クレジットカードの国際ブランドを徹底比較!おすすめポイントやデメリットも紹介します

  • 作成
  • 更新

国際ブランドは、クレジットカードを選ぶにあたって重要となるポイントの一つです。ブランドごとにそれぞれ特徴があり、自分の目的に合わせたものを選択する必要があります。

世界7大国際ブランドについて解説しながら、一つ一つのメリット・デメリットを徹底比較していきます。これを読めば、国際ブランドに関する疑問をスッキリ解決させることができるでしょう。

世界7大国際ブランド

世界の国際ブランドについて解説する前に、“国際ブランドとはなにか”についておさらいしておきましょう。

  • 国際ブランド…決済システムを提供する会社のこと。
  • クレジットカードの国際ブランドと同じ国際ブランドの加盟店でカードを使って決済することができる。

例)国際ブランドVISAのカード…VISA加盟店で利用可
 国際ブランドJCBのカード…JCB加盟店で利用可

「国際ブランド=カード会社」と誤解している方も多いのですが、国際ブランドとカード発行会社はまた別物です。国際ブランドの中には自らクレジットカードを発行している会社もありますが、国内で流通しているクレジットカードの大半は、カード発行元と国際ブランドが異なっているでしょう。

  • 例1)「楽天カード VISAブランド」

カード発行会社…楽天カード株式会社  国際ブランド…VISA

  • 例2)「JCBカード JCBブランド」

カード発行会社…JCB  国際ブランド…JCB

  • 例3)「イオンカード JCBブランド」

カード発行会社…イオンクレジットサービス 国際ブランド…JCB

このように、カード発行会社と国際ブランドが同じカードもあれば、異なるカードもあります。

この例で考えると、

例1の場合、国際ブランドはVISAだがカード発行会社は楽天カード株式会社です。この楽天カードは、作るときに“VISA・MasterCard・JCB”という3つの国際ブランドの中から自分の好きなブランドを選ぶことができます

そのため、同じ楽天カードを持っていても、VISAブランドの人もいればMasterCardブランド・JCBブランドの人も居るのです。

例2のケースでは、カードの発行会社と国際ブランドを提供する会社が同じJCBとなっています。また例3の場合は、例2と同じJCBブランドではあるものの、カードの発行会社はイオンクレジットサービスとなっています。

国際ブランドはあくまでも“カード決済をするためにどの回線を使うことができるカードなのか”というシステム上のものであり、クレジットカード利用でのポイントサービスや顧客向けの利用明細の発行などの業務をするクレジットカード発行会社とは業務内容が異なっているのです

(例2のように)国際ブランドが自ら、自社国際ブランドで使えるクレジットカードを発行しているというケースがあります。しかし、このケースはあまり多くはありません。世界で発行されているクレジットカードの多くは『クレジットカード会社が、国際ブランドと提携を結び、自分の会社のカードをその決済システム(国際ブランド)で使えるようにしてもらっている』という、例1や例3のような国際ブランドとカード発行会社が異なるものです。

クレジットカードを選ぶ時に、ポイント還元率やカードデザイン・年会費などを気にする方は多いでしょう。これらはすべてクレジットカード発行元の会社が取り決めている内容です。そのため、皆さんどこの会社が発行しているクレジットカードなのかを重要視しているはずです。

一方で、国際ブランドの違いがいまいちよくわからないという意見が多く聞かれ、どのように選べばよいのかもあまり知らないままカードを作ってしまうというケースも少なくありません。

クレジットカードを発行する上で、国際ブランドをしっかりと選ぶことはカード会社を選ぶのと同じくらい重要なポイントなのです。今回は、国際ブランドについて徹底解説していきます。

世界には「7大国際ブランド」と呼ばれる7つの国際ブランドが存在します。他にもいくつかの国際ブランドがありますが、7大国際ブランドで9割以上のシェア率を誇ります。

7大国際ブランドとはどのようなものなのでしょうか?1つ1つの名称と概要を見ていきましょう。

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 無料
総合評価
4.8
世界約3,000万の店舗で使える日本唯一の国際ブランド!ポイントサービスも充実!

