人気の高いゴールドカードのステータスランキング【2019年最新】魅力を徹底比較します

  • 作成
  • 更新


金色に輝くゴールドカードは、特別感を演出してくれるだけでなく、実際にクレジットカードとしての機能も優れています。魅力的な特典が数多くある一方で、現在は数多くのゴールドカードが存在し、低年会費のステータス性の低いゴールドカードも登場しています。そこでサービス内容が優れた、ステータスが高いといわれているおすすめゴールドカードを厳選してご紹介します。

人気のゴールドカードのステータスランキング

人気があり、ステータス性に優れたゴールドカードをご紹介します。どのような特徴があるか、自分に合いそうかを考えながら読み進めてくださいね。

1位:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ゴールドカードといえばアメックス!という声も多く見られます。ゴールドカードの元祖といわれ、長年の実績と信頼性があり、最もステータスの高いゴールドカードと言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの概要

年会費(税別)

初年度:無料

2年目以降:29,000円

家族カード

年会費無料(1枚まで)

2枚目以降:12,000円(税別)

ETCカード

年会費・発行手数料無料

海外旅行傷害保険

最高5,000万円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

最高500万円

その他付帯サービス

・空港ラウンジ

・手荷物無料宅配

・ゴールド・ダイニング by 招待日和

・プリファード・ゴルフ

・一休.com特典 など

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの魅力とは

アメックス・ゴールドカードの魅力といえば、なんといっても旅行・娯楽関連の特典が満載であること。空港ラウンジ・手荷物無料宅配など旅行を快適にするサービスがひととおりそろい、旅行傷害保険は海外・国内ともに内容が充実しています。

またステータスカードとしても知られていて、特に海外ではこのカードを持っていると一目置かれることもあります。日本よりも階級差・クラス差が明確な海外でこそ、よりアメックスゴールドの実力をはっきり感じられるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで注意すべきポイント

年会費が29,000円(税別)と、ゴールドカードのなかでも高額です。旅行・グルメなどさまざまな特典を十分に活用できないと、年会費がもったいないと感じてしまうかもしれません。

またアメックスはVISA・Mastercardに比べると、加盟店が少ないエリアもあります。日本ではJCBと提携しているため、利用できるお店も多いですが、なかには使えないお店もありますので注意しましょう。

総合評価
4.4
圧倒的な旅行サポートを誇る、世界が認めるステータスカード!

ブランド力と空港ラウンジ無料利用やマイル移行のし易さで圧倒的に旅をサポート。100円=1マイルのハイペースでマイルが貯まる!航空会社VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」がなんと年会費無料で登録できます(通常99USドル)。一流レストランや料亭で2名様予約で1名無料となる「招待日和」が会食やデート・記念日に大活躍!

  • ANAマイルだけじゃない!スターアライアンス系提携数十社にマイル移行可能
  • 海外旅行保険が最大1億円補償!さらに航空機遅延保険まで付帯!
  • 自営業、フリーランスの方はビジネスカードとの2枚持ちもお得!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.4%~1.0% 2週間程度
29,000円(税別) 29,000円(税別)

2位:ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAとアメックスが提携したゴールドカードで、ステータスの高いカードを保有しつつANAのマイルを貯めたい方におすすめ!キャンペーンも頻繁に開催し、入会してからすぐに数万マイル貯まることも珍しくありません。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの概要

年会費

31,000円

家族カード

年会費:15,500円(税別)

ETCカード

年会費無料

海外旅行傷害保険

最高1億円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

最高500万円

その他付帯サービス

・ANAカードマイルボーナス

・フライトボーナスマイル

・ANA特典航空券に交換可能

・空港ラウンジ

・手荷物無料宅配 など

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの魅力とは

こちらのゴールドカードの最大の特徴の1つは、ANAマイルの貯めやすさです。マイルではなくアメックスのポイントで貯めていくことになるのですが、1度ポイントを交換すればその後はポイントの期限が一切なくなります。

