みずほ銀行のATM手数料が無料になる!?オリコカード×みずほマイレージクラブ「うれしい特典」「メリット·デメリット早わかり」

  • 作成
  • 更新

みずほ銀行とは、都市銀行の1つです。三菱UFJ銀行、三井住友銀行と並んで3メガバンクといわれている巨大銀行です。特に関東在住の方はみずほ銀行を利用している人も多いのではないでしょうか?またメガバンクで唯一47都道府県に支店がある銀行です。今回は、みずほ銀行のATM手数料が無料になるオリコカード×みずほマイレージクラブについて詳しく説明していきます。

オリコカードとは

オリコカードとは、大手信販会社のオリエンタルコーポレーションが発行しているクレジットカードです。ちなみに信販会社とは、クレジットカード会社のことです。オリコは、信販会社大手ということもあり、発行されているクレジットカードの数が多く、クレジットカードの主要ブランドのVISA、 Mastercard、JCBすべてに対応しています。大手信販会社ということもあり、オリコカードは、非常に知名度が高い会社です。アイドルグループのTOKIOの長瀬智也さんが出演している特大サイズのクレジットカードをもつオリコカードのCMはとても印象的なので覚えている人も多いのではないでしょうか。

総合評価
4.2
年会費永年無料で還元率が常に1%以上!ポイントをためるのにイチオシ!

ポイント還元率は常に1%以上でポイントがたまりやすい!入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて、小額のお買い物でもポイントがどんどんたまります

  • 年会費永年無料!さらにうれしい家族カード、ETCカードも無料です
  • オリコモール経由でamazonや楽天市場などのネットショッピングすると、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
無料 年会費
無料

オリコカードとみずほ銀行が提携!うれしい特典のメリット·魅力と利用条件について

2017年1月にオリコカードは大手都市銀行のみずほ銀行と提携し「みずほマイレージクラブカード/THE POINT」というクレジットカードを発売しました。内容が非常に良いため当時、金融業界ではかなり話題になりました。この章では、オリコカードとみずほ銀行が提携して作った、みずほマイレージクラブカード/THE POINTについて説明します。

みずほマイレージクラブザポイントの基本スペックについて

利用可能ブランド

みずほマイレージクラブザポイントで作ることの出来る国際ブランドは、VISAとMastercardになります。残念ながらJCBには対応していません。オリコ自体は、JCBにも対応しているのですが、オリコと他社の提携カードの国際ブランドはカードごとに異なっています。みずほマイレージクラブカードザポイントは、VISAもしくはMastercardの好きな方を選べます。JCBを使うことは出来ませんが。クレジットカードのシェアのうちVISAが約50%、マスターが約25%を占めているので、利用するにあたってのそんなに不自由はないかと思います。

年会費

みずほマイレージクラブカード/THE POINTの年会費ですが、完全に無料です。年に1回以上使うことや年に〇万円以上使わなければいけない、支払いをリボ払いにしなければいけないなどという条件付きで年会費が無料というわけではありません。何も条件なく無料になります。

ポイント還元率

みなさん気になるポイントの還元率ですが、みずほマイレージクラブカード/ザポイントのポイント還元率は1.0%です。年会費無料のクレジットカードの中ではかなり高いポイント還元率になります。しかもみずほマイレージクラブカード/THE POINTは、入会後半年間のポイント還元率は2%になります(ポイント付与上限は5,000オリコポイントであり、還元率2%になるのは50万円までの利用分に限られます。)

オリコモール

オリコモールとは、オリコが運営しているポイントサイトです。オリコモールを経由して楽天やAmazon、ヤフーショッピングで買い物をすると2%~16.5%のポイントが付きます。オリコモールの利用にお金は一切かからないのでぜひネットショッピングを行うときは、オリコモールを利用しましょう。(Amazonはこのようなポイントサイトに対応していないことが多いので、特にAmazonユーザーの方にはおすすめのクレジットカードになります。)
また、みずほ銀行マイレージクラブカード/THE POINTを月1回以上利用すればみずほ銀行の「うれしい特典」の利用できるようになります。

