楽天Edyをクレジットカードでチャージしてポイントを二重取りしよう!チャージ方法を解説

  • 作成
  • 更新


楽天Edyとは通常ポイント還元率0.5%の電子マネーですが、一部のクレジットカードでチャージすることによってポイントの二重取りをすることができます。場合によってはポイント還元率が倍以上になることさえありますので、できるだけクレジットカードでチャージするようにしておきたいところです。

しかしどのクレジットカードで楽天Edyにチャージしても、ポイントが二重取りになるわけではありません。また楽天Edyのチャージの仕方はたくさんありますが、クレジットカード以外にもお得な方法はあるのでしょうか?

そこで今回は楽天Edyを最もお得にチャージしたい人に向けて、楽天Edyのチャージや利用の仕方を全て解説し、その中から最もお得な方法について解説します。また楽天Edyをチャージする時にお得なクレジットカードも紹介しますので、すでにクレジットカードを持っている方もこれから新しいクレジットカードを検討している人にも参考になるはずです。

楽天Edyとは?

楽天Edyとは楽天ブランドのプリペイド式電子マネーです。楽天Edy は200円の利用につき1ポイントが貯まりますので、ポイント還元率は0.5%となります。現在楽天Edyの発行数は1億を越えていいて、対応している店舗数も36万店以上もありますので、他の電子マネーと比べて群を抜いて普及率が高い電子マネーとなっています。電子マネーを初めて使うなら、まず楽天Edyから始めてみるという人も少なくないでしょう。

楽天Edyのチャージでポイント二重取り

楽天Edyはポイント還元率自体は0.5%とそれほど高くありませんが、次のようにポイントが二重取りできます

    • クレジットカードでチャージするときポイントが貯まる
    • 楽天Edyを支払いするときにさらにポイントが貯まる

この「ポイントの二重取りができる」というシステムを上手に利用すれば、クレジットカード単体ではあり得ないような高還元率が可能となります。それぞれの方法について、詳しく解説していきますね。
クレジットカードでチャージしてポイントが貯まる

楽天Edyをチャージする方法はいろいろありますが、一部のクレジットカードでチャージすると、クレジットカードのポイントが貯まります。楽天Edyのチャージでどれくらい貯まるかは、カードの種類によって異なりますが、チャージすることはできてもポイントが貯まらないカードも多いので注意が必要です。

カード名称

楽天Edyチャージ時ポイント還元率

アメックスカード

0%

ダイナースカード

0%

JALカード

0%

dカード

0%

三井住友VISAカード

0%

楽天カード

0.5%(オートチャージ可)

エポスカード

0.5%(ゴールドカード以上なら利用額に応じてボーナスポイントがある)

JMBローソンパスPontaカードVISA

0.5%

出光まいどプラス

</td

0.5%

リクルートカード (VISA・Mastercard)

1.2%(月間チャージが30,000円まで。またJCBは楽天Edyチャージ不可)

総合評価
4.4
充実の旅行サポートが人気!豊富な特典と上質なサービスが受けられる一流カード

ステータスカードといえばアメリカン・エキスプレス・カード。マイル移行の交換先が豊富で、なんと100円で1マイルが貯まる!優雅な旅行を求める旅行好きの人は必見!

  • 他のゴールドカード級のサービスにアメックスの豊富な特典が付いた魅力的な1枚
  • 海外旅行保険が最大5,000万円補償!ショッピング保険も国内外最大500万円の充実補償
  • 航空会社VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」がなんと年会費無料で登録可能(通常99USドル)
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.166%~1.0% 2週間程度
12,000円(税別) 12,000円(税別)
総合評価
4
【最高7%還元可能】ポイント好きな方!身近なお店でポイントアップの高ポイント還元カード

ポイント還元率は常に1%以上!ドコモのスマホ決済サービス「d払い」や電子マネー「iD(dカード)」の支払いで最高7%ポイント還元!ローソンとマツキヨ利用者は特に注目のカード!ドコモユーザなら「ケータイ補償」で、購入から1年以内の端末の紛失・盗難・修理不能などを最大1万円補償。マイルはJALマイル交換可能!主婦やアルバイトの方で審査が不安な方はキャッシング枠をゼロに設定するのがおすすめ!

