海外旅行傷害保険 自動付帯のクレジットカードおすすめ5選!これを読めばぴったりのカードが見つかるはず!

  • 作成
  • 更新

海外旅行に出かけるなら海外旅行傷害保険に加入する方も多いでしょう。しかし、独自で加入する保険の他に、クレジットカードに付帯されている保険もあります。どこを利用するのがお得なのか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事では、海外旅行傷害保険についての解説の他、保険が自動付帯されているおすすめクレジットカードをピックアップ!安心・安全に海外旅行を楽しみたい方は、ぜひ活用してみてください。

海外旅行傷害保険とは

海外旅行傷害保険は、海外でのトラブルに関する補償をまとめてパッケージにしたタイプの保険です。ケガ・病気・盗難・紛失・賠償責任など、海外で様々な問題が起きたときの強い味方となってくれます。

保険金の支払い方法は、実際にかかった費用が支払われる「実損払い」であることが特徴です。通常の傷害保険は、入院日額5,000円など、契約した金額がそのまま支払われる「定額払い方式となっています。それに対し、海外旅行傷害保険は、実際に治療にかかった金額、盗難に遭った携行品の相当額などが支払われます。

加入方法として、海外旅行傷害保険に個別に加入する方法の他、クレジットカードに付帯されている保険を利用する方法もあります。クレジットカード付帯の保険であれば、別途料金を支払わなくても保険を利用できるのがメリットです。

自動付帯とは。自動付帯以外にもあるの?

クレジットカードに付帯している保険は、大きく分けて自動付帯利用付帯の2種類があります。保険が適用される条件は、それぞれまったく異なるので、しっかり理解しておきましょう。

カード保有だけで適用される自動付帯

自動付帯とは、カード保有者であれば自動的に保険が適用されるという意味です。保有者であること以外に条件はないため、利用付帯よりも使い勝手が良いです。ただし、保険請求をしなかったり、クレジットカードの期限が切れていたりした場合は適用となりません。

決済した時に適用される利用付帯

利用付帯とは、そのクレジットカードで決済した場合にのみ保険が適用されるという条件です。

旅行保険以外で利用付帯となっていることが多い保険には、ショッピング保険、盗難・紛失保険、オンライン不正利用保険、シートベルト保険などがあります。

旅行保険で利用付帯の場合、公共交通機関、ホテル・旅館、旅行会社のツアーなどをクレジットカードで決済しないと適用されません。ただクレジットカードを持っていればいいというわけではないのです。

自動付帯か利用付帯かは、クレジットカードごとに異なるので、加入する前に調べておきましょう。海外に行くことが多く、海外旅行保険を重視するなら、自動付帯のカードを選ぶのがおすすめです。

海外旅行傷害保険の魅力

旅行中の病気・ケガなど様々なトラブルを補償

海外旅行傷害保険は、海外旅行に出かける多くの方が事前に加入する保険です。海外旅行にも病気やケガのリスクがあり、医療制度は日本と異なるため、思ってもみなかった事態になることも。

例えばアメリカは医療費が高い国として有名で、ニューヨークで1日入院・手術をしただけで200万円以上請求されることも珍しくありません。国民皆保険制度がある日本と同じような感覚でとらえるのは危険です。

そのような時に海外旅行傷害保険に加入していると、例え高額な治療費・薬代が請求されたとしても補償してもらえて安心です。

携行品の盗難・破損も補償

海外旅行で心配なのは病気やケガだけではありません。日本は世界的に治安の良い国であり、海外は治安状況が悪いところも多いです。

海外では、空港やレストランなどでちょっと目を離したすきに、スーツケースなどの荷物が消えてしまうことは珍しくありません。人込みで財布やスマートフォンなどを盗まれることも。

また、盗まれなかったとしても、破損にあってしまうリスクもあります。海外旅行傷害保険なら、貴重な荷物が盗難・破損されてしまった時も、一定の範囲を補償してくれます。

現地に駆け付けるための救援者費用も補償

クレジットカード保有者が海外で体調を崩したり事故に巻き込まれてしまったりしたときに、親族が救援者として駆け付けるための費用を補償してくれるもの。旅行中にケガや病気のため3日以上入院することになってしまった場合に、親族が現地まで行く航空券代・ホテル代・必要な身の回り品の購入代などを補償してもらえます。

