楽天Edyのメリット・デメリット!利用におすすめのクレジットカードも解説

  • 作成
  • 更新

楽天Edyは普及率が高く、利用の仕方によってとてもメリットが大きくなる電子マネーです。コンビニなどで少額の買い物をするとき「わざわざクレジットカードを使わなくても…」と思っている方も、電子マネーなら気軽に使うことができます。とりわけ楽天Edyは利用できる店舗の数が多く、クレジットカードが使えない店さえ利用することもでき、さらにポイントも貯まりますので、あなたがもし、電子マネーを持ちたいと思っているなら、まず楽天Edyをおすすめします。

このようにメリットが大きい電子マネーですが、意外と知られていない注意点もあります。今回はこれら楽天Edyのメリットとデメリットを全て解説し、楽天Edyの入手方法や楽天Edyを使うと最もお得なおすすめのクレジットカード3種類を紹介します。

楽天Edyは使いやすい電子マネー

楽天Edyは楽天ブランドのプリペイド式電子マネーで、発行数が1億越え、対応している店舗数が36万店もあるという、数ある電子マネーの中でもトップクラスとなっています。電子マネー対応の店は必ず楽天Edyがあるといっても過言ではありません。

Edyは元々ソニーグループが中心となって日本で初めて導入された非接触型決済による電子マネーで、Euro(ユーロ)、Dollar(ドル)、Yen(円)に次ぐ第4の基軸通貨になってほしいという願いからそれぞれの頭文字をとってEdyと名付けられました。現在では楽天の傘下になって名称も楽天Edyとなっていますが、電子マネーの普及の成功により、当初の目的は達成できたといってもいいでしょう。

楽天Edyが使えるお店

楽天Edyが使える場所の中には次のようなお店があります。

  • コンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • ポプラ
  • デイリーヤマザキ
  • デパート、スーパー等
  • イトーヨーカドー 
  • セブンスター
  • サンシャイン
  • 平和堂
  • ジョーシン
  • Right on
  • ドンキホーテ
  • 阪急百貨店
  • 飲食店
  • マクドナルド
  • ガスト
  • リンガーハット
  • 上島珈琲店
  • ケンタッキー
  • ネットショップ
  • 楽天
  • Amazon
  • ニッセン
  • DMM.com
  • Ameba

ここに挙げたのは、35万店舗ある楽天Edy加盟店の中のごく一部です。注目したいのは電子マネーnanacoを導入しているセブンイレブンやイトーヨーカドー、WAONを導入しているミニストップでも使えるというところです。クレジットカードが使えない店でも楽天Edyなら使うことができるという店さえあります。このように楽天Edyを持っていれば他の電子マネーを不必要に増やす必要がなくなり、電子マネーの一元化が可能となります。          

楽天Edyのメリット

楽天Edyは、使える店舗数が多いことに加えて次のようなメリットもあります。

  • 多種多様なポイントが貯まる
  • クレジットカードからのチャージでポイントが貯まる
  • 初回利用でポイントが貯まる
  • 楽天スーパーポイント設定でポイントが貯まる

このような楽天Edyならではのメリットについて、詳しく解説していきますね。

多種多様なポイントが貯まる

楽天Edyは通常200円利用ごとに楽天Edy1ポイントが貯まりますが、おサイフケータイに登録しておけば全国の楽天Edy加盟店で、下記のお好きなポイントを1つ選んで貯められます

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAのマイル
  • Ponta
  • Edyでコイン
  • WALLET ポイント
  • ヨドバシゴールドポイント
  • Tポイント
  • エポスポイント
  • ビックポイント
  • マツモトキヨシ
  • エディオンポイント
  • ドットマネー

楽天Edyだけでも使い道がたくさんありますが、このように多種多様なポイントを貯めることができますので、貯まったポイントの使い道に困ることはありません。まさに「第4の通貨」と言える電子マネーで、現金に近い感覚で使用することができます

クレジットカードからのチャージでポイントが貯まる

楽天Edyはクレジットカードからのチャージでポイントが貯まりますが、この時クレジットカードのポイント+利用時と二重で貯めることができるので大変お得です。例えば楽天カードから楽天Edyをチャージして、楽天Edyの加盟店で利用すれば次のようにポイント貯まります。

