国民年金をクレジットカードで支払うメリットとデメリット!

  • 作成
  • 更新

国民年金は、毎月何万円もの費用が発生するため、できればクレジットカードで手軽に支払い、さらにポイントを貯めたいのではないでしょうか。国民年金はクレジットカード払いもできますが、利用にあたって注意点もあります。この記事では、国民年金をクレジットカードで支払うメリットと、デメリットを解説します。

国民年金はクレジットカードで支払える?

国民年金は、納付書をコンビニや銀行などで使用して支払うだけでなく、口座振替や、クレジットカード払いにも対応しています。しかし、国民年金のクレジットカード払いは、すぐに利用を開始できるわけではありません。

クレジットカード払いをするには、所定の手続きが必須となり、さらに、支払い方法の制限があることにご注意ください。

国民年金は、納付書を使用してのクレジットカード払いに非対応

国民年金は、送られてきた納付書をコンビニなどで提示して、クレジットカードで支払うことができません。事前に、日本年金機構に申請を出す必要があることにご注意ください。

国民年金をクレジットカード払いにする手続き

国民年金の保険料を、クレジットカード払いにするためには、「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」の提出が必要です。

日本年金機構公式サイトの、「国民年金保険料に関する手続き」の項目内にあるPDFファイルを印刷して、以下の必要事項を記入して郵送しましょう。

  • 個人番号(マイナンバー)、または、基礎年金番号
  • 生年月日
  • 被保険者氏名
  • 電話番号
  • 住所
  • 納付方法
  • カード番号
  • カード有効期限
  • クレジットカードの名義人氏名(ローマ字、自署)
  • 被保険者との続柄

さらに、書類に記載されている一覧から、使用するクレジットカード会社にチェックを入れておくことも忘れないようにご注意ください。

郵送先は自分の住所に当てはまる年金事務所です。郵送でなく年金事務所へ足を運んで直接提出したり、電子申請を行ったりすることもできます。

電子申請の流れ

国民年金のクレジットカード払いは、e-Govの電子申請でも申し込めます。電子申請なら、いつでもどこでも、すぐに申し込みを行えるのがメリットです。

ただし、パソコンに加えて、マイナンバーカードと、ICカードリーダーを持っていなければ利用できないので、ご注意ください。

e-Govで、国民年金のクレジットカード払いを申し込む手順は、以下のとおりです。

  • 1.e-Govの公式サイトを開く
  • 2.「申請・手続をする」の「e-Gov電子申請システム」を開き、画面の指示に従って、利用準備をする
  • 3.e-Gov内の「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」項目を開き、カード番号などの必要事項を入力する
  • 4.「署名して次へ進む」を選択・カードリーダーにマイナンバーカードを乗せ、「ICカード内の証明書」を選択して進む
  • 5.マイナンバーカードの証明書用暗証番号を入力して、書類を作成
  • 6.画面指示に従い、書類の保管作業をして「電子申請」内の「申請書送信」へ移動
  • 7.保管済みのファイルを選択し、氏名などの必要事項を画面の指示に従って入力、提出する年金事務所を選択
  • 8.送信し、手続完了

利用したことがない場合、少々手続きが複雑に感じられるかもしれません。

しかし、必要機器・マイナンバーカードを持っている方は、書類印刷~記入の手間を削減できるので、活用することをおすすめします。

申出書と合わせて提出する書類

申出書を提出する場合は、マイナンバーカード、または、以下の2つの書類を用意しなければいけません

  • 通知カード、個人番号表示がある住民票の写し
  • 運転免許証、パスポートなどの身元確認書類

窓口で提出する場合は、直接書類を提示しましょう。郵送で申出書を提出する場合は、コピーの添付が必要です。

前納なら、保険料を少なく抑えられる

納付方法には、以下の4種類があります。

  • 毎月納付
  • 6ヶ月前納
  • 1年前納
  • 2年前納

毎月>6ヶ月>1年>2年の順番に、保険料の総支払額が大きくなっています。国民年金の保険料を、最小限に抑えたい場合は、1度に手元からでてくる金額は大きくなりますが、2年前納を選ぶのが良いでしょう。

