プライオリティーパスでクレジットカードを選ぶならコレ!年会費が安いものから家族同伴可能なカードまで徹底比較

  • 作成
  • 更新

旅行に興味のある方なら、プライオリティ・パスについて聞いたことがあるかもしれません。空港ラウンジを利用できるようになる便利なサービスですが、いくつかのクレジットカードの特典として用意されているのはご存じでしょうか?今回はプライオリティ・パスの詳細情報とともに、おすすめクレジットカードをご紹介します。便利なプライオリティ・パスで、搭乗前のひとときを楽しんでみませんか?

プライオリティ・パスとは

プライオリティ・パスとは、世界に1,200箇所以上ある空港ラウンジを使用できるようになるプログラムです。1992年に創立され、多くの顧客に利用されてきました。現在もプライオリティ・パスで利用できる空港は増え続けています。

空港ラウンジは清潔な空間でゆったり座ったり軽食を取ったりすることができ、空港の時間を有効活用できるスペースですが、誰でも利用できる場所ではありません。対象となる航空会社の搭乗券やクレジットカードを持っていることが必要で、入場の際には提示が求められます。

しかしプライオリティ・パスを持っていれば、国内外の多くの空港ラウンジが利用可能になります。プライオリティ・パスで入場できるラウンジなら、搭乗券・クレジットカードなどの種類の制限はありません。

通常は有料サービスで別途料金の支払いが必要ですが、プライオリティ・パスが特典として付帯されているクレジットカードなら、追加料金を支払わずに利用できます

プライオリティ・パスの魅力

室内でゆったりと搭乗時間を待つことができる

空港ラウンジは航空機への搭乗までの時間を有効に使える場所として人気です。限られた人しか入室できないため、室内は落ち着いた雰囲気。ゆっくり座って軽食や飲み物を楽しんだり、PCで仕事をしたりして過ごせます。

一部のラウンジではシャワーが用意されていることも。長時間のフライトの後で身体をスッキリさせたい時に便利です。

ラウンジで提供される飲食物や設備

提供サービス内容はラウンジごとによって異なりますが、軽食や飲み物などが用意されていることが多いです。食べ物はサンドイッチ・パン・おにぎり・おつまみ・サラダなどが多く、場所によってはご当地グルメが楽しめることもあります。

飲み物はジュース・お茶などのソフトドリンクの他、ビール・ワインなどアルコールが用意されているラウンジもあります。

ビジネスに便利なサービスも提供

多くの空港ラウンジでは、無料で利用できるWi-Fiサービスを提供しています。インターネットを使ってニュースをチェックしたり、メールのやり取りをしたりするのに便利です。

またラウンジによっては充電設備があるところも。PCはもちろん、スマホ・タブレットなども充電することができ、バッテリー切れを防げます。

さらに電話・ファックス、会議室まで備えているラウンジも。空港の待ち時間を有効活用できます。

モバイルアプリも便利

プライオリティ・パスは、モバイル機器で使える専用のアプリも用意しています。デジタル会員証機能を使えばラウンジにスムーズに入室でき、各空港のマップなど他にも多彩な機能を備えています。

ただしデジタル会員証機能は、プライオリティ・パス会員の種類によっては利用不可能な場合があります。

プライオリティ・パスの提携ラウンジを探すには、このアプリを使うのがもっともおすすめ。オフラインで起動することもできるため、回線が通じていないところでも使えます。

利用できるラウンジの種類とは

空港のラウンジは大きく分けて、カード系と航空会社系があります。基本的には航空系会社系の設備の方が豪華で充実しています。自社のビジネスクラス・ファーストクラスの顧客用に提供しているためです。

カード系はゴールドカード以上のランクがあれば利用できることが多く、所有者数は比較的多いので、航空会社系よりやや混雑することも。また、手荷物検査前の場所にあることが多いため、搭乗時間より前に余裕を持ってラウンジを出なくてはなりません。

プライオリティ・パスで利用できるラウンジには、カード系も航空会社系もあります自分が利用する航空会社・座席ランク・保有するカードに関わらず、プライオリティ・パスがあれば利用できるので便利です。

利用できる場所は現在も増加中

プライオリティ・パスの対象となっているラウンジは、世界500都市に1,200箇所以上。ほぼ世界の主要な場所で空港ラウンジを利用できるため、ビジネス出張でもプライベートの旅行でも活用しやすいです。

