LINE Payカードが気になる!メリット・デメリットを解説

  • 作成
  • 更新

LINE Payカードは、事前チャージする前払い式のプリペイド型で、JCB提携店舗を中心に、便利かつお得に利用可能です。そんなLINE Payカードのメリット・デメリットを徹底解説します。

LINE Payカードって何?

LINEでお金のやり取りが可能な「スマートフォンのおサイフサービス」として「LINE Pay」があります。チャージをすれば、加盟店で買い物をしたり、LINE友だちに送金できるほか、割り勘も可能です。

そんなLINE Payをカード化したのがLINE Payカードで、申し込みをするとLINEキャラクターのカードが発行されます。

LINE Payカードは、国内外およそ3,300万店舗で利用可能なプラスチックカードや、オンライン専用のバーチャルカードがあります。どちらも事前チャージするプリペイド(前払い)式ですので、使いすぎの心配はありません。

まずは、バーチャルカードとプラスチックカードについて見て行きましょう。

JCBオンライン加盟店で利用できる「バーチャルカード」

LINE Payカードのバーチャルカードは、JCBブランドの決済カードです。バーチャルカードの名前の通り、実際にカードが届くわけではありません。LINEの画面にカードの画像とカード番号などが表示されたもので、オンライン決済のみ利用可能です。

JCB対応のオンラインショップなどで、事前チャージしたLINE Payでお買い物を楽しむことができます。LINE Payカードのバーチャルカードは、クレジットカードのような審査が不要で、誰でも保有可能です。

バーチャルカードで決済可能な店舗は以下の通りです。

《バーチャルカードで決済可能な店舗一覧》

店舗名

概要

ラクマ

楽天のフリマアプリ。不用品などの売買をスマートフォンでカンタンに行える

ZOZOTOWN

日本最大級のファッション通販サイト。常に65万点以上の商品を取り揃え、ショップは1,100以上、ブランドは6,800以上を誇る。新着商品は1日平均3,100点以上

SHOPLIST.com

さまざまなファッションブランドアイテムをまとめて購入可能な通販サイト。レディース、メンズはもちろんのこと、キッズまで購入できる

haco!

洋服や雑貨のほか、プロジェクトがつまったファッション通販

HMV ONLINE

CD・DVD・Blu-rayだけでなく、書籍や雑誌、コミック、ゲーム、そのたグッズなどを取り揃え。充実したエンタメECサイト

ソク読み

コミックやライトノベルを気軽に読める電子書籍サイトで、配信されているコミックは10万冊以上にのぼる。毎日無料作品も更新されて内容充実

LINEチケット

スポーツチケットやコンサートチケット、演劇チケットなど、各種チケットをLINEで購入可能。購入から発券、入場までスマートフォン1つで完結

LINE STORE

パソコンやスマートフォンから、LINEスタンプやLINE GAMEを購入可能。仮想通貨も購入できる

ワタシプラスオンラインショップ

資生堂公式オンラインショップ。資生堂の人気化粧品を気軽に購入可能

DLsite

コミックや同人誌、美少女ゲームなど、作品総数は43万点以上にのぼる、国内最大級の二次元総合ダウンロードショップ。登録ユーザー数も150万以上を誇る

Joshin webショップ

大手家電メーカー「Joshin」のオンラインショップ。家電だけでなく、日用品や玩具、音楽映像ソフト、スポーツなど、幅広いジャンルを豊富に品揃え。最短翌日お届けや長期保証も嬉しい

ハイブリッド型総合書店「honto」

ネット書店と、リアル書店が連携された総合書店。オンライン書籍販売や電子書籍、ジュンク堂や丸善書店など、ネットとリアル書店が見事に融合。本が好きな人にとって嬉しいサービス

まんが王国

無償作品が大量に出されている「まんが王国」。ドラマ化したあの作品や、懐かしい作品など、充実した品揃え。その数は国内最大級を誇る

GDO| HOT PRICE

GDO(ゴルフダイジェスト・オンライン)提供のチケット販売サービス。事前購入だからこそのお得な価格帯で、通常価格の50%割引もあり

出前館

インターネットでカンタンに出前の注文が可能な宅配ポータルサイト。注文から最短20分で到着。自宅でもオフィスでも便利に利用可能

ミュゼプラチナム

全ての女性のキレイをサポートする美容脱毛専門サロン。全国に170店舗以上構えている

FLAG SHOP(フラッグショップ)