マイルに交換したいときまで、期限を気にせずにじっくり貯めていけます。ANAマイルは3年間の有効期限があるため、ANAマイルを直接貯めるよりも長期間で取り組めます

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで注意すべきポイント

アメックス・ゴールドカードよりさらに年会費が高くなります。家族カード1枚目無料の特典もありませんので、かけるコストに見合ったリターンがあるかの見極めが大切です。

飛行機に乗るほどポイント・マイルが貯まりやすいカードであるため、それほど乗らない方では元を取るのが難しくなります。また、先述のアメックスゴールドで提供しているサービスのうち、一部は利用できません。

総合評価
4.2
マイルをより早く貯めて、海外旅行向けの充実したサービスを受けられるステータスブランドカード

ANAグループ便の利用で、通常のマイルに加えて区間基本マイルの25%のボーナスマイルが付与ANA航空券購入や機内販売のお買い物はポイント2倍!さらにANAカードマイルプラス提携店舗なら通常ポイントに加え100円で1マイルを追加で獲得!ANAマイルを貯めるなら持っておきたい人気のカード。

  • 毎年カードを継続する度に2,000ボーナスマイルプレゼント!
  • 急な出張や病気・ケガによる入院などによりキャンセルした旅行やコンサートのキャンセル費用などの損害を補償(カード購入に限る)
  • 空港のビジネス専用チェックイン最高1億円の国内/海外旅行保険やショッピング保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~2.0% 2週間程度
31,000円(税別) 31,000円(税別)

3位:三井住友VISAゴールドカード

信頼性・安定性のある、堅実なゴールドカードをお探しの方におすすめの1枚。銀行系ゴールドカードで最もステータスが高いカードです。日本でVISAは三井住友が発行していますので、VISAのプロパーカードという扱いです。

三井住友VISAゴールドカードの概要

年会費(税別)

初年度無料

2年目以降:10,000円

家族カード

1人目:年会費無料

2人目以降:1,000円

ETCカード

初年度無料

2年目以降:500円

海外旅行傷害保険

最高5,000万円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

最高300万円

その他付帯サービス

・空港ラウンジ

・ドクターコール24

・対象店舗でポイント5倍

・ボーナスポイント など

三井住友VISAゴールドカードの魅力とは

大手メガバンクグループが発行するゴールドカードということで、信頼性・安定性は抜群。どのような場所で利用しても恥ずかしくないカードで、ステータス性もあります。

年会費10,000円とゴールドカードとしては普通ですが、初年度は無料です。しかも年会費割引オプションもあり、2年目以降は「マイ・ぺいす・リボ」を使い、100万円以上の前年利用実績があれば、年会費が20%~50%オフになります。

三井住友VISAゴールドカードで注意すべきポイント

入会資格が満30歳以上となっているため、29歳以下の方は入会できません。また、ETCカードは年会費500円(税別)かかることに注意しましょう。大きな出費ではありませんが、所有している限り毎年かかります。

カードの付帯特典は他のカードと同じくひととおり揃っているものの、特徴的なもの・特に優れているものはあまりない印象です。

総合評価
4.2
世界No.1シェアを誇るVISAブランド力を兼ねたゴールドカード!

ゴールドカード専用デスクや空港無料ラウンジ利用など充実のサービスが魅力なステータスカード!世界でたった1枚の「写真入りICカード」も選べて、安全性がぐんとアップ!

  • 最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険と年間最高300万円のショッピング保険と安心補償!
  • ボーナスポイントは通常カードの2倍!「ポイントUPモール」でのネットショッピングでポイント最大20倍!
  • 初年度年会費無料!「WEB明細書+マイ・ペイすリボ」コースで、その後の年会費が4,000円で利用可能!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 最短3営業日
無料 10,000円(税別) ※

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードが気になるけれど30歳に達していない方なら、こちらのプライムゴールドカード!20代専用のゴールドカードですが、本家のゴールドカードとほぼ同等の機能を備えています。

三井住友VISAプライムゴールドカードの概要

年会費(税別)