最短翌日発行!セブンイレブンで買い物すればポイント3倍、スターバックスならポイント10倍!年50万円以上の利用があれば、2年目以降の年会費が無料!前年の利用額が100万円以上でポイント付与率が150%アップ海外でのトラブル・病気・ケガなども日本語サポートで安心

  • 海外利用は常にポイント2倍!前年の利用額が100万円以上でポイント付与率が150%アップ、50万円以上で120%アップ
  • 国内・海外旅行傷害保険は最高3,000万円補償で安心!
  • amazon、Yahoo!、ZOZOタウンでのお買い物はポイント最大20倍、セブンは3倍、スタバはポイント10倍!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
JCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~2.5% 最短翌日お届け※平日11時迄の申込、詳細は公式サイト参照
無料 1,250円(税別)

VISA(ビザ)

7大国際ブランドの中でも、世界トップシェアを誇るブランドです。アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社があります。

VISAとは“Value International Service Association”の頭文字をとった言葉であり、『国際決済サービスで提供する世界的通貨』という意味をもっています。

カリフォルニア州の青い空と金色の丘をイメージしたロゴマークに加えて、鳩のマークのホログラムが特徴です。

経営としては、国際ブランドの決済機構に徹底しており、クレジットカードを自ら発行してはいません。

Mastercard(マスターカード)

VISAに次いで世界シェア2位となっているのが、このMasterCardです。アメリカの銀行などの組織が中心となって発足した会社ではあるものの、経営段階でユーロ・インターナショナルを買収したことなどから、ヨーロッパに強い国際ブランドというイメージが付いています。

テレビCMなどでも聞き馴染みのある「Priceless(プライスレス)」を会社のキャッチフレーズとして掲げており、「お金で買えない価値を世界中の都市で提供する・感動を与えるお手伝いをする会社」というメッセージが込められています。

VISAと同じく、決済機構としての経営を行っているため、MasterCardもクレジットカードの発行は行っていません。

中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)

通称、「銀聯(ぎんれん)」と呼ばれるこの決済システムは、2002年に中華人民銀行が主導となり設立した、比較的新しい金融企業です。

中国国内でも地域によって大きな違いがあった金融取引のルールやシステムを、統一するために作られ、中国国内はもちろん日本やシンガポールといったアジアにも広がりを見せています。

国際的な表記方法としては「China UnionPay」(チャイナユニオンペイ)であり、カード券面のロゴはUnionPayです。

決済ネットワークシステムだけでなく、クレジットカードとデビットカードの発行業務も行っています

AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス) 

通称“Amex(アメックス)”と呼ばれるこの企業は決済システム業務だけでなく、クレジットカード事業・プライベートバンク・投資信託・保険業務など金融系企業として様々な事業を手広くカバーしています

7大国際ブランドの中で最もステータス性に富んでおり、一般層よりも富裕層から高い支持を得ていると言えるでしょう。アメリカン・エキスプレスが提供するクレジットカードは、他のクレジットカードと比べて非常に高いレベルの優待サービスを受けることができる一方でそれに見合った年会費が発生してきます。

通常クレジットカードはカード番号が16桁となっていますが、アメリカン・エキスプレスのカードは15桁です。

JCB(ジェーシービー)

日本の企業が提供している国際ブランドです。世界シェアでみると、7大国際ブランドの中でも低い方ですが、国内シェア率は1位と言われていました。

設立当初の社名である、『日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)』の頭文字が由来となっています。ロゴマークは、設立に関わった3つの銀行のコーポレートカラーが採用されており、創業当初から変わっていません。

決済システムとしての経営だけでなく、自社からクレジットカードを発行しています

Diners Club(ダイナースクラブ)

アメリカ合衆国ニューヨーク市で設立されたダイナースクラブは、従来限られた場所でしか使えなかったクレジットカードそのものをレストランなどでも使える汎用性の高いものとする先駆け的な存在として活躍した企業です。