  • ローソン利用でなんと5%もお得!さらにマツキヨ利用でポイント4倍の4%ポイント還元!
  • 通常のポイント還元率1%に加え、スタバやマクドナルド等のdカード加盟店、特約店での利用でさらに1%の合計2%ポイント還元!
  • ドコモのスマホ決済サービス「d払い」や電子マネー「iD(dカード)」の支払いで最高7%ポイント還元!※dポイントスーパー還元プログラム要登録
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~2.0% 最短5日間
無料 条件付き無料
総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 無料

エポスカード
総合評価
3.9
年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ

入会金・年会費永年無料で最短即日発行!

  • マルイで買い物する方は必須のカード!
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ
  • 優待期間以外でもマルイでの買い物ならポイントは2倍
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISA 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~ 最短即日
無料 無料

総合評価
3.6
年会費無料なのにドンドンポイントが貯まる高還元率カード

年会費無料なのに驚きの高還元率1.2%でとにかくポイントが貯まる!モバイルsuicaでチャージしても1.2%も付く。使い方次第で最大4.2%ポイント還元!貯まったポイントはPontaポイントやマイルに交換も可能

  • 電子マネーチャージで100円につき1..2ポイント付与
  • 最高2,000万円の国内・海外旅行保険や年間200万円のショッピング保険付き
  • 貯まったリクルートポイントはJALマイルに交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~4.2% 2週間程度
無料 無料

実際のところ楽天Edyにチャージできるクレジットカードはたくさんありますが、残念ながらその中でチャージ時にポイントが貯まるのはわずかになってきます。楽天Edy利用される方は、クレジットカードでチャージする前に、自分の持っているクレジットカードがチャージ時にポイントが貯まるかどうか確認する必要があります。もしお手持ちのクレジットカードで楽天Edyのチャージでポイントが貯まらないなら、ポイントが貯まるクレジットカードを入手しておきましょう。

また残念ながら2008年4月から楽天Edyで公共料金や税金の支払いはできなくなってしまいました。ポイントを貯めるために電子マネーで支払いたい方はnanacoでの支払いを選びましょう。

楽天Edyを支払いで利用するとポイントが貯まる

楽天Edyを支払いで利用すると、200円につき1ポイントが貯まりますのでポイント還元率は0.5%です。さらに楽天ポイントカード加盟店なら100円につき1ポイント貯まりますので、ポイント還元率は1%になります。

ポイントの二重取りで高還元率が実現

この「クレジットカードのチャージでポイントが貯まる」というのと「楽天Edyの利用でポイントが貯まる」という特徴を利用すれば、ポイントが二重取りになり楽天Edyは普通のクレジットカードではあり得ないような高還元率となります。

例えばリクルートカードはクジットカードチャージでポイントが1.2%貯まり、楽天Edyを利用すれば0.5%貯まりますので合わせると(1.2%+0.5%)1.7%の還元率になります。繰り返しますがこの1.7%という還元率ははキャンペーンでも期間限定でもなく常時1.7%です。

還元率1%のクレジットカードが高還元率といわれているなか、この1.7%というのは驚異的な数字といえるでしょう。もちろん楽天Edy以外の他の電子マネーもこのようなポイントの二重取りはできますが、楽天Edyは利用できる店舗が非常に多いので多くの店で1.7%のポイントが付くことになります。

ポイント三重どりも可能!?