救援者は原則として3人までで、最大14日分程度を補償されることが多いです。家族以外を救援者として呼び寄せることもできます。

救援者費用を補償してもらうためには、レシート類はこまめに保管しておくことがポイントです。

賠償責任も補償してもらえる

誤って人にけがをさせたり、物を壊してしまったりして賠償責任が発生することも。海外旅行傷害保険は多くの場合、賠償責任も補償範囲となっています。

他人の物を壊すというシチュエーションはあまり想像できないという方もいるかもしれません。しかし、レンタル旅行用品やホテルのルームキーや室内の設備などをうっかり壊してしまう可能性は意外とあるものです。

個人賠償責任にあう確率は、事故や携行品の盗難・紛失などに比べれば低いです。しかし、運悪くあってしまうと高額になりやすいのが特徴でもあり、万が一のことを考えて備えておくのに越したことはありません。

おススメ海外旅行傷害保険付きクレカを徹底比較

年会費無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯!のお得なカードをご紹介

エポスカード

年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険が自動付帯となっているクレジットカードがいくつかあります。丸井グループの子会社が発行していることで知られるエポスカードもその1つ。

自動付帯なので、航空券やホテルなどをエポスカードで決済しなくても万が一の際に補償を受けられます。コストをおさえながら、海外旅行の準備を万全にしたい方には見逃せない1枚といえます。

発行会社

株式会社エポスカード

年会費

無料

傷害死亡・後遺障害

最高500万円

傷害治療費用

200万円(1事故の限度額)

疾病治療費用

270万円(1疾病の限度額)

賠償責任(免責なし)

2,000万円

救援者費用

100万円(1旅行・保険期間中の限度額)

携行品損害

最高50万円

補償内容を見ると、年会費無料のカードだけあって、突出して高い補償金額ではありません。しかしそれを差し引いても、自動付帯であることを考えるとお得度は高いです。

エポスカードは海外旅行傷害保険だけでなく、様々な特典が充実していることでも知られ、年会費無料カードの中ではトップクラスと評価されているカードです。

飲食店やレジャー施設での割引サービスが数多く用意されていて、ビッグエコーなどカラオケ施設で30%OFF、ファミレス・居酒屋で10%OFFなどを利用できます。

また、マルイで年4回開催されるバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%OFFになる特典も。

「エポスゴールド」の招待を受けると、ゴールドカードを年会費無料で利用することができます。さらにその上の「エポスプラチナ」は年会費が必要となりますが、ポイント高還元カードとして魅力的です。

総合評価
3.9
年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ

入会金・年会費永年無料で最短即日発行!

  • マルイで買い物する方は必須のカード!
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ
  • 優待期間以外でもマルイでの買い物ならポイントは2倍
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~ 最短即日
無料 無料

REX(レックス)カード

JACCS(ジャックス)は様々な魅力的なカードを生み出していますが、このREXカードも低コストのクレジットカードとして人気の1枚。もともとは年会費有料のクレジットカードで、無料のカードが「REXカードライト」と言う名称で発行されていました。しかし2017年に制度が変更され、年会費無料のカードが「REXカード」となり、「REXカードライト」は廃止されました。

発行会社

株式会社ジャックス

年会費

無料

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円

傷害治療費用

最高200万円

疾病治療費用

最高200万円

賠償責任

最高2,000万円

救援者費用

最高200万円(1年間の限度額)

携行品損害

最高20万円 (免責 3,000円)

(1旅行かつ1年間の限度額)

補償内容に関しては、ややエポスカードよりも手厚い内容です。傷害死亡・後遺障害が最高2,000万円、救援者費用が200万円と、エポスカードよりもやや多くなっています。

REXカードは高還元ポイントのカードとしても知られていて、国内最高水準の1.25%となっていることも魅力的。一般的なカードの還元率は0.5%なので、倍以上の還元率を誇ります。

