P-oneカードは月々の請求が自動的に1%OFF!メリット・デメリットを解説

  • 作成
  • 更新

P-oneカードは、ポケットカード株式会社が発行するクレジットカードで、月々の請求が自動的に1%OFFになるなど、ユーザーにとって嬉しいサービスを提供しています。この記事ではP-oneカードのメリット・デメリットを解説します。

P-oneカードとは?

P-oneカードとは、ファミリーマートの子会社であるポケットカード株式会社発行のクレジットカードで、ファミリーマートやTSUTAYAのほか、ZOZOTOWNやコーナン商事などの提携クレジットカードを含めると、約500万人の会員が存在します。

そんなP-oneカードには、P-oneカード<Standard>P-oneカード<G>P-oneカード<Premium Gold>P-one Wizがあり、カードごとにサービス内容が異なります。それぞれのカードを順番に見ていきましょう。

P-oneカード<Standard>

P-oneカード<Standard>は、年会費無料で、高校生を除く18歳以上で、自宅に電話連絡が可能な人、尚且つ安定収入がある人またはその配偶者が申し込み可能です。最大200万円のショッピング枠と、最大150万円のキャッシング枠があり、ゆとりを持った利用ができます。

また、新規入会特典として、カードキャッシング30日間無利息サービスを行っているため、お得にキャッシングが可能です。

P-oneカード<Standard>は、お金をかけずにクレジットカードを保有したい人におすすめです。

P-oneカード<G>

P-oneカード<G>は、年会費3,000円(税別)で、高校生を除く18歳以上で、自宅に電話連絡が可能な人、尚且つ安定収入がある人またはその配偶者が申し込み可能です。

P-oneカード<Standard>と同様に、最大200万円のショッピング枠と、最大150万円のキャッシング枠があり、新規入会特典として、カードキャッシング30日間無利息サービスを行っているため、お得にキャッシングが可能です。

サービス内容はP-oneカード<Standard>より充実しており、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と、国内旅行傷害保険が付帯しているほか、年間補償額最高50万円の購入商品安心保険が付いているため、国内外の旅行やショッピングが安心です。

旅行に出かけることが多い人や、低年会費で充実の補償を得たい人におすすめです。

P-oneカード<Premium Gold>

P-oneカード<Premium Gold>は、年会費10,000円(税別)で、学生を除く20歳以上の人で、自宅に電話連絡が可能な人、尚且つ安定収入がある人またはその配偶者が申し込み可能です。

ショッピング枠は最大300万円、キャッシング枠は最大150万円となっており、P-oneカード<Standard>やP-oneカード<G>よりも、さらにゆとりのある利用枠となっています。

P-oneカード<Premium Gold>は、P-oneカードの中でも最高級クラスのクレジットカードで、充実したサービスを誇っています。

最高5,000万円の、海外・国内旅行傷害保険は、親族も1,000万円が補償されるほか、年間補償額最高300万円の購入商品安心保険が付帯しています。また、100円のカード利用で1円ポイント(1ポイント1円相当)貯まるポケット・ポイントが、毎年3月~翌年2月の間にショッピング50万円以上利用することで、1,000ポイントがプレゼントされます。

さらに、国際ブランドがVISAとJCBの場合には、国内主要空港のラウンジを無料利用可能であるため、出発前にくつろぎの時間を過ごせます。

《空港ラウンジ一覧》

国内

新千歳空港

スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ

函館空港

ビジネスラウンジ A Spring

青森空港

エアポートラウンジ

秋田空港

ロイヤルスカイ

仙台空港

ビジネスラウンジEAST SIDE

新潟空港

エアリウムラウンジ

富山空港

ラウンジ らいちょう

成田国際空港

ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T.E.Iラウンジ

羽田空港

第1旅客ターミナル エアポートラウンジ(中央)/(POWER LOUNGE SOUTH・POWER LOUNGE NORTH)

