コンビニでクレジットカード払いは可能?知らないと損をするお得な活用方法を徹底解説

  • 作成
  • 更新

24時間年中無休で開いているコンビニでは、買い物だけでなく様々なサービスが提供されており、生活に欠かせません。最近はキャッシュレス化が進みつつありますが、コンビニでの支払いも現金以外の支払い方法があります。では、コンビニではクレジットカード払いが出来るのでしょうか?お得な活用方法と一緒に解説していきます。

コンビニでクレジットカードで支払いは可能なの?

結論からいうと、クレジットカードで支払いは出来ます

大手のチェーン店では利用可能ですが、地方にしかないような小規模のチェーン店では利用出来ないことがほとんどです。

コンビニでのクレジットカード払いのメリット

一番大きなメリットとして挙げられるのが、ポイントを二重取り出来るところです。コンビニでは買い物時にPontaやTポイントのカードを提示すると、ポイントが貯められます。

現金で支払った時には、提示したカードにのみポイントが貯まりますが、クレジットカード払いにすると、クレジットカードにもポイントが貯まるので、二重取りすることが出来るのです。

また、財布にお金が無い場合には、ATMで手数料を支払ってまでお金を引き出さずに買い物が出来ます

コンビニでクレジットカードを利用する方法は?

まだコンビニでクレジットカードを使って買い物をしたことが無いという方に、利用方法をご紹介します。

支払い回数は?

クレジットカード払いに対応している、一般的なお店では分割払いやボーナス払いから選ぶことが出来ますが、コンビニでの買い物は原則一括払いになっています。

どうしても分割払いにしたい場合には、各カード会社のWEB上で支払方法変更の手続きをして、分割払いやリボ払いに変更しましょう。

サインや暗証番号は必要?

コンビニでクレジットカード払いにすると、ほとんどの場合はサインレスで買い物が出来ます。

しかし、一定額を超えるとサインが必要になるのですが、各チェーン店によってサインが必要な金額は異なっているんです。

コンビニチェーン名

サインが必要な金額

セブンイレブン

1,0001円以上

ファミリーマート

4,000円以上

ローソン

4,000円以上

スリーエフ

10,001円以上

サークルKサンクス

5,000円以上

デイリーヤマザキ

10,000円以上

ポプラ

10,001円以上

ミニストップ

10,000円以上

この表のように各社バラツキがあります。

この金額以上の支払いになったらサインが必要になるので、精算が終わってもすぐに帰らないように注意しましょう。

主要なコンビニで使えるクレジットカードをご紹介!

大手のコンビニチェーン店では、ほとんどのクレジットカードが利用出来ます。

クレジットカードが使えるコンビニと国際ブランドについて表にまとめました。

コンビニチェーン名

利用出来るクレジットカードの国際ブランド

セブンイレブン

VISA

Master

JCB

AMEX

ダイナース

DISCOVER

銀聯(ユニオンペイ)

ファミリーマート

VISA

Master

JCB

AMEX

ダイナース

DISCOVER

銀聯(ユニオンペイ)

ローソン

VISA

MasterCard

JCB

AMEX

ダイナース

DISCOVER

銀聯(ユニオンペイ)

スリーエフ

VISA

MasterCard

JCB

AMEX

ダイナース

DISCOVER

銀聯(ユニオンペイ)

サークルKサンクス

VISA

MasterCard

JCB

ダイナース

DISCOVER

銀聯(ユニオンペイ)

デイリーヤマザキ

VISA

MasterCard

JCB

AMEX

ダイナース

ポプラ

VISA

MasterCard

JCB

AMEX

ダイナース

DISCOVER

ミニストップ

VISA

MasterCard

JCB

AMEX

ダイナース

DISCOVER

銀聯(ユニオンペイ)

このようにほとんどのクレジットカードが使えることがわかります。しかし、一部チェーン店では使えない国際ブランドのクレジットカードがあるので注意が必要です。

コンビニ利用が多い方にオススメ!特化したクレジットカード

大手のコンビニチェーン店では、顧客の囲い込みのために独自のクレジットカードを発行しており、カード会員限定のサービスを受けることが出来ます。

ファミリーマートのファミマTカード

ファミリーマートをよく利用するという方にオススメするのが、ファミマTカードです。買い物や公共料金のクレジット払い200円ごとに1ポイント貯まります。ファミリーマート以外の提携先でのクレジット払いでも同様にポイントが貯まるんです。

また、ファミリーマートでは毎週火・土曜日は「カードの日」になっており、買い物をするとポイントが3倍になり、クレジット払いにすると2倍になります。

他にも毎週水曜は女性会員限定で、買い物時のポイントが2倍25歳以下の会員はクレジット払いのポイントが毎日2倍になるんです。

総合評価
3.6
ファミリーマート利用ユーザに圧倒的おすすめ!ポイント還元率最大18%!

年会費永年無料!毎週火曜と土曜はファミリマートでの利用で、ポイント最大7倍!TSUTAYAではレンタル登録料が無料になるサービス付き。さらに、新規登録時に使える「レンタル3本無料クーポン」プレゼントでとってもお得!