貯まったポイントを「Jデポ」に変換することでキャッシュバックを受けることも可能!ポイント分を請求予定金額から差し引いてもらう形式です。銀行口座に振り込まれるわけではない点に注意しましょう。

またポイント交換は1,500ポイントからで、有効期限は2年間です。2年以内に1,500ポイントためないと消失してしまう点にも要注意です。

プラスハッピーUCカード

UCカードが東京ガスと提携して誕生したカード。東京ガスの料金をカードで支払うとポイントが倍になるというのがメリットですが、実は海外旅行傷害保険も充実しています。

発行会社

ユーシーカード株式会社

年会費

無料

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円

傷害治療費用

最高150万円

疾病治療費用

最高150万円

賠償責任(免責なし)

最高2,000万円

救援者費用

最高100万円

携行品損害

最高20万円

海外旅行傷害保険の補償内容については、傷害治療費用・疾病治療費用・救援者費用について、REXカードより低くなっていますが、他は同等です。

東京ガスのポイント増額に関しては、3月~11月の検針分はポイントが2倍、12月から2月の検針分はポイントが3倍になります。12月~2月の3ヶ月は一般的にガス料金が高くなる時期。その分の付与ポイントが通常よりさらに高くなるというのは嬉しい特典です。

ポイントはセゾンの永久不滅ポイントとなるので、利用期限がないのもメリット。ただし通常のポイント還元率0.5%と低いです。

年会費はかかるけど、こんなカードもおすすめです

ミライノカードGOLD

ミライノカードは住信SBIとJCBが提携しているカードです。一般・ゴールド・プラチナの3ランクがありますが、ゴールド以上だと保険が自動付帯になります。

住信SBIネット銀行の口座を持っていると、ポイント還元率のアップ住信SBIネット銀行の優待プログラムのランクアップなどの特典を受けられます。

発行会社

JCB

年会費

3,000円(税抜き)

傷害死亡・後遺障害

最高5,000万円

傷害治療費用

最高500万円

疾病治療費用

最高500万円

賠償責任(免責なし)

最高5,000万円

救援者費用

最高300万円

携行品損害

最高50万円(1旅行・1年間)

年会費有料のカードだけあって、補償金額は先ほどご紹介した年会費無料のカードよりも1ランク上となっています。ほぼどの補償に関しても、年会費無料カードの1.5~2.0倍です。

年会費が3,000円かかりますが、年間で100万円以上利用すると、次年度の年会費が無料になります。

このカードは住信SBIネット銀行をよく利用する方に特におすすめ!住信SBIネット銀行には「スマートプログラム」という制度があり、商品・サービスの利用状況に応じて、振込手数料やATM利用料が無料となる回数が決められています。

ミライノカードGOLDに加入すると、引き落とし口座を住信SBIネット銀行に指定するだけで、スマートプログラムのランクが2ランクします。

ランク1の場合でも一気にランク3になるため、ATM利用手数料無料が月2回から月7回、他行への振込手数料無料が月1回から月7回と、利便性が大幅に上がります。

ミライノカードGOLDに加入するだけでここまで便利になるのは見逃せません。住信SBIネット銀行を月に何回も利用する方なら、年会費3,000円分は簡単に元が取れるでしょう。

マイレージプラス セゾンカード

提携カードを含め、実に多種多様なカードを発行しているセゾンカード。その中でも比較的年会費が安く、海外旅行傷害保険が充実しているのが、マイレージプラス セゾンカードです。マイレージプラスと名前にあるとおり、ユナイテッド航空のマイレージが貯まりやすいカードであり、海外旅行によくでかける方には魅力的!