第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南)(到着後は利用不可)/(北)/(POWER LOUNGE NORTH)(到着後は利用不可)

国際旅客ターミナル SKY LOUNGE(到着後は利用不可)/SKY LOUNGE ANNEX(到着後は利用不可)

富士山静岡空港

YOUR LOUNGE

中部国際空港

プレミアムラウンジセントレア

小松空港

スカイラウンジ白山

大阪国際空港(伊丹空港)

ラウンジオーサカ

関西国際空港

カードメンバーズラウンジ 「六甲」(到着後は利用不可)「金剛」(到着後は利用不可)「アネックス六甲」(到着後は利用不可)「比叡」

神戸空港

ラウンジ神戸(到着後は利用不可)

岡山空港

ラウンジマスカット

広島空港

ビジネスラウンジ もみじ

米子空港

ラウンジ DAISEN

山口宇部空港

ラウンジきらら

徳島空港

エアポートラウンジ ヴォルティス

高松空港

ラウンジ讃岐

松山空港

ビジネスラウンジ/スカイラウンジ

福岡空港

くつろぎのラウンジTIME

ラウンジTIME インターナショナル

北九州空港

ラウンジひまわり(到着後は利用不可)

長崎空港

ビジネスラウンジ アザレア

大分空港

ラウンジ くにさき(到着後は利用不可)

熊本空港

ラウンジ「ASO」

鹿児島空港

スカイラウンジ菜の花

那覇空港

ラウンジ 華 ~hana~

海外

ダニエル・K・イノウエ国際空港

IASS HAWAII LOUNGE(到着後は利用不可)

P-oneカード<Premium Gold>は、ゴールドカードに憧れている人や、ワンランク上のサービスを受けたい人におすすめです。

P-one Wiz

P-one Wizは、年会費無料のクレジットカードで、高校生を除く18歳以上で、自宅に電話連絡が可能な人、尚且つ安定収入がある人またはその配偶者が申し込み可能です。

最大200万円のショッピング枠と、最大150万円のキャッシング枠と、ゆとりある利用ができるほか、年間補償額最高50万円の購入商品安心保険が付帯しており、安心して利用可能です。

毎月末日のショッピング利用残高によって、毎月の最少支払額が決まるリボ払い専用のクレジットカードで、初回支払分は手数料無料とお得です。

また、最少支払い金額以上の場合は、都合によって、毎月の支払金額を自由設定可能な「あと決め払い」の利用もでき、支払い計画を立てやすいという特徴があります。

さらに、ポケット・ポイント100ポイントを、Tポイント500ポイントに移行できますので、Tポイントユーザーにとっても使い勝手が良いカードです。

リボ払いでショッピングを楽しみたい人や、Tポイントを貯めている人におすすめです。

P-oneカード共通の魅力

ここまで、P-oneカード<Standard>、P-oneカード<G>、P-oneカード<Premium Gold>、P-one Wizの魅力について見て来ましたが、ここからはP-oneカード共通の魅力について紹介いたします。

請求時に自動的に1%OFF

P-oneカードは、クレジットカードを使うだけで、請求の際に1%OFFとなります。日常のショッピングが1%OFFとなり、利用すればするほどお得です。

生活費をP-oneカードで支払えば、家計がまるごと1%OFFとなりますので、だれでもすぐに節約上手になれるでしょう。

クレジットカードを使うだけ1%OFFとなるため、面倒な手続きは不要です。自動的に1%OFFとなるため、手間が嫌いな人でも安心です。もちろん、利用代金明細書にも明記されますので、得した分を把握できます。

公共料金も1%OFF

1%OFFの恩恵は、特定日の指定や、利用条件の設定がありません。そのため、通信費や水道光熱費などの公共料金でも1%OFFになります。

また、国民年金保険料も1%OFFとなり、100円のショッピングからでも1%OFFとなるため、家計に優しいサービスとなっています。

ポケット・ポイントが貯まる

対象カードでお買い物をすると、ポケット・ポイント(1ポイント1円相当)が貯まります。ポイントの還元率は以下の通りです。

 