5,000円

家族カード

1人目:年会費無料

2人目以降:1,000円

ETCカード

初年度無料

2年目以降:500円

海外旅行傷害保険

最高5,000万円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

最高300万円

その他付帯サービス

・空港ラウンジ

・ドクターコール24

・対象店舗でポイント5倍

・ボーナスポイント など

三井住友VISAプライムゴールドカードの魅力とは

いわゆる「ヤングゴールドカード」の代表格ですが、付帯保険・特典などは本家のゴールドカードとほぼ同等です。それで年会費が半額ですから、コスパの良いゴールドカードといえます。

20代専用のゴールドカードであり、審査も20代であることを前提にした内容となります。よって、30代以上ほどの高年収を求められることもないと考えられます。

三井住友VISAプライムゴールドカードで注意すべきポイント

本家のゴールドカードと同じく、ユニーク・特筆すべき特典は少なく、良くも悪くもベーシックなゴールドカードです。

30歳以上になると、通常の三井住友VISAゴールドカードに自動切替となるため、年会費が高くなるのもデメリットです。

総合評価
4.2
初めてのゴールドカードにおすすめ!20代専用ゴールドカード

【20代限定】ゴールドカード専用デスクや空港無料ラウンジ利用、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険付帯といった充実したサービスが初年度年会費がなんと無料で体験可能!最初のゴールドカードとしてオススメです!

  • ボーナスポイントは通常カードの2倍!「ポイントUPモール」経由のお買物で、amazon、楽天、Yahoo!の獲得ポイントが最大20倍!
  • 初年度年会費無料!「マイペイすリボ」と「WEB明細書サービス」に申し込むと年会費1,500円で利用可能!
  • 格安年会費なのに、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険と年間最高300万円のショッピング保険と充実補償!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 最短3営業日
無料 5,000円(税別) ※

4位:JAL Club-Aゴールドカード

JALのマイルを貯めたい方にはJALカードが最適!その中でゴールドカードランクにあたるのがこちらのカードで、一般ランクよりさらにマイルが貯まりやすくなっています。

JAL Club-Aゴールドカードの概要

年会費

17,280円(税込)

家族カード

8,640円(税込)

国際ブランド

VISA、Mastercard、JCB

ETCカード

年会費無料

海外旅行傷害保険

最高1億円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

最高400万円

その他付帯サービス

・入会搭乗マイル

・毎年初回搭乗ボーナスマイル

・ショッピングマイル・プレミアムに自動加入

・空港ラウンジ

・ビジネスクラスチェックイン など

JAL Club-Aゴールドカードの魅力とは

JALマイルに関する特典が多いのが最大の魅力。入会して最初のJALグループでの搭乗で5,000マイル、毎年初回の搭乗で2,000マイルがもらえます。

搭乗区間ごとに25%のボーナスマイルももらえるため、JAL便をよく利用する方はどんどんマイルが貯まります。

ショッピングに関しても、付与マイルが2倍になる、ショッピングマイル・プレミアムに自動入会となります。通常のJALカードでは3,240円の年会費がかかりますが、Club A ゴールドカードなら無料です。

また一般カードでは空港ラウンジ特典がありませんが、Club A ゴールドカードなら空港ラウンジ特典が付くのも大きなポイントです。

JAL Club-Aゴールドカードで注意すべきポイント

年会費が17,280円(税込)と高額なため、年間での付与マイルをどれだけ増やせるかがカギとなります。基本的にはJALグループの利用でマイルが増えるため、あまり出張や旅行に出かけない方が持つのはおすすめできません。

またJALといえば独自で運営しているサクララウンジが有名ですが、このカードではサクララウンジには入れません。利用するにはファーストクラス・ビジネスクラスのチケットを取る、JGCプレミア会員・JMBサファイヤ会員になるなどが必要となります。

総合評価
4.2
一般カードよりポイント還元率が大幅アップし、充実したサービスの付いたJALマイルを貯めるのに最適なステータスカード

カード利用100円で1マイル、全国に約52,000あるJALカード特約店での利用では100円で2マイル付与!JALグループ便利用で区間基本マイルの25%が追加獲得可能!