なお、前納を選んでクレジットカード払いをする場合は、それぞれの所定の期限までに申し込みを行う必要があります。

6ヶ月前納

4~9月分:2月末日まで(間に合わなければ9月まで毎月納付)

10~翌年3月分:8月末日まで(間に合わなければ翌年3月まで毎月納付)

1年前納、2年前納

2月末日まで(間に合わなかった場合は翌年3月まで毎月納付)

期限に間に合わなければ、保険料の支払いが毎月払いとなってしまうので、忘れずに期限内に申し込みましょう。

国民年金は分割・リボ払いには対応していない

国民年金をクレジットカード払いで支払う場合は、一回払いしか選ぶことができません。分割払いや、リボ払いに指定しての支払いはできないので、ご注意ください。

1回払いでのクレジットカード払いが難しい場合は、口座振替や、納付書を使った支払いといった、その他の支払い方法を検討しましょう。

国民年金をクレジットカードで支払う魅力

国民年金は、クレジットカードでの支払いにおける、様々なメリットが存在します。各種メリットを魅力に感じたら、クレジットカード払いを活用しましょう。

書類を用意し、簡単に手続きできる

国民年金のクレジットカード払いは、申し込み手続きこそ必要ですが、入力内容はシンプルであり、手続きはカンタンです。

クレジットカード払いなら、今後はわざわざ納付書をコンビニなどに持ち込んだり、支払いに利用する現金を用意したりする手間をかけずに済みます。支払いに使えるクレジットカードを持っているなら、今後の余計な手間・時間の消費を防ぐためにも、クレジットカード払いを検討してみてはどうでしょうか。

対応するカードなら、ポイントが貯まる

国民年金のクレジットカード払いでは、対応するカードを使って支払う場合、ポイントを貯めることができます。ポイントを貯められれば、貯まったポイントをギフト券や景品などに交換できるため、事実上国民年金の支払い額を減らせます。

国民年金は、年間20万円程度の高額な出費となるため、支払いで貯まるポイントも大きくなりやすいのが魅力です。支払い額を仮に20万円として、1%のポイントが貯まるなら、2,000円ほど負担を抑えられるでしょう。

ただし、支払いに対応する全てのクレジットカードが、ポイント還元の対象になっているわけではありません。例えば、三井住友VISAクラシックカードは国民年金保険料の支払いに対応していますが、支払い額に対してポイントが付与されないしくみとなっています。

国民年金をクレジットカードで支払い、ポイントを貯めたい場合は、必ずポイントが貯まるカードで申し込みをするようにご注意ください。

カード支払いでも前納割引を受けることができる

国民年金の半年~2年前納割引は、現金払いだけでなく、口座振替クレジットカード払いでも利用できます。手元にまとまった金額があるなら、前納を選ぶことで、国民年金における負担を削減できます。

前納+クレジットカード払いなら、割引とポイント還元で二重にお得なので、節約をしたい場合、特に有利と言えるでしょう。

国民年金をクレジットカードで支払うデメリット

国民年金をクレジットカードで支払う場合、気をつけたいデメリット・注意点もあります。利用開始までだけでなく、利用中も、誤った使い方をすると支払いができなくなることに注意が必要です。

手続き完了まで数週間かかり、待ち時間が長い

国民年金のクレジットカード払いは、申出書を提出してから手続き完了のお知らせが自宅へ届くまで、数週間かかります。手続きが完了しなかったとしても、結果のお知らせが届くまでに数週間かかってしまうしくみです。

例えば、前納割引を利用するため、2月に申出書を提出したとしましょう。クレジットカード番号の記入ミスなどで、正しく手続きができなかったら、3月に届いた通知でようやく手続きの失敗がわかります。

しかし、3月は既に前納のための期限を過ぎてしまっているタイミングであるため、翌年3月(6ヶ月前納なら当年9月)まではクレジットカード払いができません。待ち時間が長いため、クレジットカード払いを申し込む場合は、できる限り早めに手続きを開始しましょう