ユナイテッド航空はスターアライアンスに加盟しているため、ANAをはじめとした様々な提携会社でマイレージを利用することもできます。

発行会社

株式会社クレディセゾン

年会費

1,500円

傷害死亡・後遺障害

最高3,000万円

傷害治療費用

最高300万円

疾病治療費用

最高300万円

賠償責任(免責なし)

最高2,000万円

救援者費用

最高300万円

携行品損害

最高30万円

補償金額はややミライノカードGOLDより低めですが、年会費が半額であることを考えると妥当な金額でしょう。

マイレージプラス セゾンカードは、業界トップクラスのマイレージ付与率であることも魅力。普段の買い物でユナイテッド航空のマイルを効率よく貯めることができます。

追加の年会費5,000円を支払うと、ショッピングでは1,000円につき15マイル、コスモ石油で1,000円につき20マイルがもらえます。

セゾンゴールドアメックス

セゾンとアメックスが提携したカードで、発行元はクレディセゾンです。

海外旅行傷害保険での最大の特徴は、家族特約が充実しているということ。家族の治療費用も最大300万円まで補償してもらえます。

発行会社

株式会社クレディセゾン

年会費

10,000円(税抜き・初年度無料)

傷害死亡・後遺障害

本会員:最高5,000万円

家族:最高1,000万円

傷害治療費用

本会員:最高300万円

家族:最高300万円

疾病治療費用

本会員:最高300万円

家族:最高300万円

賠償責任

本会員:最高3,000万円

家族:最高3,000万円

救援者費用

本会員:最高200万円

家族:最高200万円

携行品損害

本会員:最高30万円 (免責 3,000円)

本会員:最高30万円(免責 3,000円)

本会員と家族で大きな差があるのは傷害死亡・後遺障害のみで、他の項目はすべて同等です。家族特約でカバーできるため、わざわざ保険のために家族カードを発行する必要がないのもメリットです。

家族の範囲については、本会員の配偶者、本会員またはその配偶者と生計を同一にしている同居親族、本会員またはその配偶者と生計が同一で別居の未婚のお子様と、かなり広い範囲です。

アメックスらしく、旅行特典が充実しているのもこちらのカードの特徴。成田・羽田・関空など国内の主要な空港ラウンジを使用でき、出発前のひとときをゆったり過ごせます。

また空港と自宅の間の手荷物宅配サービスもあり、スーツケースなどの手荷物を1個無料で宅配してもらえます。自宅から空港まで運んでもらえば身軽な恰好で空港に行けますし、空港から自宅まで届けてもらえば、旅行からの帰り道が楽になります。

海外旅行傷害保険と旅行関連の補償が充実していて家族での利用がしやすいため、家族で海外旅行に行く方が保険を重視するならピッタリのカードといえます。

総合評価
4.1
旅行をより快適にするサービス満載なセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

初年度年会費無料!国内でのショッピング利用で永久不滅ポイントが通常の1.5倍!海外での利用で驚きの2倍ゲット!永久不滅ポイント優遇サービス付帯でマイルもどんどん貯まる

  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯
  • 空港からの手荷物無料宅配サービス付き
  • 飛行機遅延費用や航空機寄託手荷物遅延費用を補償
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.75%~1.0% 最短3営業日
無料 10,000円(税別)

海外旅行傷害保険の注意点は?最高額が高けりゃいいってもんじゃない!?

キャッシュレス診療に対応している病院を利用すること

昔は海外旅行傷害保険といっても、病院を利用するときには一度自分で費用を立替払いしなければならないことが多いのがネックでした。

しかし、現在は「キャッシュレス診療」に対応しているクレジットカードがほとんどです。

海外旅行中に病院を利用するとき、キャッシュレス診療対応のカードを持っていれば、治療費を自費で支払うことはありません。クレジットカード会社が負担してくれます。

ただし、キャッシュレス診療に対応している病院でないといけないという点に注意が必要です。急いで病院に駆け込んだとしても、キャッシュレス診療対応でない場合は自分で支払わなければなりません。

病院を利用する前にクレジットカードの現地のサポートデスクに電話し、キャッシュレス診療に対応している現地の病院を紹介してもらうことがおすすめです。

ほとんどのクレジットカードは海外の主要な都市でのサポートデスクを設置していますが、営業時間・営業曜日が限られていることも。

運悪く現地のデスクが休業しているタイミングであったときは、国内のサポートデスクに連絡してみましょう。国内であれば365日受け付けているデスクも多いです。どうしても困ったら、現地の在外公館に連絡するのもおすすめです。