人気ブランドや限定コラボなどの商品が購入できるファッション通販サイト。集英社の公式通販サイトで、雑誌で話題の商品アイテムもゲットできる

サンプル百貨店

サンプリングサービスで国内最大級。企業提供のトライアルセットや各種商品を、お値打ち価格にて提供

LINE Clova

LINE開発のAIアシスタント「Clova」は、あなたのライフスタイルを支えるアシスタント

ピザハット

底はカリッとしていながら、中がふっくらしている「ふっくらパンピザ」が人気のピザハット。こだわりの生地はしっかりと練り上げられ、じっくり発酵された上で一気に焼き上げられている

JCB加盟実店舗で利用できる「LINE Payカード」

LINE Payカードのプラスチックカードは申込み後に郵送され、1~2週間で手元に届きます。以前はコンビニ販売もされていたのですが、既に中止されています。

プラスチックカードは国内外のJCB加盟店およそ3,300万店舗で利用可能で、特に多いお店の業態はコンビニやスーパー、ドラッグストア、インターネットショッピング、カラオケなどです。

プラスチックカードを利用可能な主なお店をいくつかピックアップして紹介します。

《プラスチックカードで決済可能な主な実店舗》

店舗名

概要

LAWSON

コンビニエンスストアのローソンは、マチの健康ステーションのキャッチフレーズで知られ、全国47都道府県で展開している。コンビニのローソンだけでなく、ローソンストア100やナチュラルローソンでも利用可能

島村楽器

総合楽器店「島村楽器」は、国内外のブランドピアノやギターのほか、管弦楽器など、豊富に品揃え。イベントや音楽教室なども充実しており、音楽ライフを充実させてくれる

セブン‐イレブン

世の中のくらしを支える生活インフラとして、社会に貢献しているセブン‐イレブン。コンビニエンスの名の通り、「近くて便利」をあらゆる街に提供している

東急ハンズ

「ヒント」を売ることで新たな価値が生まれる東急ハンズは、あなたのヒント・マーケット

クスリのアオキ

医薬品だけでなく化粧品、食料品など、生活に必要な品物が安価に揃っている。薬剤併設店舗も増加中で、薬を待っている間のお買い物が便利

サーティワンアイスクリーム

サーティワンの名の通り、季節に合わせた31種類のアイスクリームを販売。1カ月31日間、毎日違うおいしさを味わえる

中央コンタクト・フラワーコンタクト

コンタクトレンズ、カラコン、ケア用品など豊富に取り揃え。店舗数は全国160店舗、会員数は250万人を誇るコンタクトレンズ専門店

SHOE・PLAZA

SHOE・PLAZAは、婦人靴、紳士靴、子供靴に加えて、グローバルブランドスニーカーや生活必須アイテムまで取り揃え。充実のラインナップ

東京靴流通センター

婦人靴、紳士靴、子供靴のほか、上履きや長靴、スポーツブランドなど豊富に取り揃え。季節品も充実

Chiyoda

婦人靴、紳士靴、子供靴のほか、トレンド商品や有名ブランドまでしっかりラインナップ

ハードオフ

買取・販売を行うリユースショップ。パソコンや楽器のほか、オーディオ、腕時計、カメラなど、さまざまな商品を取り扱い。査定は親切丁寧に行う

オフハウス

各種商品の販売や買取を行うリユースショップ。ファッション、アクセサリーのほかに、家電、インテリア、家具、ギフトに至るまで、守備範囲は広い。もちろん査定は親切丁寧

モードオフ

メンズやレディース、ブランドのほか、アクセサリー、シューズなど、各種アイテムの販売・買取を行うリユースショップ。親切丁寧な査定で安心

ガレージオフ

カー用品の販売・買取を行うリユースショップ。オーディオ、カーナビ、タイヤ、ホイール、各種パーツ、各種カー用品などを取り扱い。親切丁寧な査定

ホビーオフ

各種玩具やフィギアの販売・買取を行うリユースショップ。プラモデルやミニカーだけでなく、カードやカプセルトイ、食玩まで幅広く取り扱い。査定はもちろん親切丁寧

リカーオフ

酒類の販売・買取を行うリユースショップ。ブランデーやウィスキー、シャンパン、ワインなど、さまざまなお酒を専門スタッフが親切かつ丁寧に査定

ドラッグイレブン

九州や沖縄を中心に、ドラッグストアやヘアサロンを展開している「ドラッグイレブン」。健康になりたい人や美しくなりたい人など、ファン多数

Bodysh

全国30店舗展開するアロマトリートメント専門のリラクゼーションサロン。東京、大阪、京都、神戸などで上質な時間を過ごせる

薬王堂

東北6県に展開する「薬王堂」は、医療品や化粧品、生活必需品を取り扱うドラッグストア。何でも揃ってとても便利

長崎ちゃんぽんリンガーハット

健康で美味しい「長崎ちゃんぽんリンガーハット」。創業以来、新鮮な食材でおもてなし

登録手数料は無料

LINE Pay カードは登録手数料無料です。クレジットカードでは、年会費が有料のカードや、初年度だけ年会無料で、翌年以降年会費有料のもの、一定条件をクリアしなければ年会費無料にならないカードがありますが、LINE Pay カードは入会金や年会費もかかりませんので、費用負担なく利用可能です。