プライオリティ・パスならではの強み

他社でも似たようなサービスを展開しているところがありますが、ラウンジ設備・サービス品質・カスタマーサポートなど様々なカテゴリーで優位に立っているのがプライオリティ・パス。

対応ラウンジが多いため、様々なタイプのラウンジから、好みの場所を選べる楽しみもあります。

プライオリティ・パスは3種類

プライオリティ・パスは細かく3種類に分かれ、年会費・会員利用料が異なります。

 

年会費

1回あたりの利用料金

スタンダード会員

99米ドル

32米ドル

スタンダードプラス会員

249米ドル

10回まで無料

それ以降は32米ドル

プレステージ会員

399米ドル

無料

備考として、どのプランでも同伴者は1回あたり32米ドルが必要です。

どのプランに加入すれば良いかの目安として、年に5回以下ならスタンダード会員で充分です。5回~10回の場合はスタンダードプラス会員、10回以上はプレステージ会員がお得です。

クレジットカードに付帯しているプライオリティ・パスの会員種類は、カードごとに異なります。一般的に、プラチナカード以上であれば、最上級のプレステージ会員であることが多いです。

プラチナカードは年会費も高めですが、プレステージ会員の特典が付いてくるとなるとお得だと感じる方もいるでしょう。

プライオリティ・パスはどうやって使うの?

利用手順は以下のとおりです。

  1. 対象となっている空港ラウンジへアクセス
  2. 航空券(搭乗券)とプライオリティ・パスカードを提示
  3. 問題なければ入室
  4. 退出

キーポイントとなるのは、航空券(搭乗券)も必要になるということ。プライオリティ・パスを持っているだけでは空港ラウンジを利用することはできません。ラウンジはあくまでも飛行機に搭乗する方のためのサービスです。

アプリを利用してデジタル会員証にできる場合もありますが、不可能なケースもあるため、クレジットカード付帯の場合は各カード会社に確認を取りましょう。

入室するときは利用資格のチェックがありますが、退出するときは何も手続きはありません。スタッフに何も声をかけずにそのままラウンジから出て大丈夫です。

なおラウンジによっては利用時間をカウント・制限しているところもあります。所要のため、しばらくラウンジを離れる必要があるときはスタッフに一言伝えておきましょう。戻った後も問題なくラウンジを利用できます。

プライオリティ・パスをゲットするには?

クレジットカード付帯サービスがお得!

通常であれば、プライオリティ・パスに申し込んで年会費を支払う必要がありますが、クレジットカードに付帯されている特典を利用する方がお得です。

クレジットカード付帯であれば、同伴者の料金が通常より割引になったり、何名分かは無料になったりする独自特典を用意している会社もあるからです。

特に最上級であるプレステージクラスの資格を得るには、通常399米ドルと、およそ4万円以上の年会費が必要です。これを個別に取得するよりも、クレジットカードの付帯特典として利用する方がコスパの面で良いです。

プライオリティ・パスがついていて年会費が比較的安いクレジットカードは後ほどご紹介します。

自分で申し込む必要がある点に注意

間違えやすいポイントですが、クレジットカードが発行されてもそのままではプライオリティ・パスは使えません。別途各カード会社が定める方法で申込みをする必要があります。

例えば楽天プレミアムカードの場合、会員サイトである「e-navi」で申込みをすることになります。旅行に出かける前に、忘れずに手続きをしましょう。

プライオリティ・パス付き♪おすすめクレジットカードをご紹介!

プライオリティ・パスが付いているクレジットカードをいくつか見てみましょう。

年会費が安いクレカが知りたい!