ポイント二重取りは楽天Edyが使える場所ならどこでも可能ですが、さらに楽天Edyのようなプリペイド形式ではなく、Tカードのような提示をすると貯まるポイントカードも利用できればポイント三重取りも可能になります。ちなみにポイントカードが利用できる楽天Edy加盟店には次のような店があります。

  • Tカード(ファミリーマート)
  • Pontaカード(ローソン)
  • WAON(ミニストップ)

わかりやすくポイント三重取りの流れを説明しますね。

    • リクルートカード で楽天Edyをチャージする(ポイント還元率1.2%)
    • ファミリーマートでTカードを提示する(ポイント還元率0.5%)
    • 楽天Edyで料金を支払う(ポイント還元率0.5%)

このようにすればポイントの三重取り(1.2%+0.5%+0.5%)で合計2.2%のポイント還元率となります。コンビニをよく利用する人は、このようなちょっとした手間でポイントがザクザク貯まりますのでものすごくお得です。楽天Edyを使おうとしている店で買い物をするとき、あなたが持っているポイントカードがあるかどうか確かめてみてくださいね。

楽天Edyを利用する方法

楽天Edyを利用する方法は大きく分けて3つあります。

  • クレジットカードの「楽天カード」を申し込みEdy機能を付ける
  • スマホのアプリをダウンロードして「おサイフケータイ」として使う
  • その他楽天Edyカードを申し込む

それぞれの実際の利用方法について、わかりやすく説明していきます。

Edy機能付き楽天カード

クレジットカードの楽天カードを申し込み、Edy機能を付ければクレジットカードがついたその日から楽天Edyを利用することができます。Edy機能付きの楽天カードを入手しておけば、クレジットカードの楽天と電子マネーの楽天Edyを好きな時に使い分けることができます。

利用の仕方は楽天Edy加盟店で「支払いは楽天Edyでお願いします」といえば専用の機械を渡してくれますので、それを楽天カードでタッチするだけです。もし何も言わないで楽天カードだけを渡したら、クレジットカード払いにされてしまうかもしれませんので、必ず楽天Edyの支払いであるということを定員に伝えてください。

おサイフケータイで楽天Edyを利用する

専用のアプリをダウンロードでしておサイフケータイで楽天Edyを利用すれば、スマホ片手に決済を済ますことができますのでとても便利です。おサイフケータイで楽天Edyを利用する順序は次の通りです。

  • 1.「楽天Edy」アプリをダウンロードする
  • 2.貯めるポイントを設定する(楽天スーパーポイント、Tポイントなど12種類のポイントのうちいずれかを選択できます)
  • 3.入金する(MAXで50,000円までチャージできます)
  • 4.楽天Edy加盟店で、「支払いは楽天Edyでお願いします」と伝える

おサイフケータイは楽天カードではなくても、次のクレジットカードならチャージすることができます。

  • アメリカン・エキスプレス
  • MUFGカード(三菱UFJニコス)
  • DCカード(三菱UFJニコス)
  • ニコスカード(三菱UFJニコス)
  • UFJカード(三菱UFJニコス)
  • NCカード(エヌシーガイドショップ)
  • NTTグループカード
  • エポスカード
  • オークス
  • オーシーカード
  • オリエントコーポレーション
  • クレディセゾン
  • 山陰信販
  • JCB
  • ジャックスカード
  • セディナ
  • オーエムシーカード
  • CFカード
  • ゼビオカード
  • ダイナースクラブカード
  • 東急カード
  • トヨタファイナンス
  • 日本海信販
  • VJAグループ
  • 三井住友カード
  • ほくせんカード
  • UCカード
  • UCSカード
  • ゆめカード
  • LIFEカード
  • ポケットカード
  • アプラス

ただし繰り返しになりますが、この中の全てが楽天Edyチャージ時にポイントが貯まるわけではありません一度登録してオートチャージ機能を設定してしまうと、そのクレジットカードを使い続けることになります。できるだけチャージ時にポイントが貯まるカードで設定するようにしてください。

 

その他の方法

楽天Edyを利用する方法として、楽天Edyカードを申し込むこともできます。

  • 楽天Edyカードをオンラインで購入する
  • 楽天Edyカードをコンビニなどで購入する

どちらも発行手数料がかかってしまいますが、年会費はかかりませんので楽天Edyを利用する人は1枚持っておくと便利です。楽天Edyカードは可愛いデザインのプラスチックカードやキーホルダータイプのものなど種類がたくさんありますので、お気に入りの一枚を見つけてみてください。また発行手数料がかからない裏技として次のような方法もあります。

