オリコカードはポイント重視の人におすすめのカード!人気のカードやメリット・デメリットを徹底解説

  • 作成
  • 更新

その使いやすさと知名度の高さが評判のカードが「オリコカード」です。

しかし、オリコカードにはいくつかの種類があることや、効率の良いポイントの貯め方などまだまだ細かくは知らないという人が多いのも事実です。

そこで、ここではオリコカードについて細かく説明をしていきたいと思います。

オリコカードとは?

テレビCMなどで「オリコカードは二重丸」というフレーズで有名なオリコカードは大手信販会社であるオリエントコーポレーション(略してオリコ)から発行されているクレジットカードです。

発行しているクレジットカードの種類も豊富で、国際ブランドも「VISA」、「Mastercard」「JCB」と主要なものが利用できます。

その特徴としては、

  • 「ポイントが貯まりやすい」
  • 「大手旅行会社30社でツアー割引」
  • おサイフケータイ「iD」「QUICPay」「PayPass」に対応し、一体型カードもある
  • 「ネットショッピングでも便利」

というものがあります。

手軽に利用できてお得という使いやすさは他のカードの追随を許しません。

(オリコカード公式HP)

人気のオリコカード3選

オリコカードと言えばコレ!人気のNo.1『Orico Card THE POINT』

Orico Card THE POINTはオリコカードのなかでもっとも一般的なカードで一番利用者が多いカードでもあります。

まずは基本スペックを見ていきます。

年会費 無料
家族カート・ETCカード 無料
カードブランド MasterCard、JCB
入会資格 18歳以上(高校生を除く)未成年は親権者の同意が必要
保障制度 紛失・盗難補償のみ
申込み~発行まで オンライン申し込みから8営業日
限度額 10~300万円
キャッシング金利 15~18%
遅延損害金 18%

 

「年会費が永年無料」というのが圧倒的にお得で、メインカードとしてもサブに持つカードとしても利用できます。

しかし、サービス面では決して使えないカードではありません。ポイントの還元率は高く、ネットショッピングにも便利です。

最近急激に利用者が増えている電子マネーに関しても「iD」と「QUICPay」の両方に対応しているので、どちらかにしか対応していないお店でも安心して使用ができます。電子マネーに対応している「おサイフケータイ」や「スマートフォン」と連携して使用することもできます。駅や街中でも「iD」を使って飲み物を購入できる自動販売機は増えてきていますし、コンビニなどでも小銭を出す必要がなく、カードをかざすだけで支払いができるので面倒がありません。

「ETCカード」にも対応していますので、高速道路などの有料道路を利用するごとにポイントが貯まっていくのは非常に便利です。

さらに「家族カード」も3枚まで無料で作ることができますので、家族と共有したいというときでも問題ありません。

また、年会費無料のカードとしては限度額が10~300万円というのはかなり優秀な部類に入ります。実際にはこのカードで300万円使うことはほとんどないと思いますが(300万円使うのであれば他のカードの方がお得なこともある)、余裕があるのは嬉しいものです。

ただし、キャッシングに関しては最低金利が15%ですのでそれほどお得であるとは言えません。キャッシングをするにはあまり向いていないカードであるとも言えます。

保障制度はカードを盗まれたり、失くしたりしたときにそのカードで不正利用された場合に届け出から60日前までの不正使用分を保証してもらえるというものです。こちらは最低限の保障といったところでしょうか。

トラベルサービスについてはこのOrico Card THE POINTでもある程度のものを受けることができます。

例えば、

  • オリコパッケージツアー(国内/海外)割引サービス(最大8%)
  • 国内ツアー予約サービス
  • (国内/海外)ホテル予約サービス
  • (国内/海外)格安航空券サービス
  • 全国名産品お取り寄せサービス
  • 海外お土産宅配サービス

というものがあります。

このようにOrico Card THE POINTでは年会費が無料のカードにも関わらず、かなりの使い勝手の良いサービスがついているためにコストパフォーマンスが非常に良いカードとなっているのです。

総合評価
4.1
年会費永年無料で還元率が常に1%以上!ポイントをためるのにイチオシ!

ポイント還元率は常に1%以上でポイントがたまりやすい!入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて、小額のお買い物でもポイントがどんどんたまります。主婦やアルバイトの方で審査が不安な方はキャッシング枠をゼロに設定するのがおすすめ!

