クレジットカードの多重申し込みとは?審査で不利になる理由と多重申し込みをしないためのポイントを解説 

  • 作成
  • 更新


クレジットカードの多重申し込みとは、6ヶ月以内に複数枚のクレジットカードを申し込むことです。クレジットカードは種類によって特徴や特典が違いますので、1枚新しいカードを入手するともう1枚別のカードも欲しくなるということってありますよね。特に新規入荷キャンペーンで◯◯◯◯ポイントプレゼント!なんてキャッチセールスを見ると、ついつい入会したくなってしまうものです。

しかしあなたがどんなに真っ当な利用があったとしても、カード会社が「多重申し込み」と判断してしまうと審査は不利に働いてしまいます。そこで今回はクレジットカードの多重申し込みが不利になる理由や多重申し込みをしても審査に通過するコツをお伝えします。大切な情報が書かれていますので、新しいカードに入会する前に是非この記事を最後までお読みください。

クレジットカードの多重申し込みとは

クレジットカードの多重申し込みとは、正確には「短期間に複数枚のクレジットカードを申し込んだ状態」です。どれくらいの期間で何枚のクレジットカードを申し込むと多重申し込みと判断されるかははっきりと知らされていませんが、「クレジットカードの申し込み記録がどれだけ保管されるか」を知ると、多重申し込みの判断基準を予測することができます。

クレジットカードの申し込み記録は6か月間保管される

クレジットカードの申し込み記録は「信用情報機関」というところで6か月間保管されることになっています。これは法律で決まっていることです。なのでカード会社によっては6ヶ月以上の記録を調べるということは事実上不可能です。それで冒頭で述べたように「クレジットカードの多重申し込みの期間とは6ヶ月」ということになります。

信用情報機関とは

信用情報機関というのは、あなたがクレジットカードの申し込みや支払いに関する記録を保管している機関で、全てのクレジットカード会社は信用情報機関に記録されている情報を自由に閲覧することができます。それで例えば楽天カードに入会した1ヶ月後に、JCBカードに入会しようとすると、JCBカードは審査の時に信用情報機関の記録から、「あなたが1ヶ月前に楽天カードに入会した」という情報を得ることができます。

多重申し込みにはメリットもある?

多重申し込み自体は審査が不利になるというデメリットでしかありませんが、クレジットカードを複数枚持つこと自体にはメリットがたくさんあります。例えばクレジットカードはカード会社によって次のような特典があります。

  • 海外保険の保障がいい
  • 国内旅行保険がついている
  • ショッピング保険がついている
  • 海外ショッピングのポイント還元率が高い
  • 通常のショッピングでポイント還元率が高い
  • マイルが貯まりやすい
  • 特定の店でクレジットカード払いにするとポイントが◯倍
  • 特定の店でクレジットカード払いにすると○%割引
  • 入会キャンペーンの特典がすごい

クレジットカードが1枚だけだとこの中の特典が1つか2つしか得られなくても、複数枚持っていればすべての特典を得ることができます。年会費が永年無料のクレジットカードでも、魅力的な特典がいっぱいのものもたくさんありますので、期間さえ気をつければクレジットカードを複数枚持つことにデメリットはほとんどありません。それで6カ月の間に申し込みが3枚以上にならないように注意しながら、自分の生活スタイルに合わせて複数のクレジットカードを持つことをおすすめします。

クレジットカードの多重申し込みが審査に不利な理由

カード会社がクレジットカードの多重申し込みを嫌がるのは「貸し倒れを恐れているから」です。1人でも貸し倒れがあると数十人分の利益が消し飛んでしまいますが、多重申し込みはその危険性がありますので審査を不利に、言い換えるなら慎重にします

しかし逆に言いますと、クレジットカードの多重申し込みが審査に不利な理由はこの貸し倒れだけですので、クレジットカード会社に「この人は貸し倒れはしない」という判断材料がそろえさせることができさえすれば、多重申し込みをしても審査に通過する可能性があります。それではまず貸し倒れについての理解を深めましょう。

クレジットカード会社は貸し倒れを恐れている

貸し倒れとは「貸したお金が回収不能に陥る状態」のことです。クレジットカードでショッピングやキャッシングをした後に、支払いができなくなって自己破産にしたり行方をくらましたりする可能性は常にあり、クレジットカード会社はそれを一番恐れています。このように貸し倒れが生じないために、クレジットカード会社は審査を設けたりクレジットカードに利用限度額を設定したりしています

