スキミングの被害にあわないために!対策や予防について解説します

  • 作成
  • 更新

カードの情報を抜きとられ、知らないうちに悪用されてしまうスキミング犯罪は後を絶ちません。その手口も非常に巧妙化しており、国内外問わずその被害者は増加傾向にあります。

クレジットカードやキャッシュカードを安全に所持していく上で頭に入れておきたい、スキミング対策の方法についてリサーチしてみました。

スキミングってどんなもの?

スキミング…クレジットカードやキャッシュカードなどの磁気情報を盗み取ること

つまりカードの情報だけを盗み、悪用するというのがスキミングの手口です。カードの盗難や紛失時の悪用とは異なり、カードは手元にあるため悪用に気づきにくいというのが特徴です。

被害の対象となるのは、クレジットカード・銀行のキャッシュカード・デビットカードが多いですが、近年では電子マネーのスキミングも多くなってきています。SuicaやPASMOといった交通系電子マネーやWAON・nanaco・Edyといった電子マネーについても狙いの対象となっているのです。

カード情報を抜きとる方法として一番多いのが、ATMを利用したものです。ATMのカード指しこみ口に特殊な機械を取りつけ、ATMを利用した人のカード情報をどんどん盗んでいくというものです。

近年では、ATMに注意喚起のポスターやシールが貼られていることが多いですが、それでも被害は後を絶ちません。

行政や警察のスキミングに対する注意喚起では上記のATMについての情報がメインとなっています。ATMを利用する時に注意を払っていればスキミングは予防できると思っていませんか?

確かにATMを利用したスキミングが一番多いとされていますが、他にも様々な方法でカード情報を盗む詐欺集団が横行しているのです。

スキミングの具体的な手口とは

カードの磁気情報を盗み取る方法は、大きくわけて2つあります。それぞれの詳しい手口と、実際にどのような場所で犯行が行われているのか詳しく見ていきましょう。

《接触型ICカードの場合》

接触型ICカード…ICチップと呼ばれる金色のチップがカードの券面に埋め込まれている種類のカード。ICチップを読み取ることができる機械にカードを指しこむことで、チップ内のデータを読み取り、決済などを行うことができる。

ICチップが組みこまれたカードをスキマーと呼ばれる機械に通すことで、磁気情報を盗み取ります。スキマー自体は、大型の家電量販店やインターネット通販で簡単に購入することができるため、知識があれば誰にでも犯行が可能となってしまいます。

場所

手口

コンビニや銀行などのATM

加工したスキマーを、ATMのカード指しこみ口に取りつける。

ATMを利用した人のカード情報がどんどん抜きとられてしまう。

同時にATM周辺に隠しカメラを仕掛けることで、暗証番号も盗み見られてしまい、悪用に繋がる。

街中での会計時

会計の際に、クレジットカードを店員に預けることはありませんか?

その際、レジでスキャンするのとは別に自前のスキマーにカードを通すことで、カード情報を読み取る。

空き巣

空き巣に入り、物は盗まずにカードの情報だけ盗み取るという手口も横行しています。盗まれているものがないことから、被害に気づきにくいことがほとんどです。

他にも、忘れ物や落としもので同様の手口が使われることもある。

《非接触型ICカードの場合》

非接触型ICカード…接触型ICカードのようにカードの券面にICチップはなく、カードの内部に埋め込まれているタイプのカード。チップの周囲にアンテナ端子が内蔵されており、チップが接触しなくてもアンテナから発生する電波を利用して決済が行える仕組みとなっている。専用の機械にカードをタッチするだけで支払いができる、電子マネーカードなどに多く使われている。

非接触型ICカードのスキミングは、カードをかざすだけで電磁波がカード情報を読み取る読み取り機が使われ、SuicaPASMOEdyなどの磁気テープを使ったカードのスキミングにはこの手口が使われます。

