クレジットカードを整理しないと損をする?!整理整頓するメリットとポイントを解説します

  • 作成
  • 更新

あなたのお財布の中にクレジットカードは何枚入っていますか?ここ数ヶ月使うどころか、触った記憶もないカードもいつもお財布に入ったままになっていないでしょうか。

クレジットカードを整理しようと決心しても、あれもこれも「いつかは使う機会もある」と思ってなかなか減らないですよね。

でも実はクレジットカードを何枚も多く持っていると損ばかりで、整理してまとめてしまった方が断然お得なんです!

整理してしまった方がいいメリットと具体的に何枚にするべきかを解説していきます。

クレジットカードを整理することで得られるメリット

クレジットカードを4枚も5枚も持っている人でも全てのカードを活用しきれているという方は少ないと思います。

全く使っていない、必要のないクレジットカードを持っていれば、やはりそれは整理することをおすすめします。

クレジットカードを整理することで得られるメリットは以下の4点が挙げられます。

  • 年会費が減る
  • クレジットポイントをより集約できる
  • 悪用や盗難・紛失のリスクが減る
  • 信用情報が高くなる
  •  

整理することで、不要なリスクや出費をなくすことができますので、これらのメリットについてそれぞれ説明していきましょう。

クレジットカードを整理して不要な年会費を減らそう!

年会費無料のカードも最近増えてきてはいますが、年会費が有料のものもたくさんあります

もし年会費がかかっているにもかかわらず、全く利用していないクレジットカードがあるのは言うまでもなく無駄な出費で、整理が必要でしょう。

クレジットカードの年会費有無については主に以下のような3つのパターンがあります。

  • 年会費が永久的に一切かからないカード
  • 初年度無料で、2年目以降は利用(金額等の条件があったりもする)すれば年会費無料。
  • 毎年決まった年会費がかかるカード
  •  

2番目のパターンの見落としが多く、いつのまにか年会費が引き落とされていた、なんて話はよく聞きます。

クレジットカードを整理することで、かかっていた年会費が減れば無駄な出費が抑えられるので持っているカードの年会費から見直してみましょう。

では年会費が一切かからないなら持っておいてもいいのか?というとそういうわけでもありません!

整理するメリットとしてはその他にもありますので見ていきましょう。

クレジットカードを整理することでポイントの集中ができる!

クレジットカードを整理することは、ポイントの集中にも繋がります。

クレジットカードのポイントを貯めるには、できれば1枚、最低でも2枚に集約するのが理想的です。

そうすることで、よりクレジットカードのポイントを集約して貯めることができるからです。

クレジットカードのポイントは、最低交換レートが決まっているカード会社もあるため、うっかりポイントの有効期限が切れてしまうこともよくあります。カードの枚数が多ければ多いほど管理が大変になるので、有効期限が管理できていないクレジットカードは整理が必要になります。

クレジットカードのポイントを集中させることで、お持ちのカードが最低の交換レートがある場合でもよりポイントが貯まりやすくなるので、整理することで得られるメリットになります。
一部のカード会社の例を下記にまとめています。

 

最低交換レート

イオンカード

1,000ポイントから

楽天カード

1ポイントから

Yahoo! JAPANカード  1ポイントから
オリコカード 500ポイントから

 

総合評価
3.5
3つの機能を1枚で兼ね備えたイオンカードセレクト!

クレジットカード+イオン銀行キャッシュカード+電子マネー「WAON」付きで1枚3役!ATM入出金手数料0円、イオン銀行宛も他行宛も振込手数料がなんと0円!さらに、カードと電子マネーの「ポイント2重取り」が可能で還元率最大3.0%!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.12%!
  • イオングループ対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.33% 2週間程度
無料 無料

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 無料
総合評価
4.1
年会費永年無料で還元率が常に1%以上!ポイントをためるのにイチオシ!

ポイント還元率は常に1%以上でポイントがたまりやすい!入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて、小額のお買い物でもポイントがどんどんたまります。主婦やアルバイトの方で審査が不安な方はキャッシング枠をゼロに設定するのがおすすめ!