プライオリティ・パスは欲しいけど、多額の年会費がかかるのは避けたい…という方も多いでしょう。そこで、年会費が10,000~20,000円程度のクレジットカードを4つご紹介します。

年会費無料のカードなどと比べると高く感じるかもしれません。しかしプライオリティ・パスの年会費は、最安のスタンダード会員でも99米ドルで、およそ10,000円です。プライオリティ・パスの年会費を別途支払うことなく利用できることを考えると、お得といえるのではないでしょうか。

楽天プレミアムカード

年会費が安めのカードとして代表例として挙げられるのが、「楽天プレミアムカード」!10,800円と安い年会費ですが、プレステージ会員のプライオリティ・パスが付帯されています。年会費を支払う必要なく、1回あたりの利用料金も無料なのでお得度が高いです。

<楽天プレミアムカードの概要>

発行会社

楽天カード株式会社

年会費

10,800円(税込み)

付帯プライオリティ・パス

プレステージ会員

海外旅行傷害保険

最高5,000万円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

動産総合保険

最高300万円

楽天ポイント特典

・楽天市場での買い物によるポイントが最大4倍

・誕生月サービス(ポイント+1倍)

優待コース

3種類

切り替え特典

楽天カードからの切り替えで5,000ポイントがもらえる

家族カード

年会費540円

優待コースは以下の3種類があり、好きなコースを選べます。

楽天市場コース

毎週火曜・木曜に楽天市場での買い物でのポイントが最大+1倍

トラベルコース

・楽天トラベルでオンライン決済をすると最大+1倍

・手荷物宅配サービス

・国内宿泊優待サービス

エンタメコース

・楽天TV利用分のポイントが最大+1倍

・楽天ブックス利用分のポイントが最大+1倍

楽天が発行するカードらしく、楽天関連のポイント特典が充実しているのが特徴。楽天プレミアムカードを使うだけで通常よりも付与ポイントが増え、誕生月サービスや優待コースを利用すれば、どんどん楽天ポイントが貯まります。

総合評価
3.8
海外旅行に行くなら必須!「プライオリティ・パス」がなんと自動付帯!

楽天でのショッピングポイント高還元の魅力だけでない!海外旅行や出張が多い人に嬉しい海外600ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス」が10,000円の年会費で付いてくる!

  • 「プライオリティ・パス」に無料登録!500以上の都市、130以上の国や地域で1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる
  • 楽天グループ利用でポイント5倍!楽天での誕生日月の買物はポイント3倍!
  • 最高5,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
10,000円 10,000円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

ビジネスでの出張が多いから、ビジネスカードでプライオリティ・パスを利用したい方におすすめのカードがこちら。セゾンとアメリカン・エキスプレスの提携カードで、プレステージ会員として空港ラウンジを使用できます。

プラチナカードは招待されて入会するのが一般的ですが、こちらは申込で入会できるプラチナカードということで貴重です。プラチナクラスだけあり、ゴールドよりも多くの特典が付与されます。

<セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの概要>

発行会社

楽天カード株式会社

年会費

20,000円(税抜き)

付帯プライオリティ・パス

プレステージ会員

海外旅行傷害保険

最高1億円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

年間300万円まで

年会費特典

・年間200万円以上利用すると、次年度の年会費が10,000円(税抜き)にディスカウント)

特典

・コンシェルジュサービス

・コナミスポーツ・エグザスの優待利用

・ハイヤー送迎サービスの優待利用

他多数

追加カード

1枚あたり3,000円で、4枚まで追加可能

こちらのカードには書ききれないほどの優待サービスがありますが、代表的なものを見てみましょう。

まずプラチナカードといえば24時間365日対応のコンシェルジュサービス!こちらのカードでも利用可能で、私設秘書のように様々なリクエストに対応してもらえます。良い感じのお店を紹介してほしい、コンサートのチケットを手配してほしい、新幹線のチケットを予約しておいてほしいなど、人にお願いしたいことが多い方にとっては便利なサービス。ぜひ積極的に活用してみましょう。

ハイヤー送迎サービスは、成田空港・羽田空港と東京23区をハイヤーで行き来するプレミアムなサービス。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなら優待料金で利用することが可能です。東京で空港を行き来する場合、リムジンバス・東京モノレール・京浜急行・京成線などの手段があります。しかしハイヤー送迎は、それらにはないプライベート空間でゆったり過ごせるのが大きなメリットです。

年会費について通常は20,000円(税抜き)であるところ、年間で200万円利用すれば翌年は半額の10,000円(税抜き)に割引してもらえます。

他のプラチナカードは5万~10万円ほどの年会費のかかることが多いのに比べると通常でもプラチナカードとしては割安ですが、さらにコストを抑えることも可能です。毎月17万円ほど決済すれば適用される計算になります。