  • 年会費永年無料!さらにうれしい家族カード、ETCカードも無料です
  • オリコモール経由でamazonや楽天市場などのネットショッピングすると、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
MasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
無料 無料

福利厚生サービスも利用できる!『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』

こちらは年会費2000円以下で利用できる「ゴールドカード」です。

格安で利用できる割には海外旅行の保障が付いていたり、ゴールドだけの特典「Orico Club Off」を利用できるために使い方によっては非常にお得なカードとなります。

基本スペック

年会費 1,950円(税込み)
申込資格 原則20歳以上、安定した収入
家族カード 最大3名まで無料
ETCカード 発行手数料無料、年会費無料
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 自動付帯
国内旅行傷害保険 最高1,000万円 利用付帯
その他付帯保険・ショッピング保険 年間最高100万円
電子マネー iD、QuickPay
還元率 1,0%~2,0%(オリコモール利用時はさらに高還元率も可能)

ベースの部分はOrico Card THE POINTとそれほど変わりませんが、いくつかの点でサービス内容が強化されています。

まず海外旅行傷害保険が2000万円までついており、自動付帯なのも嬉しいサービスです。国内旅行傷害保険は利用付帯ではあるものの、1000万円まで補償されます。

また、通常のポイント還元率が1%とすでに安定して高くなっていますが、入会してから半年の間はポイント還元率が2%となります。

また、オリコは旅行センターの運営もしており、そちらとの関連サービスが豊富なのも大きなメリットとなります。

例えば、

「海外旅行関連サービス」

  • オリコパッケージツアー最大8%OFF → 同行者にも適用
  • 海外格安航空券オンライン予約 → 取扱400社以上(24時間日本語サポートあり)
  • 海外レンタカー予約サービス → 5~15%OFF

などや、

「国内旅行関連サービス」

  • オリコパッケージツアー最大5%OFF → 同行者にも適用
  • 国内格安航空券予約サービス → 当日搭乗1時間前でもOK
  • レンタカー予約サービス → 5~20%OFF

といったものがあります。

そしてOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD最大の特徴が「Orico Club Off」です。これはこのカードだけの会員限定サービスです。それだけに非常にお得な情報が多く、これを使わないとかなり損をしてしまうかもしれません。

まず3つのメニューから利用したいものを選んでいきます。

「Resort MENU」

  • 国内約20,000ヵ所のホテル・温泉などが最大90%off
  • 全世界112カ国65,000軒のホテルが最大80%off
  • 添乗員派遣サービス、観光タクシー案内などもある場合も

「Enjoy MENU」

  • 全国約600箇所の遊園地・テーマパークが最大75%off
  • スパなど数多くのレジャー施設でも優待価格が適用
  • 映画や美術館チケットも割引価格で提供あり

「Life MENU」

  • 全国20,000店以上の飲食店で割引
  • スポーツクラブや資格取得も会員価格で提供

といったもので使い方次第ではかなり割引で施設を利用できます。

これはOrico Club Offが会員限定のサービスで、一般には利用できないものだからこそのサービスだと言えます。

これらの利用は配偶者や2親等までの家族であれば利用することができますし、家族同伴の場合は友人まで優待が適用されるので大勢での旅行であればかなりお得になるサービスです。

総合評価
3.8
年会費格安の高還元率ゴールドカード

ポイント還元率は常に1%以上で、入会後6ヶ月間はポイント還元率2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて便利!

  • オリコモール経由でのネットショッピングだと、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
  • 最高2,000万円の海外旅行保険と年間100万円までのショッピング保険で、旅行も買い物も安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
1,950円(税別) 1,950円(税別)

海外利用でポイント2%!?『Orico Card THE WORLD』

Orico Card THE WORLDはオリコカードのポイントサービスなどの良い部分をベースにしたまま、大きく内容をレベルアップさせた本格的なゴールドカードです。また、その名前の通り海外旅行に特化しており、頻繁に海外に行く人にとってはかなりお得なサービスが多く用意されています。

