プラチナカードの入手方法が知りたい!魅力もあわせて解説します

  • 作成
  • 更新


「プラチナカードの特典が魅力的!」
「部下や彼女に一目置かれるクレジットカードが欲しい!」
「そろそろプラチナカードを持ってみようかな…」

理由はいろいろあると思いますが、この記事を読んでいるあなたはきっと少なからずプラチナカードに魅力を感じておられることでしょう。プラチナカードは確かに一般のカードと比べて年会費がかかりますが、払ったお金だけの分の、いえそれ以上の魅力があるカードです。

プラチナカードは誰でも持てるカードではなく、その特異性がまたプラチナカードの魅力を高めているのかもしれません。そこで今回は初めてプラチナカードを持とうとしている人に向けて、おすすめのプラチナカードを紹介し、それぞれの入手条件や入手難易度をわかりやすく説明します。

プラチナカードの基本情報

プラチナカードとは、ゴールドカードの上位に位置するステータス性の高いカードのことをいいます。

  • ブラックカード
  • プラチナカード
  • (格安プラチナカード)
  • ゴールドカード
  • (格安ゴールドカード)
  • 一般カード

プラチナカードは年会費が一般カードやゴールドカードよりも高いのが特徴です。しかし最近では年会費が格安のプラチナカードもあります。「格安プラチナカードはプラチナカードではない」と主張している人もいますが、格安プラチナカードも他のプラチナカードと同等のサービスや特典がついていますので、この記事ではプラチナカードの一つとして扱います。

プラチナカードの年会費

プラチナカードの年会費は、通常50,000円〜150,000円ほどしますが20,000円〜30,000円の格安プラチナカードもあります。高い年会費のプラチナカードはステータス重視の人のためのものです。年会費分のサービスがありますが、ただ持っているだけで様になるカードです。

格安プラチナカードもステータス性がありますが、どちらかというと特典重視の人のためのものです。格安といっても無料のクレジットカードがたくさんある中で、年会費が20,000円以上するというのは決して安いとは言えないかもしれませんが、格安プラチナカードには年会費以上の特典があります

プラチナカードの審査難易度は高い

プラチナカードの審査難易度は、一般カードやゴールドカードと比べるとかなり高くなります。プラチナカードの審査を通るためにはある程度の年収に加えて、これまでのクレジットカードの利用履歴が求められます。ステータス性に高いプラチナカードの中には、インビテーション制をとっているものもあって、カード会社が求める基準になって初めて招待されるものもあります。

プラチナカードに共通している各種サービス

プラチナカードは高い年会費を払わなければならない代わりに、他の一般カードやゴールドカードにはないサービスがたくさんあります。サービスの種類はカード会社によって違いますが、下記のサービスはプラチナカードならではのサービスと言えるでしょう。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスは、平たく言うと「無料の秘書」で、飛行機、レストラン、各種チケットなどを調べて予約までしてくれるなどクレジットカードを使う用事ならなんでもやってくれます。コンシェルジュがどこまでやってくれるかは、あるいはその仕事の質は年会費の高さにある程度比例しています。

空港ラウンジの無料利用

プラチナカードであれば大抵空港ラウンジが無料で利用できます。ゴールドカードでも空港ラウンジが利用できますが、プラチナカードのラウンジは、数や質が格段に高くなります。多くのプラチナカードは世界中の空港のラウンジを利用できる、「ラウンドキー」や「プライオリティーパス」などがついます。

飛行機やホテルの無料アップグレート、レストランの優待

安いホテルや飛行機をとったらアップグレードしてくれたり、高級レストランを1名無料で招待してくれたりします。

ポイントや保険関係が充実

年会費無料のクレジットカードでもポイントが高還元率だったり無料の旅行保険がついていたりすることがありますが、プラチナカードはこれらのサービスが群を抜いています。クレジットカードの旅行保険だけだと少し不安という方も、プラチナカードの旅行保険なら安心できます。またプラチナカードは航空機遅延保険、利用付帯の国内・海外保険、ショッピング保険など普通のカードにはあまりついていない保険があり、内容も充実しています。

プラチナカードの入手方法

このように魅力がいっぱい詰まったプラチナカードですが、誰でも入手できるわけではありません。そしてその入手しづらさが、プラチナカードのステータス性を高めています。残念ながらどのカード会社も、「年収いくらくらい」などプラチナカードを入手できる具体的な条件を提示していませんが、プラチナカードを入手した人の声を総合するとある程度の入手条件が見えてきます。

ここでは独自の調査の元、当サイトが自信を持っておすすめできるプラチナカードの年会費を含めた入手難易度や入手方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

