楽天カードのキャッシングについて詳しく知りたい!手順や手数料をわかりやすく解説

  • 作成
  • 更新

年会費が無料でポイント還元率が高く、海外旅行保険にも定評のある楽天カードですが、キャッシング機能もついていますので、いつでも自由に現金を引き出すことができるのをご存知でしょうか?ATMや銀行口座から必要な金額を引き出すことができ、キャッシング時に審査は必要ありません。今回はそんな楽天カードで出来るキャッシングの手順や手数料、また注意点などを解説します。

楽天カードのキャッシング方法

楽天カードでキャッシングするためには、まず自分のキャッシング限度額がどれほどあるのかを確認しなければなりません。楽天カードを申し込む時、「キャッシングのご利用可能額」が0〜100万円として設定されています。その中で「キャッシングご利用可能枠」の範囲内でキャッシングすることができます。このキャッシング枠は初期設定が0円となっていることもあり、この場合キャッシング枠を増枠しなければ利用することができません。キャッシング枠は申請して審査が通ればご希望の額まで増やすことができます。

ちなみに「ご利用可能額」の中には「ショッピングご利用可能枠」と「(内)キャッシングご利用可能枠」というのがありますが、ショッピングご利用可能枠というのはカード払いでショッピングできる限度額で、その内にキャッシングご利用可能枠があるということです。例えばショッピングご利用可能枠が50万円、キャッシングご利用可能枠が10万円の場合、ショッピングで45万円使っているなら、キャッシングは5万円しかできません。逆にキャッシングで10万円引き出していたら、ショッピングは40万円までしかできないということになります。このようにキャッシング限度額と共にショッピング限度額の確認をしておかないと、いざという時にキャッシングができなかったりショッピングでカード払いができなくなったりしますので確認の仕方を知っておくことは大切です。

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 無料

キャッシング限度額の確認方法

キャッシング限度額は0120-30-6910(自動音声 フリーダイヤル 24時間・年中無休) に電話した後スキップ番号2100でご利用可能額の照会を確認することができますが、おすすめなのはスマホさえあればいつでも確認できる楽天カードの「e-NAVI」です。

楽天カードの「e-NAVI」で確認できる

楽天カードの「e-NAVI」とは楽天カード会員専用のオンラインサービスで、キャッシングの限度額はもちろん限度額の申請もネット上ですべてできます。すでに「e-NAVI」に登録されている方は、「こちら」をクリックしてください。「ご利用可能額の紹介」のページにジャンプしたら「キャッシング」という項目の「ご利用可能額」を参照してください。これが今現在あなたが楽天カードでキャッシングできる限度額です。「ご利用可能額」はあなたが「ご利用可能枠」からキャッシングした金額を差し引いた、確認した時点での利用可能な金額で、キャシングしたらその額が引かれます。カードの支払日に銀行から引き落としが出来たら、その時点でご利用可能枠額がリセットされご利用可能枠の金額に戻ります。

キャッシングはATMとネットキャッシングの二通り

キャッシング限度額の確認が済んだら、今度は実際にキャッシングしてみましょう。キャッシングの方法は次の2つがあります。

  • ATMから現金を引き出す
  • ネットキャッシングで登録口座に振り込んでもらう

今すぐ現金が欲しいならATMからキャッシングしますが、引き落とし日が近づいている、ネット上で送信したいなど口座にお金が必要な時はネットキャッシングが便利です。またATMは手数料がかかりますが、ネットキャッシングは手数料が無料です。手数料を節約したい方はネットキャッシングしてATM手数料無料の場所から現金を引き出すこともできます。それではそれぞれの方法をステップで説明しますね。

ATMでのキャッシングの利用方法

ATMがあればいつでも現金をすぐに引き出すことができる、最も手軽な方法です。

  • 1.楽天カードの国際ブランド※1がついているATMを探す
  • 2.楽天カードをATMに挿入する
  • 3.「ご出金(借入)」を選択する
  • 4.登録してある4桁の暗証番号を入力する
  • 5.お借入金額としてキャッシングしたい額を入力する」
  • 6.返済方法を「一括払い」か「リボルビング払い」※2を選ぶ
  • 7.クレジットカード、明細、現金を受け取る

※1国際ブランドとはどの店舗やATMで使えるかを示すマークで、楽天カードには、「VISA」「Mastercard」「JCB」、「アメリカン・エキスプレス(アメックス)」の4種類があります。

※2リボルビング払いとは、毎月の支払いを分割して返済する支払い方法で、キャッシングとは別に手数料がかかります。すぐに返済できるなら無駄な手数料がかからない「一括払い」をおすすめします。なおリボ払いについて詳しくは、「クレジットカードのリボ払いの仕組みを解説!注意点もあわせて紹介します」で詳しく解説しています。