空港で受けられるサービス、海外での保険の保障など様々な特典がついていますので、ぜひその内容を検討してみてください。

基本スペック

年会費 9,800円(初年度無料)
申込資格 18歳以上
家族カード 発行可能 無料
ETCカード 発行可能 無料
海外旅行傷害保険 最高5,000万円 自動付帯
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 利用付帯
その他付帯保険 国内外航空機遅延保険、ショッピング保険
電子マネー iD、QUICPay
還元率 1,0%~2,0%(海外旅行時)
海外旅行傷害保険内容  
死亡、後遺障害 5,000万円
傷害治療費用 200万円
疫病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
救援車費用 200万円

なんといっても最高で5000万円という海外・国内傷害保険がついているのが特徴です。

また、空港関連のサービスも豊富で非常に充実しています。まず、国内で16空港、海外2空港の空港ラウンジを利用することができます。空港ではないところではハワイの「オリコトラベルデスク ホノルルラウンジ」を利用することもできます。

そして海外でトラブル時に相談にのってもらったり、レストランの予約などをしてもらえるトラベルデスクも世界51都市に準備されているために何かあったときでも安心できます。

さらにこのカードを使えば海外旅行に割引が適用されます。

その一部を紹介すると、

「8%OFF」

  • レインボーツアー

「5%OFF」

  • ANAハローツアー
  • JALパック
  • Ciao H.I.Sなど

「3%OFF」

  • JALパックスペシャル
  • Impresso

となっています。

また海外旅行時についてくるサービスとして、

  • スーツケースなどのレンタル  → 15%OFF
  • 手荷物1個を空港まで無料配送、2個目以降10%OFF
  • 海外お土産宅配 → 10%OFF
  • 海外レンタカーオンライン予約 → 5~15%OFF

などもついています。

国内旅行での割引は、

「5%OFF」

  • ANAスカイホリデー
  • ビッグホリデー
  • JALパックなど

「3%OFF」

  • トップツアーCUTE
  • 赤い風船など

となっています。

旅行保険の他には国内外航空機遅延保険も付帯しています。

これは海外旅行、国内旅行のときに航空機が延着したりしたことが原因となって損失が発生したときに保険金がおりるというものです。これはなかなか他のカードではついていないサービスですので、かなり貴重かもしれません。オリコカードの中でもこのサービスがついているのはこのカードだけとなっています。

内容は、

  • 乗継遅延              3万円
  • 欠航搭乗不能       3万円
  • 手荷物紛失           10万円

というもので、さらにショッピングガードも付いています。

これは、

  • ショッピングガード           300万円(免責金額10,000円)

というもので、まさに旅行における保障はすべて揃っていると言えるでしょう。

ただし、ショッピングガード保険を請求する時には、「オリコカード売上票(お客さま控え)」が必要になり、これがなければ保険金はおりません。売上票は捨てたりせずにしっかりと保管しておきましょう。

ざくざく貯まる!オリコカードのポイントについて

ポイントの還元率は?

ポイント還元率が高いことで有名なオリコカードですが、その還元率は最低でも100円につき1ポイント、つまり「1%」となっています。

そしてそのポイントはキャンペーン時や入会時には「2%」になることもありますし、もっと安定しているものに「オリコモール」というものがあります。

最近ネットショッピングを利用する人が多くなっていますが、カード会員であればポイント還元率が高くなるという「ポイントモールサイト」があります。

オリコモールはこの一種で、オリコ会員がこのサイトを経由してオリコカードで決済をするとその購入先の店によって高いポイント還元を受けることができるというものです。

普通のお店であれば、基本的には1%ですが、このサイトでは最大15%もの還元率がある店もあり、うまく利用すればかなりのポイントを得ることができます。

このオリコモールには現在500を超える店舗が加盟しており、知名度の高いお店も参加しています。

ここでは店ごとの加算ポイントと共に、それらのお店の一部を紹介していきたいと思います。

「+1%」

Amazon、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、ベルメゾンネット、ZOZOTOWN、ユニクロ、GU、FOREVER21 Joshin、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、ヤマダ電機、Apple Store、楽天トラベル、Yahoo!トラベル、JALパック、じゃらんレンタカー、チケットぴあ

「+1.5%」

LOHACO、ファンケル、ドクターシーラボ、ABCマート、UNITED ARROWS、トリンプ、ワコール、セシール、ニッセン、ビックカメラ.com、iTunes Store、カメラのキタムラ、ソフマップ、じゃらんnet、トイザらス

「+2%」

オルビス、DHC、GAP、Timberland、クロックス、NIKE

「+2.5%」

グッチ、ドミノピザ

「+3%」

THE BODY SHOP、Zoff、JINS、LACOSTE、エクスペディア、ピザハット

「+4.5%」

洋服の青山

「+5.5%」

イヴ・サンローラン、ヘレナルビンスタイン、シュウウエムラ、紳士服のAOKI

「+9%」

シマンテックストア

「+12.5%」

Mioオンライン

「最大+15%」

楽天市場

ポイントの有効期限はいつまで?