場所

手口

人混み

非接触型カードに、電磁波読み取りができるスキマーを近づけるだけで情報が盗み取られてしまいます。

電子マネーが、財布や定期入れに入れたままでも使えるように、鞄や財布の上からでもスキミングすることができるのです。

満員電車やイベント会場など、人が多く密着した空間で犯行が行われやすい。

会計時

会計用の電子マネー決済機ではなく、スキマーにカードをかざすよう誘導しカードの情報を盗み取ります。

複数の決済機にカードをかざすよう言われた場合は要注意。

空き巣

ICチップ対応カードと同様に、物を盗まずに情報だけ盗み取る手口。

落とし物が手元に戻った際には念のため再発行を。

カードをスキャンする必要もなければ装置をATMに取りつける必要もないため、ICチップ対応のスキマーよりも容易にスキミングを行うことができてしまいます。バックや財布越しに接触させるだけでも読み取られてしまうことがあるため、人の多い場所では注意が必要です。

このように本人も気づかないうちに犯行が行われ、被害に気づいた時にはどこでスキミングされたのかわからないケースが多いのです。

スキミングで盗み取った情報を元に、以下のような方法で犯罪が行われます。

  • ・偽装カードを作り、ATMで出金する
  • ・カード不要のインターネット通販などで換金性の高い商品を購入し転売する

カード系の犯罪において、スキミングで得た情報を元に行われた不正使用が一番大きな被害となっているのです。

海外でのスキミング被害は多い

国内でもスキミング犯罪は横行しており、クレジットカードだけの被害を見ても年間で100億円以上になると言われています。この金額だけをみると、日本はクレジットカードを持つにあたって安全な国ではない?と思ってしまいますよね。

実は海外では、日本よりも圧倒的に多くのスキミング犯罪が報告されています。日本人がスキミングの被害にあってしまった場所も、海外旅行先留学先など国外であることも多いのです。

日本のATMコーナーは、鏡で後ろに人がいないか確認することや一つ一つが仕切られておりプライバシーが確保できるものが多いですが、海外でも同じクオリティーのATMばかりとは限りません。

ATMのカード指しこみ口にスキマーが取りつけられていたり、暗証番号の文字盤のところに細工がしてあったりと、手口も様々です。

また、スキミング被害を身近なものとしてとらえている外国の方と比べて日本人は「自分は被害に合わない」とスキミングに対する知識や予防をしていないことが多く、旅行客を相手にスキミングを行う犯罪集団もいるそうです。

短期間滞在であれば、滞在中に犯行がバレる可能性が低いことに加えて、被害者が帰国してしまえば関係ないと思っている犯罪者が多いのでしょう。

語学に自信がないからといって、言われるがままにカードを安易に店員や他人に渡してはいけません。なんだか怪しいなと思ったら、現金払いにするなど細心の注意を払って行動しましょう。

被害額は補償される?補償の条件とは

万が一スキミングの被害にあってしまった時に、一番に思い浮かぶのが“被害にあったまま泣き寝入りなのか?”という点でしょう。

「不正に引き出されてしまったお金は返ってくるの?」
「自分が買っていないものの代金も、支払わないといけないの?」

被害が高額であればあるほど、心配が募るでしょう。

スキミングをはじめとした不正使用に対して、カード発行元が補償を設けている場合があります。補償を受けることができれば、悪用された分について自分で負担しなくてもよくなることもあるでしょう。

あくまでも一例ではありますが、カードごとの補償について表にまとめてみました。

カードの種類

補償内容

クレジットカード

ショッピング利用:調査結果に応じて補償

キャッシング利用:原則補償対象外

銀行キャッシュカード

調査結果に応じて、補償

カードローンカード

調査結果に応じて補償はあるものの、法的な規約はないため、キャッシュカードやクレジットカードよりは保障の適用範囲は狭まる可能性があり。

電子マネーカード

個人情報を登録しないものに関しては、原則補償なし

補償がある電子マネーも、各会社によって対応が大きく異なる。

 

補償制度が設けられているカードとはいっても、全ての案件に対して補償にて負担がされるということではありません。全額補償が受けられる時と、一部は自己負担となってしまう場合・最悪の場合は補償が降りず全額自己負担となってしまうこともあるのです。

一例ではありますが、補償を受けるための条件について見てみましょう。

被害から報告までの期間が決められている

自分の利用ではない利用があったとしても、被害から報告までの期間があまりにも開いているものについては、補償が受けられないことがあります。30~60日以内に連絡という条件が設けられていることが多いですが、早ければ早い方が良いです。

