クレジットカードは60代、70代でも作成可能?シニア層がクレカを持つメリットとデメリットとおすすめカードを徹底解説

  • 作成
  • 更新

クレジットカードは、今やほとんどのお店で使うことが出来ます。また、近年すさまじい勢いで拡大する、ネットショッピングにおいても必要不可欠なものになっています。しかし、シニア層の方の中にはクレジットカードが嫌いな方やそもそもシニア層は、クレジットカードを作ることが出来ないと思われている方もいるかもしれません。しかし!シニア層のみなさんはクレジットカードを作成することはできます。今回は、シニア層がクレジットカードを持つメリットとデメリット、シニア層におすすめのクレジットカードについて説明します。

クレジットカードに年齢制限はあるの?

クレジットカードには、明確な年齢制限はありません。未成年や高校生など年齢の下限の制限はありますが、年齢の上限での明確な制限はありません。

大抵のクレジットカードでは、申し込み資格が18歳以上、一定の収入があることとなっています。しかし、一般的には70歳以上の方はクレジットカードが作りにくい傾向にあります。昔は、60代でも作りにくい傾向にありましたが、最近は、会社の定年退職の年齢が65歳までになっているので、昔よりはシニア層は、クレジットカードを作りやすい環境になっていることに間違いありません。今後、定年退職の年齢を70歳まで引き上げることが検討されていることを考えても、ますますシニア層でもクレジットカードは作りやすくなっていくと考えられます。

しかしカード会社からしてみれば、年齢が高いほど、突然亡くなってしまうなどのリスクがあります。貸し倒れリスク(貸したお金を回収が出来ない危険性)が高くなってしまうので、年齢が上がるにつれて審査が厳しくなる傾向があるのは間違いないと思っていただいたほうが良いかと思います。また年金だけの収入の方よりも、給料収入がある方や会社経営者の方のほうがクレジットカードが、作りやすいことはいうまでもありません。

シニア層がカードを持つメリット

この章では、シニア層がカードを持つメリットについてまとめていきます。シニア層の中には現金第一主義の方も多く、クレジットカードを毛嫌いしている人もいます。しかし、クレジットカードは決して悪いものではありません。シニア層がクレジットカードを利用するメリットは主に6点あります。

現金を持ち歩かないでよい

最近は、コンビニやスーパーなどあらゆる場所でクレジットカードが使用できるようになっています。クレジットカードを利用できる場所が飛躍的に増えているのでクレジットカードを持っていれば、現金は最低限持っていれば問題ありません。シニア層の方の中には、現金第一主義の方は多く、多額の現金を持ち歩いている人も中にはいます。しかし、多額の現金を持ち歩くと当然盗難のリスクがあります。高額の現金を持ち歩かなくて済むことは大きなメリットになります。

ネット通販が楽になる

シニア層の方の中で、ネット通販を利用している人は年々増えています。ネット通販の決済方法ですが、代引きや銀行振り込み、コンビニ払いなどを選択することが出来ますが一番便利なのがクレジット払いです。余計な手数料がかからないで済みますし、その場で決済できるので手間暇かからず便利です。今後ネット通販は更に拡大していく可能性が非常に高いので、ネット通販での利便性を考えると、クレジットカードを持っておいたほうが間違いなく便利です。

銀行に行かずに済む

現金中心に、やりくりをしていると、どうしても銀行に現金を下ろしに行かないといけなくなります。しかし、多額の現金を自宅に置いておくのは危険です。また、時間外にお金をおろすとATMの時間外手数料もかかります。また、ネット通販などで支払方法に銀行振り込みを選択した場合については、振込をしに銀行に行かなけれぱなりません。しかし、クレジットカードを中心にすれば現金をあまり持たなくてもよくなるので、銀行に行かなくても済みます。ネット通販やTVショッピングのほとんどがクレジットカードに対応しているので代金の振込のために銀行に行く必要もなくなります。

家計管理がしやすくなる

現金での買い物の場合、レシートをもらわないと後日なにに使ったかの検証が出来ません。しかし、クレジットカードでの買い物はインターネットで明細を確認することが出来るので、家計管理がしやすくなります。家計簿を付ける際もいつどこでいくら使ったかをすぐに把握することが出来るので、家計管理をしやすくなります。

身分証明書になる

クレジットカード時には身分証明書代わりになります。特に海外では、クレジットカードの使用が主流になっているので「クレジットカードを所有している=支払い能力のある信用できる人」という構図が日本よりも強固になっています。海外では身分証明書代わりにクレジットカードの提示を求められることも普通にあります。海外旅行する際、クレジットカードは必須になるといっても過言ではありません。