  • 入会後にJALグループ便に搭乗すると初搭乗ボーナス最大5000マイル、さらに毎年初回搭乗ボーナス2000マイル進呈!
  • 通常3,000円かかる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会費無料で自動入会、ショッピングマイルがなんと2倍!
  • 最高5,000万円の国内/海外旅行保険も付帯で安心!(JCBだと最高1億円補償)
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~2.0% 約4週間
16,000円(税別) 16,000円(税別)

5位:JCBゴールド

VISA、Mastercardと並び、クレジットカードの国際ブランドを運営している、日本唯一の会社がJCBです。国内では加盟店が多く、使い勝手は抜群です。

海外でもハワイ・グアム・タイなど、日本人がよく観光で訪れる国・地域では使えるお店が増えていると評価されています。

JCBのプロパーカードのうち、ゴールドランクに当たるのがこちら。三井住友VISA同様に信頼性が抜群であるのに加え、保険の補償内容が充実しているのも特徴です。

JCBゴールドの概要

年会費

初年度無料

2年目以降:10,000円(税抜)

家族カード

1枚目:無料

2枚目以降:1,000円(税抜)

ETCカード

年会費無料

海外旅行傷害保険

最高1億円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

最高500万円

その他付帯サービス

・JCB ORIGINAL SERIES提携店でポイントアップ

・グルメ優待サービス

・ゴルフ場の予約手配

・Club Off優待特典

・空港ラウンジ など

JCBゴールドの魅力とは

国際ブランドであるJCBが自ら発行するプロパーのゴールドカードということで、位置づけとしては三井住友VISAゴールドカードに近いです。JCBとしての信頼性・安定性があり、高く評価されています。

他のゴールドカードと比較して、保険の補償内容が充実しているのも大きな特徴。年会費10,000円で海外旅行が最高1億円、国内旅行は最高5,000万円、ショッピング保険は最高500万円といずれも高めです

JCBゴールドより年会費が高いのに、補償内容はほぼ同じか低いカードもありますので、それらに比べると保険は強みといえます。

JCBのプロパーカードは、カードのランクを上げていけることも魅力。JCBゴールドの上にはJCBプラチナ、さらにごく限られた方しか入手できないJCB ザ・クラスがあります。

JCBゴールドで注意すべきポイント

国際ブランドがJCBのみであり、どうしても海外では加盟店が少ないエリアも存在します。いざというときに支払えないのは困るため、不安に感じる方もいるかもしれません。

そのような場所へ出張・旅行へ出かけるなら、JCBゴールドだけでなく、VISA・Mastercardといった国際ブランドのあるサブカードも持っていくのがおすすめです。

総合評価
4.4
【当日発行可能】ゴールドならではの安心とクオリティーを兼ね備えた一枚!

日本が誇るJCBのゴールドカード!空港無料ラウンジサービスやゴールド会員専用デスクなどのグルメ優待サービス、ゴルフサービスなど上質なサービスが年会費初年度無料で体験できる!貯めたポイントはANA・JALマイル両方に交換可能で便利!一定条件をクリアすると上級サービス「JCBゴールド ザ・プレミア」に招待されます

  • 海外利用は常にポイント2倍!年間の利用額によって翌年のポイントが最大160%アップ!
  • 海外旅行傷害保険は安心と充実の最高1億円補償、ショッピング保険も年間最高500万円で安心!
  • 楽天、Yahoo!、ZOZOタウンでのお買い物はポイント最大20倍、セブンは3倍、スタバはポイント10倍!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
JCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.25% 最短翌日お届け※平日11時迄の申込、詳細は公式サイト参照
無料 10,000円(税別)

6位セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンカードとアメックスの提携カードです。セゾンカードならではの永久不滅ポイントに加え、アメックスの旅行特典も利用できる、一石二鳥のゴールドカードです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードの概要

年会費

初年度無料

2年目以降:10,000円(税抜)

家族カード

年会費1,000円(税抜)

ETCカード

年会費無料

海外旅行傷害保険

最高5,000万円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

最高200万円

その他付帯サービス

・航空機遅延・乗継遅延補償

・航空機寄託手荷物遅延補償

・空港ラウンジ

・手荷物無料宅配

・プライオリティ・パス優遇 など

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードの魅力とは

セゾンカードのポイントプログラムは永久不滅ポイント。期限がないため、期限切れで消滅しないのが最大のメリットです。期限の関係で、不本意な特典交換をすることもないでしょう。