LINE Payカードの申し込み方法

LINE公式サイトのQRコードからも申し込み可能

LINE公式サイトのQRコードを利用する方法もあります。LINEの公式サイトから「LINE Pay」「LINE Pay カード申込み方法」を選びましょう。すると、QRコードが表示されますので、QRコードを読み取ることで、申込みページに移動します。

カードのデザインを選んで、名前と住所を入力すれば、申し込みができます。既にLINEに情報を入力している場合は、名前と住所が入力済みとなっていますので、進むだけで申し込みが完了します。

カードが届いたら利用開始の登録手続き

LINE Payカードが届いたら、利用開始登録手続きをしましょう。LINEアプリを開いて、「LINE Pay」「コードリーダー」を立ち上げて、プラスチックカード裏面のQRコードを読み取りましょう。QRコードは付属の案内にも付いていますので、どちらを読み取っても構いません。

万一読み取れなかったら、お客様番号とセキュリティコードの入力でも設定可能です。LINE Payの画面上に、選んだカードデザインのLINE Payカードが表示されれば、登録完了です。

LINE Payカードへのチャージ方法       

LINE Payカードへのチャージ方法は、銀行口座、LINE Pay カード レジチャージ、コンビニ、オートチャージの4つがあります。それぞれの方法を具体的に見て行きましょう。

登録銀行口座からチャージ

銀行口座からチャージする方法は、初回に銀行口座を登録しておけば、次回以降カンタンにチャージが可能です。一番シンプルな方法ですので、銀行口座からのチャージが基本と考えて良いでしょう。

利用可能な銀行は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行などのメガバンクや、じぶん銀行、ジャパンネット銀行などのネット銀行のほか、横浜銀行、滋賀銀行などの地方銀行、ゆうちょ銀行など、60以上の銀行が対応可能となっています。

最終的に「各銀行のサイト」に移動しますので、そこで必要事項を入力し連携を完了します。連携完了後、 チャージ > 銀行口座を選択し、ご登録いただいた口座からチャージを行うことができます。

スマートフォン画面の「LINE Pay」から「銀行口座」を選べば登録できますので、お好きな銀行口座をチョイスしましょう。

LINE Pay カード レジチャージ

LINE Pay カード レジチャージは、利用可能店舗のレジで店員さんに伝えてチャージする方法です。店員さんに「チャージしてください」と伝えた上で、チャージしたい金額を言いましょう。

利用可能な店舗は、全国のローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100のほか、アイングループでも可能です。

全国のローソン、ナチュラルローソンなどでは、1,000円以上1円単位で、上限は1回49,000円です。アイングループでは、1円から1円単位で、上限は1回49,000円です。

チャージする際には、LINEアプリを起動し、ウォレットタブをタップします。[+]ボタンをタップし、「LINE Pay カードレジチャージ」をタップした上で、現金を渡してチャージします。

セブン銀行ATMやFamiポートでチャージ

セブン-イレブンの「セブン銀行ATM」や、ファミリーマートの「Famiポート」でもチャージ可能です。

セブン銀行ATMからチャージする場合は、セブン銀行ATMにLINE Payカードを挿入する方法と、メニューから「スマートフォン 出金・入金」をタップし、アプリからQRコードを読み取る方法があります。

いずれも、全国23,000箇所に設置されているセブン銀行ATMの案内画面に従うだけでカンタンにチャージが可能です。アプリからQRコードを読み取る方法の場合はLINE Payカードなしでも入金ができます。

Famiポートでチャージする場合は、アプリ画面の「チャージ」「コンビニ払い」を選択し、チャージしたい金額を選びます。その後、番号などが表示されますので、スマートフォンを持参してファミリーマートに行きましょう。

Famiポートで「代金支払、コンビニでお支払い」「イーコンテクスト(インターネット受付)」の順に進み、先ほど表示された番号を入力すればチャージが可能となります。

オートチャージ

銀行口座を登録していれば、オートチャージ機能の利用が可能です。オートチャージとは、一定以下の残高になった場合に、自動的にチャージさせる方法です。「オートチャージ条件」と「オートチャージ金額」を設定しておけば、自分の利用状況に合わせたオートチャージができます。