クレジットカードの利用限度額に注意                                    

クレジットカードには、利用限度額が存在します。保険料が引き落とされるタイミングで、利用限度額が保険料以下になってしまっていたら、クレジットカード払いができません

国民年金の支払いに、普段からたくさん使っているクレジットカードを利用したい場合は、限度額が保険料より大きい状態を保っておくように注意しましょう。

クレジットカードを変更する際に、再度申し込みが必要

国民年金の支払いに使っているクレジットカードを変更する際は、再度申出書を提出しなければいけません。手続き内容は、新規申込み時と同じですが、手続きをしないとカードを変更できないので、忘れないように気をつけましょう。

未払いや免除されている保険料は、クレジットカードで支払えない

期限内に支払えなかったり、手続きをして免除となっていたりする過去の保険料は、クレジットカードでの支払いができません。期限を過ぎてしまった国民年金の保険料は、2年以内なら納付書を使っての支払いができます。

免除となっている国民年金の保険料を支払う場合は、後から年金事務所で申し込み手続きをして、納付書での支払いを行いましょう。

ポイント還元に対応しないクレジットカードもある

三井住友カードのクレジットカードは、国民年金の支払いに利用しても、ポイント還元がありません。クレジットカード会社によっては、保険料を支払ってもポイントが貯まらないカードもあるのでご注意ください。

また、クレジットカードのポイント還元率は、カードごとに異なります。利用するカードによって、0.5%還元だったり、1%還元だったりと、貯まるポイント数は違っています。国民年金の支払で、たくさんポイントをためたい方は、還元率が1%以上の、高還元なクレジットカードを利用しましょう。

国民年金の支払いにおすすめのクレジットカード

国民年金の支払い時は、ポイント還元率が高いクレジットカードや、有効期限が長いクレジットカードを利用するのがおすすめです。自分の使い方に合うクレジットカードを選び、年金をお得に支払いましょう。

リクルートカードは1.2%の高還元

リクルートカードは、旅行サイト・じゃらんや人材派遣などを展開しているリクルートによる、1.2%還元のクレジットカードです。主な特徴は、以下のとおりです。

年会費

永年無料

ポイント還元率

1.2%

国際ブランド

VISA、Mastercard、JCB

申込資格

満18歳以上(高校生不可)

リクルートカードでは、Pontaポイントと交換して、ローソンなどでも使用できるリクルートポイントを、1.2%の高還元で貯められます。ポイント還元率の高さを重視する方は、リクルートカードを国民年金の支払いに活用してみてはどうでしょうか。

総合評価
年会費無料なのにドンドンポイントが貯まる高還元率カード

驚きの高還元率1.2%でとにかくポイントが貯まる!使い方次第で最大4.2%ポイント還元!貯まったポイントはPontaポイントやマイルに交換も可能

  • 電子マネーチャージで100円につき1..2ポイント付与
  • 最高2,000万円の国内・海外旅行保険や年間200万円のショッピング保険付き
  • 貯まったリクルートポイントはJALマイルに交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~4.2% 2週間程度
無料 無料

楽天カードは、1%還元で貯めたポイントを活用しやすい

楽天カードは、通販サイト・楽天市場などを展開している楽天のクレジットカードで、1%還元が特徴です。主な仕様を、以下にまとめました。

年会費

永年無料

ポイント還元率

1%

国際ブランド

VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス

申込資格

満18歳以上(高校生不可)

楽天カードのメリットは、貯めた楽天スーパーポイントを使える場所が多いことです。1ポイント単位で利用可能、楽天市場などのインターネット上における店舗・サービスに加えて、ツルハドラッグなど町中のお店でも支払いに使えます。

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

セゾンカードインターナショナルは、0.5%還元で有効期限なし

セゾンカードインターナショナルは、たくさんのクレジットカードを展開している、クレディセゾンのカードラインナップの1つです。主な特徴は、以下の通りとなっています。

年会費

永年無料

ポイント還元率

0.5%

国際ブランド

VISA、Mastercard、JCB

保険

なし

申込資格

満18歳以上(高校生不可)

