三井住友ビジネスクラシックカードのメリットとデメリットとは。参考になるカードの活用術も紹介!

  • 作成
  • 更新

三井住友ビジネスクラシックカードは、法人カードとして知名度・信頼性に優れているカードです。中小・零細企業の経営者に向いているとされていますが、具体的にどのような特徴・メリットがあるのか見ていきましょう。

三井住友ビジネスクラシックカードとは

三井住友ビジネスクラシックカードはSMBC三井住友VISAカードが発行する、法人向けのクレジットカードの一つ。VISAカード発行会社として知名度の高い三井住友のカードということもあり、その信頼性は抜群です。クラシック・ゴールド・プラチナの3種類があり、クラシックは「一般」にランクされる法人カードです。ゴールド・プラチナより年会費が安く、初めてビジネスカードを導入する企業にもおすすめ。

法人カードは経費支払いの一本化、精算・立替など経理業務の合理化に役立ちますが、三井住友ビジネスクラシックカードはそれに加えて、新幹線予約・ETCカード・レンタカーなど、国内出張がしやすい付帯サービスが充実しているのが特徴。中小企業・零細企業では海外より国内出張がメインのところも多いので、三井住友ビジネスクラシックカードは使い勝手が良いビジネスカードと言えます。

総合評価
4.1
経理管理と資産運用の効率化を目的とした三井住友ビジネスクラシックカード

個人用と法人・事業用にカードを分けて利用することにより経費管理と資金運用の合理化が可能!経費・事務作業の削減で運用効率化アップ!!

  • ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能
  • 転勤社員の引越しやオフィスの移転をお得な価格で利用できるビジネスサービスが充実
  • 人間ドックや英会話学校などお得な割引料金で利用できるサービス付き
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.45%~0.90% 約3週間
1,250(税別) 1,250円(税別)

三井住友ビジネスクラシックカードの魅力・メリットは?

通常のクレカとの違いは?法人カードの持つメリットを解説

通常の一般的なクレカに比べ、法人カードは以下のようなメリットがあります。

  • 個人と会社の決済を別にすることができる
  • 経理業務を効率化できる
  • 資金繰り・キャッシュフローにゆとりが生まれる
  • 支払いコストを制約できる

法人カードを使えば、会社としての決済を明確にすることができます。小さい会社では個人決済と法人決済が曖昧になってしまうことがありますが、会社としての支払には三井住友ビジネスクラシックカードを使うことで、線引きが明確になります。

三井住友ビジネスクラシックカードを導入すると、経費の処理・申請が楽になります。現金を使った仮払いがなくなるため社員が立て替える必要がなく、面倒な申請手続きも不要です経理担当者も、経常漏れ・請求漏れなどのミスを減らすことにつながり、経理ソフトと連動させることでさらに業務が楽になります。

クレジットカードの支払いサイクルをうまく活用すれば、支払いまで猶予があるため、キャッシュフローにゆとりが生まれます。現金の支払ではお金が日ごとに細かく出ていくことになりますが、三井住友ビジネスクラシックカードなら引き落とし日が月1回と決まっているため、お金の動きを管理しやすくなるメリットも。

また、支払いコストを減らすメリットも生まれます。三井住友ビジネスクラシックカードに一本化することで、各所に支払っていた振込手数料を削減することが可能です。

年会費はいくら?詳しくご説明します

三井住友ビジネスクラシックカードの年会費は1,250円(税抜き)で、他の一般ランクのビジネスカードとほぼ同等です。2人目以降のカードについては年間400円(税抜き)なので、カードを追加発行しても年会費が安く抑えられます。

三井住友ビジネスクラシックカードは年会費が安いのに加えてキャッシュバックキャンペーンなども充実しているので、数年間は実質年会費無料で使うことも可能です。

ETCカードの年会費は?

