パスモのオートチャージができるクレジットカードって?おすすめカードとメリット・デメリットをご紹介

  • 作成
  • 更新

 

パスモエリアで電車やバスを利用している方は、パスモが必須ですよね。そのパスモは現金でのチャージだけでなく、「オートチャージができるクレジットカードがある」ということはご存知でしょうか。パスモはクレジットカードを使うことならではのメリットがあるのと同時に、忘れてはならないデメリットもあります。今回はそんなオートチャージができるクレジットカードの特徴についてご紹介します。またおすすめのカードも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パスモって何?

パスモとは交通系電子マネーのひとつで、首都圏、仙台、新潟、札幌(SAPICIAエリア)の各Suicaエリアの鉄道やバスでご利用いただける他、電子マネー加盟店での電子マネーとしてお買物のお支払いができるICカードです。パスモの中には、「プリペイド(前払い式)タイプ」「クレジットカード一体型タイプ」があります。

パスモはオートチャージできるクレジットカードが便利!メリットをご紹介

パスモを使うなら、オートチャージ機能がついているクレジットカード一体型タイプをおすすめします。オートチャージ機能とは、「設定された残高を下回ったとき」に「設定された残高がチャージ」される機能です。

初期設定では、「残高が2,000円」を下回ったときに「3,000円チャージ」されるように設定されています。このような便利な機能がついているので、現金でチャージする時のような入金し忘れを心配する必要がないだけでなく、一部のカードはチャージごとにポイントが貯まったり割引サービスがあったりします。毎日利用するのですぐにポイントが貯まりますよ。

パスモオートチャージ機能の付いたおすすめクレジットカードをご紹介

パスモのオートチャージ機能がついたカードはたくさんありますが、全てのカードがおすすめできるわけではありません。なぜならチャージするときにポイントが貯まるカードは限られているからです。それで節約上手なあなたにおすすめしたい3つのカードと、楽天カードを使った裏技を紹介しますね。

年会費条件付きで無料!『東京メトロTo Me CARD Prime』

『東京メトロTo Me CARD Prime』は、パスモのオートチャージで0.5%貯まるだけではなく、年間の利用額に応じて翌年の年会費が無料になったりポイントがアップしたりするなど様々な特典があるカードです。特に東京メトロで定期券を購入した時は、通常のポイントとメトロポイントの二重取りすることができます。

正式名称

東京メトロTo Me CARD Prime

おすすめする人

東京メトロを使って通勤・通学する人

国際ブランド

JCB・VISA・MasterCard

年会費

初年度無料。2年目以降は2,000円+税。ただし年間利用額50万円以上利用すると無料。

海外旅行傷害保険

なし。三菱UFJニコス発行の場合最高2,000万円

ショッピング保険

なし。三菱UFJニコス発行の場合年間最高100万円(海外)

ポイント還元率

通常時:0.5%

東京メトロの定期券購入:1%

年間50万円以上利用:翌年ポイントが10%アップ

年間100万円以上利用:翌年ポイントが20%アップ

東京メトロ乗車(平日)1回:10ポイント

東京メトロ乗車(土日祝日)1回:20ポイント

貯まるポイントは3種類!『ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB』

『ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB』は、「ANAマイル」JCBの「Oki Dokiポイント」東京メトロの「メトロポイント」の3種類が貯まるカードです。それぞれのポイントは相互交換が可能ですので、自分の好きなポイントを選ぶことができるのも嬉しいところですね。「Oki Dokiポイント」も「メトロポイント」も「ANAマイル」への交換レートが良いので、特にマイラーにはおすすめしたいカードです。

正式名称

ANA To Me CARD PASMO JCB

おすすめする人

ANAマイルを貯めたい人

国際ブランド

JCB

年会費

初年度無料。2年目以降は2,000円+税。

海外旅行傷害保険

最高1,000万円。ただし障害・疾病治療0円

ショッピング保険

年間最高100万円(海外)

ポイント還元率

基本:0.5%

10マイルコース加入(年5,000円+税):1%

パスモチャージ:0.5~1.06%

年間50万円以上利用:翌年ポイントが+0.03%

年間100万円以上利用:翌年ポイントが+0.06%

東京メトロ乗車(平日)1回:5ポイント

東京メトロ乗車(土日祝日)1回:15ポイント

総合評価
4.1
ANAマイル・メトロポイント・Oki Dokiポイントの3つのポイントがたまる!陸マイラー必須のカード!

ANAカードとTo Me CARDの機能がひとつになった初年度年会費無料のソラチカカード。日々のショッピングと東京メトロ利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでたまる!ポイントはマイル移行ができるのでマイラーにおすすめ!

  • 東京メトロの定期券購入にご利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでもらえます!
  • 東京メトロ乗車ごとに平日5ポイント、休日15ポイントがたまり、メトロポイント100ポイントを90マイルに移行できる
  • 最高1,000万円の国内外旅行傷害保険が付帯で安心
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~1.0% 最短3営業日
無料 2,000円(税別)

東急沿線沿いの方なら『JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ』

『JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ』は、通常のポイントに加えて東急の加盟店でTOKYU POINTご利用で、3%~10%貯まるので、特に東急沿線沿いにとってお得なカードです。また入会時にはJALマイルが1,000マイル、毎年初回ボーナスとして1,000マイル貯まります。

正式名称

JALカード TOKYU POINT ClubQ

おすすめする人

東急沿線沿いの方、JALマイルを貯めたい方。

国際ブランド

VISA・MasterCard

年会費

初年度無料。2年目以降は2,000円+税。

海外旅行傷害保険

年間最高100万円。

ショッピング保険

三菱UFJニコス発行の場合年間限度額100万円(海外)

ポイント還元率

基本:1%

パスモチャージ:0.5%

総合評価
3.8
通常のJALマイルに加え、東急グループのTOKYUポイントも貯まり、還元率最大10%!