ネットキャッシングの利用方法

楽天カードの登録口座に指定した額の金額を振り込んでくれる方法です。

  • 1.楽天カードの「e-NAVI」から「キャッシング」→「ネットキャッシング」をクリックする
  • 2.「今すぐ振込」※1「振込予約(1回)」「指定日振込予約(毎月)」のどれかを選択する
  • 3.お振込金額としてキャッシングしたい額を入力する
  • 4.返済方法を「一括払い」か「リボルビング払い」※2を選ぶ
  • 5.確認画面になって内容に間違いがなければ「申し込む」を選択する

※1平日9:00〜14:49までに手続きを完了すれば最短数分で振り込んでくれます。それ以外は当日、あるいは翌営業日の9:00以降に振り込んでくれます。 指定登録口座が楽天銀行ならいつでも最短数分で振り込んでくれます。

※2リボルビング払いとは、毎月の支払いを分割して返済する支払い方法で、キャッシングとは別に手数料がかかります。

楽天カードのキャッシングの返済方法

楽天カードでキャッシングしたお金は、ショッピングと同様の方法で自動的に返済されます。つまり締め日である毎月キャッシングした額が、翌月27日指定金融口座から引き落とし(金融機関が日曜日休みなら1月28日引き落とし)されます。キャッシングした日から返済までの期間が伸びれば伸びるほどキャッシングの利息を多く払わなければならなくなりますので、もしキャッシング手数料を節約したいなら以下の方法で繰越返済をしましょう。

  • 1.楽天カード裏面に書かれている電話番号に連絡する
  • 2.オペレーターにつなぎ返済したいという旨を伝える
  • 3.本人確認として名前、生年月日、電話番号を伝える
  • 4.金額と指定振込先を教えてくれるのでメモに控える
  • 5.指定振込口座に送金する(振込手数料はお客様の負担となります)

繰越返済はATMでお金を引き出してからおよそ3営業日後にできます。利息はキャッシングでお金を引き出してから繰越返済をした日までしかかかりませんので、返済するお金があって支払日が先なら早めに返済を済ましておきましょう。

楽天カードのキャッシングにかかる手数料

楽天カードのキャッシングにかかる手数料は、「キャッシング手数料」に加えてATMキャシングをする人は「ATM手数料」がかかります。

楽天カードのキャッシング手数料

楽天カードのキャッシングにかかる手数料は実質年率18.0%です。これは年率ですので毎月(30日)の利息は18%/365*30=1.47%になります。1万円借りた場合1日の利息は約5円、1ヶ月(30日)の利息は約147円になります。また返済を遅延した場合遅延損害金として年率が20%になります。1万円借りた場合1日の利息は約5.5円、1ヶ月(30日)の利息は約164円になります。

手数料をできるだけ安くしたいなら、「楽天カードのキャッシングの返済方法」で解説した繰越返済をしましょう。繰越返済が面倒なら、できるだけ楽天カードの締め日である月末に近い日付にキャッシングすれば節約できます。例えば10月に10万円のキャッシングをする場合、1日にキャッシングする場合と31日にキャッシングする場合では利息が次のように変わってきます。

キャッシングする日付

キャッシングする期間

キャッシング利息

10/1

10/1日〜11/27日までの58日間

18%/365日*58*100000=2860円

10/31

10/31日〜11/27日までの28日間

18%/365日*28*100000=1380円

このように引き出した日によって倍以上の差が出てきますので、出来るだけ月末に近い日付でキャッシングをしましょう。

ATM利用手数料も別途かかる

ATMでキャッシングをした場合、キャッシング手数料と別途でATM利用手数料がかかります。ATM利用手数料は次の通りです。

キャッシング金額

ATM利用手数料

10,000円以下

100円+税

10,000円以上

200円+税

このように10,000円を境にATM利用手数料が変わります。それで「なんとなく1万円くらい借りたい」という場合はATM利用手数料の節約のため9,000円にしておきましょう。逆に1回のキャッシングが少なすぎてもう一度キャッシングしなければならないとすると余計にATM利用手数料がかかってしまいますので、できるだけ回数を減らすことができるようにキャッシングの額をよく考えておくのが大切です。

楽天カードのキャッシングの返済シミュレーション

楽天カードのキャッシングを「一括払い」ではなく「リボルビング払い」にした場合、どのような返済プランになるかシミュレーションしてみましょう。楽天カードは3,000円以上1,000円単位で返済することができますが、ここでは次の設定とします。

キャッシング金額

100,000円

月々の返済金額

20,000円+利息分

まず楽天カードのリボ払いは、「元金として設定した額に利息分をプラスした返済プラン」になっています。

回数

返済金額

元金

利息

支払い後残高

1回目

21,479円

20,000円

1,479円

80,000円

2回目

21,183円

20,000円

1,183円

60,000円

3回目

20,887円

20,000円

887円

40,000円

4回目

20,591円

20,000円

591円

20,000円

5回目

21,295円

20,000円

295円

支払い完了

合計5回

104,435円

 