元々クレジットカード業務を中心に行っていた企業ではありますが、そこから派生して国際ブランド業務を展開するようになりました。現在でもクレジットカード業務は継続されており、Diners Club が発行するクレジットカード番号は14桁という特徴があります。

DISCOVER(ディスカバー)

北アメリカや中央アメリカ(メキシコ・コスタリカ・カリブ海諸国)を中心に展開しているアメリカ発の国際ブランドです。国内で発行されているクレジットカードには付帯していない国際ブランドであるため、知らなかったという方も多いでしょう。

近年、JCBや中国銀聯と提携を結んだことで、相互の加盟店で利用できるようになりました。7大国際ブランドの中では最も低いシェア率であり、世界シェアは0.1%未満と言われています。

クレジットカードの各ブランドのメリット・デメリット

国際ブランドとは何か・世界7大国際ブランドの概要が分かったところで、今度は1つ1つのメリット・デメリットを細かく分析していきましょう。

《VISA》

VISAの最大の特徴は、その圧倒的なシェア率です。先ほど 7大国際ブランドで、クレジットカード取引全体の9割以上を占めると解説しました。その中でもVISAが占める割合というのは他社を大きく引き離しており、世界中のクレジットカード取引の50%以上がVISAによるものであると言われています。日本国内だけを見ると、普及率は70%を超えると言われており、「クレジットカードを持っている日本人の約8割は国際ブランドVISAである」ということになるのです。

加盟店数が圧倒的に多いという強みがあるため、世界中の人が「とりあえず国際ブランドVISAを選んでおけば失敗はないだろう」という考えに至るのでしょう。顧客としては、クレジットカードを使えるお店(加盟店)が多い方が、便利にカードを利用することができますよね。

VISAのデメリット:Apple Payの利用に制限がある

iPhoneユーザーを中心に利用者が増えてきているApple Payですが、公式ホームページ上では国際ブランド「アメリカン・エキスプレス」「MasterCard」「JCB」に対応していると表記されているものの、VISAのロゴは見当たりません。

だからといってApple Payで国際ブランドVISAが使えないということではありません。国内のVISAブランドの代名詞的存在の三井住友VISAカードはApple Payに登録することができます。

しかし、利用できるカードに制限がありVISAブランドのクレジットカードであっても使えるものと使えないものとがあります。

MasterCardやJCBといったブランドの方が、このようなネット決済には強いと言えるでしょう。

《Mastercard》

7大国際ブランドの中で、VISAの次に人気が高いのがこのMasterCardです。世界的なシェア率としては25%前後であり、2位とはいえど1位のVISAとは大きな差があることがわかります。しかし見方を変えると、VISAとMasterCardを合わせて世界シェアの約8割を占めることができるのです。

シェア率こそVISAと大きな差がありますが、加盟店の数でみるとそこまで大きな違いはありません。MasterCardは世界210以上の国と地域で利用することができ、加盟店数も3800万店舗以上と言われています。ヨーロッパ方面に強いというイメージがついていますが、VISAやMasterCardであれば地域問わずどこでも利用できると思っておいて問題ありません。

MasterCardが展開している「Priceless Cities(プライスレス・シティ)」というプログラムがあることが、VISAとの大きな違いです。レジャーやエンタメといった様々なサービスを優待価格で利用することができます。

これは、どこのクレジットカード発行会社のカードを持っていても、国際ブランドがMasterCardであれば、利用することができるのです。

Mastercardのデメリット:シェアでVISAに負ける

デメリットとしては、やはりシェア率がVISAに大きく引き離されているという点でしょう。ヨーロッパに強いというイメージが故に、「ヨーロッパ以外では使えない場所が多いのでは?」と誤解されていることも要因ではないかと考えられます。

《銀聯(ぎんれん)》

中国に行く機会が多い人であれば、絶対に持っていた方が良いのがこの銀聯(ぎんれん)カードです。反対に、中国への渡航予定がない方であれば国際ブランド銀聯(ぎんれん)を選ぶメリットはありません。