申し込み可能のプラチナカード

プラチナカードの中には、一般カードと同じように申し込みをすれば入手できるものもあります。一般カードと比べると入手難易度は厳しいものの、比較的入手しやすいカードになっています。年会費もやすいものが多いですが、サービスや得点は他のプラチナカードに勝るとも劣らない充実ぶりで、コスパの高さが特徴です。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

10代から申し込むことができるプラチナカードなので、今回最も入手しやすいプラチナカードに選びました。もちろんサービスや得点も充実しているコスパの高いカードです。

入手難易度

入手方法

申込み制

入手条件

学生を除く18歳以上の安定した収入のある方

年会費

20,000円+税

最低年収

200万円〜300万円

その他求められる条件

・過去5年以内に支払い遅延などの金融事故を引き起こしていない

・クレジットカードの利用実績が2年以上ある

・過去半年以内にクレジットカードを複数枚申し込んでいない

JCBプラチナ             

コスパの高さとステータスの高さを両立させたいなら、間違いなくJCBプラチナです。JCBのプロパーカードのプラチナでありながら、年会費は比較的安く入手もしやすいカードです。さらにJCBプラチナカードを使い続けていれば、このカードよりもさらに上位のカードJCB THE CLASS(ブラックカードに相当)のインビテーションが届くかもしれません。

入手難易度

☆☆☆

入手方法

</th

申込み制

入手条件

学生を除く20歳以上の安定した収入のある方

年会費

税込25,000円+税

最低年収

300万円〜400万円

その他求められる条件

・過去5年以内に支払い遅延などの金融事故を引き起こしていない

・クレジットカードの利用実績が2年以上ある

・過去半年以内にクレジットカードを複数枚申し込んでいない

総合評価
4.2
年会費25,000円(税別)で誰でも申し込み可能なJCB高ステータスカード

日本を代表するJCBのプラチナカード!24時間・365日対応のコンシェルジュサービスはもちろん、ホテルや高級旅館での優待サービスが充実!家族カードは1名無料

  • 海外旅行傷害保険は安心と充実の最高1億円補償!
  • 世界中の豪華空港ラウンジが無料で利用可能な「プライオリティ・パス(年会費399USドル)」の登録が無料!
  • 「グルメ・ベネフィット」で国内一流レストランの所定コースを2名以上で予約すると1名無料に!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~2.5% 最短3営業日(通常1週間程度)
25,000円(税別) 25,000円(税別)

JAL・JCBカード プラチナ

JAL系のカードの中で、最上位のカードに位置するJAL・JCBカード プラチナは、JALカード・プラチナと入手条件がほぼ同じです。JALのマイルが貯まりやすく、旅行保険やラウンジなどのサービスも充実しているので、JAL利用者にはおすすめのカードです。ただし国際ブランドはJCBとなっていますので海外旅行によく行かれる方は、VISAかMastercardが付いている別のクレジットカードをもう一枚用意しておきたいところです。   

入手難易度

</th

☆☆☆

入手方法

申込み制

入手条件

学生を除く20歳以上の安定した収入のある方

年会費

税込33,480円

最低年収

300万円〜400万円

その他求められる条件

・過去5年以内に支払い遅延などの金融事故を引き起こしていない

・クレジットカードの利用実績が2年以上ある

・過去半年以内にクレジットカードを複数枚申し込んでいない

三井住友プラチナカード

比較的年会費が安いですが、ステータスは非常に高いプラチナカードです。国際ブランドはVISAとMastercardが選べますが、VISAにはプロパーカードはありませんので事実上、VISAのプロパーカードのプラチナカードといえるかもしれません。三井住友ゴールドカードを使っていると、条件に合えばインビテーションが届きますが、自分で申込みすることもできます。

入手難易度

☆☆☆☆☆

入手方法

申込み制

入手条件

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

年会費

税込50,000円+税

最低年収

800万円〜900万円

その他求められる条件

・過去5年以内に支払い遅延などの金融事故を引き起こしていない

・クレジットカードの利用実績が5年以上ある

・過去半年以内にクレジットカードを複数枚申し込んでいない

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックスプラチナ)

ご存知アメックスのプラチナカードです。ステータス性は申し分がなくまさに仕事ができるビジネスマンのためのクレジットカードといえるでしょう。今までは完全招待制でしたが、2019年4月より申込み制へ移行しました。またアメックスカードはプラチナカードよりもさらに上位のカードアメックス・センチュリオン(ブラックカードに相当)がありますが、こちらは完全招待制で一般人ではなかなか入手が困難ですが、アメックスプラチナカードを使っていれば招待される可能性があります。            