  • ANAマイレージクラブに入会する
  • クロネコメンバーズに入会する

これらのカードには楽天Edy機能がついていますので「楽天Edyカード」としても使うことができます。年会費、発行手数料はともに無料なので、ANAや宅急便は無縁という方でも楽天Edy目的で入手することもできるでしょう。

楽天Edyカードかその機能がついているカードを入手しすれば、チャージしてすぐに使うことができます。特に楽天Edyカードなら「支払いは楽天Edyでお願いします」と言わなくてもカードを提示するだけでお店の人はわかってくれるというメリットもあります

楽天Edyのチャージの方法

楽天Edyでチャージする方法はいろいろありますが、基本的に1回当たりのチャージの上限で25,000円までで、1枚のEdyカード(楽天カード、おサイフケータイ)は最大で50,000円までチャージすることができるというのは共通です。クレジットカードの種類の中には、月30,000円までのチャージなど独自に決めているものもあります。

ここでは楽天Edyにチャージできる全ての方法を解説し、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

コンビニで現金でチャージ

コンビニで「楽天Edyのチャージをお願いします」と言えばレジにて現金でチャージできます。対象となるのはコンビニだけでなく次のような店があります。これらの店はレジで受け付けている他、現金入金機のEdyチャージャーを設置しているところもあります。

  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • WonderGOO
  • プロント
  • CAFFE SOLARE
  • 喫茶室ルノアール
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストア ウェルネス

現金でチャージする場合はポイントがつきませんので、楽天Edyを利用した時の200円につき1ポイントのみが加算されます。

メリット

・現金を定員に渡すだけなので手軽

・クレジットカードの審査が通らない人でも利用可能

デメリット

・チャージするときにポイントがつかないのでポイント還元率は0.5%のみ

・利用した分チャージしなければならないので面倒

クレジットカードでチャージ

クレジットカードでチャージする場合は、おサイフケータイが便利です。「楽天Edy」アプリからお手持ちのクレジットカードを登録しておけば、いつでも入金することができます。

一部のiPhoneなどお手持ちの携帯におサイフケータイ機能がついていない場合、「楽天Edyリーダー(税込1,852円)」を購入すればお手持ちのパソコンを使ってクレジットカードからチャージできます。ただし楽天EdyリーダーはWindowsのみ対応となっていますので、注意が必要です。

クレジットカードでチャージするというのは楽天Edyを有効に使う上で最もお得な方法です。なぜならこの方法で今回のテーマである楽天Edyでポイント二重取りが可能になるからです。

メリット

・ポイントの二重取りが可能

・オートチャージ機能を最初に設定するだけでチャージする手間がない

デメリット

・オサイフケータイ機能がついていないと楽天Edyリーダーを購入しなければならない

・楽天Edyリーダーを買ってもMacのパソコンでは対応していない

楽天カードでオートチャージ

楽天Edy機能付きの楽天カードを持っている方は、オートチャージ機能を活用しましょう。楽天カードを新規入会した時に設定できる他、楽天e-NAVIからいつでも設定をすることができます。またローソンやファミリーマートなど一部の対象店では、チャージ金額が指定の金額を下回った場合、買い物して決済した時に自動的にチャージしてくれます。

メリット

・ポイントの二重取りが可能

・オートチャージ機能を最初に設定するだけでチャージする手間がない

デメリット

・楽天カードを入手する必要がある

・チャージは楽天カードのみなので、ポイント還元率は0.5%+0.5%=1.0%

Edyアプリでオートチャージ

楽天Edy」アプリからなら、楽天カードでなくても一定の金額まで減ったら指定した金額に自動的に入金してくれる「オートチャージ機能」もあります。

メリット

・ポイントの二重取りが可能

・オートチャージ機能を最初に設定するだけでチャージする手間がない

・クレジットカードを自由に選べる

デメリット

・Androidのみ対応

楽天スーパーポイントでチャージ

楽天カードや楽天市場の利用で貯まる楽天スーパーポイントは、楽天Edyにチャージすることもできます。貯まった楽天スーパーポイントを無理に楽天市場でポイント消化するよりも楽天Edyにチャージしておけば、コンビニなどで好きな買い物ができるのでおすすめです。ただし期間限定ポイントなど一部の楽天スーパーポイントはチャージすることができないものもあります。