たとえば、オートチャージ条件を1,000円とし、オートチャージ金額を5,000円とした場合、チャージ残高が1,000円を下回ると、自動的に5,000円がチャージされます。

LINE Payカードで支払う方法

LINE Payカードで支払う方法はとてもシンプルです。

まず、バーチャルカードの場合、一般的なクレジットカードと同様に、ネットショップに情報を入力するだけで決済ができます。カード番号や有効期限、セキュリティコードを入力するだけですので、迷うことはないでしょう。名字と名前の欄には「INE MEMBER」と入力しましょう。ただし、クレジットカード以外のプリペイドカードが使えないネットショップが一部ありますので、注意が必要です。

プラスチックカードの場合は、実店舗での支払いですので、JCBが使えるお店で店員さんにカードを渡すだけです。基本的にJCBのクレジットカードが使えるお店であれば利用可能ですが、カード払いができてもLINE Payカードは使えない店舗がたまにあります。ただし、これは例外程度の少数ですので、基本的にはJCB加盟店であれば利用できるという認識で問題ありません

ただし、プリペイド式の支払い方法ですので、クレジットカードのような分割払いやリボ払いはできませんので、あらかじめ想定しておきましょう。

LINE Payカードの「送金」機能でLINEの友達に送金できる

「送金」機能を使ってLINE友達に送金することができます。送る相手の銀行口座を知らなくても送れるのでとても便利です。

また、金額と参加メンバーを設定するだけで各メンバーに同額を請求することができる「割り勘」機能があります。飲み会等の支払いもこの機能を使えばスムーズに行うことができます。

LINE PayカードでLINEポイントが貯まる

LINE Payカードを利用すると、LINE PayボーナスというLINEポイントが貯まります。LINE Payボーナスは、前月1カ月間の利用額(20日締め)に応じて、翌月に貯まるポイントのレートが変わります。

このボーナスポイント制度のことをMy Color(マイカラー)と呼び、ランク制度の導入によって分かりやすくしています。

ランクが上がるほどポイントが貯まりやすいマイカラー

マイカラーのランクは「ホワイト」「レッド」「ブルー」「グリーン」の4種類があり、ご自身のカラーが何なのかは決済履歴ページやマイカラーのページから確認が可能です。

マイカラーによってポイント還元率が変わり、最下位ランクのホワイトが0.5%、レッドが0.8%、ブルーが1.0%、最上位ランクのグリーンが2.0%となっています。

マイカラーのランク条件以下の通りです。

《マイカラーのランク条件》

マイカラーのランク

前月の決済金額

グリーン

10万円/月

ブルー

5万円~9万9,999円/月

レッド

1万円~4万9,999円/月

ホワイト

0円~9,999円/月

また、LINEスコアによってマイカラーを常にグリーンやブルーにすることもできます。LINEスコアとは、属性情報を元としたスコアリングサービスのことで、入力した個人情報の内容に応じてスコアリングが行われます

スコアリングが725~1,000の場合はグリーン、626~725の場合はブルーとなります。ウォレットのメニューからスコア画面を開くことができますので、ぜひ確認してみましょう。

個人情報は生年月日や勤務形態、年収などの入力だけでなく、身分証を提示したり、LINE家計簿との連携によってスコアが上がる仕組みとなっています。

スコアリングだけでマイカラーランクが上がらないという人は、月額利用料金を上げると良いでしょう。

貯まったポイントの使い方

貯まったポイントは1P=1円のレートで、LINEのスタンプを入手したり、現金に交換が可能です。ポイントの交換内容は以下の通りです。

《ポイントの使い方》

ポイント移行

内容

スタンプ・着せかえ・絵文字の購入

LINEスタンプや着せかえ、絵文字の購入に利用可能。2ポイント=1LINEコインに交換し、コインでの購入が必要

LINEギフトの購入

ポイントでギフトを購入し、LINEの友だち送ることができる。飲食クーポンや花ギフト、生活雑貨など、豊富にラインナップ。自分用の利用も可能。購入は「ウォレット」の「LINEギフト」から行える

QR/バーコード決済で利用

コンビニなど実店舗で、QRコード決済やバーコード決済に利用可能。現金よりも支払いがスムーズ。「ウォレット」「コード支払い」もしくは「コードリーダー」を選択して行える