中国国内で生活するにあたって、「持っていないと困る」というくらいのマストアイテムとして国民に浸透しています。中国の人気観光地であればVISAやMasterCardといったシェア率の高いカードでも対応ができますが、国民の生活エリアに入ると、圧倒的に銀聯(ぎんれん)の方が、利用可能店舗が多く便利です。

国際ブランドというと、“クレジットカードについている”というイメージが強いですが、この銀聯(ぎんれん)に関してはクレジットカードよりも圧倒的にデビットカードに付帯していることが多いです。

銀聯(ぎんれん)のデメリット 中国以外では必要にならない

中国への渡航予定がないのであれば、銀聯(ぎんれん)カードはいらないというくらい中国に特化しています。そのため、旅行や出張の為に作ったものの、帰国してしまえば一切使わなくなってしまう可能性もあります。

そんな時は、メインカードの子カードとして発行できる銀聯(ぎんれん)カードがオススメです。

《アメリカン・エキスプレス》

圧倒的なステータスとサービスがアメリカン・エキスプレスの特徴です。国際ブランドの世界シェア率で見ると、アメリカン・エキスプレスは4位となっており、そのパーセンテージは5%前後と言われています。4位と聞くと上位のように感じますが、5%は高いシェア率とは言い難いですよね。

それでも、ステータス性においては世界最高峰と評価されています。

アメリカン・エキスプレスでは自社で直接クレジットカードを発行しています。そのカードは、一部の選ばれた人だけが持つことのできるカードという立ち位置であり、カード付帯のサービスは超一流です。

街中で買い物をしている分には、クレジットカードのステータス性にあまり必要性を感じないという方も多いでしょう。しかし、高級レストランやホテルなど一流のサービスを提供する場所においてはクレジットカードのステータス性による力が如実に表れてきます。

アメリカのある著名人が「自分のことを知らないお店に行っても、このカード(アメリカン・エキスプレス)を出せば、皆が恭しく扱ってくれる」とそのステータス性の高さを称賛したという話は有名です。

クレジットカードに、支払い以外のサービスや優待を求める方から強い支持を集めています

アメリカン・エキスプレスのデメリット:低いシェアと高い年会費

約5%と低いシェア率であり、年会費も高額のものが多いのがアメリカン・エキスプレスのデメリットです。一般カードであっても12,000円の年会費が発生するため、クレジットカードのステータス性があまり有効的に働かない日本国内だけで利用するには少々高いと感じられます。クレジットカードを現金の代わりとして利用するという方にとってはこの高い年会費は大きなデメリットとなることでしょう。

しかし、充実した旅行保険が付帯しているため海外渡航を頻繁にする方など、アメリカン・エキスプレスの様々な優待を上手に使いこなせる方にとっては、年会費以上の体験をすることも十分に可能です。

アメリカン・エキスプレスは完全に富裕層をターゲットとした国際ブランドです。そのため、利用できる店舗も厳選されており、日本の街中にある小さなお店などではほとんど利用できないでしょう。一方で、富裕層をターゲットとしたお店では積極的にアメリカン・エキスプレスを採用する傾向にあります。

《JCB》

JCBは、世界7大国際ブランドの中で唯一の日本企業です。日本でクレジットカードが一般的に流通し始めた1970年頃は、今ほど一般市民が海外旅行に気軽に行く傾向にありませんでした。著名人や富裕層など限られた人だけが海外旅行に行っていた時代ということもあり、国内でクレジットカードを持つ方の多くが「日本国内だけでカードを使う」という目的でクレジットカードを申し込んでいました。そのため、国内発行のクレジットカードの7割以上がJCBブランドとなっていたと言われています。

近年では、気軽に多くの人が海外旅行を楽しむようになったこともあり、VISAやMasterCardを選ぶ人が急増しています。そのため日本国内はJCB一強だった時代もありましたが、現在では発行枚数・加盟店数でVISA・MasterCard・JCBの3強となっています。