またセゾンゴールド・アメックスでは、1,000円ごとに通常の1.5倍のポイントを獲得。「セゾンポイントモール」を使えば、最大30倍の永久不滅ポイントをゲットできます。

アメックスらしく旅行関連の特典も充実。航空機遅延・乗り継ぎ遅延があるため、急な欠航・遅延が発生した際に補償を受けられます。

また1,200カ所を超える空港ラウンジを使える「プライオリティ・パス」を優遇年会費として10,000円(税抜)で利用できます。通常は429米ドルかかるサービスなのでお得です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードで注意すべきポイント

アメリカン・エキスプレスのプロパーカードに比べるとステータス性は落ちます。ただし券面にはアメリカン・エキスプレスのシンボルであるセンチュリオンが刻まれており、海外でもそのステータス性を発揮することができるでしょう。

総合評価
4.1
旅行をより快適にするサービス満載なセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

初年度年会費無料!国内でのショッピング利用で永久不滅ポイントが通常の1.5倍!海外での利用で驚きの2倍ゲット!永久不滅ポイント優遇サービス付帯でマイルもどんどん貯まる

  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯
  • 空港からの手荷物無料宅配サービス付き
  • 飛行機遅延費用や航空機寄託手荷物遅延費用を補償
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.75%~1.0% 最短3日程度
無料 10,000円(税別)

7位:MUFGカードゴールド

三菱UFJニコスが提供しているゴールドカードです。三井住友と並んで日本屈指の知名度を誇るメガバンクのグループ企業によるサービスでありながら、格安年会費としても人気があります。

MUFGカードゴールドの概要

年会費

初年度無料

2年目以降:1,905円(税別)

家族カード

1名まで無料

2名以降:400円(税別)

ETCカード

年会費無料

海外旅行傷害保険

最高2,000万円

国内旅行傷害保険

最高2,000万円

ショッピング保険

最高100万円

その他付帯サービス

・空港ラウンジ

・国内航空便遅延保険

・Mastercard特別特典

MUFGカードゴールドの魅力とは

格安ゴールドカードでありながら、実は旅行関連の特典が充実しているのも特徴。旅行保険は海外だけでなく国内も最高2,000万円で、ショッピング保険も最高100万円です。

さらに空港ラウンジの無料利用も可能です。場所な国内の6空港とホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港ですが、国内は成田国際・羽田・関西国際・中部国際・新千歳・福岡と、いずれも主要都市です。

メジャーな空港だけ利用する方なら、ほとんど問題ないでしょう。年会費2,000円を切るカードとしては充実した内容といえます。

MUFGカードゴールドで注意すべきポイント

こちらのカードは、ポイント還元・ポイント活用という面ではあまり充実していません。還元率が特に優れていることもなく、貯めたポイントの他社ポイントへの移行レートも今ひとつという印象です。

ポイント重視で格安系ゴールドカードが欲しい方は、別のゴールドカードを選ぶべきでしょう。具体的には、のちほど解説する楽天ゴールドカードや、オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドです。

総合評価
4.6
「2,000円からゴールドカードが持てる時代へ!」がキャッチフレーズの格安ゴールドカード!

1,905円(税別)の格安年会費で持てる高コスパゴールドカード!空港ラウンジ無料や旅行保険も充実で安心!三菱UFJ銀行のスーパー普通預金口座のATM手数料が完全無料になります。最初のゴールドカードにもおすすめ!