こまめに明細を確認するなどして、被害に早く気づけるようにすることが大切です。

クレジットカードの利用規約に違反していない

クレジットカードを他人に貸しだす・家族感で共有していたなど、利用規約に反した使い方をしていた時に起こった被害については、原則として補償は受けられないと思っておきましょう。

また、家族が行った不正使用については補償の対象とならないことがほとんどです。

暗証番号が推測されやすいものとなっていない

誕生日電話番号など、容易に推測できる暗証番号を設定してはいけません。スキミング被害に合ったとしても、暗証番号がわからないと実害は受けないこともあります。

暗証番号が推測しやすいものであった場合、カード利用者にも過失があったとみなされて全額補償は受けられないでしょう。ご高齢の方などに多いのが、暗証番号を書いた紙をキャッシュカードと一緒に保管しておくというケースです。

暗証番号が誰にでもわかるような状態にしておくことは、重大な過失とみなされてしまいます。周りの人に簡単に推測できない番号にし、年に1回は暗証番号を変更するのが防犯上好ましいでしょう。

カード裏面にサインをしている

カードを使うにあたって、カード裏面のサインは必須条件です。多くの店舗が確認をしますが、中にはサインを書かないまま使っている人も多いでしょう。

カード裏面のサインの有無は、カード会社にとって非常に重要なポイントです。クレジットカードなどカードにサインを書く必要があるものは、サインを書いてから使うようにしましょう。

重要な事項について偽りの説明を行わない

カード会社からの被害に関する状況や日頃のカードの保管状況などの聞きとりに対して、虚偽の申告を行った場合には、被害補償の対象から外されてしまいます。正直に誠意をもって聞きとりに応じる必要があります。

各カード会社によって補償のための条件は異なりますので、自分の持っているカードの会社の規約などをしっかりと読んでおきましょう。万が一の時に全額補償を受けられるように、日頃から明細の確認や暗証番号の変更などを行うようにしましょう。

スキミング被害にあわないためにできること

スキミングによる悪用の被害は後を絶ちません。自分は大丈夫と思っていても、知らないうちに被害者になってしまうことも考えられます。

スキミング被害に合わないためには、以下の5つのポイントに注意を払っておく必要があります。

ATMのカード指しこみ口に注意する

近年では、ATMの周辺に「ATMを使ったスキミング被害に注意」といった注意喚起のポスターやシールが貼られています。本来のカード指しこみ口の写真が貼られているものが多く、この写真と相違するような機械が取りつけられていないかどうか確認してから使うようにという注意喚起です。

ATMを利用してカードの取引をする際には、指しこみ口に怪しい機械がついていないか・小型カメラなどはないか・周囲に人はいないかを確認してから使うようにしましょう。

クレジットカードはICチップ付きを選ぶ

ICチップが埋め込まれていないカードは、カード裏面の磁気ストライプに情報が集約されています。磁気ストライプに集約された情報は、非接触型ICカードと同じようにスキマーを近づけるだけで情報を盗み取られてしまうのです。

ICチップ付きのカードは、カードをスキマーに接触させる必要があり、情報の読み取りにも一定の時間がかかります。スキミングのリスクは、ICチップ付きのカードの方が低いと言えるでしょう。

暗証番号の入力時は手元を隠す

ATMの周りに小型のカメラが仕掛けられていることが多く、暗証番号を盗み見られてしまうケースが多発しています。暗証番号を入力する際は、手元を隠し周りに見られないようにしましょう。

また、定期的に暗証番号を変更することも防犯という観点から非常に有効であると言えます。

クレジットカードから目を離さない

近年ではスキミング防止を目的として、顧客自らが端末にカードを挿し込み操作をするという形式をとるお店が増えてきました。システムを導入している店舗はまだまだ少なく、店員にカードを渡して決済をするという方法がまだまだ一般的です。

カードを決済機以外のところにスキャンしていないか・不審な端末に接触させていないか・カード番号やセキュリティーコードなどを控えていないかなど目を離さずにしっかりと見ておく必要があります。

もちろん、カードが入ったお財布や鞄を誰でも手に取れる場所に放置するのもNGです。

利用明細を定期的にチェックする

スキミングの被害にいち早く気づくためには、利用明細を定期的に確認することがポイントです。近年ではWEB明細として、自宅に利用明細を送らないクレジットカード会社も増えてきています。利用お知らせメールサービスに登録することや、定期的にWEBで利用明細を確認しましょう。