必要な項目の金額が少ないケースに注意

死亡した場合の補償金額が最高1億円という表記を見ると、優れた保険であると判断してしまいがちです。しかし保険では、必要な用途の金額が充分に支払われることが大切

死亡・後遺症の際の支給額が高く設定しても、疾病等の治療費が少ないケースもあります。この場合、病気で治療が必要となったときに十分な金額が支払われるか不安が残ります。

海外旅行傷害保険では、金額の大きい傷害死亡が目立ちますが、実際にそうなるケースは非常にまれとされています。むしろ、治療費と携行品損害の金額を重視すべきといわれています。

「自分は用心深いから盗難・紛失は大丈夫」「身体が丈夫で健康に自信があるから病気にかかるわけがない」など、補償の必要有無を勝手に判断してしまう方も少なくないのではないでしょうか。しかし、海外で実際にどのようなトラブルにあうかは分かりません。

海外は日本の常識が通用しない場面が多々あり、日本にはない独特のリスクもたくさんあります。日本で大丈夫だからといって海外でも同様と判断するのは危険です。

よって、大きな偏りなく補償してくれる保険がおすすめです。特定の項目だけが手厚くなっていないか、補償金額をひととおりチェックしましょう。

複数のクレジットカードの合算を利用するのもおすすめ

あまり知られていませんが、複数のカードを保有している場合、複数のカードの補償金額を合計した金額を受け取れる場合があります。

「傷害死亡」や「傷害後遺障害」は複数カードのうち最高額の補償金額のみ適用となりますが、それ以外の補償についてはそれぞれのカードの補償を合算することができることが多いです。

ただし合算については、利用付帯・自動付帯も注意しておく必要があります。利用付帯の場合、決済しておかないと合算できるカードとしてカウントされません。また、同じカード会社が発行しているカード同士は合算不可能です。

また海外旅行傷害保険は実損払いのため、支払われる合計金額は、あくまでも実損分の範囲内であることも認識しておきましょう。

例えば携行品損害でカードの合計が40万円になっても、携行品の損害額が30万円なら補償されるのも30万円までです。実損分を各クレジットカードで按分して支払われることになります。

このように注意点はいくつかあるものの、合算をうまく利用するとクレジットカードの保険だけで十分な補償をまかなうことができます。自動付帯のカードを選ぶこと、同じ会社が発行するカードは2枚以上持たないことなどが重要なポイントです。

海外旅行傷害保険付きクレカをおススメの人

  • 海外旅行・出張によく出かける人
  • 治安がそれほど良くないエリアを旅行する人
  • 医療サービスの料金が高い地域へ出かける人

海外旅行傷害保険付きのクレジットカードは、海外旅行や出張に出かける頻度が多い方におすすめです。数ヶ月ごとに海外旅行に行ったり、毎月のように海外出張をしたりする方は、海外のリスクに触れる機会が多いため、手厚い補償体制のクレジットカードがあると安心です。

逆に国内での旅行が多い人は、海外旅行傷害保険が充実していてもあまり意味がないかもしれません。海外に行く場合でも台湾で1泊など、日本の近くで短期間の旅行が多いなら、それほど充実した海外旅行傷害保険は必要ないでしょう。

次に、開発途上国など治安が悪い地域へ出かける方は、特に海外旅行傷害保険があると安心です。病気・ケガなどのリスクはもちろん、携行品が盗難・破損に遭うリスクも高くなるからです。

先進国ではあっても、医療費が高いエリアに出かける方にも向いています。世界でもっとも医療費が高い先進国として有名なのはアメリカですが、そのほかにもノルウェー・スイス・オランダ・オーストリアなど、ヨーロッパ地域でも医療費が高い国があります。

覚えておこう!海外旅行のリスクを避けるためのポイント

海外旅行傷害保険はいざというときに頼りになる存在ですが、極力そのような状況にならないようにしたいもの。そこで、海外旅行のリスクを少しでも減らすためのポイントについて解説します。