オリコカードは様々なカードの中でメリットが大きいカードなのですが、注意しないといけないのが「ポイントの有効期限」です。オリコカードのポイントの有効期限は1年間です。

1年というのは長いように感じますが、よほど気にしていないといつの間にか過ぎているものです。特にメインカードとして使用していない場合はそうそうチェックをしないので忘れがちになります。有効期限を超えないようにポイントを使用するようにしましょう。

Amazonショッピングでポイント2倍⁈ポイントの上手な貯め方は?

大手ネットショッピングサイトのAmazonでは自社でもAmazon Mastercardなどのカードを発行しています。

これらのカードはAmazonでカードを利用して商品を購入すると通常の還元率「1%」に加えて、特別加算「0.5%」が加えられて「1.5%」になります。さらにAmazonプライム会員であれば最大2%にまで還元率は上昇します。ただ、Amazonプライム会員でなければ最大でも1.5%が限界ということになります。

しかし、オリコカードを使用してオリコモールからAmazonでネットショッピングをすれば、通常の還元率1%に加えて特別加算1%を加えるために「2%」の還元率となるのです。

こう考えるとオリコカードを使用すればAmazonのカードを使用してAmazonでショッピングをするよりも高いポイント還元率を得ることができるということになります。何かAmazonでショッピングをする際にはオリコカードを使用するとお得になることを覚えておきましょう。

ポイントの確認方法は?

オリコポイントがどれだけ貯まっているかを確認するかには2つの方法があります。

1つ目は「オリコポイントゲートウェイ」で確認する方法です。

これはインターネット上のオリコのポイントサイトのことを指しており、会員向けのwebサービスである「eオリコサービス」から入って確認をしていきます。会員IDとパスワードを使ってログインをしますので、これらは忘れないようにしておきましょう。

ここからログインしてオリコポイントゲートウェイを使用すると以下の情報を確認することができます。

  • 「オリコポイントの残高」
  • 「オリコポイントの有効期限」
  • 「オリコポイントの獲得履歴」

です。

これを見ればポイントがどのように推移しているかもわかりますので有効的にポイントを貯めて利用するためにもチェックをしておきましょう。

もう1つの方法は「利用代金明細書」を確認することです。

ここには当月の獲得ポイントや当月に増減があったポイントが通知されるようになっています。ちなみにweb明細と書面の利用代金明細書のどちらかというのは切り替えることができますので、都合の良い方を選択するようにしましょう。

「紙で送られてこないと確認するのを忘れる」という人も居るでしょうし、「紙は毎月送られてきて邪魔になる」という人も居るからです。

明細書を切り替えたい場合は、ネットサービスの「eオリコ」から申し込むことができます。

毎月5日までに切り替えを申し込めば当月の請求情報から申し込んだ方に切り替わるようになり、6日以降の申し込みであれば翌月分からということになります。

一般的に紙のメリットとは毎月定期的に書面で届きますので、安定して管理しやすいということがあります。書類を順番に貯めておけば、かなり前のものまでさかのぼって確認することができます。しかし、量が多くなってくると場所をとるというデメリットもあります。

web明細の場合は外出先でも見ることができるというメリットがあるのですが、もっとも大きなデメリットは「見過ごしてしまう」ということです。

明細を見るということを習慣づけておかなければかなりの確率で見過ごしてしまいます。

ポイントの使い道は?