P-oneカード<Standard>

P-oneカード<G>

P-oneカード<Premium Gold>

P-one Wiz

1回払い・ボーナス一括払い

 

1,000円(税込)につき1ポケットポイント

1,000円(税込)につき1ポケットポイント

 

リボ払い・分割払い・ボーナス2回払い

 

1,000円(税込)につき2ポケットポイント

1,000円(税込)につき2ポケットポイント

1,000円(税込)につき1ポケットポイント

その他

ボーナスポイント

 

年間50万円(税込)利用で1,000ポケットポイント

 

また、会員専用オンラインショッピングモール「ポケットモール」を利用すると、最大ポイント30倍となり、よりお得にポイントを貯められます。

貯まったポイントはギフトカタログやチケット・商品券のほか、ホテル・お食事券、キャッシュバック、dポイントやGポイントなど各種ポイントへの移行、寄付などが可能ですので、お好きなものに交換しましょう。

《ポイント交換アイテム》

ジャンル

必要ポイント数

交換可能アイテム

備考

ギフトカタログ

650ポイント

ギフトカタログ “ウルアオ(アウレリアーナ)”

掲載商品点数/雑貨約170点、食品約35点

800ポイント

ギフトカタログ “タイム”

掲載商品点数/雑貨約465点

1,150ポイント

ギフトカタログ “イベリス with GA”

掲載商品点数/雑貨約740点、グルメ約310点

1,650ポイント

ギフトカタログ “ペパーミント with GD”

掲載商品点数/雑貨約695点、グルメ約400点

チケット・商品券

250ポイント

Famiポートクーポン ファミリーマートお買い物券500円分(税込)×2枚

 

150ポイント

Famiポートクーポン ファミリーマートお買い物券300円分(税込)

 

250ポイント

ユニー・ファミリーマートグループ商品券1,000円分

 

330ポイント

Amazonギフト券 1,000円分

 

1,650ポイント

Amazonギフト券 5,000円分

 

300ポイント~

ベルメゾン(千趣会)お買い物券

 

980ポイント

全国共通お食事券 ジェフグルメカード 3,000円

 

1,000ポイント

VJAギフトカード 3,000円

 

1,000ポイント

QUOカード 3,000円

 

800ポイント

イオンシネマ 映画鑑賞券 大人2名様

 

ホテル・お食事券

1,500ポイント

ホテル椿山荘東京 ランチお食事券(ペア)

 

3,400ポイント

ホテル椿山荘東京 ディナーお食事券(ペア)

 

ポイント・キャッシュバック

300ポイント

楽天銀行(旧イーバンク銀行) 口座にキャッシュバック

 

300ポイント

ジャパンネット銀行口座にキャッシュバック

 

300ポイント

引落し口座にキャッシュバック

 

ポイント・チェンジ

300ポイント~

T-POINT

(交換レート)

1ポケット・ポイント=Tポイント3ポイント

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

100ポイント~

T-POINT

(交換レート)

1ポケット・ポイント=Tポイント5ポイント

(交換単位)

100ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

dポイント

(交換レート)

1ポケット・ポイント=dポイント3ポイント

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

WALLET ポイント

(交換レート)

1ポケット・ポイント=WALLET ポイント3ポイント

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

Gポイント

(交換レート)

1ポケット・ポイント=Gポイント3ポイント

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

JALマイレージバンク

(交換レート)

【スタンダードコース】1ポケット・ポイント=1.5マイル

【セレクトコース】1ポケット・ポイント=3マイル

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

寄付

300ポイント~

ユニセフ(国際連合児童基金)

(交換レート)

1ポケット・ポイント=5円

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)

(交換レート)

1ポケット・ポイント=5円

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

遺児の奨学金(あしなが育英会)