  • 最短翌営業日のスピード発行!登録型リボサービス「楽Pay」登録で、一度でもリボ払いをすると次年度年会費がなんと半額!
  • 入会時に指定した記念月はポイント還元率が1.5倍!
  • 年間の利用額に応じて翌年の基本ポイントが50%アップでお得!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
MasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.4%~0.5% 最短翌営業日
無料 1,905円(税別)

8位dカードGOLD       

NTTドコモのクレジットカードサービスがdカードで、そのゴールドランクにあたるのがdカードGOLDです。ドコモが運営しているだけあり、携帯・光回線などの利用料金で10%ポイント還元されるのが大きな特徴です。

dカードGOLDの概要

年会費

10,000円(税抜)

家族カード

1枚目:年会費無料

2枚目以降:1,000円(税抜)

ETCカード

10,000円(税抜)

海外旅行傷害保険

最高1億円

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

ショッピング保険

最高300万円

その他付帯サービス

・ドコモの携帯料金から10%ポイント還元

・ドコモ光の料金から10%ポイント還元

・空港ラウンジ

・ケータイ補償

・年間利用額特典

dカードGOLDの魅力とは

NTTドコモ関連の通信費が10%ポイント還元になることが最大のメリット。月に10,000円支払っている場合、毎月1,000円分がバックされ、1年で12,000円相当に。

この特典があることによって、年会費のもとが簡単に取れる計算です。ドコモユーザーなら年会費のもとを取るのもそれほど難しくないでしょう。特に家族でドコモを利用している方におすすめ

dポイントが貯まりやすく、色々なお店でポイントを利用しやすいのもメリット。dポイントが使えるお店は、ここ数年で多くなりつつあります。

dカードGOLDで注意すべきポイント

NTTドコモ関連のサービス利用が多いほどdポイントが貯まる仕組みです。よって携帯で他のキャリアを利用している方がわざわざ利用するメリットはあまりないでしょう。

総合評価
4.5
【最短5分で審査完了】ドコモユーザに圧倒的おすすめのカード!ケータイ補償10万円は驚き!

NTTドコモが発行する常にポイント還元率1%のゴールドカード!国内空港ラウンジの無料利用や、海外旅行保険最大1億円補償とゴールドならではのサービスが充実!携帯料金の10%大幅ポイント還元やケータイ補償10万円はクレジットカード業界でdカード GOLDだけ!ドコモのスマホ決済サービス「d払い」や電子マネー「iD(dカード)」の支払いで最高7%ポイント還元!

  • 毎月のドコモ携帯/ドコモ光ご利用料金が驚きの10%ポイント還元!
  • docomoユーザなら「ケータイ補償」で、購入から3年以内の端末の紛失・盗難・修理不能などを補償(最大100,000円補償)
  • ローソン利用でなんと5%もお得!さらにマツキヨ利用でポイント4倍の4%ポイント還元!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCard 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 最短5日間
10,000円(税別) 10,000円(税別)

9位:楽天ゴールドカード

格安系ゴールドカードで人気を集めているものの1つが、楽天ゴールドカードです。少額の年会費で、通常の楽天カードよりさらに特典が充実しているのが特徴です。

楽天ゴールドカードの概要

年会費

2,160円(税込)

家族カード

年会費540円((税込)

ETCカード

年会費無料

海外旅行傷害保険

最高2,000万円

国内旅行傷害保険

なし

ショッピング保険

なし

その他付帯サービス

・楽天市場でのショッピングでポイント最大5倍

・空港ラウンジ(年2回まで)

・ハワイラウンジ利用可能

楽天ゴールドカードの魅力とは

楽天カードの上位版だけあり、楽天ポイントがさらに貯まりやすくなっています。また、格安系ゴールドカードらしく、年会費の安さが魅力です。

これほど年会費の安いゴールドカードだと、空港ラウンジ特典は付かないことがほとんどですが、楽天カードなら年に2回までラウンジを無料利用できます。1年で1~2回ほど空港ラウンジを利用する機会のある方なら、ちょうど良いのではないでしょうか。

年会費無料の楽天カードとの違いを意識してか、楽天ゴールドカードでは年会費3年分の実質無料キャンペーンを実施中です。合計6,480円相当の楽天ポイントがもらえるので、入会するときはぜひ利用してみてください。

楽天ゴールドカードで注意すべきポイント

楽天市場・楽天トラベルなど、楽天関連の利用でポイントが増える仕組みになっています。たまに利用するぐらいでは、それほどお得感はないでしょう。

楽天で定期的に買い物をしないなら、利用場所に関係なく1.0%以上のポイント還元率があるカードがおすすめです

また保険は海外旅行傷害保険のみであり、国内旅行傷害保険・ショッピング保険は付帯していません。

総合評価
3.4
手軽に持てるゴールドカード

楽天市場ゴールドカードを使って楽天市場でお買い物をすると、全商品がいつでもポイント最大5倍!国内主要空港、ハワイ/ホノルル国際空港、韓国/仁川国際空港ラウンジを年間2回まで無料で利用できとってもお得。

