます。スマホから外出先でエントリーすることもでき、レジでの提示は一切必要ありません。有効期間内なら回数制限がないため何度でも利用でき、期限が切れても再度エントリーすれば利用可能です。また、事前エントリーやお気に入りの登録をしておけば、お店の近くを通ったときにプッシュ通知があり、お得なクーポンを見逃しません。

対象店舗は百貨店やショッピングモール、カラオケ、グルメ、スポーツ用品、家電など多岐に渡ります。行く予定の有無に関わらず気になる店舗があればエントリーしておくのがおすすめです。また、毎週金曜日は「ココイコ!の日」として全ショップでポイントがプラス2倍、またはキャッシュバックがプラス1%となり大変お得です

【VJトラベルデスク】

VJトラベルデスクで対象の国内・海外パッケージツアーを申込むと、同伴者の方の分も含め基本代金から最大5%OFFなどお得になります。詳しい内容は次の通りです。

  • 日本旅行赤い風船(国内)…5%
  • クラブメッド(国内・海外)…5%
  • ANAスカイホリデー(国内)…5%
  • ANAハローツアー(海外)…5%
  • ジャルパック(海外)…3%~5%
  • 日本旅行マッハ・マッハエクセレント(海外)…5%
  • 日本旅行ベスト(海外)…3%
  • プレイガイドツアー(海外)…5%
  • プレイガイドツアーくるり(海外)…3%

【Relux(リラックス)】

一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」の優待割引サービスが利用できます。通常の「Relux」が提供している価格から、クラシックカードなら初回 5%オフ・2回目以降 3%オフ、ゴールドカードなら初回 7%オフ・2回目以降 5%オフとなります。このサービスを利用するには、三井住友カード会員専用のインターネットサイト「Vpass」にて事前登録を行い、VpassIDを取得しておく必要があります。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのセキュリティ

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの発行元である三井住友VISAカードは、業界最高水準の不正使用検知システムが導入されています。24時間365日カードのモニタリング(不審カード利用チェック)を実施し、万全のセキュリティ対策を誇ります。このシステムにより不正利用の可能性のある事態を事前・早期に発見できる体制が整っているため安心といえるでしょう。

また、ネットショッピングでも補償制度が充実しています。このサービスを利用するには、三井住友カード会員専用のインターネットサイト「Vpass」にて事前登録を行い、VpassIDを取得しておく必要があります。インターネットショッピング全般(商品発送先が日本国内の物品およびデジタルコンテンツの販売)で、VpassID・パスワードまたはクレジットカ-ド番号が、第三者により不正利用された場合に備えた補償制度です。万一の場合、届け日から60日前にさかのぼって補償されます。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのデメリット

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、Solaseed Airを利用しない方には、魅力を感じられないカードです。通常のお買い物は0.5%と平凡な還元率で、ポイントがあまり貯まりません。Solaseed Airを利用する方にとっては、マイル還元率が1.0%と高めの設定になっています。ただし、貯めたマイルを特典航空券(東京~九州)に交換するには、年間で50万円の利用が必要です。クレジットカードの利用が少ない方には、特典航空券という最大の恩恵を受けられません。

また、Solaseed Air(ソラシドエア)カードは年会費のかかるのがデメリットです。ゴールドカードなら他のカードでも年会費がかかりますが、一般カードでは年会費無料のカードも多数存在します。発行先の三井住友VISAカードでは、リボ払いである「マイ・ペイすリボ」の利用で年会費が下がることもありますが、Solaseed Air(ソラシドエア)カードは対象外です。ただし、入会時や継続時にボーナスマイルがもらえるので、年会費の負担をおさえることができます。

その他、Solaseed Air(ソラシドエア)カードは国際ブランドがVISA限定というのもデメリットです。他のカードでは、MasterCard・JCB・American Expressなどいくつかの国際ブランドから選べることが多くなっています。しかし、VISAは世界のクレジットカード売上高の約50%を占めるトップブランドのため、問題なく使えます。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのクラシックとゴールドの違い

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのクラシックカードとゴールドカードには、年会費と特典に大きな違いがあります。ポイント・マイル還元率、割引運賃(ソラシドカード割・ソラシドカード割EX)、機内販売および空港での割引サービスは共通です。

ゴールドカードは、旅行傷害保険とお買い物安心保険の額が大幅にアップします。さらに、三井住友VISAカードのゴールド特典も付帯されます。例えば、国内の主要空港、およびハワイホノルルの空港内にあるラウンジの無料利用や、医師への24時間年中無休の無料電話相談ができる「ドクターコール24」などです。また、ゴールドカード会員の場合、一定の条件を満たせばソラシドファーストメンバーズに認定され、上級会員ならではの充実したサービスを受けられます。

年会費をおさえてコスパ良くSolaseed Airを利用したい方は、クラシックカードがおすすめです。年会費を高く払っても手厚い補償やサービスを受けたい方や、毎年の搭乗回数20回以上が可能でソラシドファーストメンバーズを目指したい方にはゴールドカードがおすすめです。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードがおすすめな人

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、陸でのお買い物で効率よくソラシドエアのマイルを貯められるカードです。マイル還元率が1.0%と高く、入会時や継続時のボーナスマイルもあり、マイルがどんどん貯まります。三井住友VISAカードが運営するショッピングモール「ポイントUPモール」を経由してお買い物をすれば、常に2倍~20倍となり、さらにお得にポイントを貯められます。貯まったポイントをマイルに移行し、特典航空券に交換することで、無料で空の旅を楽しむことができます。また、Solaseed Air(ソラシドエア)カード会員専用の割引運賃の利用や、機内販売および空港での割引サービスもあり、Solaseed Airを利用する方には絶大なメリットがあります。

さらに、旅行傷害保険やお買物安心保険の付帯、三井住友VISAカードならではの充実したセキュリティにより、旅行時やショッピングで安心して利用できるカードです。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードの審査

クレジットカードの発行会社によって審査の難易度が異なります。一般的に、低い順から消費者金融系、流通系、信販系、交通系および航空系、銀行系といわれています。Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、航空系ですが発行元が三井住友であるため銀行系ともいえます。そのため、審査は難しい部類に入ります。しかし、Solaseed Airをはじめ航空系や交通系は乗客を増やしたいという意図があるため、そこまで難度は高くないといえるでしょう。

Solaseed Air(ソラシドエア)カードのクラシックカードは、高校生を除く満18歳以上が申込資格者となっているため、収入のない学生や主婦でも保有できます。家族や配偶者に安定した収入があり、過去に支払い遅延などトラブルがなければ問題ないでしょう。審査のハードルを下げるには、ショッピング枠を一番低い10万円、キャッシング枠をゼロにしておくのがおすすめです。後で増額することも可能です。

ゴールドカードはステータスカードとなるため、難度が高くなります。ゴールドカードを保有したい場合は、まずはクラシックカードで毎月コンスタントに利用し、遅延なく返済してクレジットヒストリーを磨くことをおすすめします。

まとめ

Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、Solaseed Airのマイルを効率よく貯められ、Solaseed Airにお得に搭乗できるクレジットカードです。年会費はかかりますが、割引運賃やボーナスマイルで負担を減らすことができ、利用次第でそれ以上の価値を見い出せます。Solaseed Air(ソラシドエア)カードは、Solaseed Airユーザーには欠かせない一枚といえるでしょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
口コミ投稿
国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス
満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る