三井住友ビジネスクラシックカードに付属するETCカードの年会費は初年度無料で、2年目以降は500円(税抜き)です。ただし、前年度に1回でも利用すれば翌年は年会費無料になるため、年間1回以上利用すればETCカードは年会費無料で持ち続けられます

注意点としては、1回利用したETCカードのみ年会費無料の対象になるということ。三井住友ビジネスクラシックカードの付属カードとして複数発行したETCカードの年会費をすべて無料にするには、それぞれのカードで1回以上利用しなくてはなりません。

三井住友ビジネスクラシックカードをビジネスにどんどん活用!おすすめ活用術

三井住友ビジネスカードクラシックカードを賢く利用すれば、会社の業務が円滑になります。三井住友ビジネスクラシックカードの使えるサービスはどんどん活用していきましょう。

経理業務の効率化

法人カードを使うと経理業務が効率的になります。経費を三井住友ビジネスクラシックカードで決済してもらえれば、現金での精算が不要です。現金が動くと現金出納帳への記入など、多くの手間と時間を必要とするため、三井住友ビジネスクラシックカードでの決済が便利です。

三井住友ビジネスクラシックカードの支払い明細を会計・経理ソフトと連動すれば入力が簡単になり、手作業の業務を減らせます。領収書・請求書などの発行は時間がかかり、ミスの原因にもなりますので、三井住友ビジネスクラシックカードで利用データが簡単にソフトに取り込めるのは便利です。

三井住友ビジネスカードは、財務会計システム「勘定奉行」と連携サービスを提供しています。三井住友ビジネスクラシックカードの利用明細データを勘定奉行に取り込み、仕訳伝票を自動で作成することができます。

便利なビジネスサポートサービスを活用

三井住友ビジネスカードには、法人のサービス利用がお得になる「ビジネスサポート」があります。

DHLエクスプレスは世界220以上の国と地域をカバーする、国際輸送サービス。三井住友ビジネスクラシックカードを使うと、優待価格で利用できます。

国内出張で車を使う必要がある場合は、日産レンタカー/タイムズカーレンタルを利用しましょう。三井住友ビジネスクラシックカードを持っているとお得な料金で営業車を手配してもらえます。

またアート引越センターとも提携しています。従業員が転勤する時やオフィスを移転する時に利用するのがおすすめ。三井住友ビジネスクラシックカードを持っていると引越し基本料金(車両費+人件費)が30%割引になります。ただし国内の引越しのみが対象であり、引越し繁忙期である3月中旬~4月上旬までは対象外です。

JR東海の予約サービスが使える

三井住友ビジネスカードは、「エクスプレス予約」が利用可能。東海・山陽新幹線の座席を、電話やインターネットで予約できるシステムです。以前は「プラスEX」という名称でおなじみのサービスでした。

エクスプレス予約では専用のICカードを利用するため、わざわざ切符を受け取る必要はありません。在来線の乗り継ぎも、Suica・PASMOなどと併用すれば問題なく利用できます。

予約した後は専用ICカードを持っていくだけ。駅の改札機にタッチすれば簡単に乗車できます。

また通常の切符より運賃が割引になるのもメリット。ただし年会費として1,000円(税抜き)が必要となります。

海外出張の経費処理も楽になる

海外出張での経費の精算は、利用日の為替レートをわざわざ調べて精算しなければならないため手間がかかります。

しかし、三井住友ビジネスクラシックカードの明細書には、利用日時・場所・金額だけでなく、利用時の為替レートまで記載されています。経費申請のときにはそのレートを記載するだけで済むので、申請が簡単で手間いらずになります。

海外出張ではVJデスクを活用できる

VJデスクとは、海外の日本語サポートデスクとして、三井住友ビジネスカードが設置しているサービスです。主要国・主要都市にあり、三井住友ビジネスクラシックカードを持っていると24時間日本語でサポートしてもらえます。

その対応領域はクレジットカード関連に留まりません。以下、例をご覧ください。

予約サービス

レストラン、レンタカー、コンサートなど各種チケット

アシスタントサービス

ガイドや通訳、タクシーの手配

情報サービス

現地の情報、ホテルやレストランの案内、交通機関の案内

緊急サポートサービス

カード・パスポートの盗難・紛失対応、トラブル発生時のサポート

海外に慣れていない方にとって心強いサービスといえます。何か困ったことがあればいつでも日本語で相談できるため、気軽に利用してみましょう。

福利厚生サービスも使える

三井住友ビジネスクラシックカードには、福利厚生代行サービスである「ベネフィット・ステーション」が付いています。1人あたり月々320円(税抜き)で、以下のような福利厚生施設サービスを、通常よりお得な優待料金で利用することが可能です