  • 貯まったポイントは1ポイント1円として楽天グループでのお買い物やANAマイル、楽天Edyに交換可能
  • ETCカードの年会費が無料
  • 最高2,000万円の海外旅行保険で補償も充実!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 最短約1週間
2,000円(税別) 2,000円(税別)

10位:オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド

ポイントが貯まりやすいことで知られるオリコカード・ザ・ポイントの、ゴールドランクに位置するカードです。楽天ゴールドカードと同じく、格安系ゴールドカードとして人気を集めています。

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドの概要

年会費

1,950円(税込)

家族カード

年会費無料

ETCカード

年会費無料

海外旅行傷害保険

最高2,000万円

国内旅行傷害保険

最高1,000万円

ショッピング保険

最高100万円

その他付帯サービス

・オリコモールでポイント最大30倍

・Orico Club Offの優待サービス

・Mastercard優待特典

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドの魅力とは

常にポイント還元率が1.0%で、ポイントが貯まりやすいクレジットカードとして有名なのが、オリコカード・ザ・ポイント。その1つ上のランクで、ポイントがさらに貯まりやすく、付帯サービスも充実しているのが、オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドです。

通常のオリコカード・ザ・ポイントには旅行傷害保険がまったく付帯されませんが、プレミアム・ゴールドなら最高2,000万円の海外旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯されます。

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドで注意すべきポイント

ポイントを重視する方におすすめのゴールドカードではありますが、特定のお店・ショッピングサイトには、独自の還元率の高いクレジットカードが用意されていることも。

例えば楽天市場なら楽天ゴールドカードなどです。どこかのお店・サイトの愛用者の方なら、そちらを利用するのが一番条件が良いことも多いです。

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドは、どこかのサイトに偏ることなくショッピングをする方向けのカードといえます。

総合評価
3.8
年会費格安の高還元率ゴールドカード

ポイント還元率は常に1%以上で、入会後6ヶ月間はポイント還元率2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて便利!

  • オリコモール経由でのネットショッピングだと、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
  • 最高2,000万円の海外旅行保険と年間100万円までのショッピング保険で、旅行も買い物も安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
1,950円(税別) 1,950円(税別)

ステータスカードであるゴールドカードの魅力

ゴールドカードはいまだにステータスカードとして地位を保っています。一般カードにはあまり見られない、ゴールドカードならではの代表的な特典について解説します。

限度額が高くなる

ゴールドカードになると、クレジット利用できる限度額が一般カードより高くなります。例えばMUFGカード(一般)では40万円~80万円ほどですが、ゴールドになると最高200万円になります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードは特に限度額が高く、最高で300万円となっています。旅行・ウェディングなどまとまった費用を支払う際にも使いやすいです。

ちなみにアメックス・ゴールドカードは、一律の枠を設定しないことで知られていますので、最初はそれほど限度額が高くないこともあります。しかし、会員の利用状況に応じてショッピング枠が徐々に大きくなっていきます。

空港のラウンジを利用できる

ゴールドカード以上のランクになると、空港ラウンジ利用に期待する方も多いでしょう。空港ラウンジは慌ただしいロビーから離れ、静かな環境でひとときを過ごせる場所です。

フリードリンク・軽食などが用意され、Wi-Fiや電源タップも用意されているので、出発までの時間を活用して調べものや仕事をすることもできます。なかにはアルコールや地元の名物料理を楽しめるラウンジも。

ラウンジは通常1回あたり1,000円~2,000円ほどかかりますが、ゴールドカード以上のカードを保有していれば、無料で利用できることが多いです。

プライオリティ・パス付のゴールドカードもある

プライオリティ・パスとは、国内外1,200カ所以上の空港ラウンジを利用できる有料サービス。世界の主要な空港に提携ラウンジがあり、プライオリティ・パスがあれば、ほぼどの空港でもラウンジを利用できます。