利用限度額を過ぎるとその時点でショッピングもキャッシングもできなくなりますが、逆に言いますと利用限度額内では審査なしに自由にお金を引き出すことができます。それで複数のクレジットカードを持っていれば、数百万円のショッピングやキャッシングの利用が可能になります。

そこでもしあなたが6ヶ月以内に複数枚のクレジットカードを申し込んでいるのがわかったら、あなたが「お金に困っている」と判断されてしまう可能性があります。そのようなお金に困っている人は、貸し倒れになる可能性が高いので審査を厳しくします。

ただしクレジットカード会社はできるだけ多くの人に入会してもらいたい、と思っています。それで多重申し込みをしている人でも、信用できる根拠は何かないか探しています。

クレジットカードを多重申し込みしても審査に通過するためには

多重申し込みは確かにクレジットカードの審査を不利にしますが、審査を通す方法はあります。鍵となるのは「クレジットヒストリー」です。

審査に通過する可能性がほぼない多重申し込みもある

ただしその前に審査に通過する可能性がほぼない多重申し込みもありますので、この段階までにはならないように注意しておきましょう。

  • 1カ月の間に3回以上申し込む…審査に通過する可能性がほぼない多重申し込み
  • 6カ月の間に3回以上申し込む…審査が不利になる多重申し込み

審査に通過する可能性がほぼない多重申し込みは申し込みブラックとも呼ばれていて、この状態になっていると、申し込み時に多重申し込みであることがわかった時点で審査に通りません。ですのでクレジットカードを1カ月の間に3回以上申し込むのはやめておきましょう

一方6カ月の間にクレジットカードを3回以上申し込む多重申し込みは審査が不利になりますが、他の条件が良ければ審査に通ることは可能です。そしてその条件に大きく関係しているのがクレジットヒストリーです。

良好なクレジットヒストリーを保つ

あなたがもし良好なクレジットヒストリーを持っていれば、多重申し込みでも審査を通過することは可能です。クレジットカード会社は審査をする時、あなたが書いた申込書とクレジットヒストリーを参考にしています。

あなたが書いた申込書は100%信頼することはできませんが、第三者が記録しているクレジットヒストリーの情報は100%信用できますので、審査への影響力は強いといえます。クレジットヒストリーが良好なら、クレジットカード会社は「この人は多重申し込みをしても貸し倒れにはならない」と判断でき審査を通すことができます。

クレジットヒストリーとは

クレジットヒストリーとは、あなたが今まで過去5年間にクレジットカードを利用した記録のことで、次のような点が記録されています。

  • クレジットカードの返済を期日通りにしているか
  • クレジットカードを利用しているか
  • クレジットカードの新規申し込みの記録
  • クレジットカードの解約の記録

このクレジットヒストリーは個人信用機関に登録されていますので、クレジットカード会社なら自由に閲覧することができます。注意しておきたいのは、先ほどの「クレジットカードの申し込み記録は6か月間保管される」のに対し「クレジットヒストリーの入金記録は過去2年間が保管されている」ということです。

それでもしあなたが2年間返済を期日通りにきちんと支払っているなら、多重申し込みしても「この人が多重申し込みしているのはお金に困っているわけではない」と信頼される可能性は高いでしょう。しかしあなたが支払い遅延を何度も繰り返した上で、さらに多重申し込みもしていると、「この人はお金にだらしないので多重申し込みをしていると危ない」と判断されるでしょう。

良好なクレジットヒストリーを保つコツ

多重申し込みをしても審査が通りやすくなるための、良好なクレジットカードヒストリーを保つにはコツがあります

  • クレジットカードを毎月利用する
  • 絶対に支払いを遅らせない
  • クレジットカードをすぐに解約しない

これらは全てクレジットカード会社への信頼につながりますので、日頃から意識しておきましょう。

持っているクレジットカード全てを毎月利用する

クレジットカードは利用することで、クレジットヒストリーに記録されます。それで持っている全てのクレジットカードを利用し、返済をすればその情報は全て記録されます。持っているクレジットカード全てを利用していることがわかれば、「多重申し込みをしても利用する可能性が高い」と判断され審査が有利に進みます