一方で、世界に目を向けた時にJCBのシェア率は1%程度と言われており、7大国際ブランドの中でも低い方に分類されます。

少しずつではありますが世界に加盟店を増やしていたものの、「JCBは日本以外ではほとんど使えない」というイメージが強く、近年では発行枚数が伸び悩んでいるようです。

そこでJCBは、アメリカン・エキスプレスとダイナースクラブと相互利用提携を結び、双方の加盟店でJCBのカードが使えるようになり、反対にJCBの加盟店で双方のカードが使えるようになるという連携を行っています。

これにより、JCBが使えるお店の幅は大きく広がりを見せています。かといって、提携を結んだからといって世界中を見た時に、VISAやMasterCardの加盟店数には到底及びません。

そのためJCBは、あくまでも国内利用目的でカードを作る方向けと言って良いでしょう。

JCBのデメリット:ヨーロッパではほぼ使えない

アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブと利用提携を結んではいるものの、そもそもこの3社の加盟店数というのがあまり多くはないため、利用店舗に広がりが出たもののヨーロッパではほとんど利用できる店舗がないのが現状です。

日本国外に出た時、渡航先によっては利用可能店舗が極端に少なくなるというのがJCB最大のデメリットでしょう。

《ダイナースクラブ》

7大国際ブランドの中でも、カードに対するステータス性がウリなのが、このダイナースクラブとアメリカン・エキスプレスです。高級レストランでの料金優待やホテルのグレードアップ優待など、優待内容も富裕層向けとなっています。

ダイナースクラブのクレジットカードを持つ方の多くは、そのステータス性の高さと優待が目的であると考えられ、お得にポイントを貯めたい方や気軽に使えるクレジットカードを探している方には向いていないと言えるでしょう。

ダイナースクラブのデメリット:利用できない場所が多い

実店舗においては、ダイナースクラブにも対応しているお店というのは少なくないため、利用に困ることは少ないでしょう。もちろん、VISAやMasterCardと比較すると加盟店数は少なくなってしまいますが、海外でのJCBカードやアジア以外での銀聯カードと比較するとはるかに使える店舗は多いです。

国内においてもダイナースクラブの実店舗加盟店は多いものの、実店舗決済以外の利用という面では利用できないケースが多いと言われています。公共料金の支払や、インターネット通販・通信教育など定期的な支払にダイナースクラブのクレジットカードが非対応となっていることは少なくありません

《ディスカバー》

2005年に国際ブランドとして認定されたばかりの、新しい国際ブランドです。元々は、アメリカとカナダだけに対応していたブランドということもあり、北アメリカ方面に強いブランドと言えるでしょう。

ディスカバーカードの多くは、大元であるディスカバーバンク(銀行)から発行されているため、銀行系のクレジットカードということになります。

JCBや中国銀聯(ぎんれん)と相互利用提携を結んでいるため、ディスカバーカードを日本国内で使うことはできますが、日本国内に在住している方はディスカバーカードを所持することは出来ません。世界各国で発行されている国際ブランドではあるものの、日本国内では発行されていないのです。

初めてのクレジットカードはVISAかMastercard

クレジットカード自体を持つのが初めてという方は、今回ご紹介している7つの国際ブランドの違いを見てもいまいちどれを選べばよいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そもそも国際ブランドとは、クレジットカードを使って会計をするための決済システムのことを指しています。つまり自分の持っているカードの国際ブランドに対応した決済システムを持ち合わせているお店(加盟店)でないと、クレジットカードでお買物をすることはできません。

初めてのクレジットカードということであれば、とにかくシェア率の高い『VISA』『MasterCard』どちらかのブランドを選択することがおすすめです。カードにステータス性を持たせたい・優待特典を受けたいと考える気持ちもあると思いますが、とにかく1枚目のカードであれば、“利用できる範囲が広い”ことが重要なポイントとなります。

国内で利用するにしても海外旅行に行ったとしても、VISAブランドもしくはMasterCardブランドのクレジットカードを持っていれば、利用可能店舗探しに困ることはまずないと言えます。

少ない金額でも良いのでどんどんクレジットカードを使って、クレジットカードの仕組みやポイント制度などに慣れることが優先です。1枚もカードを持っていない状態で、クレジットカードに関する情報サイトを見てもわからないことも多いのではないでしょうか。

