「病院でクレジットカードは使える!?使える病院と使えない病院の違いや注意点を解説」

  • 作成
  • 更新


「病院でクレジットカード!」ひと昔では考えられないようなことでしたが、今ではクレジットカードを使える病院はどんどん増えています。病院は支払い金額が予想できない上に高額になるケースも多く、さらに緊急事態の場合も少なくないので、カード払いができるって本当に助かりますよね。

それに加えて高額な治療費にポイントも貯まるとなれば、カードを使わない手はないですよね。でも日本ではまだクレジットカード払いができない病院が多いのも事実です。そこで今回はクレジットカードを使える病院の見分け方や、カードを使う際の注意点について解説します。

クレジットカードが使える病院は増えている

クレジットカードを使える病院は、確実に増加傾向にあります。特に大学病院や大規模な私立病院のほとんどはクレジットカードを使うことができるようになっています。中規模の病院や小規模の病院でもクレジットカードを使える病院が増えてきました。しかし増加傾向にあるというだけでどこでも使えるわけではありません。

クレジットカードが使えるかは事前に確認

クレジットカードを使えるかどうか事前に確認しておくことは大切です。カード決済対応の病院リストのようなサイトはあるにはありますが、全ての病院を網羅することは不可能ですし、カード決済は増加傾向にあります。

いざという時にカードが使えないとなると大変なことになってしまいます。場合によってはクレジットカードを使える病院に変えるという選択肢も出てくるしょう。それで最新の情報を知るためには、病院のホームページで確認したり電話で問い合わせしたりするなどして、事前に確認しておくことが大切です

小規模でも産婦人科や歯科は増加傾向

小規模な病院のカード決済対応の病院はまだまだ少ないのが現状ですが、その中でも産婦人科や歯科は増加傾向にあります。産婦人科は出産費用が高いので現金ですぐに支払えない人が多いですし、歯科はインプラントやホワイトニングなどの自由診療があり「カード払いができるならやってみようかな」という人が多いからです。

しかしそれでもまだまだカード決済対応の病院は少なく、手数料を徴収したり条件付きでのカード払いを導入したりしている病院が多いのが現状です。やはりどの病院に行く前にもクレジットカードが使えるかどうかを事前に確認しておくことは大切です。

クレジットカード決済ができる病院とできない病院の違い

クレジットカード決済ができる病院とできない病院の違いは、その病院の規模である程度見分けることができます。大規模な病院施設ならほとんどカード払いができますし、中規模なら普及率も中程度です。そして小規模なら産婦人科、歯科以外はカード払いができないところがほとんどです。

また病院のホームページを確認すれば、クレジットカードが使えるかどうかをチェックすることができますもし病院にホームページがないならそれはイコールカード決済ができない病院の可能性が非常に高いといえるでしょう。

病院でクレジットカード決済をするときの注意点

病院でクレジットカードを使う前に、いくつかの注意点について知っておくことは大切です。またこれらの点について知っておけばあなたもできるだけカード決済にしたいと思うようになるはずです。

病院でカード決済をするとき患者名義のカードでないとダメ?

病院でカードを決済するとき、必ずしも患者名義のカードでする必要はありません。例えば子供が病院に行った時に親が自分名義のカードで支払いをすることができます。ただし支払い者が使えるクレジットカードは支払い者名義のもののみとなります。

病院でカード決済をしたらポイントはつく?

病院でカード決済をした場合、もちろん支払った金額の分だけポイントはつきます。病院にかかる費用について考えるとこれは画期的であるといえるでしょう。

例えば手術や入院などで支払いが数十万円になった場合、ポイント還元率1%の楽天カードで支払いをすればポイントが数千円つくことになります。我慢した自分へのご褒美、または看病してくれた家族や友人へのお礼に貯まったポイントを使うなんてこともできますね。

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 無料

クレジットカード払いで医療費控除は受けられる?

病院でカード決済しても、もちろん医療費控除は受けられます。むしろカード払いにした方がカード履歴に利用明細書が残りますので、仮に病院で領収書を紛失したとしても利用明細書として提出することができます。

カード決済ができる病院は全てのクレジットカードが使えるの?

あなたが持っているクレジットカードが、楽天カードやイオンカードの場合病院でも使えるかどうか不安に感じるかもしれませんが、それは関係ありません。むしろクレジットカードについている、国際ブランドの方が大切です。

国際ブランドとは、VISA、Mastercard、JCBなどクレジットカードの表面についているマークのブランドです。VISAMastercardはカード決済ができるほとんどの病院で使うことができますが、まれにJCBその他の国際ブランドは使えないことがありますので事前に確認しておいてください。

まとめ

今回は病院でクレジットカードを使うことができるかどうかについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。カード決済できる病院は増加傾向にありますが、まだまだ普及率は低いのが現状です。カード決済ができる病院かどうかは、その病院の規模にほぼ比例していますが、実際使えるかどうかは事前に確認しておいた方が良いでしょう。

病院は利益よりも患者の治療がメインなので、顧客確保を目的としたクレジットカードの導入は必要ありませんでした。わざわざ高い手数料をカード会社に支払わなくても病気をする患者がいれば必然的に顧客獲得に繋がるからです。しかしカード払いが当たり前になりつつあるここ日本において、病院でもカード決済を導入しなければ患者数が減ってしまうようになりかねません。それに加えて行政機関もクレジットカードの導入を要請するようにもなっていますので、今後カード決済対応の病院がますます増えていくことが予想されます。

病院でカード払いにすれば、急な費用でも素早く対応でき、ポイントが貯まり利用明細書の管理も楽になります。これから病院に行くときは必ずクレジットカードを用意しておきたいですね。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る