覚えておきたいのはクレジットヒストリーで分かる情報は、「入金をしているかどうか」だけであり、具体的な金額まではわかりません。例え100円でもいいので、あなたの持っている全てのクレジットカードを毎月利用しておきましょう。

複数のクレジットカードを持っている人は、メインとしているクレジットカードがあると思いますが、サブで持っているカードは利用するのを忘れてしまいがちですサブのカードは公共料金の支払いなど毎月支払うものを設定しておくことをお勧めします。

支払日をきちんと把握して絶対に支払いを遅らせない

クレジットカードの支払日にきちんと支払いするというのが、クレジットヒストリーを良好に保つ基本といえますが、支払いをする意思はあるのに、支払日に銀行にお金が入っていないという人は結構います。もし支払日に1円でもお金がたりなければ、銀行はカード会社に送金することができなくなるため支払いが遅れてしまいます。

カードの支払日として設定されている日付はカード会社によって違いますので、今月の支払額がわかったら銀行に請求額が入っているかどうか確認してください。もし物理的にお金がなくて支払いができそうにないなら「後からリボ」という方法もあります。ただしリボ払いは注意しないと手数料をかなり取られてしまいますので「クレジットカードのリボ払いの仕組みを解説!注意点もあわせて紹介します」という記事を読んでリボ払いについての理解を深めておきましょう。

クレジットカードをすぐに解約しない

クレジットヒストリーの中には、クレジットカードの解約記録も含まれています。大抵のクレジットカードは入会キャンペーンをしていますので、あなたがもしすぐにクレジットカードを解約した記録があるなら、「入会キャンペーン狙い」と判断され、審査が不利になってしまいます。

解約するまでの記録は長ければ長いほどクレジットヒストリーとしては良好になりますが、少なくても6ヶ月以上は解約しないほうが無難でしょう。ただ年会費が発生するクレジットカードを解約したいとしても1年以内に解約しておけば翌年の年会費を払う必要はありませんので、あえて半年以内に解約する理由はないと言えます。

クレジットカードを申し込む順番を考える

審査が厳しいクレジットカードは、多重申し込みでの審査も厳しいので、審査が厳しいクレジットカードから順番に申し込めば、6カ月以内に3枚以上申し込んでもすべてのクレジットカードの審査を通すことができるかもしれません

審査の優しいクレジットカードというのは、楽天カードやリクルートカードなど年会費が無料のカードで、ゴールドカードやプラチナカードなど年会費が高いカードはそれだけ審査が厳しくなります。

例えば1カ月ごとに

  • 楽天カード
  • リクルートカード
  • アメックスプラチナカード

という順番で申し込むと、3番目のアメックスプラチナカードの審査が通過するのはかなり難しいといえます。
しかしかし同じ三枚を1カ月ごとに申し込むにしても

  • アメックスプラチナカード
  • リクルートカード
  • 楽天カード

という順番で申し込めば3枚のクレジットカードをすべて審査に通過する確率はぐっと高まります。この場合多重申し込みに関係するのは3枚目だけですので、アメックスプラチナカードの審査が通った人を、楽天カードが通さないというのはまずあり得ないからです。

審査に落ちた場合は再申し込みまで6か月間あける

あなたが過去にクレジットカードの審査に落ちたということがわかれば、多重申し込みをしている時新しいクレジットカードの審査はかなり不利になります。個人信用機関では審査が落ちたかどうかの記録は残っていませんが、申し込んだ記録と登録した記録があります。もし申し込みがあるのに登録した記録がなければ、クレジットカード会社は必然的に審査に落ちたと判断することができます。

申し込んだ記録が保管されるのは6ヶ月間なので、再申し込みまで6か月間あければカード会社はあなたが審査に落ちたことを判断する術がなくなります。

まとめ

クレジットカードの多重申し込みについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。クレジットカードの多重申し込みとは、6カ月の間に3枚以上のクレジットカードを申し込むことです。1カ月に3枚以上申し込まなくて、クレジットヒストリーが良好なら審査が通る可能性があります。

クレジットカードを複数枚持つことにはメリットがありますが、問題なのはクレジットカードを申し込む期間です。できるだけ期間をあけて多重申し込みにならないように注意したいですが、期間限定のキャンペーンがあると意図せず短期間で申し込んでしまうこともあるかもしれません。そうした時でも審査が通過できるように、日頃からクレジットカードの支払いをきちんとすませてクレジットヒストリーを綺麗にしておきたいですね。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る