メリット

・楽天スーパーポイントの消失、無駄遣いがなくなる

デメリット

・楽天スーパーポイントの分しかチャージできない

・チャージするときにポイントがつかないのでポイント還元率は0.5%のみ

楽天カードいつでもEdyチャージ

楽天Edyを時々しか使わないのでオートチャージはしたくないという人は、好きな時にチャージできる楽天カードいつでもEdyチャージをおすすめします。パソコンや楽天Edyアプリで設定しておいて、ファミリーマートの専用端末から毎回手続きをすることなく、いつでも決まった金額の楽天Edyを受け取ることができます。

ただしチャージできるのは1日1回のみで、次回のチャージは翌日の正午以降しかできませんので注意してください。またこの機能は楽天カード保有者しかできません。

メリット

・好きな時にチャージできる

・ポイントの二重取りができる

デメリット

・楽天カードを入手する必要がある

・チャージは楽天カードのみなので、ポイント還元率は0.5%+0.5%=1.0%

・チャージは1日1回のみ

・専用端末が置いてある店でしかチャージができない

口座振替でチャージ

おサイフケータイ機能がついている携帯を持っているなら、クレジットカードではなく口座振込でチャージすることもできます。口座振込でもオートチャージ機能はついていますので、クレジットカードを持っていない方でもクレジットカードのように残高を気にすることなく使用できます

メリット

・クレジットカードがなくてもチャージできる

・手持ちの現金がなくてもチャージができる

デメリット

・楽天Edyチャージ時にポイントは貯まらない

・銀行口座にお金が入っていなければチャージができない

楽天Edyのチャージに適しているクレジットカード

楽天Edyのチャージができるクレジットカードはたくさんありますが、その中で楽天Edyのチャージに適しているクレジットカードはごくわずかです。なぜなら多くのクレジットカードはチャージするだけでポイントが貯まらないからです。

でもどうせチャージするならポイントの二重取りができるクレジットカードを使いたいですよね。さらに欲張っていうならチャージするときのポイント還元率が高かったりプラスアルファお得なサービスがついていたりするクレジットカードを使いたいものです。

それでここでは楽天Edyでチャージをする時に最も適しているクレジットカードとして、通常の「クレジットカードチャージ時に0.5%貯まる」よりさらにお得な次のカード3枚を紹介します。

  • 楽天カード
  • リクルートカード
  • ザ・プラチナ” 出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス(アメックス)

それぞれのクレジットカードがなぜ楽天Edyのチャージに適しているか、詳しく解説していきますね。

楽天カード

正式名称

楽天カード

 

年会費

永年無料

ポイント還元率

1.0%

楽天Edyチャージ+利用時のポイント

0.5%+0.5%=1.0%

その他メリット

・海外旅行保険無料付帯

・楽天市場の利用でポイント3%

・オートチャージ機能

・オートチャージでポイント2倍など定期的なキャンペーンがある

・上位カードになれば保険関係が充実し、空港ラウンジが利用できる

注意点

・通常のポイントは1.0%だが、楽天Edyのチャージは0.5%になる

楽天カードは楽天Edyのプロパーカードにあたりますので、楽天Edyと相性がとてもよくチャージしやすいカードです。なぜなら楽天カード入会した時に、楽天カード自体に楽天Edy機能がついているものを入手できるので、その日から楽天Edyを使うことができるからです。

面倒な設定は一切必要ありません。年会費や発行手数料は無料ですし、オートチャージ機能もついていますので残高を気にしないで利用することができます。またお店で決済する時クレジットカードの楽天カードとして使うか、電子マネーの楽天Edyとして使うか選択することもできます。