  • スポーツジム
  • 飲食店
  • ホテル・旅館
  • 映画館
  • Eラーニング
  • 遊園地

これだけの優待サービスを自社で用意するのは大変な手間を必要とします。中小企業の場合はあまり現実的ではないでしょう。しかし、三井住友ビジネスクラシックカードに入会し、ベネフィット・ステーションの月会費を支払えば、すぐに福利厚生施設を利用できるようになります。費用も時間・手間も大幅に削減しながら福利厚生サービスを導入できるのは、三井住友ビジネスクラシックカードの大きなメリットです。

そのほか、三井住友ビジネスクラシックカードならではのサービスをご紹介!

三井住友ビジネスクラシックカードの特典とは別に、Visa法人カード会員限定で利用できるサービスがいくつかあります。接待・出張やビジネス消耗品の購入に使えるサービスがVisa ビジネスオファー」です。接待では全国から厳選したレストランを優待価格で予約できる「Visaビジネスグルメオファー」ゴルフ接待なら「ゴルフダイジェスト・オンラインの予約サービス」があります。

また、三井住友ビジネスクラシックカードで発行できるタクシーチケットが「VJタクシーチケット」。24時間いつでも主要タクシーをサイン1つで利用でき、接待での送迎や急な出張などで使うのに便利です。名刺大で財布や名刺入れに簡単に収まるので使いやすく、利用代金明細書が届くので自動的に三井住友ビジネスクラシックカードに請求される扱いとなるので経理処理に手間がかかりません。

チケット発行手数料は、20枚綴りで300円(税抜き)です。1枚で乗車料金10,000円まで対応し、1度の乗車で最大3枚まで利用可能です。チケットを使うときはVJタクシーチケットの表示があるタクシーを利用しましょう。

総合評価
4.1
経理管理と資産運用の効率化を目的とした三井住友ビジネスクラシックカード

個人用と法人・事業用にカードを分けて利用することにより経費管理と資金運用の合理化が可能!経費・事務作業の削減で運用効率化アップ!!

  • ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能
  • 転勤社員の引越しやオフィスの移転をお得な価格で利用できるビジネスサービスが充実
  • 人間ドックや英会話学校などお得な割引料金で利用できるサービス付き
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.45%~0.90% 約3週間
1,250(税別) 1,250円(税別)

三井住友ビジネスクラシックカード、クラシックはゴールド・プラチナとどこが違う?

三井住友ビジネスカードは3種類あり、クラシックゴールドプラチナです。クラシックは一般ランクに位置するカードですが、他の2種類とどこが違うのか見ていきましょう。

 

クラシック

ゴールド

プラチナ

年会費(税抜き)

1,250円

10,000円

50,000円

追加分の年会費
(税抜き)

400円

2,000円

5,000円

カード利用枠

20万~100万円

20万~300万円

150万~500万円

旅行傷害保険

最高2,000万円

※海外のみ

最高5,000万円

※海外・国内

最高1億円

※海外・国内

ショッピング補償

年間100万円まで

※海外のみ

年間300万円まで

※海外・国内

年間500万円まで

※海外・国内

空港ラウンジサービス

なし

あり

あり

支払いサイクル

15日締め翌月10日

15日締め翌月10日

月末締め翌月26日

※どちらかを選べます

15日締め翌月10日

月末締め翌月26日

※どちらかを選べます

総合評価
4
国内外の出張サポートに特化した三井住友ビジネスゴールドカード

最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯。お得な価格で航空券やホテルの予約をサポートしてくれるサービスが満載!!