入手難易度

☆☆☆☆

入手方法

申込み制/招待制

入手条件

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

年会費

130,000円+税

最低年収

400万円〜500万円

その他入手しやすくなる条件

・過去5年以内に支払い遅延などの金融事故を引き起こしていない

・クレジットカードの利用実績が5年以上ある

・過去半年以内にクレジットカードを複数枚申し込んでいない

・アメックスゴールドカードを持っていて年間100万円以上利用

・アメックスセンチュリオンカードの保有者によるインビテーションがある

インビテーション制(紹介制)のプラチナカード

最近では申込み制のプラチナカードが増えてきているものの、中にはインビテーションをもらった人しか入手できないカードもあります。基本的にはインビテーションが届く条件は公表されておらず、入手難易度はかなり高く、年会費も高額です。このように入手難易度が高い分ステータス性が高く、誰もが認めるクレジットカードになっています。

楽天ブラックカード

楽天カードは名前こそブラックカードですが、中身はプラチナカードに相当します。審査が易しいことで有名の楽天カードですが、その最上位カードである楽天プラックカードは、入手難易度がかなり高くなっています。楽天に直接電話で申込んで入手できたという話もありますが、インビテーションなしでの取得はかなり難しいようです。

入手難易度

☆☆☆☆

入手方法

招待制

入手条件

楽天カードを持っている

年会費

税込30,000円+税

最低年収

300万円〜400万円

その他求められる条件

・過去5年以内に支払い遅延などの金融事故を引き起こしていない

・クレジットカードの利用実績が5年以上ある

・過去半年以内にクレジットカードを複数枚申し込んでいない

・楽天カードを使って年間100万円以上利用

・楽天プレミアムカードを持っていて、年間300万円以上利用

・楽天ブラックカード保有者によるインビテーションがある

・電話で催促することも可能

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(セゾンプラチナ・アメックス)カード

セゾンカードの最上位カードであるセゾンプラチナ・アメックスカードは、年会費が20,000円+税と比較的安いものの、2010年7月よりインビテーション制に移行したため入手が困難でプレミアム感が高いカードとなりました。アメリカン・エキスプレスのステータス性や質の高いサービスを併せ持つコストパフォーマンスの高いプラチナカードと言えるでしょう。

入手難易度

☆☆☆☆

入手方法

招待制/ランクアップ申請

入手条件

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードを持っている

年会費

20,000円+税

最低年収

300万円〜400万円

その他入手しやすくなる条件

・過去5年以内に支払い遅延などの金融事故を引き起こしていない

・クレジットカードの利用実績が5年以上ある

・過去半年以内にクレジットカードを複数枚申し込んでいない

・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードを年間100~200万円以上利用

・※ランクアップ申請で申込みすることも可能

※セゾンプラチナ・アメックスカードはまた、インビテーション性の他に「ランクアップ申請」もできます。ランクアップ申請とは、保有しているカードよりランクが一つ上のランクのカードを申し込める制度で「セゾンゴールド・アメックスを6ヶ月以上所有」していて「その間支払い遅延がない」というのが絶対条件で「セゾンカウンターでの直接申し込み」のみ受け付けています。

ダイナースクラブプレミアムカード

アメックス以上のハイステータスカードとしても知られている、ダイナースクラブのプラチナは、今回紹介する中で最も入手難易度が高く、ダイナースクラブカード保持者のみに送られる完全招待制となっています。求められる条件は、とにかくダイナースクラブカードを使うことと、毎月の返済を絶対送らせないことです。ダイナースクラブカードを半年以上使った後に、催促の電話をかけることもできます。

入手難易度

☆☆☆☆☆

入手方法

完全招待制

入手条件

ダイナースクラブカードを持っている

年会費

130,000円+税

最低年収

400万円〜500万円

その他入手しやすくなる条件

・過去5年以内に支払い遅延などの金融事故を引き起こしていない

・クレジットカードの利用実績が5年以上ある

・過去半年以内にクレジットカードを複数枚申し込んでいない

・ダイナースクラブカードを使って年間300万円以上利用

・ダイナースクラブプレミアムカード保有者によるインビテーションがある

・電話で催促することも可能

まとめ

今回はプラチナカードの入手方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。プラチナカードは、年会費が100,000円以上するものもあれば、20,000円程度の格安プラチナカードもあります。どちらのプラチナカードも、コンシェルジュサービスや空港ラウンジ、保険が充実しているなど特典が充実しています。

年会費やステータス性が高く、インビテーション制度をとっているプラチナカードは、年収やカードの使用状況など高いレベルのものを求められます。何れにしてもクレジットカードは、コスパが高い・低いというものはあるとはいえ支払った年会費の分は特典やサービス、またステータス性として返ってきます。あなたがクレジットカードに何を求めているかによって、良いクレジットカードというものは変わってくると思います。あなたが生涯利用したいと思えるような、最適なプラチナカードと出会えることを心より願っています。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る