(交換レート)

1ポケット・ポイント=5円

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

緑の募金

(交換レート)

1ポケット・ポイント=5円

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

国際環境NGO FoE Japan

(交換レート)

1ポケット・ポイント=5円

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

300ポイント~

独立行政法人 環境再生保全機構

(交換レート)

1ポケット・ポイント=5円

(交換単位)

300ポケット・ポイント以上100ポイント単位

その他の嬉しいサービス

P-oneカードには、ほかにも嬉しいサービスが盛りだくさんです。ここでは、上記で解説した以外の、P-oneカードの各種サービスについて紹介します。

カーライフホッとライン

P-oneカードには「カーライフホッとライン」というロードアシスタントサービスがあります。自動車のトラブルを、24時間365日全国対応してくれますので、いざという時にも安心です。

具体的には、故障で動かなくなった場合に、30分程度までの軽作業を無料で行ってくれます。スペアタイヤ交換やバッテリー上がり時のエンジン始動、カギ開け、ガス欠時の燃料補給など、急なトラブルに対応してくれます。

冷却水の補充、ボルト締め付け、各種バルブやヒューズ交換、サイドブレーキの因着、各種オイル漏れ点検・補充なども行うため、困った時の助けとなるでしょう。

また、レッカー現場急行サービスでは、電話一本で駆けつけてくれ、20kmまで無料牽引してくれます。落輪引き上げも可能ですので、落輪や脱輪時にも頼れます。

さらに、事故・故障発生時のサポートサービスでは、自宅から直線距離で100km以上離れた場所で助けとなってくれます。帰宅費用を一人20,000円(税込)まで負担してくれるほか、宿泊費用1泊分を一人15,000円(税込)まで負担、修理車両搬送費を50,000円(税込)負担してくれるため、万一の場合に嬉しい補償が受けられます。

カーライフホッとラインは年会費700円(税別)で利用可能ですので、万一に備えての利用をおすすめします。

海外サポートサービス

P-oneカードには、海外サポートサービスとして「ポケットワールドデスク」があります。ホテルの予約や万一のトラブルを電話1本で相談可能です。世界中からかけられる上、日本語対応となっていますので、とても使い勝手が良いサービスです。

具体的には、現地の天気やATMの利用方法のほか、為替相場など、世界中の情報を案内してくれる「インフォメーションサービス」や、旅先でのホテル・レストランなどの予約のほか、各種チケット手配を行う「リザベーションサービス」、クレジットカードやパスポートの紛失盗難のほか、病気やケガ対応をアシストしてくれる「エマージェンシーサービス」など、便利で安心のサービスとなっています。

受付時間は日本時間の9:00~18:00で、世界各国のサービス窓口は以下の通りです。

《世界各国のサービス窓口》

滞在国

ダイヤルナンバー

日本

0120-16-2190

アメリカ(ハワイ)

011-800-2190-2190

カナダ

ブラジル

0021-800-2190-2190

英国

00-800-2190-2190

フランス

スペイン(スペイン領北アフリカ・カナリア諸島)

イタリア(バチカン市国)

ニュージーランド

アルゼンチン

ノルウェー

中国

南アフリカ

09-800-2190-2190

韓国

001-800-2190-2190

香港

シンガポール

オーストラリア(クリスマス島・ココス・キーリング諸島)

0011-800-2190-2190

ポケット・サポート・サービス

暮らしのお悩みやトラブルを、24時間365日サポートしてくれるサービスとして「ポケット・サポート・サービス」があります。年会費は1,800円(税別)で、生活上の利便性をワンランク上げてくれるでしょう。

ポケット・サポート・サービスには、先述したカーライフサポートサービスのほか、玄関の鍵開けや水周りのトラブルに、電話1本で駆けつけてくれるハウスサポートサービス、専門スタッフが健康相談や医療機関の案内をしてくれるライフサポートサービスがあります。ぜひ加入を検討しましょう。