ただ残念ながらチャージした時のポイント還元率は0.5%とそれほど高くありません。しかし楽天は定期的にキャンペーンをやっていますので、そのキャンペーンにエントリーをしておけば楽天Edyチャージ時にも利用した時にもボーナスポイントをもらうことができます。

リクルートカード

正式名称

リクルートカード

 

年会費

永年無料

ポイント還元率

1.2%

楽天Edyチャージ+利用時のポイント

1.2+0.5%=1.7%

その他メリット

・海外旅行保険無料付帯

・国内旅行保険無料付帯

・ポンパレモールの利用でポイント3%

・VISAとMastercardの2枚持ちが可能で合計60,000円までチャージが可能

・1回の買い物ではなく毎月の利用合計で計算されるのでポイントが貯まりやすい

注意点

・クレジットカード1枚につき楽天Edyチャージが月30,000円まで

・国際ブランドをJCBにすると楽天Edyのチャージができない

リクルートカードは楽天Edyをチャージするのに最もおすすめなカードの一つです。なぜならリクルートカードは年会費無料でありながらポイント還元率が1.2%になるカードですが、楽天Edyにチャージをするときも同じ率でポイントが貯まり、事実上最も楽天Edyのポイント還元率が高いカードだからです。

ただしリクルートカードにおける楽天Edyのチャージは2018年4月16日より改悪があり、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となり、それ以降はポイント加算対象外となってしまいました。しかしこれは逆に考えますと、今までがあまりにもお得すぎたゆえの改悪ともいえるでしょう。

年会費無料で楽天Edyにチャージするだけで1.2%も貯まるというカードは他にはありませんし、そもそも毎月数万も楽天Edyを利用する人は稀でしょう。リクルートカード はVISAとMastercardの2枚持ちをすることができますので、最大で60,000円までチャージできます。毎月30,000円以上楽天Edyを利用する人は、この年会費無料のリクルートカードをもう1枚増やすことを検討してみてください

ザ・プラチナ” 出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス(アメックス)

正式名称

ザ・プラチナ” 出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス

年会費

20,000円+税

ポイント還元率

1.0%

楽天Edyチャージ+利用時のポイント

1.0%+0.5%=1.5%

その他メリット

・海外旅行保険無料付帯

・ガソリンが2円〜8円/ℓ引き

・無料のロードサービス

・コンシェルジュサービス

・充実した各種保険

・空港ラウンジの無料利用

注意点

・出光一般カードは楽天Edyチャージで0.5%、年会費5,000円+税の出光ゴールドカードは楽天Edyチャージで0.8%

最後に紹介するのはプラチナカードになりますが、出光カードの上位カードザ・プラチナ” 出光 セゾン・アメックスです。楽天Edyにチャージした時のポイント還元率は1.0%です。こちらはプラチナカードなので、年会費は若干高いですが、プラチナカード特有のコンシェルジュサービス、空港ラウンジ、充実した保険がついています。

さらに無料のロードサービスや出光SSで、いつでもガソリン・軽油2円/ℓ引き、灯油1円/ℓ引きになりますが、それに加えてガソリン・軽油が最大8円/ℓ引きになる「ねびきプラスサービス」が年会費無料で自動付帯となるなど出光ならではの特典もあります。普段出光をよく使い、プラチナカードに関心がある方でお得に楽天Edyを利用したい人におすすめしたいカードです。

まとめ

今回は楽天Edyのチャージの仕方やお得な方法について解説しました。楽天Edyをチャージする方法はたくさんありますが、ポイント二重取りをするためには、チャージ時ポイントが貯まるクレジットカードを選ぶ必要があります。最近はクレジットカードチャージでポイントが貯まるカードもだんだん少なくなってきましたが、最低でもポイント還元率0.5%の上を目指していきましょう。

クレジットカードはもちろんですが、楽天Edyのような電子マネーも今後も使用できる店がどんどん増えていくことが予想できます。クレジットカードも電子マネーも使いこなせるようになれば、物価や消費税率の上昇傾向にある昨今の世の中で賢くやりくりができるようになりますよ。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る