  • 楽天カード1000円チャージ→ポイント5
  • 楽天Edy1000円利用→ポイント5
  • 合計10ポイント(ポイント還元率1.0%)

さらに楽天Edyはプロパーカードになる「楽天カード」だけではなく、次のようなクレジットカードでも貯めることができます。

  • アメリカン・エキスプレス
  • MUFGカード(三菱UFJニコス)
  • DCカード(三菱UFJニコス)
  • ニコスカード(三菱UFJニコス)
  • UFJカード(三菱UFJニコス)
  • NCカード(エヌシーガイドショップ)
  • NTTグループカード
  • エポスカード
  • オークス
  • オーシーカード
  • オリエントコーポレーション
  • クレディセゾン
  • 山陰信販
  • JCB
  • ジャックスカード
  • セディナ
  • オーエムシーカード
  • CFカード
  • ゼビオカード
  • ダイナースクラブカード
  • 東急カード
  • トヨタファイナンス
  • 日本海信販
  • VJAグループ
  • 三井住友カード
  • ほくせんカード
  • UCカード
  • UCSカード
  • ゆめカード
  • LIFEカード
  • ポケットカード
  • アプラス

このように日本で発行している主要カードのほとんどは、楽天Edyにチャージできるようになっています。ただし後ほど詳しく解説しますが、この中でチャージ時にはポイントがたまらないクレジットカードもありますので注意が必要です。

なお楽天Edyのポイント二重取りについては「楽天Edyをクレジットカードでチャージしてポイントを二重取りしよう!チャージ方法を解説」で詳しく解説していますのであわせてお読みください。

初回利用で200ポイントが貯まる

楽天Edyはエントリーして、初回利用するだけで200ポイントが貯まります。

楽天スーパーポイント設定で400ポイントが貯まる

初回利用に加えて、エントリーして初めて楽天スーパーポイントを貯める設定をすればさらに400ポイントが貯まります。電子マネーの中には入会金をとるというものもありますが、楽天Edyは入会金無料にする方法があり、さらに200ポイント+400ポイントの合計600ポイントも貯まることになります。

楽天Edyのデメリット

楽天Edyには残念ながらデメリットもあります。特にクレジットカードを普段利用している人にとっては、次の二つのデメリットが際立ってくるでしょう。

  • 使えないお店がある
  • チャージが面倒

それぞれのデメリットとその対処策について解説していきますね。

使えないお店がある

楽天Edyは電子マネーの中では加盟店数がトップクラスになっていますが、クレジットカードのVISAやJCBなどと比べると普及率が低く使えない店もたくさんあります。特に海外で楽天Edyが使えるところがないのが残念なところです。

しかしEdyはもともとドル、ユーロ、円に次ぐ第4の通貨を目指していますので、日本の普及率が高まった今、将来的には海外での使用も期待できるかもしれません。またクレジットカードを持っていれば、楽天Edyが使えない店ではクレジットカードを使うなど対応することもできるでしょう。

チャージが面倒

楽天Edyは、自分がチャージした金額内しか利用できないというプリペイド形式を使っていますので、毎回チャージをしなければならず、時々そのチャージをし忘れてしまいます。またチャージ金額も最大5万円までとなっていますので、何十万円と利用できるクレジットカードと比べると、多少不便に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこのようにチャージしたお金しか使うことができないというのは、逆に考えますと「お金の使い過ぎを防ぐことができる」というメリットでもあります。またもし楽天カードなどオートチャージが対応しているカードなら、設定した金額より少なくなればクレジットカードから自動的にチャージしてくれる機能もありますので、こうした機能を活用すすれば、クレジットカードのような感覚で楽天Edyを使用することができます。

楽天Edyを入手する方法

楽天Edyを入手するために、以下の4つの方法があります。

  • クレジットカードの楽天カードを申込む(無料)
  • ANAマイレージクラブに入会する(無料)
  • クロネコメンバーズに入会する(無料)
  • 楽天Edyカードを購入する(有料)