年会費500円(税別)の東急グループでお得な「TOP&ClubQカード」のサービスも付与、東急百貨店の利用では年間利用額に応じて3~10%ポイント高還元!

  • カード利用200円で1マイル、全国に約52,000あるJALカード特約店での利用では100円で1マイル付与
  • JALグループ航空便の初回搭乗ボーナス1,000マイル、毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル、さらに搭乗ごとに10%ボーナスマイル付与
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯で安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~10% 4週間程度
無料 2,000円(税別)

パスモ定期券は楽天カードで購入するとお得?!

単純にポイントを貯めたいなら楽天カードでパスモ定期券を購入するとお得です。なぜならパスモのオートチャージ機能がついたカードのポイント還元率は基本0.5%で、前述したクレジットカードは年会費が2,000円+税かかりますが、楽天カードのポイント還元率は倍の1%で年会費は永年無料だからです。楽天カードにはパスモ機能はついていないので、「パスモ定期券と楽天カードの2枚持ちをしなければならない」という煩わしさはありますが、シンプルにポイントを貯めたい人におすすめです。

正式名称

楽天カード

おすすめする人

年会費無料でお得にポイントを貯めたい人。

国際ブランド

JCB・VISA・Mastercard・アメリカンエキスプレス(アメックス)

年会費

永年無料

海外旅行傷害保険

最大2,000万円

ショッピング保険

楽天市場を楽天カードで決済した時のみ。

ポイント還元率

基本1%

楽天市場利用で3%~20%

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

パスモオートチャージができるクレジットカードのデメリットは?

このようにパスモエリアで便利でお得に使えるパスモのオートチャージができるクレカですが、以下のようなデメリットがあります。

  • オートチャージの設定するのは郵送で届出を出す必要があり、設定が完了するまで1ヶ月程度かかる
  • Apple Pay、Google Pay おサイフケータイに非対応
  • ポイント還元率が0.5%と低い
  • 年会費がかかることが多い

このようなデメリットは、付属しているカード会社のメリットで補うことができます。例えば「東京メトロTo Me CARD Prime」は、年間利用額50万円以上利用すると翌年以降年会費は無料になりますし、東京メトロと二重でポイントが貯まります。また「JALカード TOKYU POINT ClubQ」は、入会時にはJALマイルが1,000マイルに加えて、毎年1回のJAL利用で初回ボーナスとして1,000マイル貯まります。1マイル2円相当と考えますと、JALを利用している人はこれだけでも年会費の元が取れます。あとは今後パスモもSuicaのようにサービス内容が充実するのを期待していきたいと思います。

パスモオートチャージができるクレジットカード、よくある質問まとめ

最後にパスモに関するよくある質問をご紹介します。

クレジットカードの更新時、パスモの残金はどうなるの?

クレジットカードの更新時、パスモの残金は自動的に更新されるわけではありませんので、注意が必要です。以下のステップに従って更新手続きをしてください。

1. 新しいカードが届くときに「オートチャージサービス有効期限延長手続きのお知らせ」が届く
2. 必要事項を記入する。
3. パスモ鉄道事業者の各駅に行って手続きをする(パスモを作った路線でなくてもよい)。

クレジットカードを解約したらパスモはどうなるの?

クレジットカードを解約した時、オートチャージしていた残高は全て返金されますので安心してください。以下のステップに従って手続きをすれば、現金にて返金できます。

1. パスモのオートチャージ機能がついたカード、運転免許証や学生証などご本人確認ができる公的証明書を持ってパスモ鉄道事業者の各駅に行く
2. 窓口の駅員解約をしたい旨を伝え、渡される書類を記入する。
3. 駅員が提出した書類を確認し数分で残高分が返金される。

オートチャージ用のカードの変更はできる?

パスモのオートチャージ機能がついたカードを一度解約し、再度別のカードを申し込むことによって変更ができます。以下のステップに従って解約と申込み手続きをしてください。

1. パスモのオートチャージ機能がついたカード、運転免許証や学生証などご本人確認ができる公的証明書を持ってパスモ鉄道事業者の各駅に行く
2. 今までのカードの解約手続きをする
3. 解約後再度パスモオートチャージサービスの申込書を記入して、申込書記載の宛先まで送付する。

まとめ

今回はパスモのオートチャージができるクレジットカードについて解説しました。オートチャージ機能がついていると手軽で入金のし忘れがなくなるだけでなく、クレジットカードのポイントも貯まるというメリットがあります。年会費はかかりますが、カードのポイントなどでそのデメリットを十分に補うことができるでしょう。あなたがもし通勤や通学などで毎日電車を利用しているなら、はっきり言って現金で支払いするのはもったいないし時間の無駄です。もしまだパスモのオートチャージ機能がついているクレジットカードを持っていない方がいるなら、ぜひこの機会に検討してみてください。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る