  • 全国主要空港のラウンジを無料で利用可能
  • 現地通貨を法人カードで準備できる海外キャッシュサービス付き
  • 転勤社員の引越しやオフィスの移転をお得な価格で利用できるビジネスサービスが充実
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 約3週間
10,000円(税別) 10,000円(税別)

年会費の分だけ提供サービスの内容に違いがある

ゴールド・プラチナは、クラシックに比べて年会費がかなり高くなります。しかしその分、サービス内容が手厚くなることが分かります。空港ラウンジを無料で利用できるサービスはゴールド・プラチナのみです

カード利用枠はゴールドなら最大300万円プラチナは最大500万円に増えます。プラチナは下限が150万円なので、審査に通れば150万円の枠は補償されるということになります。

旅行傷害保険・ショッピング補償を見ると、補償額が多くなるのはもちろんのこと、適用範囲にも違いがあります。三井住友ビジネスクラシックカードは海外利用だけが対象となっているのに対し、ゴールド・プラチナは国内利用も補償の対象です

支払いサイクルも、ゴールド・プラチナなら2パターンのうちどちらかを選択できます。

カードの種類は決済金額と補償範囲から決めよう

3種類から選ぶ基準としては年会費に加え、会社で決済する金額がどれぐらいなのか、補償をどこまで求めるかで決めると良いでしょう。

海外出張も国内出張も頻繁に行い、毎月利用する金額が高いのであれば、ゴールド・プラチナがおすすめです。国内出張はあまりしない、補償もなしで構わないのであれば三井住友ビジネスクラシックカードで充分です。

総合評価
4
国内外の出張サポートに特化した三井住友ビジネスゴールドカード

最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯。お得な価格で航空券やホテルの予約をサポートしてくれるサービスが満載!!

  • 全国主要空港のラウンジを無料で利用可能
  • 現地通貨を法人カードで準備できる海外キャッシュサービス付き
  • 転勤社員の引越しやオフィスの移転をお得な価格で利用できるビジネスサービスが充実
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 約3週間
10,000円(税別) 10,000円(税別)

三井住友ビジネスクラシックカードの決済口座はどうなる?

三井住友ビジネスクラシックカードの決済口座は法人名義の口座のみが対象です。個人用口座や個人事業主名義の口座などは利用できないので注意しましょう。

三井住友ビジネスクラシックカードの支払いサイクルについて、締め日は毎月10日で翌月15日の支払いです。支払いまでの猶予日数は、最大で55日となっています。

三井住友ビジネスクラシックカードの保険や補償は充実している?詳しく知りたい!

海外旅行傷害保険

海外旅行で病気やケガをした時の治療費をカバーしてくれる保険です。日本の保険が使えない海外では、高額の治療費を請求されてしまうことも。海外出張では旅行傷害保険があると安心です

三井住友ビジネスクラシックカードでは、最大2,000万円までの海外旅行傷害保険が付いています。適用となる旅行はカード入会の翌日以降に出発する旅行で、補償期間は1回の旅行に付き3ヶ月までです。旅行の度にその都度適用されます。

ただし保険が適用されるには、事前に三井住友ビジネスクラシックカードで旅行代金を支払っておくことが必要です。ただ三井住友ビジネスクラシックカードを持っているだけでは適用されませんので注意しましょう。また、国内旅行は対象外です。

ショッピング補償

ショッピング補償とは、クレジットカードで購入した商品が破損または盗まれた場合に補償してくれるサービスです。間違えやすいのですが、クレジットカードが盗難・紛失に遭って不正利用された場合の補償とは別の制度です。

三井住友ビジネスクラシックカードには、年間100万円までの買い物補償があります。三井住友ビジネスクラシックカードで購入した商品について、購入日および購入日の翌日から90日間の補償です。ただし三井住友ビジネスクラシックカードの場合は海外での利用のみが対で、国内は対象外となっています。また、三井住友ビジネスクラシックカードには一部補償の対象外の商品もあるため、規約をよく確認しておきましょう。

三井住友ビジネスクラシックカードのポイント還元プログラムはどう?

三井住友ビジネスクラシックカードでは三井住友が運営する「ワールドプレゼント」が利用できます。1,000円のカード利用ごとに1ポイントが付与されます。ポイントが貯まると様々な特典に変えることが可能です。ギフトカード・マイレージ・他社ポイントへの移行などから好きなものを選べます。

ただし、ポイント還元率は全体的にそれほど高くありません。1ポイントを3円にキャッシュバックすることもできますが、還元率は0.33%となりこちらも低い数字です。ワールドプレゼントはそれほど大きなメリットはないため、あくまでも補助的な利用としておく方が良いでしょう。