レンタカー割引サービス

レンタカー割引サービスもお得です。レンタカー会社に電話予約の際に「ポケットカードのクレジットカード割引」を伝え、クレジットカード払いをすることで、割引優待が受けられます。

対応しているのはトヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカーで、いずれも基本料金5%割引となります。問い合わせ電話番号や営業時間は以下の通りです。

《レンタカー割引サービスの問合せ窓口》

レンタカー会社

トヨタレンタリース

ニッポンレンタカー

日産レンタカー

オリックスレンタカー

電話番号

0800-7000-111

0800-500-0919

0120-00-4123

0120-30-5543

営業時間

8:00~20:00

年中無休

平日:8:00~20:00

土・日・祝日:9:00~18:00

年中無休

平日:8:00~20:00

土・日・祝日:9:00~18:00

平日:8:00~20:00

土・日・祝日:8:00~17:00

ポケットカードトラベルセンター

ポケットカードトラベルセンターを利用すると、パッケージツアーが最大8%割引で、同行者も同じ割引率となるため、とてもお得に旅行に出かけられます。

国内外のツアーを選び、ポケットカードトラベルセンターで申し込みます。申し込みはウェブや電話(0120-15-0297)で受付をしています。P-oneカードで支払いをすれば、3%~8%の割引でツアー利用ができますので、旅行の予定がある場合には、ぜひ活用しましょう

P-oneカードの基本情報

ここまで紹介したように、P-oneカードは便利でお得なクレジットカードで、生活の質を高めてくれる嬉しいアイテムです。そんなP-oneカードの基本情報について紹介します。

締め日・支払日

P-oneカードの締め日は、支払い回数や方法によって異なります

まず1回払いの場合は、毎月1日に締切で、締切日の翌月1日に一括で支払います。

ボーナス一括払いは、ボーナス月に一括して支払う方法で、夏のボーナス一括払いは11月21日~翌年6月20日の利用分を、原則8月1日に支払います。冬のボーナス一括払いは、6月21日~11月20日の利用分を、原則1月4日に支払います。ちなみに、夏と冬のボーナス時に2回に分けて支払うボーナス2回払いも可能です。

分割払いの場合は、2回から36回の範囲の希望回数に分けて支払う方法で、毎月末日に締切で、締切日の翌々月1日払いとなります。分割払いはショッピング1回払いを後から分割払いに変更する「あとから分割」も可能です。

リボ払いは、ショッピング利用残高に応じた一定額を毎月支払う方法で、毎月末日に締切で、締切日の翌々月1日払いとなります。

いずれも、金融機関の休業日の場合は翌営業日となりますので、知っておきましょう。

会員専用ネットサービス

会員専用ネットサービスでは、利用状況確認や支払金額・方法の変更のほか、ポイント照会・交換、各種キャンペーンの確認・応募などが可能です。

たとえば、過去15カ月分の利用代金明細書を確認できたり、翌月請求金額の確認、利用可能金額を確認するなど、クレジットカードを利用する上で、知りたい情報がすぐ得られます。

また、ネットキャッシングの申込みも24時間行えるため、金策が必要な時にも助かります。

何か手続きしたい時や、変更をしたい時、確認したいことがある時は、まず会員専用ネットサービスにログインしてみましょう。

ETCカード・家族カード

ETCカードは、新規発行手数料1,000円(税込)、更新発行手数料1,000円(税込)で、ETCカードの利用分もポケットポイントが貯まります。ETCカードがあれば、有料道路の利用がとても便利になるため、ぜひ保有しておきたいカードです。

家族カードは、本人会員と生計を同一にしている配偶者や親、高校生を除く18歳以上の子供が申し込め、本人会員カード1枚ごとに、家族カード3枚まで保有可能です。

家族カードのメリットとしては、家族カードの支払い分も、本人会員と同じ口座から自動振替となるため、支払いが便利です。また、ポイントは家族カード分も合算されるため、効率良くポイントが貯められます。