それぞれの特徴やメリットについて、解説していきますね。

楽天カードを申込む

楽天カードを申し込むときに、楽天Edy内蔵のタイプのものを選べば無料で楽天Edyを利用することができます。この方法は最もお得でスタンダードな方法といえるでしょう。楽天カードは申し込むだけで5000円相当の入会特典がついていたり国際ブランドによっては楽天Edy内蔵のカードを選べば500ポイント分がついたりすることもあります。また楽天カードはオートチャージ機能などがついていて楽天Edyの管理がしやすいのも特徴です。

ANAマイレージクラブに入会する

ANAマイレージクラブは楽天Edyが内蔵されています。ANAマイレージクラブの入会金は無料ですので、楽天Edyも実質無料で利用することができることになります。楽天EdyはANAマイルも貯まりますのでANA利用者にとってはとてもお得ですが、飛行機を全く使わないという人もANAマイレージクラブに入会することで楽天Edyを無料で利用できます。

クロネコメンバーズに入会する

クロネコメンバーズに入会すれば、初回の新規発行時は楽天Edy内蔵のクロネコメンバーズカードを無料で入手することができます。ただしすでにnanacoやWAON内蔵のクロネコメンバーズカードを持っている方が新たに楽天Edy内蔵のクロネコメンバーズカードを発行する場合、別途税込300円払わなければならないので注意が必要です。

キャラクターデザインの楽天Edyカードを購入する

多少お金を払っても構わないという人は、「公式ホームページ」でかわいいキャラクターデザインの楽天Edyカードを購入するという方法もあります。料金は税込540円かかりますが、一度払えばずっと使うことができますので総合的に見たらそれほど大きな金額ではないでしょう。

電子マネーは何度も使うものなので、せっかく使うならお気に入りのカードを使いたいですよね。そんなオシャレなあなたにおすすめの一枚です。デザインの種類はたくさんありますので、あなたのお気に入りの一枚を見つけてみてください。

楽天Edyの利用におすすめのクレジットカード

楽天Edyの利用におすすめのクレジットカードとは、ポイントの二重取りができるカード、つまりEdyチャージでポイントが貯まるクレジットカードです。覚えておかなければならない点ですが、楽天Edyにチャージができるクレジットカードは全てポイントが貯まるわけではありません。

実際楽天Edyでチャージできるクレジットカードはたくさんありますが、その多くはチャージ時にポイントがつきませんので実質ポイント還元率は、楽天Edy使用時の0.5%のみです。例えば以下のカードは、チャージ時にポイントがつきません。

  • アメックスカード
  • ダイナースカード
  • JALカード
  • dカード
  • 三井住友VISAカード
  • オリコカード
  • JALカード

チャージができてポイントが貯まるクレジットカードもたくさんありますが、その中でも楽天Edyチャージをするととりわけメリットが大きい、おすすめのクレジットカードを3つ紹介します。

高還元率でポイントがたまりやすい!リクルートカード

正式名称

リクルートカード

年会費

永年無料

ポイント還元率

1.2%

楽天Edyチャージ+利用時のポイント

1.2+0.5%=1.7%

その他メリット

・海外旅行保険無料付帯

・国内旅行保険無料付帯

・ポンパレモールの利用でポイント3%

・VISAとMastercardの2枚持ちが可能で合計60,000円までチャージが可能

・1回の買い物ではなく毎月の利用合計で計算されるのでポイントが貯まりやすい

注意点

・クレジットカード1枚につき楽天Edyチャージが月30,000円まで

・国際ブランドをJCBにすると楽天Edyのチャージができない

楽天Edyの利用で最もおすすめなのは、リクルートカード です。なぜならリクルートカードは年会費無料でポイント還元率が1.2%という高還元率カードですが、楽天Edyチャージ時も満額の1.2%もらえるからです。これに楽天Edy利用時の0.5%をプラスすると、実質1.7%になります。

加えてリクルートカードは、毎月の利用合計がポイント対象となる希有なカードです。ほとんどのクレジットカードは個別計算なので、例えばポイント還元率が1%の場合、590円の買い物(5ポイント)と410円(4ポイント)の買い物をした場合ポイントが9ポイントです。

しかしリクルートカードは合算の1000円で計算するので、ポイントが12ポイントつくことになります。リクルートカードはこのようにポイントが非常に貯まりやすいので、楽天Edyのチャージに利用すればポイントがザクザク貯まります。