貯まったオリコポイントは500ポイントごとに交換して利用することができるのですが、大きく分けると2通りの使い道が存在します。

1つ目はUCギフトカードのような金券に交換して郵送してもらうという方法です。そのギフトカードが届いてたらそれを利用するという形になります。

もう1つが「電子マネー」や「電子ギフト券」に交換して使用するというものです。近年こちらの方が急激に増加しています。こちらの方法であれば実店舗、ネットショッピングのどちらでも利用することができます。

すぐに利用できる電子マネーとしては以下のものがあります。

  • Amazonギフト券(電子ギフト)
  • iTunesギフトコード
  • LINE ギフトコード
  • nanacoギフト
  • EdyギフトID(楽天Edyにチャージ)
  • ファミリーマートお買い物券
  • WAONポイント
  • Tポイント

現在、一般的に使用されているほとんどの電子マネーを網羅していますので、自分がもっとも使いやすいものに交換するのが良いでしょう。

このようにリアルタイムで使用できるようなポイントに交換できるというのがオリコポイントの強みです。

どこでも利用したい場合にはオリコポイントゲートウェイのアプリをスマートフォンにダウンロードしておけば外出先でも操作することが可能になります。

ちなみにポイントを移した先で利用できるのは以下のようなところがあります。

  • イトーヨーカドー、セブンイレブン(nanacoギフト)
  • 全国の大手コンビニ(EdyギフトID/楽天Edy)
  • ファミリーマート(ファミリーマートお買い物券)
  • イオン、マックスバリュー(WAONポイント)
  • TSUTAYA、サークルK・サンクス、吉野家(Tポイント)
  • ローソン、ケンタッキー、昭和シェル石油(Pontaポイント)

※EdyギフトIDはおサイフケータイやEdy-楽天ポイントカードにチャージして、楽天Edyとして使用することになります。

すぐに使えるようにという速効性と、使える店が多いという点から考えるのであればリアルタイムで交換することが可能な「Amazonギフト券」かYahoo!ショッピングやヤフオクでも使用することができる「Tポイント」がお得だと言えます。

Amazonであれば趣味に使うものから日常生活用品まで幅広く扱っていますので、無駄になることはまずないでしょう。

消耗品に交換して確実に使ってしまうという考え方もあります。

ポイントを交換して使用しない場合はネットカタログから直接欲しい商品を選んでそれをもらってしまうのも面倒がなくて良いかもしれません。保有しているポイントによって選べるものが変わってきますので、カタログをよく見てポイント内で交換できる商品を決めていきましょう。後はその商品が届けられるのを待つだけです。

オリコカードの審査基準

年齢制限などの絶対的な条件を除けばオリコカードの審査基準は「信用」だと言えます。オリコカードは大手の信販会社ですので、何よりも信用を重視しています。

審査難易度としては「銀行系」よりは易しいが「流通系」「交通系」よりは厳しい、といったところです。

もちろん、Orico Card THE POINTよりも、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの方が審査は厳しくなります。

同じ審査難易度のカードといえば「UCカード」「セゾンカード」などが挙げられます。これはこれらの会社が審査を「キューピタス」に任せているということが関係しています。

これはオリコ、クレディセゾン、キューピタスがそれぞれの技術や情報を持ちよって運営をしているもので、ここを利用しているところは同じ基準で審査を行っているということになります。

普通に考えれば「年収が高い人が審査には通りやすい」ということになりますが、クレジットカードの審査は実は違っています。

その時の年収よりもその人の「信用」と「安定」の方が重視されるのです。その個人の信用情報「クレジットヒストリー」が注目されるのです。これまでに大きな借金がないか、遅延や延滞をしていないか、金融事故を起こしていないかということがそれに当たります。これによってその人の信用は大きく左右されます。

今まで特に延滞や遅延を起こさずに問題なく使用している場合は気にすることはないでしょう。

そしてもう一つが「安定」です。これは「職種」や「働き方」が注目されます。

例えばフリーターよりも契約社員が、契約社員よりも正社員が安定していると判断されますし、芸能人やミュージシャン、芸術家などはたとえ収入が大きくても安定はしていないと判断され、社歴が長いサラリーマンや公務員は安定していると判断されます。年収400万円のフリーターよりも、年収300万円の正社員が審査では評価されるということになるのです。

そのときの収入がもっとも大事ではないということを覚えておきましょう。

総合評価
3.8
はじめて持つならこのカード!ポイントが貯まり優待サービスも充実

最短即日発行で年会費初年度無料!有効期限が無期限の永久不滅ポイントがネットショッピング利用で最大30倍!さらに、セブンイレブンではnanacoポイントと永久不滅ポイントの2つのポイントがダブルで貯まる!