4,435円

 

楽天カードのキャッシングで気を付けること

いつでも現金を引き出すことができて便利な楽天カードのキャッシングですが、次の点を考慮してからキャッシング するようにしてください。

  • キャッシングの増枠
  • 楽天のキャンペーン
  • キャッシングの利息

それぞれの注意点とその対処策について解説しますね。

キャッシングの増枠は半年間できない

楽天カードのキャッシング枠の増枠は、入会後6ヶ月経たないと受け付けてくれません。入会時にキャッシング枠が決まりますがそれはカード会社が決めます。たとえあなたがキャッシングの目的のために楽天カードに入会したとしても、キャッシング枠が0円になっていたら、少なくとも半年間はキャッシングすることはできないことになります。

楽天カードに申し込む時は年収や勤務状況はもちろんですが、世帯人数、居住状況や年数、住宅ローンの有無、または貯金額などがキャッシング枠に影響しますのでこれらの点を正確に記入しましょう。またキャッシングの増枠の申請するときもこれらの状況を見直し、有利な方向に変化しているなら必ず修正してから申請を出しましょう。

キャンペーン

楽天カードのキャッシングした分は基本的には楽天ポイントはつきませんが、キャッシングに関するキャンペーンが定期的にありますので積極的に活用しましょう。楽天のキャンペーンはエントリーをしなければキャンペーンに参加できませんので、キャッシングをする前に楽天のホームページを覗いて確認してみてください。2019年9月現在で開催されているキャンペーンには次のようなものがあります。

  • キャッシング5万円以上、かつリボ払いでお支払いの方に、最初の1ヶ月分のお利息キャッシュバック!
  • キャッシングご利用でもれなく100ポイント、さらに抽選で5,000ポイントプレゼント
  • 海外での現地通貨のお引き出しご利用でお利息とATM手数料を全額キャッシュバック!
  • 【常時開催】三井住友銀行のATMでキャッシングをご利用すると抽選で2,000ポイント!(エントリー不要)
  • 利息が高い

楽天カードのキャッシングは、年利18%遅延利息の場合(返済が遅れた際に発生する遅延損害金)20%と利息が高いのがネックです。現在日本の法律で利息の上限は次のようになっています。

◯元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20%

◯元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%

◯元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%

◯遅延利息の上限→ 年20%

 

引用元:日本貸金協会「上限金利について」より

https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/maximum_interest_rate.php

このように楽天カードのキャッシングの利息はほとんど上限ギリギリであるということがわかります。早く返済することができるなら利息はそれほど大きくなりませんが、返済が伸びれば伸びるほど利息がたまり借金地獄になってしまうかもしれません。

ですので利息をできるだけ抑えたい人は、キャッシングの代わりにカードローンという選択肢も視野に入れてみてください。キャッシングはクレジットカードが提供しているサービスで、カードローンは銀行が提供しているサービスですが、楽天はそのどちらも提供しています。カードローンの金利は「1.9%〜14.5%」とキャッシングに比べて金利が安く、最大800万円まで借りることができます。キャッシングのような気軽さはありませんが、お金をたくさん借りたい人、金利を抑えたい人、毎月の返済額を抑えた人は、おすすめです。こちら」から申し込むことができます。

楽天カードの海外キャッシング

海外で現地の通貨を引き出すためにキャッシングをする場合も、楽天カードはとても便利です。海外で現地の通貨を引き出すためには、空港や銀行の両替所で換金することもできますが、楽天カードを使ってキャッシングした方が簡単で、安全で手数用も安くすみます。海外キャッシングの手数料は年利18%の手数料に加えて次のような手数料がかかります。

  • ATM手数料(100ドル以上のキャッシングで200円+税、100ドル以下のキャッシングで100円+税)
  • 海外事務手数料約2%(国際ブランドやその日のレートによって異なる)

返済の仕方は基本的に日本でキャッシングした方法と同じで、手数料をできるだけ安く抑えたいなら繰上げ返済をしましょう。詳しくは「海外旅行でクレジットカードの海外キャッシングを利用しよう!初心者にもわかりやすく解説します」で、解説しています。

まとめ

今回は楽天カードのキャッシングについて解説しました。楽天カードのキャッシングの年利は18%でATMでキャッシングする場合にはATM手数料がかかります。キャッシングは借りている期間が長ければ長いほど利息が高くなりますので、まとまったお金が手に入ったらできるだけ早く返済しましょう。クレジットカードがあるだけで、ATMからいつでもお金を引き出すことができます。しかし便利な反面頼りすぎると利息の返済がどんどん膨らんでしまいます。返済プランをよく計画の上、この便利な楽天カードのキャッシングを利用してみてくださいね。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る