総合評価
3.6
年会費無料なのにドンドンポイントが貯まる高還元率カード

年会費無料なのに驚きの高還元率1.2%でとにかくポイントが貯まる!モバイルsuicaでチャージしても1.2%も付く。使い方次第で最大4.2%ポイント還元!貯まったポイントはPontaポイントやマイルに交換も可能

  • 電子マネーチャージで100円につき1..2ポイント付与
  • 最高2,000万円の国内・海外旅行保険や年間200万円のショッピング保険付き
  • 貯まったリクルートポイントはJALマイルに交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~4.2% 2週間程度
無料 無料

還元率は3%も可能?エポスカード

正式名称

エポスカード

エポスゴールドカード

エポスプラチナカード

年会費

エポスカード

永年無料

エポスゴールドカード

税込5,000円、年間50万円以上の利用で無料

エポスプラチナカード

税込30,000円、年間100万円以上の利用で20,000円

ポイント還元率

エポスカード

0.5%

エポスゴールドカード

0.5%

エポスプラチナカード

0.5%

楽天Edyチャージ+利用時のポイント

エポスカード

0.5%+0.5%=1.0%

エポスゴールドカード

0.5%+0.5%=1.0%。年間50万円以上利用で2,500ポイント、年間100万円以上の利用で10,000ポイント

エポスプラチナカード

0.5%+0.5%=1.0%。年間100万円以上の利用で20,000ポイント

その他メリット

上位カードになれば、無料の旅行保険や空港ラウンジなどが利用できる

注意点

年間利用が少ないとあまりお得ではない

エポスカードは楽天Edyチャージ時にポイントが0.5%つきますので、合計1.0%のポイント還元率となります。これだけだと普通ですが、エポスカードは上位ランクになるにつれてボーナスポイントがもらえるカードです。

例えばエポスゴールドカードなら年間100万円以上の利用で年会費が無料になり、ポーナスとして10,000円分のポイントが貯まります。エポスプラチナカードは年間100万円以上の利用で年会費が20,000円になり、ボーナスとして20,000円分のポイントが貯まります。

このように上位カードにして利用すればお得になるエポスカードですが、逆に言うとエポスの一般カードにしたり年間利用が100万円以下だったりするとあまりお得でないので、エポスをメインカードにする人におすすめのカードです。

総合評価
3.9
年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ

入会金・年会費永年無料で最短即日発行!

  • マルイで買い物する方は必須のカード!
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ
  • 優待期間以外でもマルイでの買い物ならポイントは2倍
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISA 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~ 最短即日
無料 無料

オートチャージが魅力的!楽天カード

正式名称

楽天カード

年会費

永年無料

ポイント還元率

1.0%

楽天Edyチャージ+利用時のポイント

0.5%+0.5%=1.0%

その他メリット

・海外旅行保険無料付帯

・楽天市場の利用でポイント3%

・オートチャージ機能

・オートチャージでポイント2倍など定期的なキャンペーンがある

・上位カードになれば保険関係が充実し、空港ラウンジが利用できる

注意点

・通常のポイントは1.0%だが、楽天Edyのチャージは0.5%になる

楽天カードは楽天Edyのプロパーカードとなり、楽天Edyへのオートチャージができるのでとても便利です。楽天Edyのような電子マネーはチャージをしないと使えないという不便さがありますが、オートチャージ機能があれば設定した金額を下回ればクレジットカードから自動的にチャージしてくれますので、いつでもクレジットカードと同様に使うことができます。オートチャージができるクレジットカードは楽天カード以外にもありますが、おサイフケータイを使うことなくオートチャージ時にポイントが貯まるのは楽天カード以外にありません。

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 無料

まとめ

今回は楽天Edyのメリット・デメリットを解説しました。楽天Edyは電子マネーでの中で、最も普及率が高く、ポイント還元率0.5%に加えて、クレジットカードでチャージをすればポイント二重取りができるなどポイントがとても貯まりやすい電子マネーです。しかしチャージをしなければならない、使えない店舗があるなどクレジットカードと比べるとデメリットが目立つ部分もあります。クレジットカードと上手に組み合わせながら、この楽天Edyを使いこなしていきたいですね。

 

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る