LINE Pay残高に入れて活用する

LINE Payの残高に移行可能。「ウォレット」から「LINEポイント」を選択して行える

現金に換金

銀行から現金として出金可能。ただし、1回216円の手数料がかかる。LINE Pay残高に入れてから、「ウォレット」タブで「LINE Pay」を選択すると行える

LINE Payカードのデメリット

LINE Payカードは、メリットだけでなく、デメリットもあります。利用後に困らないために、メリットデメリットの両面を把握しておく必要があります。LINE Payカードのデメリットについて見ていきましょう。

不正利用の補償が10万円まで

LINE Payカードは、不正利用の被害に遭った場合、補償限度額が10万円しかないというデメリットがあります。不正利用被害に遭った場合、30日以内に報告する必要があり、期限を超えると補償自体されません。

ただし、ユーザーの利用状況や、警察の捜査結果を踏まえ、補償限度額が引き上げられる場合がありますが、この場合は個別に検討されることになります。

本人確認が必要なサービスがある

本人確認をしないと使えないサービスがあります具体的には「送金サービス」「残高上限の解除」「LINE Payの口座残高を銀行口座へ出金」などです。本人確認が面倒という人にとって、使えないサービスが存在することはデメリットに感じるでしょう。

ただし、本人確認はLINE Payで銀行口座を登録するだけですので、とてもカンタンです。最大限にサービスを活用したい場合は、ぜひ本人確認を行いましょう。

入会キャンペーンがない

クレジットカードに申し込む際には、新規入会キャンペーンとして、ポイント還元やキャッシュバックキャンペーンが多く見られますが、LINE Payカードにはキャンペーンがありません。

既存ユーザーに対してのキャンペーンが行われることがありますが、入会登録をするだけで数1,000円相当や数万円相当の魅力あるキャンペーンがないのです。最初からキャンペーンはないと想定しておきましょう。

LINE Payカードがおすすめな人

LINE Payカードがおすすめな人は、LINEを頻繁に利用する人や、クレジットカードを作れない人です。

LINEを愛用している人であれば、同じLINEのサービスで決済までできるととても便利です。使えば使うほどマイカラーのランクが上がってポイントがお得にもなりますので、これからもLINEをどんどん活用しましょう。

また、債務整理中などの理由でクレジットカードが作れない人の場合、現金のみの決済はとても不便です。
しかし、クレジットカードの審査に通らない人でもLINE Payカードは使えますので、クレジットカード払いのような利便性を享受することができます。

LINE Payカードの知っておきたい予備知識

LINE Payカードを安心して利用するために、知っておきたい予備知識を紹介します。ぜひ事前に把握しておきましょう。

LINE Payカードを保有できる人

LINE Payカードは、年齢制限がありませんし、クレジットカードのような審査もないため、誰でも何歳の人でも保有が可能です。ただし、1人につき複数枚保有することはできませんので、1人1枚の保有となります。

また、カードデザインが気に入らない場合に変更はできません。どうしてもほかのカードデザインに変更したい場合には、一旦LINE Payカードを解約する必要があります。カード番号の引継ぎができないことも想定しておきましょう。

ポイントの有効期限

貯まったポイントの有効期限は180日です。せっかく貯まったポイントが失効してしまうともったいないので、有効期限は必ず把握し、期限内に使いましょう。また、貯まったはずのポイントが、LINE Payに反映されないという口コミがありますが、ポイントの反映は数日~数週間かかることがあります。

ただし、利用店舗やサービス内容によって、ポイント付与のタイミングが異なる場合がありますので、あらかじめ想定しておきましょう。

紛失や盗難、再発行について

万が一、LINE Payカードを紛失したり、盗難被害に遭った場合には、LINE Pay内から利用停止手続きを行いましょう。

LINE Pay内で「設定」「LINE Payカード」「カードステータス」から利用停止をすると、手続きが行えます。手続きをすればすぐに手続きを行ってください。すぐにLINE Payカードの利用がストップします。

また、LINE Payカードを再発行したい場合には、一旦解約してから新規申し込みが必要となります。解約の方法は「LINE Pay」「設定」「LINE Payカード」「カード解約」で行うことが可能です。

利用明細は利用後すぐに確認可能

LINE Payカードは、料金の支払い時や、チャージをした時など、利用するたびにLINEで明細の確認ができます。利用後すぐにLINEアプリのLINE Pay Teamトークにて利用内容が送られてきますので、リアルタイムに確認できて便利です。

まとめ

LINE Payカードは、日常のショッピングが便利でお得になります。サービス内容が多様であるため、ライフスタイルに合わせやすいでしょう。また、プリペイド式ですので使い過ぎる心配がありませんので、ぜひ上手に活用しましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
口コミ投稿
国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス
満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る