基本的に付帯保険やキャッシング、空港ラウンジサービスなど、本人会員付帯のと同様のサービスが受けられるため、家族カード保有者が皆、便利でお得なカードライフを過ごせます。

年会費はクレジットカードごとに異なり、P-oneカード<Standard>の場合は、家族カード年会費(1枚につき)は無料、家族カード管理費(1枚につき)初年度無料で、翌年度より年間200円(税別)必要です。

P-oneカード<G>は、家族カード年会費(1枚につき)が初年度無料で、翌年度より1,000円(税別)必要ですが、家族カード管理費はかかりません。

P-oneカード<Premium Gold>家族カード年会費(1枚につき)が初年度無料で、次年度より2,000円(税別)です。こちらも家族カード管理費はかかりません。

P-one Wizは、家族カード年会費、家族カード管理費ともに無料です。これらを把握した上で、ETCカードと家族カードの検討をしましょう。

P-oneカードの審査

P-oneカードの審査は、年会費無料の他社クレジットカードに比べると、若干厳しいといわれていますが、特筆するほど厳しいわけではありませんので、健全な金融取引をしている人であれば、概ね問題なく発行できるでしょう。

審査が厳しめと考えられている所以は、申し込み条件の中に「自宅に電話連絡が可能な人」という文言があるからです。他社カードの申し込み条件では、年齢条件や安定収入という文言しかないことが多いため、それらのクレジットカードよりは、しっかりと審査をしている印象があります。

P-oneカード<G>、P-oneカード<Premium Gold>の審査

P-oneカード<G>、P-oneカード<Premium Gold>は、P-oneカード<Standard>よりもやや審査が厳しくなります。カードステータスが、P-oneカード<Standard>よりもP-oneカード<G>が、P-oneカード<G>よりもP-oneカード<Premium Gold>が高いため、その分審査が厳し目となります。

しかし、申し込み条件を満たし、他社も含めたクレジットカードの利用履歴が健全であり、短期間に複数社への申し込みや他社借入れなどがなければ、それほど審査通過が難しいわけではありませんので、神経質になる必要はないでしょう。

P-oneカードのデメリット

P-oneカードのデメリットは、カードごとに異なります。P-oneカード<Standard>は、年会費が無料である分、サービス内容が他のカードに比べると見劣りするデメリットがあります。共通する特典以外、これといったものが付かないため、シンプルなカード機能との認識が必要です。

P-oneカード<G>は、付帯保険などが付きますが、年会費3,000円(税別)とのバランスを考慮しなければなりません。旅行にほとんど出かけない人にとっては、年会費ほどの魅力が感じられないデメリットがあります。

P-oneカード<Premium Gold>は、サービスが充実していますが、年会費10,000円(税別)が必要であるデメリットがあります。カードの利用頻度が少ない人には恩恵が薄いです。

P-one Wizは、リボ払い専用カードであるため、利用計画が立てやすいメリットがありますが、それだけに、つい高額なショッピングをしてしまうことや、なかなか支払いが終わらないというリボ払いならではのデメリットがあります。浪費や衝動買いのクセがある人は、利用を控えた方が良いでしょう。

まとめ

P-oneカードは、充実したカードラインナップがあり、カードごとにサービス内容が異なります。P-oneカード<Standard>からP-oneカード<G>、P-oneカード<Premium Gold>へとサービス内容が充実し、上手に利用すれば生活のクオリティーが上がるはずです。

また、リボ払い専用のP-one Wizは、計画的なカード利用がしやすいため、使い勝手が良いカードです。

いずれも、月々の請求が自動的に1%OFFとなるため、家計がとてもお得です。デメリットも把握した上で、ぜひあなたに合った1枚を選びましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
口コミ投稿
国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス
満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る