外務省のホームページで渡航情報をチェック

外務省の公式サイト「海外安全ホームページ」では、海外渡航情報を公表・更新しています。ジカ熱などの感染症情報、テロ情報の他、現地で発生している犯罪やその手口についても解説しているため、渡航する前にぜひチェックしておくことをおすすめします。

危険レベルは1~4に分類され、レベル1でも十分な注意をする必要があります。レベル3は渡航中止勧告、レベル4は退避勧告のため、渡航は止めておきましょう。中東・アフリカ・中南米などで該当する国が多く見られます。

在外公館の場所・連絡先をメモしておく

海外旅行に出かける前に、渡航するエリアにある在外公館の場所と連作先を調べてメモしておきましょう。

在外公館とは国が他国との外交や自国民の保護のために海外に設置する機関であり、事故や事件に巻き込まれたときに相談に乗ってくれる心強い存在です。

クレジットカード会社の連絡先を控える人は多いですが、在外公館は案外忘れてしまいがち。いざという時に頼りにするためにも、調べておきましょう。

人前でお金や財布を頻繁に出し入れしない

海外の泥棒や詐欺師は、金目のものを持っている人を常に狙っています。人前で財布やお金を平気で出し入れしている人は自然と狙われやすくなってしまいます。

飲食店や土産物店で支払いをするときは、こそこそと行うぐらいでちょうどよいです。また多額の現金を財布に入れて持ち歩くのも避けましょう。

ブランド物の財布を使うのも、犯罪者から目を付けられる原因となります。ノーブランドでマークやロゴなどが一切入っていない財布を使うのが安心です。

どうしてもブランド財布を使いたいなら、レストラン・洋服店・ホテルなど、比較的信頼感のある店舗の中だけにしておき、外で取りだすのは止めておきましょう。

見知らぬ人を簡単に信用しない

海外では親しげに話しかけてくる人がよくいます。しばらく話した後、美味しい料理が食べられるお店や、綺麗な風景の見える場所に連れて行ってあげようと誘ってきます。

日本ではあまりない体験であることや、海外で気分が高まっていることもあって、つい好奇心にかられてついていったりしてしまう日本人もいるようです。

しかし、日本人が睡眠薬強盗やレイプなどの被害に遭う事例も多数報告されています。見知らぬ自分を誘ってくる人には何か裏があると考え、誘いには乗らないようにしましょう。

高級なものを持ち歩かない

治安の悪い地域では、旅行者が持っている高そうな携行品は狙われやすいです。カメラ・腕時計に加え、指輪・ネックレスなどの装飾品で高級なブランドのものを持っていくのは、できれば控えた方がよいでしょう。

服装もできれば現地の方と同様の恰好をすることが、他人から目に付かなくなるので望ましいです。事前に調べておいて、現地に相応しい服を持っていくと良いでしょう。

犯罪にあったら命を最優先に守ろう

万が一犯罪に遭遇してしまったら、犯人には抵抗せず要求に従うようにしましょう。強盗などの際に抵抗すると犯人を刺激し、凶器による暴行につながり、最悪の場合は命を落とす危険が高まります。

金品などを要求されたら、抵抗することなく渡しましょう。ポケットに手を入れると、ナイフや銃を取りだすと勘違いされて攻撃されることもあるため、お金や財布がある場所を指で指し示すのが安全です。

まとめ

海外旅行傷害保険は、海外での思いもよらないトラブルを補償してくれる、心強い保険サービス。海外に出かけるときには必需品ともいえる存在です。

個別の保険にお金を支払って加入するよりも、クレジットカードに付帯されている保険を利用するのがお得です。決済をしなくてもカードを持っているだけで保険が使える、自動付帯のカードを選びましょう。

おすすめのクレジットカードとして、年会費無料のカードを3枚、有料でもサービス内容が優れているカードを3枚ご紹介しました。各カードには補償金額以外にも様々な特徴があるため、自分に合った1枚を見つけてみましょう。

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険をうまく活用して、いざという事態に備えながら海外旅行を楽しんでください。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る