高速道路料金はクレジットカード払いできる?ETCや小銭がなくてもスムーズに通過可能!

  • 作成
  • 更新

近年高速道路を利用する際はETCを利用する人が増加しています。いちいちお金を出す必要もなく、ETC割引を受けることもできるというだけでなく、クレジットカードにはポイントまでつくので良いことばかりです。

では、ETC機能がついていないクレジットカードでは高速道路を利用できないのでしょうか?

ここでは高速道路でクレジットカードを利用する方法について紹介していきたいと思います。

高速料金はクレジットカードが使える?

使えるカードの種類は?

結論から言えば高速道路の料金をクレジットカードで支払うことは、「可能」です。

高速道路には「ETCレーン」と「一般レーン」がありますが、クレジットカードを使用するときは一般レーンを使用します。現金で支払うときと同じく係員にクレジットカードを手渡して支払うことになります。

ここでは主要な国際ブランドのクレジットカードはほぼすべてが利用可能となっています。

  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners
  • VISA
  • Mastercard

などで、日本国内で発行されたカードであればまず利用できると思って良いでしょう。

高速料金をクレジットカードで支払うメリット

サインレスでラクラク

お店などでクレジットカードを利用して支払いをした場合は暗証番号を打ち込んだり、サインをする必要があります。これがなかなか面倒なものなのですが、高速道路でクレジットカードを利用する際には暗証番号を打つこともサインをすることもありません

カードを渡せば処理してもらえますので、現金を出すよりは早くなるでしょう。

スピード決済で待たされることがない

暗証番号の打ち込みもサインもすることがないのでとにかく早く処理されることには間違いありません。

ETCと比べると時間はかかるかもしれませんが、現金よりは早いというところでしょうか。

ポイントが貯まる

クレジットカードを何かの支払いに利用することの最大のメリットはこの「ポイント」です。

1%のポイント還元率のカードであれば、頻繁に高速道路を利用する人であればかなりのポイントが貯まっていくでしょう。ここで貯まったポイントを他のことに有効的に利用できるのは大きなメリットだと言えます。

高速料金をクレジットカード払いする際に注意すること、デメリット

高速道路でクレジットカードを利用するのにはメリットもあるのですが、残念ながら注意しなければならないことやデメリットもいくつかあります。

「一括払いのみ」

クレジットカードでは利用時に分割払いなどを選ぶことができますが、高速道路での利用時は一括払いのみとなります。また、料金の一部だけを現金で支払うということもできません。料金の全額をクレジットカードで支払うということになります。

「領収書が発行されない」

これは営業などで高速道路を利用している人に関係してくることですが、後で経理に精算してもらって立て替えたお金をもらうためには領収書が必要になります。

しかし、クレジットカードで支払いをした場合は領収書が発行されません

ここからは会社によって対応の仕方が違いますが、料金所でもらえるレシート(利用証明書)を領収書として処理する場合と、後日郵送されてくる(もしくはweb明細で確認できる)利用明細書を領収書の代わりとして処理する場合があります。

営業職などの人で経理に領収書の提出を求められている人は注意しておきましょう。

「クレジットカードの名義の人間が同乗している必要がある」

これはETCを利用する際にはまず起こりえないことですが、クレジットカードを手渡して利用する際にはそのクレジットカードの名義人が車に乗っている必要があります。

つまり、母親の名義のクレジットカードを、息子が運転している際に高速道路で使用することはできないということになるのです。

対人対応であるがゆえに起こりうることで、ETCで使用する際にはまず起こりえないことです。

高速料金はETCが便利

クレジットカードで高速道路の料金を払う方法について見てきましたが、やはり高速道路はETCを利用する方が圧倒的にお得です。それらのお得ポイントを順番に見ていきます。

「もっともスムーズに料金所を通過できる」

これは言うまでもありませんが、ETCレーンを通過すれば少し停止するだけですぐに通過することができます。

これは現金払いやクレジットカード払いと比べてもダントツに早いと言えるでしょう。

長距離ドライブなどで何回か料金所を通過するときや、料金所付近で渋滞しているときにはそのありがたみは倍増するでしょう。これでかなりのストレスがマシになります。

もちろん、渋滞が緩和されるのは自分の車だけでなく他の車や高速道路全体から考えてもかなりのメリットとなります。

「左ハンドルの車には大きなメリット」

今までの対人の料金所では基本的に右ハンドルの車に対応した向きになっていました。

そのため左ハンドルの車では助手席に人が乗っていればその人が支払ったり、一人で乗車しているときは大きく体を伸ばして右側のウインドウから無理やり支払ったりする必要がありました。

これは非常に面倒で危険な行為でもあったのですが、ETCの場合は右ハンドル、左ハンドルは関係なく反応しますので非常にスムーズに通過できるようになりました。

「ETC割引制度を受けられる」

高速道路でETCを利用する最大のメリットはこれかもしれません。

現金払いやクレジットカード払いでは発生しない「割引制度」というものがあるのです。

例えば平日割引が適用されれば最大で30%の割引を受けることができます

高速道路を降りるときに「○○円の払い戻しになります」というアナウンスが流れるものがそれに当たります。

さらに休日や深夜割引も最大で30%の割引があったり、高速道路を頻繁に利用する人にはまた別の割引が発生したりします。

これはそれぞれの高速道路を管理している会社によっても変わってくるのですが、何かしらの割引制度を設けているところが多いのが現状です。

旅行などで長距離のあいだ高速道路を利用する際に深夜割引などが適用されればかなりの金額が還元されることになります。

わかりやすい割引制度ですので使用する側からしてもありがたい限りです。

「ETCマイレージサービス」

とにかく毎日のように高速道路を利用する、長距離で利用するという人にぜひおすすめのサービスです。

これに前もって登録をしておけば高速道路を利用するごとにマイルが貯まっていくというサービスで、1回ずつは大きなものではありませんが頻繁に利用する人であればかなりのマイルを貯めることができます。

「ポイントが貯まる」

これも当然のことですが、ETCカードとして利用しているクレジットカードに支払った高速料金の分だけポイントが貯まっていきます

これも頻繁に高速道路を利用する人であればおもしろいように貯まっていくでしょう。

こういった数々のサービスのほとんどはETCならではというものが多くなっています。

高速道路を利用するにあたってETCを利用しない理由はまず見つかりません。

やはりETCを利用するのがもっとも自然と言えるでしょう。

まとめ

高速道路でクレジットカードを使用して高速料金を支払うということは可能です。

もちろん現金で支払うよりもメリットがあることは間違いありません。

しかし、同じクレジットカードを利用するのであればETCを利用した方が圧倒的に多くのサービスを受けることができるのです。

最近ではETCカードを無料で発行してくれるカード会社も増えてきています。

まだ利用していない人はこれを機にETCに切り替えてみてはいかがでしょうか?

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る