うれしい特典の主な特徴は、

  • みずほ銀行·イオン銀行のATM時間外手数料が無料に
  • コンビニATM手数料が1か月4回まで無料
  • みずほ銀行本支店あての振込手数料が無料

の3つになります。ひとつずつ詳しく説明していきます。

みずほ銀行·イオン銀行のATM時間外手数料が無料に

みずほマイレージクラブカードザポイントを持つとみずほ銀行、イオン銀行のATM時間外手数料が無料になります。ATMの時間外手数料は、余計な出費以外何者でもないのでATM時間外手数料はないに越したことはありません。メガバンク最大規模のみずほ銀行ATM・1,014拠点·イオン銀行ATM・5, 172拠点を誇るATMを無料で使えるメリットは非常に大きいです。

コンビニATM手数料が1か月4回まで無料

みずほマイレージクラブカード/THE POINTを持つとコンビニATM手数料が月4回まで無料になります。コンビニATMで対象になるのが、セブン銀行、ローソン、イーネット (ファミリーマート·サークルKサンクス·ポプラなど)です。

みずほ銀行本支店あての振込手数料が無料

みずほ銀行の本支店あての振込手数料が無料になります。ただ、みずほ銀行はインタ―ネットバンクを使えば、みずほ銀行本支店間はもともと無料なのでそんなに大きなメリットではないかもしれません。

年間100万円以上の利用で他行あての振込手数料も無料

みずほマイレージクラブカードザポイントを年間100万円以上利用すると(判定月から遡って1年間の利用額が100万円以上の場合)、他行宛振込手数料が付き4回まで無料となります。振込手数料が無料になるのは、みずほ銀行ATM·イオン銀行ATM·みずほダイレクトからの振り込みが対象です。イオン銀行ATMで振り込んだ場合、所定の振込手数料·時間外手数料が引き落とされますが、翌営業日付けで、引き落とされた手数料が取引口座にキャッシュバックされます。
これらの特典を受けるには、みずほマイレージクラブへの入会が必要です。入会金·年会費は無料でみずほマイレージクラブの登録·維持に一切費用はかかりません。

対象のオリコカードはどのカード?

オリコカードはたくさんのクレジットカードを発行していますが、みずほマイレージクラブと提携しているのは、オリコザポイントになります。オリコザポイントは年会費が無料でポイントの還元率が非常に高いクレジットカードになります。年会費無料のクレジットカードの中で常に人気のあるクレジットカードになります。

総合評価
4.2
年会費永年無料で還元率が常に1%以上!ポイントをためるのにイチオシ!

ポイント還元率は常に1%以上でポイントがたまりやすい!入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて、小額のお買い物でもポイントがどんどんたまります

  • 年会費永年無料!さらにうれしい家族カード、ETCカードも無料です
  • オリコモール経由でamazonや楽天市場などのネットショッピングすると、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
無料 年会費
無料

「うれしい特典」のうれしくないデメリットってあるの?

メリットの多いみずほマイレージクラブのうれしい特典ですが、デメリットもあります。主なデメリットは2点になります.

  • 決済口座がみずほ銀行でないとみずほマイレージクラブカードザポイントは作れない

1つ目のデメリットは、みずほマイレージクラブカード/THE POINTの決済口座は、みずほ銀行にしなければ作れないことです。当然といえば当然なのですが、みずほ銀行以外の銀行を決済口座にしていることは出来ないのです。ただしみずほ銀行は、宝くじの関係で全国に支店がありますしATMはメガバンクNO.1の台数があるのでそんなに不便ではないと思います。

  • みずほ銀行のキャッシュカードとみずほマイレージクラブ/THE POINTのクレジットカードは一体型のカードではなく別々のカードになってしまう。

2つ目のデメリットですが、キャッシュカードとクレジットカードが別々になってしまうことです。今や銀行キャッシュカードとクレジットカードの一枚化は当たりまえなのですがみずほマイレージクラブ/THE POINTは別々に発行されてしまいます。財布に入れるカードがかさばってしまうことを考えるとデメリットになってしまいます。

まとめ

今回は、みずほマイレージクラブ/THE POINTについてまとめました。デメリットはありますが、圧倒的にメリットが大きいカードであるといえます。年会費は無料、ポイントの還元率は高い、みずほマイレージクラブの「うれしい特典」の利用が出来るなどメリットが大きなクレジットカードになります。みずほ銀行をメインに使われている方はもちろんですがそれ以外の方も是非みずほマイレージクラブザポイントの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る