  • 毎月「第1・第3土曜日」は全国の西友、リヴィン、サニーで買い物が5%OFFさらにポイントも貯まりとってもお得!
  • コンサート、スポーツ、イベントなど幅広いジャンルから人気チケット先行予約や優待割引特典付き
  • 全国のレストランやホテル、レジャー施設など最大50%オフで利用できる優待付き
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~15% 最短即日
無料 無料

オリコカードのデメリットってあるの?

カードの種類によっては年会費も無料ですのでメリットが大きく、デメリットはほとんどないのがオリコカードなのですが、あえてデメリットを挙げるならということで、「キャッシングの金利が高い」ということになるかと思います。

最近ではクレジット会社も金利を少し下げて使いやすいようにしている流れがあり、金利が15%以下となっているところも増えてきています。しかし、オリコカードはキャッシング金利の上限である18%であり、とても使いやすいとは言えません。キャッシングを利用する前提であればあまりおすすめはできません

また「即日発行できない」という点もデメリットとして挙げられます。

これも最近では申し込むとカードを即日発行するようになっている企業が増えているのですが、オリコカードは最短でも8営業日ほどかかりますので、実際に手元に届くまでは2週間ほどかかります。申し込んでから実際にカードを使えるようになるまで時間がかかるというのもデメリットと言えるかもしれません。

↓今すぐカードが欲しい!即日発行できるカードを紹介!↓

最後に挙げるデメリットは「web明細を利用する際の画像認証が面倒くさい」という点です。

web明細を利用する際にはログインをしなければいけません。IDとパスワードを入力するのが一般的ですが、オリコの場合はさらに画像認証をする必要があります。

それほど時間や手間がかかるものではないとは言え、急いでいるときにはとにかく面倒に感じることがあります。

オリコカードはこんな人におすすめ

致命的なデメリットもなく、大きなメリットがあるオリコカードですので多くの人が使いやすくなっているのですが、その中でも特に相性の良い人、おすすめしたい人を挙げていきます。

「ポイントはいっぱい欲しいけど年会費は払いたくはない」人

ポイント還元率はカードによってバラバラでなかには0.1%~というものもあります。0.1%だと1000円使って1ポイントですので余程使わない限り貯まっていきません。

ポイントはいっぱい欲しい、でも年会費は払いたくない。それを可能にしているのがOrico Card THE POINTなのです。

基本的に還元率が1%であり、ETCカードなども無料で作れる上に年会費が永年無料という素晴らしいサービス内容です。これを求める人にはうってつけのカードだと言えるでしょう。

「ネットショッピングをすることが多い」人

もともと1%あるポイント還元率ですが、オリコモールを利用するとさらに多くのポイントが加算されます。

特にブランド品や化粧品などには高いポイント還元率が加算されますので、これらをネットショッピングで購入することが多い人には非常に相性が良いと言えます。

「ポイントを色々なものに交換したい」人

オリコポイントは500ポイントから交換することができて、中にはリアルタイムで利用できるようになるものもあります。ギフトカードや電子マネーなど幅広い交換先があるのもオリコポイントの特徴です。

交換先は多い方が良い、という人にはぜひおすすめです。

オリコカード入会キャンペーン実施中!

オリコカードに入会すると色々なキャンペーン待遇を受けることができます。

まず入会後6か月間はポイント還元率が2%になります。

さらに入会特典として、

  • 特典1:入会特典1,000オリコポイント(入会時にオリコポイントを1000ポイントもらうことができます。)
  • 特典2:キャンペーン参加で最大5,000オリコポイント(様々なキャンペーンに参加することで最大5000オリコポイントを入手できます。)
  • 特典3:マイ月リボ新規登録キャンペーン 2,000オリコポイント
  • 「THE POINT・THE POINT PREMIUM GOLD」マイ月リボの新規登録&10万円以上のご利用で2,000オリコポイントプレゼント!
  • 「THE POINT UPty」ご利用金額10万円以上で2,000オリコポイントプレゼント!

まとめ

これまで見てきたようにオリコカードは、とにかくメリットが豊富な割には大きな弱点がないという使いやすいカードとなっています。

「何かカードを1枚作りたい」「ポイントが貯まるカードが欲しい」というときにはまさに最適なカードが、オリコカードだと言えるでしょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
口コミ投稿
国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス
満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る