三井住友ビジネスクラシックカードの審査基準

三井住友ビジネスクラシックカードに限った話ではありませんが、クレジットカードの具体的な審査基準は公開されておらず、問い合わせても教えてもらえません。

インターネットには実際に申し込んだ人の口コミ・体験談が掲載されていますが、すんなり審査に通ったので厳しくなかったという人もいれば、審査に落ちてしまったという人もいます。

ここでは、法人カードの審査で一般的に重視すると言われている項目について解説していきます。三井住友ビジネスクラシックカードの実際の審査基準とは異なる場合もあるため、ご承知おきください。

赤字経営でのカード発行は難しい

法人カードの発行で気になる人が多いのが、赤字経営の場合です。残念ながら、赤字の場合は支払い能力がないとみなされ、審査で落とされることが多いようです。

法人カードを取得したいなら設立から3年以上経過し、黒字営業を直近2年以上継続していることが望ましいとされています。

固定電話は重要

法人カードの審査で重要性が高いと言われている項目の1つが固定電話です。個人のクレジットカードの場合は携帯電話だけしか持っていなくても、他の項目に問題がなければほぼ審査に通ります。現在は携帯電話だけを保有する人が大幅に増えていて、まったく珍しくないからです。

しかし、法人となると話は別で、依然として固定電話を保有していることが信頼性につながる要素の1つとなっています。企業が携帯電話だけでビジネスをしているかというとそうではなく、固定電話も使用しているところも多いのが現状です。

なぜ固定電話が重要視されるのかというと、電話回線の工事をする関係で、会社としての実体があると認められるためです。固定電話番号を記入せずに申し込むと、カード会社の担当者から電話がかかってきて、固定電話がないか確認されることもあるようです。

三井住友ビジネスクラシックカードの審査にスムーズに通りたい場合は、固定電話の番号を用意しましょう。法人カードだけでなくビジネス上の信頼も高まるので、回線を引いておいて損はありません。

三井住友ビジネスクラシックカードと for Ownersの違いは何?

三井住友ビジネスカードには、「for Owners」というラインもあります。こちらは個人事業主や法人の代表者向けのカードです。通常のビジネスカードとfor Ownersで、違いのあるポイントをまとめました。

 

三井住友ビジネスカード

三井住友ビジネスカード

for Owners

対象

 

法人

 

法人代表者

個人事業主

審査に必要な書類

登記簿謄本のコピー

代表者の本人確認書類

本人確認書類

年会費(クラシック)

1,250円

1,250円

※初年度年会費無料

利用限度額

20万~100万円

10万~80万円

キャッシング

海外(0~30万円)

国内・海外(0~50万円)

支払い方法

一括払い

一括払い、2回払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い

支払日

15日締め・翌月10日

15日締め・翌月10日または月末締め・翌月26日

総合評価
4.1
経営者限定のお得なビジネスカード

初年度年会費無料!支払い回数や決済口座、支払日を自由に選択可能。アスクルやDHLエクスプレスなど優待価格で利用できるビジネスサポートサービスも充実。

  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
  • 転勤社員の引越しやオフィスの移転をお得な価格で利用できるビジネスサービスが充実
  • 人間ドックや英会話学校などお得な割引料金で利用できるサービス付き
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 約3週間
無料 1,250円(税別)

申し込み対象

三井住友ビジネスクラシックカードは法人、for Ownersは法人代表者と個人事業主です。

審査

三井住友ビジネスクラシックカードの入会審査では、登記簿謄本のコピーが必要ですが、for Ownersでは必要ありません。本人確認書類のみで申し込めます。

年会費

年会費は双方とも同額です。for Ownersには初年度無料の特典もあります。ただし三井住友ビジネスクラシックカードの方も定期的にキャンペーンを実施していて、最大12,000円のギフトカードなどがもらえることも。

カード利用限度額

for ownersの一般カードの場合、10万から80万円と、三井住友ビジネスクラシックカードより低くなっています。ただし国内でのキャッシングができるのがfor Ownersの特徴でもあります。

支払い方法

三井住友ビジネスクラシックカードは一括払いのみなのに対し、for Ownersは2回払い・分割払い・ボーナス一括払い・リボ払いなども選べます。資金繰りやキャッシュフローが楽になるのがメリット。