セゾンカードインターナショナルは、0.5%還元でポイント還元率が低めです。しかし、代わりに、ポイントに有効期限がありません。

手持ちのカードの、限度額の上限が心配な場合は、メインで使うカードと別に、国民年金の支払い専用のカードとして、検討してみてはどうでしょうか。

国民年金をクレジットカードでチャージしたnanacoで支払う裏技

国民年金を納付書で支払う場合、セブンイレブンならnanacoでの支払いが可能です。nanacoは、チャージ式の電子マネーサービスです。

nanacoへのチャージはクレジットカードで行うことができるため、nanaco払いを利用するなら、申出書の提出をしなくても、間接的にクレジットカードで国民年金を支払えます

ただし、前納をしたい場合、nanaco払いを選ぶことはできないのでご注意ください。(申出書の提出が必要となり、現金、口座振替、クレジットカードにしか対応していないため)

nanacoチャージでのポイント還元に対応する、おすすめのクレジットカード

nanacoへの残高チャージでポイントを貯められるカードは限られます。nanacoチャージにおすすめのクレジットカードを2つ紹介します。

リクルートカード(1.2%還元、月3万円まで)

リクルートカードは、1.2%の高還元でnanacoチャージができます。ただし、電子マネーへのチャージ額に対してポイントが付与されるのは、月3万円が上限です。

他の公共料金などもまとめてnanacoで支払い、膨大なポイントを貯めたい方は、別のnanacoチャージ対応クレジットカードも用意する必要があるでしょう。

総合評価
年会費無料なのにドンドンポイントが貯まる高還元率カード

驚きの高還元率1.2%でとにかくポイントが貯まる!使い方次第で最大4.2%ポイント還元!貯まったポイントはPontaポイントやマイルに交換も可能

  • 電子マネーチャージで100円につき1..2ポイント付与
  • 最高2,000万円の国内・海外旅行保険や年間200万円のショッピング保険付き
  • 貯まったリクルートポイントはJALマイルに交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~4.2% 2週間程度
無料 無料

セブンカード・プラス(0.5%還元)

セブンカード・プラスは、セブンイレブンやイトーヨーカドーでお得に使える、株式会社セブン・カードサービスのクレジットカードです。主な特徴は、以下のとおりです。

年会費

500円(税抜)、初年度無料、前年度の支払額5万円以上で翌年度の年会費無料

ポイント還元率

0.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでの支払い時は1.5%

国際ブランド

VISA、JCB

申込資格

満18歳以上(高校生不可)、本人または配偶者に安定した収入があるか、学生

nanacoチャージでは0.5%還元ですが、普段からセブンイレブンやイトーヨーカドーなどの対象店舗を利用している場合、普段の買い物でたくさんポイントを貯められます。また、セブンカード・プラスはnanaco一体型もあるので、持ち歩くカードを減らせるのもメリットです。

総合評価
3.7
セブンイレブンやイトーヨーカドーのユーザにおすすめ

7&iグループでの利用で1.5%のポイント還元

  • nanacoへのクレジットチャージでもポイントが貯まるので、チャージしたnanacoで支払えばダブルでお得
  • 毎月8日、18日、28日はイトーヨーカドーでの利用で5%オフ
  • 貯まったnanacoポイントはANAマイルに交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 1週間程度
無料 実質無料※前年度のショッピング利用金額が5万円以上で次年度無料(利用がなかった場合は500円かかる)

nanaco払いだけでは、ポイントは付かない

nanacoは、本来は利用金額100円(税抜)ごとに、1ポイントのポイントを貯められる電子マネーです。しかし、国民年金保険料の支払いは、ポイント還元の対象外となります。あくまでも「チャージに使ったクレジットカード側のポイント」のみが貯まることに、ご注意ください。

まとめ

国民年金をクレジットカードで支払えば、クレジットカード側でポイントを貯められるので、高額な国民年金保険料の支払い額を事実上抑えられます。6ヶ月~2年の前納制度も合わせて利用すれば、さらに支払い額を抑えられるので、有利です。

申出書の提出を面倒に感じる場合は、nanacoとポイント還元対象のクレジットカードを使っての納付書払いでも、クレジットカードのポイントを貯められます。国民年金をクレジットカードで支払い、ポイント還元で出費を節約してみてはどうでしょうか。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る