まずは1枚目のクレジットカードで利用実績を積み、クレジットヒストリー(いわゆるクレヒス)を作ってクレジットカードそのものにも慣れたところで、ステータス性の高いカードやランクアップしたカードにチャレンジしてみると良いでしょう。

自分にあった国際ブランドを選ぶ

初めてのクレジットカードということであれば、利用場所に困らないという理由から世界シェア率が高いVISAもしくはMasterCardをオススメしましたが、初めてで右も左もわからないという方でなければ、国際ブランドの選び方は1つではありません。

自分にあった国際ブランドを選ぶにあたってまず考えるべきことは『自分はクレジットカードに何を求めているか』です。クレジットカードをどのような目的で作り、どのような使い方をしようと考えているかを明確にすることで、どの国際ブランドを選べばよいのかが分かりやすくなってきます。

具体的な例を挙げて、見ていきましょう。

    • 例1)
    • クレジットカードにも慣れてきたので、ステータス性の高いカードを持ちたい

 

    街中での買い物時に使うのがメインで、海外旅行にはあまり行かない

海外旅行に行く機会がほとんどないのであれば、国内シェア率の高いVISA・MasterCard・JCBを選ぶことがオススメです

国際ブランドでステータス性を持たせたいという場合は、アメリカン・エキスプレスやダイナースとなります。しかし国内利用に限られるというケースであれば、これら2つのブランドの優待を十分に使いこなせるかには不安が残ります。

それであればVISA・MasterCard・JCBの国際ブランドを付帯させた、ゴールドカードやプラチナカードといった、国際ブランドではなくクレジットカードそのものにステータス性を持たせるほうが良いでしょう。

    • 例2) 
    • 留学に行くために、クレジットカードを作りたい

 

    学生なので、ステータス性は必要ない

この場合は、渡航先の方面によって国際ブランドを選ぶことが推奨されます。アメリカやカナダといった方面であれば、VISAが強いでしょう。ヨーロッパ方面での長期滞在ということであれば、MasterCardがオススメです。中国への留学であれば銀聯カード一択です。

ステータス性の高い優待は不要ということであれば、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブは除外されるでしょう。(いずれも学生向けのカードは少ないという理由もあります)

    • 例3) 
    • 社会人5年目なので、そろそろずっと使える大人なクレジットカードがほしい

 

    出張や接待などで出しても恥ずかしくないカードを探している

このケースでは、アメリカン・エキスプレスダイナースクラブが良いでしょう。特にアメリカン・エキスプレスは、クレジットカードにあまり詳しくないという方でも分かるくらいの高い知名度とステータス性があります。出張や接待の席で提示することで一目置かれるでしょう。接待で使える厳選された優待を受けることができるのもポイントですね。

このように『どのようなシチュエーションで使うことを目的としてカードをつくるのか』とカードに求めることを明確にすることで自然と選ぶべき国際ブランドは絞られてくるでしょう。

国際ブランドは決済システムなので、どの国際ブランドを選ぶかによって大きく使い方が変化することを覚えておきましょう。

まとめ

クレジットカードの国際ブランドというのは、一体どのようなものなのか・種類はどのようなものがあるのかはお分かりいただけましたでしょうか?

国際ブランドとクレジットカードを発行している会社について混同してしまっている方も多いのですが、国際ブランドというのはあくまでも決済システムのことを意味しています。

つまり、「どの国際ブランドのクレジットカードを選ぶのか」というのは、イコールで自分のクレジットカードがどこでつかえるのかどうかを決めることに繋がっていくのです。

今回ご紹介した、国際ブランドそれぞれの特徴やメリット・デメリットを踏まえて、自分のライフスタイルに合った1枚を見つけてみてください。

また、2枚目・3枚目のクレジットカードを探しているという場合は、是非1枚目のクレジットカードとは違う国際ブランドのものを選んでみると良いでしょう。どの国際ブランドにもメリット・デメリットが存在しますので、複数のブランドのカードを持つことでそれぞれをカバーできるようになります。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る