  • 年会費永年無料!さらにうれしい家族カード、ETCカードも無料です
  • オリコモール経由でamazonや楽天市場などのネットショッピングすると、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
MasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
無料 無料

クレジットカードを整理して悪用や盗難、紛失のリスクを減らそう!

クレジットカードを整理することで得られる3つ目のメリットは、悪用・盗難・紛失のリスクを減らすことができるということです。

悪用があれば盗難紛失保険が適用されて請求があっても返金となるケースがほとんどですが、100%ではありません。

クレジットカードをたくさん保有していれば、それだけ自身で管理できていないケースもあり、悪用があっていても気づいておらず保険の請求ができなかったなんてことにもなりかねません。

そういったリスクを少しでも抑えるという意味でも整理するメリットはあります。

あまり持ちすぎると信用情報にも影響してくる

信用情報を高めるというのもクレジットカードを整理する一つのメリットになります。

クレジットカードの保有状況は、CICやJICCという信用情報機関を通じて何枚保有しているかについても閲覧が可能です。

クレジットカードをたくさん保有している=信用情報が悪いというわけではありませんが、出せる与信については限度がありますので、多すぎるのは良くありません。

適度な枚数で保つことにより、信用情報が高まりますのでそこも意識して持つようにしましょう。

クレジットカードのベストな枚数は2~3枚!

では実際にクレジットカードを整理するにあたって手持ちは何枚が理想なのでしょうか。

正解はありませんが、理想な枚数は2枚から3枚がベストです!

なぜ2、3枚なのかというと、まずクレジットカードを持つメリットを考えた時に主に多く挙がるのは以下の点ではないでしょうか。

  • ポイントが貯まる
  • 保険が付帯している
  • 支払いが便利になる

これらのクレジットカードのメリットを考えた時に、全ての条件を満たそうとすれば2、3枚あれば充実したサービスが受けることができます。

もしお持ちのクレジットカードを整理する際に決め手が分からない場合は、これから説明していくポイントを考慮して整理していきましょう。

ポイントの還元率が高いカードを選ぶ

クレジットカードを利用する上では、ポイントの還元率はもっとも重要と言っても過言ではありません。

ポイントの受けられる還元はカードにより全く異なります。

0.5%~3.0%とポイントの還元率の幅はとても大きいです。

例えば、イオンカードと楽天カードを比較してみます。

それぞれのカードをイオン・楽天で10万円利用した場合どれくらいポイントが付くのかを表した表になります。

  イオンで利用 楽天で利用
イオンカード

1,000P

500P
楽天カード

1,000P

※2,000P~3,oooP

イオンカードの場合は、基本還元率が0.5%、イオンで使えば1%になります。

一方楽天カードは基本還元率が1%、楽天市場などで使えば最大3%になります。※セール時期などにより最大還元率となります。

20万円の買い物でも1,500Pから2,500Pの差が生まれますので還元率の幅は大きくなるわけです。

クレジットカードをよく利用する方であれば、その分ポイントやマイルが貯まるわけですから、カードを選択する際ぜひ還元率についても検討してみてください。

総合評価
3.5
3つの機能を1枚で兼ね備えたイオンカードセレクト!

クレジットカード+イオン銀行キャッシュカード+電子マネー「WAON」付きで1枚3役!ATM入出金手数料0円、イオン銀行宛も他行宛も振込手数料がなんと0円!さらに、カードと電子マネーの「ポイント2重取り」が可能で還元率最大3.0%!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.12%!
  • イオングループ対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.33% 2週間程度
無料 無料

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 無料

国内外保険の充実したカードを選ぶ

クレジットカードを保有しているメリットの一つに保険があります。

携行品の保険であったり、国内外傷害保険、国内外旅行保険などクレジットカードは種類によって様々な保険が付帯されています。

例えば先程も例に挙げたイオンカードですが、年会費無料でも旅行保険が付帯されていて、国内で最高1,000万円、海外で最高500万円の保険が受けられます。(イオンsuicaカードの場合)