ただしこれらの支払い方法は利息がかかるので、ビジネス上で一概に良いとは断定できません。一括払いであれば無利息なので、一括払いだけを前提としている企業も多いでしょう。

支払日

三井住友ビジネスクラシックカードは15日締め翌月10日払いのみですが、for Ownersは月末締め翌月26日払いも選択できます。ビジネスの支払いサイクル上で便利な場合は、月末締めを選ぶのも良いでしょう。

全体を通しての比較

サービス比較を俯瞰すると、キャッシング・支払い方法などで三井住友ビジネスクラシックカードに比べてfor Ownersの方は選択肢が多いです。ただし利息が付くものも多く、コストが高くなるため、余計な機能のついていないビジネスカードの方が良いと判断する考えもあるでしょう。

総合評価
4.1
経営者限定のお得なビジネスカード

初年度年会費無料!支払い回数や決済口座、支払日を自由に選択可能。アスクルやDHLエクスプレスなど優待価格で利用できるビジネスサポートサービスも充実。

  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
  • 転勤社員の引越しやオフィスの移転をお得な価格で利用できるビジネスサービスが充実
  • 人間ドックや英会話学校などお得な割引料金で利用できるサービス付き
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 約3週間
無料 1,250円(税別)

三井住友ビジネスクラシックカードのデメリット

カード発行は20枚まで

三井住友ビジネスクラシックカードのカード発行は合計20枚までと制限されています。20人を大幅に超える社員がいる大企業には向いていません。ゴールド・プラチナでも20人までとなっています。

ただしビジネスカードはあらゆる社員が持つものではなく、役員など一部だけが利用することがほとんどです。また、カードは使うときだけに貸し出すなどルールを工夫することで、20枚までで問題ないことも多いでしょう。

海外旅行補償は利用付帯となっている

ただ三井住友ビジネスクラシックカードを持っているだけでは補償の適用にはなりません。航空券・ホテルなどを三井住友ビジネスクラシックカードで支払っていることが前提なので注意しましょう。

三井住友ビジネスクラシックカードを活用するなら!社内のルールを定めよう

利用者を制限する

三井住友ビジネスクラシックカードのカード数上限が20となっているため、従業員全員が利用することは現実的ではありません。中小・零細企業であっても、役員や役職付き社員のみに限定するのがおすすめです。

利用目的を絞る

三井住友ビジネスクラシックカードの利用目的を限定しておかないと、社員のプライベートに利用されてしまう可能性があります。例としては交通費・宿泊費・ガソリン代・法人向けネット通販・接待費など、中小企業もよく利用する目的に絞ると良いでしょう。

カード管理者を設定しておく

従業員に任せきりにするのではなく、三井住友ビジネスクラシックカードのカード管理者を定めておきましょう。普段は管理者がカードを保管・管理する体制です。利用者は普段からカードを持つのではなく、カードを使うときだけ借りるルールにしておきます。カードを借りる際に管理者へ目的を報告する必要があるため、不正利用を防止する効果があります。

領収書を提出させる

社員によるカードの不正利用を防ぐため、三井住友ビジネスクラシックカードを利用した時でも領収書を提出させることをおすすめします。カードの請求書と領収書を照合して、不正利用がないかをチェックできます。

今なら、限定特典・キャンペーン!

今なら、三井住友ビジネスクラシックカード新規ご入会1ヵ月後までに5万円ご利用でもれなく8,000円分のVJAギフトカードプレゼント!キャンペーンを実施中です。

キャンペーン期間は2019/3/30(土)~2019/8/30(金)なので、お早めに!

キャンペーン特典

  • <特典1>新規ご入会&カードご入会月の2ヵ月後までに合計20万円(含む消費税等)以上ご利用(使用者利用分含む)で、最大6,000円分プレゼント

  • <特典2>使用者同時追加&カードご入会月の2ヵ月後までに合計20万円(含む消費税等)以上ご利用(代表者利用分含む)で、最大2,000円分プレゼント 最大2名 2,000円分

  • <特典3>Vpass登録とご入会月の2ヵ月後までに合計20万円(含む消費税等)以上ご利用(使用者利用分含む)で、抽選で合計600社に5,000円分プレゼント条件                  (※条件:ご入会後、2ヵ月後の月末までにインターネットサービス「Vpass(ブイパス)」に会員登録メールマガジン配信可否の「可」設定が必須。

    ご入会月から2ヵ月後の月末までに合計20万円(含む消費税等)以上ご利用使用者分も本会員利用と合算いたします。)

総合評価
4.1
経理管理と資産運用の効率化を目的とした三井住友ビジネスクラシックカード

個人用と法人・事業用にカードを分けて利用することにより経費管理と資金運用の合理化が可能!経費・事務作業の削減で運用効率化アップ!!

  • ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能
  • 転勤社員の引越しやオフィスの移転をお得な価格で利用できるビジネスサービスが充実
  • 人間ドックや英会話学校などお得な割引料金で利用できるサービス付き
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.45%~0.90% 約3週間
1,250(税別) 1,250円(税別)

三井住友VJAギフトカードとは?

キャンペーンでもらえるこちらのギフトカードは、全国50万店で利用できる便利な商品券!以下、利用できる代表的な店舗をまとめてみました。

デパート:伊勢丹、高島屋、京王、小田急西武、阪急、松坂屋、大丸、名鉄など

スーパー:イオン、西友、イトーヨーカ堂、東急ストア、マックスバリュ、ダイエーなど

ショッピングセンター:カインズホーム、東急ハンズ、ロフト、ららぽーと、ルミネなど

趣味:イエローハット、ケーヨーデイツー、コーナン、ホーマックなど

家電・家具:ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ニトリ、コジマ、島忠/島忠ホームズなど

非常に知名度のある大手の店で利用できることが分かります。これなら身近な店舗で使うことができ、使い道に困ることはほぼないでしょう。

この他にも旅行代理店・ホテルチェーンなどで利用できるところもあります。

三井住友ビジネスクラシックカードがオススメの企業

ビジネスカードとしての特徴を解説してきましたが、この三井住友ビジネスクラシックカードを利用するのに向いているのは、以下に当てはまる企業です。

  • 規模が比較的小さい中小企業
  • 年会費を安く抑えたい企業
  • 国内出張が多い企業
  • カードの信頼性・ステータスも重視する企業

三井住友ビジネスクラシックカードは、規模の小さい中小企業に最もおすすめ!年会費が安いので、複数枚発行しても大きなコストにはなりません。ゴールドやプラチナと比較すると利用限度額はやや低めですが、毎月頻繁に買い物をするような使い方でなければ、ほぼ問題ないでしょう。1枚だけであれば年会費は1,250円(税抜き)で、ETCカードも年に1回以上利用すれば無料で持てます。

また、三井住友ビジネスクラシックカードは提携カードではなくプロパーカードです。一般的にプロパーカードの方が審査は厳しいため、保有していることはある程度の信頼性・ステータスを備えていることになります。そのため、数あるビジネスカードの中でも高い認知度がある人気のカードです。

ビジネスカードなら何でも良いのではなく、三井住友ビジネスクラシックカードのように一般的に認められているカードを保有したい場合におすすめします。

まとめ

三井住友ビジネスクラシックカードの数々の魅力をお伝えしてきました。安い年会費ですが、会社が活用できるサービスがたくさんあることがお分かりいただけたと思います。

三井住友ビジネスカードの中でも、一般クラスにあたるクラシックは、ビジネスカードを導入してみようかと考えている小規模の企業におすすめ!経理が楽になるだけでなく、出張サポート・福利厚生サービスなど、中小企業にとっては「痒い所に手が届く」サービスを提供してくれます。

お得な特典がもらえるキャンペーンも実施しているので、気になった人はお見逃しなく!

総合評価
4.1
経理管理と資産運用の効率化を目的とした三井住友ビジネスクラシックカード

個人用と法人・事業用にカードを分けて利用することにより経費管理と資金運用の合理化が可能!経費・事務作業の削減で運用効率化アップ!!

  • ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能
  • 転勤社員の引越しやオフィスの移転をお得な価格で利用できるビジネスサービスが充実
  • 人間ドックや英会話学校などお得な割引料金で利用できるサービス付き
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.45%~0.90% 約3週間
1,250(税別) 1,250円(税別)
ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
口コミ投稿
国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス
満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る