プライオリティ・パスを付帯できるゴールドカードとして、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードが挙げられます。通常428米ドルの年会費がかかるプレステージ会員資格を、年10,000円(税抜)の優遇価格で取得できます。

また楽天ゴールドカードより上の楽天プレミアムカードも、プライオリティ・パスの付帯で有名です。年会費10,000円(税別)ですが、プレステージ会員資格が無料で付いてきます。

付帯保険が手厚くなる

年会費が高くなる分、ゴールドカードは一般カードより、付帯保険が手厚くなることがほとんどです。例えば三井住友VISAカードでの海外旅行傷害保険は、クラシックカード(一般))が最高2,000万円なのに対し、ゴールドでは最高5,000万円にアップします。

JCB一般カードでの海外旅行傷害保険は、最高3,000万円ですが、JCBゴールドは最高1億円と大幅に増えます。

ゴールドカードを保有しておけば、旅行の安心感が増しますね。

ビジネスシーンやプライベートシーンで社会的信用力の証になる

ゴールドカードを保有している人は、それなりのカード審査をパスした、社会的に信用性のある人という見方をされるのが一般的です。

一般カードが悪いというわけではありませんが、格式の高い高級なお店などでは、それなりのカードで支払いたいと思う方も多いもの。またプライベートシーンでは、カードに対する異性の目が気になる方もいるかもしれません。

ゴールドカードであれば、周囲の評価を気にすることなく、堂々と支払ができるでしょう。

その他充実の特典やサービスがある

ゴールドカードにはその他にもカードごとに独自の特典があります。例えば手荷物無料宅配サービスを活用すると、帰りの空港でスーツケースなどを預けて、自宅に送ってもらえます。空港から手ぶらで帰ることができ、重い荷物を引きずってバスや電車に乗る必要はありません。

JCBゴールドではお医者さんに相談できる「ドクターダイレクト24」というサービスがあります。自分自身の健康についてはもちろん、赤ちゃんのことなども医師に相談でき、24時間・年中無休で電話相談ができます。

アメックスはプロパー・提携ともにトラベル特典が充実。航空機遅延、寄託手荷物遅延などの補償サービスがあります。

このように、ゴールドカードには実に多種多様な特典・サービスがあります。自分のニーズに合うものをうまく利用すれば、お得で生活に役立つこと間違いなしです。

ゴールドカードの重要な審査基準

ゴールドカードは一般ランクより年会費が高い分、審査もやや厳しくなります。審査で重要な要素について見ていきましょう。

年収・勤続年数・職業などの仕事情報

比較的高い年会費を無理なく支払えるだけの収入があることが問われます。例えば三井住友VISAゴールドカードの場合、年収500万円以上が基準となっています。

勤続年数についても最低1年以上、できれば3年以上が望ましいです。例え年収が問題なくても、転職したばかりの方はやや不利になることもあるかもしれません。

しかしゴールドカードの中でも格安系のゴールドカードなら年会費が5,000円以下のため、それほど年収が高くなくても発行されます。

クレジットヒストリー

クレジットヒストリー(通称:クレヒス)とは、クレジットカードの利用実績のこと。毎月カードを利用して、確実に返済を積み重ねることで、クレジットカード会社からの信頼性が増します。

一般カードでクレヒスを築いておくと、ゴールドカードへのランクアップがしやすくなります。そのため、狙っているゴールドカードがあるなら、一般カードに加入してクレヒスを積み重ねるのも良いでしょう。

まとめ

2019年におすすめできるゴールドカードをステータスに注目してご紹介してきました。各カードによって、特長が色々と違うことがお分かり頂けたと思います。

ゴールドカードには、空港ラウンジなど旅行サービス、ショップでの優待サービス、手厚い保険など、一般カードにはない特典が目白押しです。自分がゴールドカードで何を利用したいのか、よく考えてみましょう。

また、ステータス性を重視したいのか、年会費は安くしたいのかなども総合的に考えて、ライフスタイルに良く合う1枚を見つけてみてください。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る