総合評価
4.3
JALマイル特化型カード!設立間もない法人や個人事業主、正社員であれば個人も申込できる年会費破格のプラチナカード

法人だけでなく一般の方にもおすすめ!通常年会費4,000円の「SAISON MILE CLUB」に無料登録ができ、カード利用でJALマイルが100円で1マイル、さらに「永久不滅ポイント」が同時にたまるのでダブルでお得!JALマイラー必見カードです。付帯サービスはプラチナコンシェルジェからビジネスサポートまで充実。

  • 「SAISON MILE CLUB」に無料登録すれば、JALマイル還元率が1.125%と圧倒的還元率!
  • 国内主要空港ラウンジ無料はもちろん、世界130か国以上の空港豪華ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス(年会費399米ドル)」が無料で登録できる!
  • 最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯。年間300万円のショッピング保険付きでさらに安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.75%~1.0% 最短3日程度
20,000円(税別) 年会費
20,000円(税別)※年間200万円以上のショッピング利用で次年度年会費10,000円(税抜)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

通称「アメックス・ゴールド」でおなじみのゴールドカード。年会費は通常29,000円(税抜き)ですが、初年度は条件なしで年会費無料となっています。プライオリティ・パスを含め、1年間はアメックスのサービスをお試し利用することができます。

将来アメックス・プラチナやセンチュリオンカードを持ちたいと思っている方にもおすすめ。ゴールドカードを利用して、クレジット・ヒストリーを積み重ねていくとチャンスがあります。

<アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの概要>

発行会社

アメリカン・エキスプレス

年会費

29,000円(税抜き) ※初年度無料

付帯プライオリティ・パス

スタンダード会員

海外旅行傷害保険

最高1億円まで補償

国内旅行傷害保険

最高5,000万まで補償

ショッピング・プロテクション

年間最高500万円まで補償

航空便遅延費用補償(海外)

最高40,000円まで補償

ポイント特典

入会後3ヶ月以内の利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる

ゴールド・ダイニング

所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分のコース料理代が無料

家族カード

1枚目は年会費12,000円(税抜き)が無料

アメリカン・エキスプレスは旅行関連の付帯サービスが充実しているのが特徴です。旅行傷害保険のほか、航空便が遅延したときの補償制度もあります。搭乗するはずの便が欠航・運休したり、到着遅延で乗り継ぎができなかったりしたときに、宿泊料金・食事代などを補償してもらえます。

家族カードについて、1枚目が年会費無料になっているのも大きなポイント。基本カードと同じ特典・サービスを受けられ、当然プライオリティ・パスも対象に含まれます。

ただしアメックス・ゴールドでは、プライオリティ・パスの会員種類はスタンダード会員となります。プレステージ会員ではないことに注意しましょう。

総合評価
4.3
圧倒的な旅行サポートを誇る、世界が認めるステータスカード!

ブランド力と無料ラウンジ利用やマイル移行のし易さで圧倒的に旅をサポート。100円=1マイルのハイペースでマイルが貯まる!航空会社VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」がなんと年会費無料で登録できます(通常99USドル)

  • ANAマイルだけじゃない!スターアライアンス系提携数十社にマイル移行可能
  • 海外旅行保険が最大1億円補償!さらに航空機遅延保険まで付帯!
  • 国内外の空港ラウンジが同伴1名まで無料で利用可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    AMEX
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.4%~1.0% 2週間程度
無料 29,000円(税別)

JCBゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドカードを使っている方なら、その1つ上のクラスである「ザ・プレミア」にランクアップするのもおすすめ。一定の条件を満たした場合に、JCBから招待してもらえます。

招待されるためには、ショッピング合計金額が2年連続で100万円以上(税込み)であることが主な条件です。毎月8~9万円程度、JCBゴールドで決済していれば到達する金額です。

携帯電話・公共料金などの引き落としに登録し、普段の買い物でも使用すれば達成は難しくないしょう。ただしJCBゴールドカードにも様々な種類があり、そのうち一部のカードは招待の対象外となっているので気をつけてください。

<JCBゴールド・ザ・プレミアの概要>

発行会社

JCB

年会費

15,000円(税抜き)

付帯プライオリティ・パス

プレステージ会員

海外旅行傷害保険

最高1億円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピングカード保険

最高500万円

航空機遅延保険

最大2万円

年会費特典

・年間100万円以上利用すると、次年度の年会費が10,000円(税抜き)にディスカウント)