盗難や紛失をしても安心

クレジットカードは盗難の被害にあった時や紛失をしてしまっても、補償がしっかりしています。万が一不正利用に利用されたとしても被害額はきっちり補てんしてくれます。しかし、現金の場合だと盗難や紛失の被害にあってしまった場合には補償がありません。セキュリティの面から考えてもクレジットカードは優秀であるといえます。

シニア層がクレジットカードを持つデメリット

シニア層がクレジットカードを持つデメリットは3つあります。ひとつずつ詳しく説明していきます。クレジットカードのデメリットはいくつかありますが、シニア層特有のデメリットについて説明します。

年会費がかかる

年会費無料のクレジットカードもたくさんありますが、年会費有料のクレジットカードもたくさんあります。とくにシニア層は、ゴールドカードなどの年会費が高いクレジットカードを持っている方が多いので年会費の負担は結構重くなることが多いです。

いつの間にかリボ払いになってしまっている

意外とシニア層の間で多いのが、クレジットカード契約の段階で支払方法がリボ払い専用になってしまっていることです。ショッピングモールや銀行でクレジットカードの申し込みをするケースが多いかと思いますが、契約の際、リボ払いは、「ポイントの還元率が高くなります」、「年会費が無料になりますよ」などと言われ、リボ払い専用のクレジットカードを作っている可能性があります。いざクレジットカードを使い始めた後もリボ払いであることに気付かずに金利を払い続いていた、との事例も多くなっています。

間違えてキャッシングを利用してしまう

最近のクレジットカードは銀行のキャッシュカードの機能とクレジットカードのキャッシングの機能が一枚になっているカードが多くなっています。キャッシュカードとクレジットカードが一枚になっていると財布にカードがかさばらず便利です。しかし、銀行のATMでお金をおろす際に間違えてキャッシングを利用してしまうシニア層が多くなって来ているとのことなのでデメリットにもなってしまいます。

シニア層の審査は厳しい?年収がないとだめ?

シニア層の方がクレジットカードを作ろうと思った時に一番不安になるのが、クレジットカードの審査に通るのかどうかということです。冒頭でも書きましたがシニア層でもクレジットカードを作ることは問題なくできます。高齢者のクレジットカードの審査でポイントになるのが安定した収入があるかどうかです。給与収入や年金収入で200万円以上の収入があると良いといわれています。もちろん給与収入があったほうが望ましいですが、年金収入だけでも問題はありません。

シニア層におすすめのクレジットカード

最後にシニア層におすすめのクレジットカードを2つ紹介します

イオンカード(GGマーク付き)

最初に紹介するのは、イオンカード(GGマーク付き)です。イオンを利用するシニア層には必須のクレジットカードといっても過言ではありません。イオンカードのメリットは、主に5つあります。

  • 毎月20日、30日はお客さま感謝デー、レジにて5%OFF
  • 優待パスポートで5%~20%OFF
  • 年会費永年無料、ゴールドカードも年会費永年無料
  • イオン銀行のATMは24時間365日、預入·引出し手数料が無料
  • WAONポイントが結構貯まる

この5つに加えてGGマーク付きのイオンカードには更に2点メリットが追加されます。

ちなみにGGマーク付きのイオンカードとは55歳以上の方しか作ることの出来ないイオンカードのことです。通常のイオンカードのメリットに加えて、

  • イオングループの対象店での買い物はいつでもポイントが2倍
  • 毎月15日はGGマーク付きのイオンカード保有者限定で5%オフ

の特典があります。年会費も無料ですし、イオンを利用する人には何もデメリットがないので積極的に利用しましょう。

大人の休日倶楽部ジパングカード

次におすすめなのが、JRが発行している大人の休日倶楽部ジパングカードです。男性満65歳以上、女性は満60歳以上の方が申し込みを出来るクレジットカードです。

メリットは、主に3つあります。

  • JR東日本、JR北海道の切符代が何回でも30%オフ!
  • JR全線が20回まで20%~30&Offになる
  • 国内旅行商品が同行者含め全員5% offになる。

そのほかにも旅行関係の様々なメリットがあるので旅行好きのシニア層の方は作って損することはないカードになります。

まとめ

今回は、シニア層のクレジットカードについてまとめていきました。シニア層はクレジットカードが嫌いな人も多いです。しかし、現金よりもクレジットカードのほうがメリットはたくさんあります。また、クレジットカードの審査に不安に思われているシニア層も多いと思います。しかしシニア層でも、問題なくクレジットカードを作ることが出来ます。2019年には消費税が10%に上がります。増税分の2%をクレジットカードのポイントで還元するといった話も出てきています。ぜひこの記事をきっかけにシニア層のみなさんが積極的にメリットの多いクレジットカードを使っていただけると幸いです。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る