三井住友カードの解約方法が知りたい!解約の手順や注意点を解説

  • 作成
  • 更新


「三井住友カードも最近使わなくなったな・・・でも解約はどうしたらいいのだろう」これは三井住友カードに限ってのことではありませんが、クレジットカード会社も自分のカードをできるだけ解約して欲しくないので、解約方法はわかりにくく説明されています。でもこのサイトは中立的な視点で、三井住友カードを解約できる唯一の方法や必要なものを様々な出来事を想定した範囲でわかりやすく解説します。また解約する前に確認しておく必要のあることも解説しますので、三井住友カードを解約する前に是非一読ください。

三井住友カードの解約方法

三井住友カードの解約方法はとても簡単で、三井住友カードの解約は電話をかけるだけです。法人カードも同様に電話をかけるだけです。ただし必ずカード名義人本人が電話してください。

  • 三井住友カード「FORYOUデスク」電話番号:0570-004-980
  • 受付時間9:00-17:00(12/30-1/3を除く年中無休)

繋がらない場合は、下記にお電話ください。

  • 東京:03-6627-4137
  • 大阪:06-6445-3501

手続きに必要なもの

手続きに必要なものは、三井住友カードだけです。お手持ちのカードを用意した上、電話してください。解約が無事完了したらお手持ちのクレジットカードは自分で処分することになっています。

できればシュレッターにかけるなどして、クレジット番号やセキュリティコードなど個人情報を判別できないようにしておきましょう。もし自宅にシュレッターがないなら、ハサミでできるだけ細かく切り分け、ゴミは数日に分けて捨てるようにしてください。

三井住友銀行のキャッシュカード一体型は銀行窓口で解約

このように三井住友カードの解約はとても簡単ですが、三井住友銀行のキャッシュカード一体型は電話で解約することはできませんカード名義人本人が銀行窓口で解約手続きを行う必要があります。なおお近くの三井住友銀行は 「三井住友銀行」で検索ください。

手続きに必要なもの

手続きでは以下のものが必要となりますので、忘れないように持っておきましょう。

  • 解約するクレジットカード
  • 解約する銀行の預金通帳
  • 解約する銀行の届印
  • 運転免許証など本人確認書類

なおWEB通帳にしている方は、銀行の預金通帳は不要です。

クレジット機能のみを停止する場合も同様の手順が必要

三井住友銀行のキャッシュ機能はそのまま残したいという人も、同様の手順で三井住友銀行に行って一度解約しなければなりません。クレジットカードを解約後、クレジット機能がない新しいキャッシングカードが発行されます。

三井住友カードはインターネットで解約することはできない

三井住友カードは解約を電話のみの受付としています。クレジットカードの種類によっては、オンライン上で解約できるものもありますので、何か方法があるのではないかと調べてしまうかもしれませんが、残念ながらインターネットで解約する方法はありません。諦めてください。

三井住友カードの会員本人が死亡した場合

このように三井住友カードは、カード会員本人が解約を行うことになっていますが、もしカード会員本人が死亡した場合は家族が届け出をすることができるようになっています。解約方法や電話番号は本人がするものと同じです。その際「会員本人(フルネームを述べる)が亡くなったので家族である私が代理で解約したい」と伝えてください。その後本人確認のために以下の点が聞かれることがあります。

  • カード名義人の氏名
  • 登録されている住所や電話番号
  • カード名義人の生年月日
  • カードの会員番号

生年月日など忘れてしまうと本人確認ができなくなる可能性がありますので、必ず確認してから電話するようにしてください。登録されている住所や電話番号は変わっているかどうかわからないかもしれませんが、思い当たるものを全て言ってどれか正しければ問題ありません。

解約の手続が終わると、オペレーターが未払い残高を教えてくれます。登録されている銀行口座に残高があればそこから引き落とされることになりますが、残高が足りない場合、もしくは金融機関によってすでに口座が凍結された場合、相続人に支払い義務が生じます。

三井住友カードを解約する前に確認すること

三井住友カードを解約する前に、次の点を確認しておきましょう。

  • 家族カード・ETCカードは使えなくなる
  • 定期的な支払いに設定しているものは変更する
  • ポイントは失効する
  • 過去のWEB明細書が見られなくなる
  • 更新月を確認して年会費の不要な支払いを避ける

これらを確認しないで解約してももう後戻りはできません。ポイントの失効などで大損する可能性もありますので、必ず確認しておきましょう。

家族カード・ETCカードは使えなくなる

まず本カードを解約した時点でそれに付随する家族カードやETCカードは使えなくなります。家族に黙って解約するとカードが使えなくて恥ずかしい思いをしてしまうことになりますので、必ず伝えておきましょう。特にETCカードも解約しているのに「まだ使える」と思って車載器に挿したままにしておくと危険です。本カードを解約したら必ず家族カード・ETCカードは回収しておいてください

定期的な支払いに設定しているものは変更する

リボ払いや分割払いなど定期的な支払いに設定しているものがあったとしても、三井住友カードは解約後も引き続き支払い方法を変更せずに返済できます。それでもしまとまった現金がないなら、解約する前に支払い方法をリボ払いや分割払いに変更しておくということもできます。

ポイントは失効する

三井住友カードを解約した時点でポイントは全て失効します。それで解約する前にポイントは全て使い切るようにしてください。もし景品に交換したいなら、タイミングによっては無効になってしまうこともあるため、手元に商品が届いたのを確認してから解約したほうがよいでしょう。ポイントの交換はポンタポイントやドトールポイント、あるいはANAなど航空会社のマイレージがあるならマイルに変更することもできます。

これらの変更は全てVpassのサイトやアプリからできます。方法について詳しくは、「 三井住友カードのVpassへのログイン方法を解説!初めてでも大丈夫!わかりやすく説明します   」を参照ください。

 

過去のWEB明細書が見られなくなる

三井住友カードを解約すると、「Vpass」にログインできなくなりますので、過去のWEB明細書が見られなくなります。「カードご利用代金WEB明細書サービス」に登録されている方は後日郵送でご利用代金明細書が送られてきますが、残しておきたい情報があるならスクリーンショットにする、メモをするなどを解約前にしておきましょう。

更新月を確認して年会費の不要な支払いを避ける

三井住友カードを解約する前に更新月を確認して年会費の不要な支払いを避けるようにしておきましょう。更新月を1日でも過ぎたら一年分の年会費を払わなければならず、解約してもそれは戻ってきません。それで更新月を過ぎる前に解約しておきましょう。更新月は三井住友カードの締日と支払日をいつに設定しているかで変わってきます。

  • 締日15日、支払日翌月10
  • 締日月末、支払日翌月26日

もし二つ目の場合、年会費が引き落とされるのは入会日の翌月です。一つ目の場合入会月が15日以前なら年会費が引き落とされるのは入会日の翌月ですが、入会月が16日〜月末なら年会費が引き落とされるのは入会日の翌々月となります。このようにちょっと複雑ですので、できれば入会日までに解約手続きをしておきたいところです。

まとめ

今回は三井住友カードの解約方法について解説しました。解約は電話のみでインターネットでは受け付けていません。キャッシュカード一体型の場合は銀行の窓口で解約手続きを行う必要があります。解約するとVpassは使えなくなり、ポイントも失効しますので解約前にできることは全て行っておきましょう。なんとなくクレジットカードを解約すると「悪いかな」という気持ちが働いてしまうかもしれませんが、解約処理や電話の対応はとてもシンプルですので、気を使うことなく解約することができますよ。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る