デビットカードキャッシュカードであれば、定期的な通帳記帳やWEBサービスで直近の利用を確認することが有効です。電子マネーに関しても、同様に定期的に不審な利用がないか確認するようにしてください。

スキミング防止グッズを活用する

スキマーの電磁波を通さない素材でできている財布カードケースなどがスキミング防止グッズとして販売されています。インターネットやバラエティーショップなどでも多く取り扱いがあり、デザインもお洒落なものが揃っています。

非接触型ICカードに使われている電磁波を利用したシステムのことを意味する「RFID」これをブロックする性質の素材で作られた製品を選びましょう。

「スキミング防止」「RFIDブロッキング」とかかれていることが多いです。

防犯に対する意識をしっかりと持って、スキミングの被害から自分を守っていきましょう。

スキミング被害にあったら

スキミングでは、カード自体は手元にあるので被害に気づきにくいという特徴があります。

クレジットカード会社からの請求があって初めて被害に気づく
久しぶりに通帳記帳をしたら、見に覚えのない出金があった

など、被害にあってから気が付くまでにタイムラグが開いてしまうことが多いのです。

国内でスキミング被害にあったら

  • 1.見に覚えのないショッピング利用・キャッシングがあった際には、すぐに金融機関に連絡をしてカードの利用を止めてもらいましょう。手元にあるカードは使えなくなりますが、同時にスキミングで盗まれた情報で違法に作られたカードも利用ができなくなります。
  • 2.次に行うのは、お手持ちの他のクレジットカードや銀行キャッシュカードなどで同様の被害が出ていないかどうかの確認です。カードに少しでも不審な動きや心当たりのない利用があった場合は、同じ様に利用を停止する手続きを行いましょう。

停止手続きと一緒に、悪用の調査を依頼します。クレジットカードやカードローンカードのように請求が後日来るものに関しては、調査結果が出るまで請求は一旦停止してもらえるようお願いしておきましょう。

(念のため、被害が出ていなくてもカードの機能を停止させて、別の番号で再発行を依頼するのも良いでしょう。)

  • 3.カード会社や銀行によっては、不正調査申しこみ用紙など手続き書類が家に送られてくることがあるので、必要事項を記入しすぐに返信しましょう。
  • 4.警察に相談しにいきましょう。その際、被害の状況や問題のカードを直近で利用した場所などを聞かれることになることが想定されますので、明細書やレシート・通帳など参考になりそうなものがあれば持っていくとスムーズです。また、警察に被害届けを出した旨もきちんと不正調査をしている金融機関にも伝えておく必要があります。

スキミング被害が判明した時は、非常に動揺して頭が真っ白になってしまうでしょう。一呼吸置いて冷静かつ迅速に対応していくことが大切です。被害にあってしまった時に焦らなくて済むように、被害にあったら取るべき対応をしっかりと頭にいれておきましょう。

海外でスキミング被害にあったら

海外でスキミング被害にあった時も、基本的な対応方法は同じです。まずは被害にあったカードの金融機関に連絡をし、カードの利用を停止しましょう海外旅行保険に加入している場合には、保険会社にも被害にあった旨を説明してください。

帰国前に被害に気づけた場合には、現地の警察署にポリスレポート(被害届)というものを取得しておきます。補償を受ける上で重要となりますので、語学に自信がなくても頑張って取得しましょう。(保険会社の人が力になってくれることもありますよ)

また、海外旅行から帰ってきて被害に気づくという方も多いでしょう。その場合は、国内で被害にあった時と同じ対応で問題ありません。パッケージツア-海外旅行保険に加入していたという方は、旅行代理店や保険会社に被害にあった旨の連絡を入れましょう。

まとめ

気づかないうちにカードの情報が盗み取られ、悪用されてしまうスキミングによる被害は後を絶ちません。手口もどんどん巧妙化しており、偽装されたATMなどは一見見ただけではごく普通のATMに見えるといいます。

被害が実際にどのような場所どのような手口で行われているのかを知ることは、被害を予防する上で非常に有効的です。被害に合わないためにも、今回ご紹介した予防方法を実践し、日頃から防犯意識を高く持っておくようにしましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る