家族カード

1枚あたり1,080円

年会費15,000円については、JCBゴールドの年会費10,000円とJCB ゴールド・ザ・プレミアのサービス年会費5,000円の合計です。さらに、年間100万円以上利用すると、サービス年会費5,000円が無料になるため、10,000円で保有できるようになります。

プライオリティ・パスに関しては、プレステージ会員資格を得ることができます。プレステージ会員は通常399米ドルかかることを考えると、これだけでもお得といえます。

その他の特典については、まず「JCBプレミアムステイプラン」があります。東京のマンダリンオリエンタル、石川の加賀屋など、国内外の一流ホテルが対象で、カード保有者のみが申し込める特別なプランです。利用するには、「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」で申し込むことになりますが、希望のホテルへ直接予約することも可能です。

「ダイニング30」は特別なディナーをお得に楽しめる優待特典。利用合計金額またはコース料金が30%割引になります。事前に予約・専用クーポンを提示したうえで、JCBゴールド・ザ・プレミアで支払うことが必要です。プライベートの誕生日・結婚記念日などのスペシャルディナーや、ビジネスでの会食などで利用すると便利なサービスです。

総合評価
4.2
ゴールドならではの安心とクオリティーを兼ね備えた一枚!

日本が誇るJCBのゴールドカード!空港無料ラウンジサービスやゴールド会員専用デスクなどの上質なサービスが年会費初年度無料で体験できる!一定条件をクリアすると上級サービス「JCBゴールド ザ・プレミア」に招待されます

  • 海外利用は常にポイント2倍!年間の利用額によって翌年のポイントが最大160%アップ!
  • 海外旅行傷害保険は安心と充実の最高1億円補償、ショッピング保険も年間最高500万円で安心!
  • 楽天、Yahoo!、ZOZOタウンでのお買い物はポイント最大20倍、セブンは3倍、スタバはポイント10倍!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
3 最短翌日届け
無料 10,000円(税別)

家族同伴可能なプライオリティ・パス付きクレカはある?

同伴者は利用できないことが多い

自分だけプライオリティ・パスを持っているけれど、家族や友人など同伴者と一緒にラウンジを利用したいという状況はよくあるものです。しかしその場合、ほとんどのラウンジでは同伴者の分の料金が必要になります。

先ほどの楽天プレミアムカードやJCBゴールド・ザ・プレミアでは、家族カードに対してはプライオリティ・パスを発行することができません。基本的に同伴者はお得に利用できないケースが多いと考えておいたほうが良いです。

しかし、クレジットカードの中には、家族用のプライオリティ・パスを発行できるものもあります。プラチナ以上の高ランクカードが対象となっていることが多いため、年会費は一般やゴールドよりも高くなりますが、家族と空港を頻繁に利用する方は検討してみる価値があるでしょう。

MUFGカード プラチナアメックスは家族同伴可能

家族同伴でプライオリティ・パスを利用するのにおすすめのカードがこちら。三菱UFJニコスが発行する、アメックスブランドのクレジットカードです。

家族会員にもプライオリティ・パスを発行できることから人気を集めています。

<MUFGカード プラチナアメックスの概要>

発行会社

三菱UFJニコス

年会費

20,000円(税抜き)

付帯プライオリティ・パス

プレステージ会員

海外旅行傷害保険

最高1億円まで補償

国内旅行傷害保険

最高5,000万円まで補償

国内・海外渡航便遅延保険

最高2万円まで補償

ショッピング保険

年間限度額300万円

犯罪被害窓外保険

最高1,000万円まで補償

優待・特典

・手荷物宅配サービス

・スーペリア・エキスペリエンス

・24時間健康・介護相談サービス

他多数

家族カード

1枚あたり3,000円

MUFGカード プラチナ・アメックスで付帯されるプライオリティ・パスも、プレステージクラスです。家族会員に発行されるのもプレステージクラスのため、家族で様々なラウンジを使用したい方にぴったりです。

家族会員は1人までは無料で、2人目以降は3,000円(税抜き)となります。有料ではありますが、通常399米ドルの年会費が必要なプレステージクラスが追加料金なしで付いてくることを考えると、お得といえます。