  • 25歳以下の方のファミリーマートでのカード利用でポイント2倍
  • 一ヶ月間のファミリーマートでのお買い物金額に応じて、翌月のポイントレートが最大3倍
  • 楽天やエクスペディアなど、会員限定のオンラインショップで買い物をすると1,000円につき最大90ポイントたまる!
国際ブランド 年会費(税込) 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
JCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~18.0% 最短2週間
無料 無料

セブンカードプラス

このカードはセブン&アイグループが発行するクレジットカードで、イトーヨーカドー、デニーズ、セブンイレブンの系列店で会員限定サービスを受けることが出来ます

通常は買い物200円ごとに1ポイント貯まりますが、セブンイレブンやイトーヨーカドーでは200円ごとに3倍貯まるんです。また、セブンイレブンで対象商品を購入すると、ボーナスポイントが加算されます。

総合評価
3.7
セブンイレブンやイトーヨーカドーのユーザにおすすめ

7&iグループでの利用で1.5%のポイント還元

  • nanacoへのクレジットチャージでもポイントが貯まるので、チャージしたnanacoで支払えばダブルでお得
  • 毎月8日、18日、28日はイトーヨーカドーでの利用で5%オフ
  • 貯まったnanacoポイントはANAマイルに交換可能
国際ブランド 年会費(税込) 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 1週間程度
無料 実質無料 ※

dカードGOLD

ドコモのクレジットカードですが、ローソンを良く利用する方はお得に買い物出来ます

ローソンで買い物する時にカードを提示すると100円ごとに1ポイントクレジット払い100円ごとに1ポイントが加算されます。さらに買い物額から3%分割引されるので、安く買い物出来ます。貯まったポイントはローソンでの買い物にも使える便利なクレジットカードです。

総合評価
4.5
【最短5分で審査完了】ドコモユーザに圧倒的おすすめのカード!ケータイ補償10万円は驚き!

NTTドコモが発行する常にポイント還元率1%のゴールドカード!国内空港ラウンジの無料利用や、海外旅行保険最大1億円補償とゴールドならではのサービスが充実!携帯料金の10%大幅ポイント還元やケータイ補償10万円はクレジットカード業界でdカード GOLDだけ!ドコモのスマホ決済サービス「d払い」や電子マネー「iD(dカード)」の支払いで最高7%ポイント還元!

  • 毎月のドコモ携帯/ドコモ光ご利用料金が驚きの10%ポイント還元!
  • docomoユーザなら「ケータイ補償」で、購入から3年以内の端末の紛失・盗難・修理不能などを補償(最大100,000円補償)
  • ローソン利用でなんと5%もお得!さらにマツキヨ利用でポイント4倍の4%ポイント還元!
国際ブランド 年会費(税込) 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 最短5日間
11,000円 11,000円

コンビニではVisaデビットもオススメ!

クレジットカードと違い、利用料金が即時に引き落とされるデビットカード

大手のコンビニではVISAデビットカード使ってスマートに買い物出来るんです。

使い方もクレジットカードと同様ですが、引き落とす銀行口座にお金が入っていないと利用出来ないので、注意しましょう。

ネット銀行や都市銀行ではVISAデビットカードとキャッシュカードが一体になっていることが多く、審査もないので誰でも利用出来るんです。

クレジットカードを作りたいけど、審査が心配な方はデビットカードならすぐに作れるので安心です。

コンビニでクレジットカードを利用する際の注意点は?

コンビニではクレジットカードを使えますが、一部の商品ではクレジット払いが出来ないので注意しなければいけません。

  • 換金性のあるカード類

コンビニで販売されているクオカード、Amazonギフト券、iTunesカードなどプリペイドカードが販売されています。これらは換金性が高い為、クレジットカードでの支払いは出来ません。

  • ハガキや切手、収入印紙

切手類も換金性が高いので、クレジット払いは出来ません。

大量に購入することがある年賀ハガキも利用出来ないので注意してください。

  • 公共料金の支払い

コンビニの窓口では電話やガスなどの公共料金だけでなく、税金も納付出来ます。しかし、コンビニではクレジットカードを利用した支払いは出来ず、基本的に現金払いのみとなっているんです。

例外として、ファミマTカードだけはクレジット払いが可能になっていますが、ファミリーマートでの対応限定となっています。他のコンビニでは使えないので注意しましょう。

  • 電子マネーのチャージ

大手のコンビニでは様々な電子マネーを利用して買い物が出来ますが、チャージをする時にクレジットカード払いは利用出来ません。

まとめ

大手のほとんどのコンビニではクレジットカード払いで買い物が出来ます。

しかし、一部のコンビニでは対応していない国際ブランドがあるので、利用する前に確認しておきましょう。

これからクレジットカードを作りたいという方は、よく利用するコンビニで特典を受けられるカードにすると会員限定のサービスを受けらます。

また、急いでいる時に現金払いは煩わしいこともありますが、クレジット払いはカードを提示するだけなのでスマートですよ。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る