また、傷害保険は別加入の為自動的に付帯はしていませんが、その他ショッピング保険も50万円まで付帯されているので重宝できるカードです。

イオンカード以外では、AMERICAN EXPRESSカードも保険の充実したカードとして人気があります。

AMERICAN EXPRESSカードも国内外旅行保険がともに最高5,000万円、ショッピング保険も最高500万円ととても手厚い保険が魅力のカードになります。

選ぶポイントとしてもっとも理想的なのは、自身にとって必要な保険が付帯されていて、かつポイントサービスが充実しているカードです。

しかしそれが必ずしもイコールになるとは限りませんので、別持ちで保有する方も少なくありません。

総合評価
4.4
充実の旅行サポートが人気!豊富な特典と上質なサービスが受けられる一流カード

ステータスカードといえばアメリカン・エキスプレス・カード。マイル移行の交換先が豊富で、なんと100円で1マイルが貯まる!優雅な旅行を求める旅行好きの人は必見!

  • 他のゴールドカード級のサービスにアメックスの豊富な特典が付いた魅力的な1枚
  • 海外旅行保険が最大5,000万円補償!ショッピング保険も国内外最大500万円の充実補償
  • 航空会社VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」がなんと年会費無料で登録可能(通常99USドル)
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.166%~1.0% 2週間程度
12,000円(税別) 12,000円(税別)

国際ブランドの違うカードを選ぶ

最後はクレジットカードのブランドを分けるということです。

日本で発行されている国際ブランドは

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club

が主要ブランドになります。

ただこれら全てのブランドを網羅する必要はなく、JCBとVISA(MASTERの2枚は持っておきたいところです。

経験されたことがある方もいると思いますが、クレジットカードが使えるお店でもブランドによっては使えないというケースも意外とあります。

特にJCBが使えないお店はVISA or MASTERが使えるお店と比較して多いです。

しかも海外ではなおさらその傾向が強いので、それぞれのブランドを保有することをおすすめします。

総合評価
4.6
JCBのWEB限定デザイン!

ポイント優待店でのご利用でポイント最大20倍!旅行傷害保険やショッピング保険の付いたトータルバランスに優れたカード!前年の利用額が100万円以上でポイント付与率が150%アップ、50万円以上で120%アップ!

  • 最短即日発行翌日お届けのスピード発行!
  • 国内・海外旅行傷害保険は安心の最高3,000万円補償!
  • ご利用の金額に応じて翌年の年会費も無料!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~2.5% 最短翌日お届け
無料 1,250円(税別)

クレジットカードを整理する前の確認と後処理はしっかりしよう

ここからはベストなクレジットカードの枚数にするための整理方法について説明していきます。まずは整理するときの注意点を簡単に説明しておきましょう。

解約前に必ずチェックしておきたいのが、以下の点になります。

  • 支払いの有無
  • ポイントの有無
  • 年会費の引き落とし時期

支払いやポイントに関しては、全く利用していないカードであれば支払いはないでしょうが、反対にポイントは残っていることがあるかもしれません。使えるところはしっかりと利用して解約するようにしましょう。

また、年会費が発生するカードについては引き落とし時期をしっかり確認しましょう。

もし、引き落とされた直後などであれば、その分保険や特典などが年間を通して受けられるわけですので内容によっては解約の時期を検討していきましょう。

クレジットカード解約後には、しっかりとハサミを入れよう!

クレジットカードを整理するときは、ただ単にカード会社へ連絡して終わりではありません。

クレジットカードの解約後には必ず、表面のICチップと裏面の磁気ストライプと呼ばれる黒い部分の箇所にしっかりとハサミを入れることが大切です。

この2つの箇所にクレジットカードの情報が蓄積されています。

退会したから大丈夫ではなく、この部分はしっかりと利用破壊しなければ安心できませんので処理を忘れずにしてください。

以上のことをしっかりと行いリスク管理を自身でも行っていきましょう。

まとめ

クレジットカードはお金と変わりません。

お金であれば、銀行や金庫などにしっかり管理している人がほとんどだと思います。

同様にクレジットカードもしっかり管理していかなければなりません。

不要なクレジットカードが増えてしまったときは、しっかりと整理していくことでリスク管理だけでなく、ポイントの集中や年会費などの不要な出費を抑える上でも自身にとっても得になりますので、定期的な整理をしていきましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る