こちらのカードの特典をいくつか見ていくと、まず手荷物空港宅配サービスがあります。海外旅行への出発・帰国のときに、スーツケース1個を無料で宅配してくれるサービスです。2個目以降の手荷物も優待料金で利用できます。大きなスーツケースを持って公共交通機関を利用するのは結構大変なもの。スーツケースを預かってもらえれば、空港までの道のりまたは空港からの帰宅が楽になります。成田国際空港・羽田空港(国際)・中部国際空港・関西国際空港が利用対象です。

次に知っておきたいのが、MUFGカード プラチナ・アメックス利用者だけに用意された「スーペリア・エキスペリエンス」という優待サービス。国内外の一流ホテルや高級ダイニングなどで利用できる優待特典です。特別優待料金で利用できることはもちろん、ホテルではアーリーチェックイン・レイトチェックアウトができるようになったり、ダイニングではウェルカムドリンクがもらえたりする特典あります。宿泊や外食をする際には、積極的に利用しておきたいサービスです。

さらに、「24時間健康・介護相談サービス」も。ご自身の健康・医療に関することはもちろん、介護に関する相談も受け付けています。国内医療機関情報の提供、人間ドック・脳ドック・がん検診の取り次ぎ、介護保険申請の代行、介護ケアプラン作成、在宅介護など、幅広い領域に対応してもらえます。利用は無料で24時間受け付けているため、困ったこと・相談したいことがあったらぜひ利用してみましょう。

またプラチナカードであるため、当然コンシェルジュサービスも24時間利用できます。コンシェルジュサービスは国内だけでなく、海外滞在時にも利用可能です。海外でのエンタメチケットの手配、ゴルフ場の予約などは、慣れていないと大変なことも。プロのコンシェルジュにお任せするのが安心でスムーズです。

よくある疑問を解消!プライオリティ・パスや空港ラウンジについてのFAQ

Q1. プライオリティ・パスの更新は自動でされる?

発行されたプライオリティ・パスの有効期限は1年で、自動更新はありません。有効期限切れが近づいてきたときはメールで連絡が来るので、手続きをしましょう。

Q2.クレジットカードを解約してもプライオリティ・パスは使える?

プライオリティ・パスの特典があるクレジットカードを解約した場合は、利用権利がなくなります。例えプライオリティ・パスの有効期限内であったとしても、クレジットカードがなければ利用できないので、解約する場合はタイミングに気を付けてください。

Q3.空港ラウンジの利用制限は何かあるの?

空港ラウンジは特に厳しい利用制限はありませんが、1回あたり3時間までと定められていることが多いようです。ラウンジによっては入室時間が記録され、3時間以上の利用は断られることもあります。

ラウンジ内では常識の範囲内での行動が求められます。大人数でアルコールを飲んで騒ぐ、料理を自分たちですべて取ってしまうなど、他人に迷惑をかける行為は慎みましょう。

また泥酔しているなどの状態の場合、ラウンジの利用を断られる場合もあります。

Q4.子供も空港ラウンジを利用できるの?

利用できるかどうかは各ラウンジのルールによります。年齢制限付きのラウンジもあるため、事前に利用予定のラウンジの情報を入手しておくことがおすすめ

また年齢制限以外にも、人数制限やドレスコード制限を導入しているところも。年齢制限とあわせて確認しておきましょう。

まとめ

プライオリティ・パスは、国内外の1,200か所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。ラウンジは空港で休憩するのにピッタリの場所で、ゆったりくつろいだり軽食やドリンクを楽しんだりする他、Wi-Fiやコピー機など仕事をすることも可能です。

プライオリティ・パスは通常年会費のかかる有料サービスですが、いくつかのクレジットカードには会員特典として付与されています。コスパを考えると、クレジットカードの特典として利用する方がおすすめです。

プライオリティ・パスが使えて年会費が比較的安いクレジットカードとしては、以下の4つのカードが挙げられます。

  • 楽天プレミアムカード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • JCBゴールド・ザ・プレミア

またMUFGカード プラチナアメックスは、家族にもプライオリティ・パスが発行される貴重なカードです。

それぞれプライオリティ・パス以外の特典に特徴がありますので、自分にピッタリの1枚を探してみましょう。

プライオリティ・パスをうまく活用して、プライベートの旅行やビジネスの出張のひとときを快適に過ごしてみてください。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る