ふるさと納税はクレジットカード払いできる?その方法とメリット・デメリットをご紹介

  • 作成
  • 更新

普通に今住んでいるところに税金を納めるよりも色々なメリットがあることで人気になっているのが「ふるさと納税」です。

ここではそのふるさと納税をクレジットカードで支払うことができるのか、できるのであればどのようなメリットとデメリットがあるのかについて紹介していきたいと思います。

ふるさと納税とは?

本来地方自治体の税金収入は、その市区町村に住んでいる住民から集めることになっています。

しかし、過疎化が進んで人口が減少している地域と人口が過密している都会、給与水準が低い地域と高い地域などによって地域格差が発生するという問題が起こってきました。

そこでできたのが「ふるさと納税」の制度です。

2008年にできたこの制度は地域格差をなくすために住んでいない地域に納税、寄付できるというもので、それぞれの地方自治体はその制度を利用して多く税収を集めることができるようにそれぞれ工夫を行うようになっています。

以前はこのふるさと納税を利用して、自分が住んでいる地域での減税を受けるためには確定申告をしなければいけませんでした。

自営業者などであれば特別なことではありませんが、普通の会社員はなかなか確定申告を行うことはありません。

ほとんどの場合は会社で年末に源泉徴収の手続きをするくらいで、確定申告をするときは家を買ったときくらいでしょうか。

そのため、ふるさと納税を使いたいけれども確定申告は面倒だという人が多くいました。

しかし「ふるさと納税ワンストップ特例制度」ができてからは、確定申告をすることなく減税を受けられるようになりました。

納税(寄付)をした自治体から書類が送られてきますので、それを自分が住んでいる自治体に提出することで減税されるようになったのです。

ただし、ふるさと納税を行うには自己負担額が2,000円発生しますので、それを超えるメリットのため、つまり各地方自治体は多くの納税者を集めるためにと考えられている「お礼」です。

納税した人にお礼として地方の特産品(ブランド牛やブランド米など)を贈るというものです。

近年そのお礼が豪華すぎるとして問題にもなっていますが、地方自治体としては納税を集めるために内容は非常に豪華なものとなっている傾向がありました。

ふるさと納税はクレジットカード払いできる?

自治体によって異なるので事前チェックが必要

まず重要なことは「すべての地方自治体がクレジットカード払いに対応しているわけではない」ということです。

人気が集中しているような地方自治体ではたいていが対応していますが、対応していないところもあります。

全体的に見てみるとだいたい半数以上が対応しており、5~6割程度といったところでしょうか。

そのため、自分が納税しようとしている自治体がクレジットカード払いに対応しているかどうか調べるということが、先決になります。

使用ができる自治体ではほとんどの国際ブランドに対応していますので、一般的なクレジットカードはすべて使えると思って大丈夫です。

ただし、必ず「納税者本人の名義のクレジットカード」で支払うようにしましょう。

違う名義のものであった場合、正しく減免手続きができないことがあります。

カード払いなら、ポータルサイトがおススメ

まず、クレジットカードでふるさと納税を支払うことによってクレジットカードのポイントを得ることができます。

税金の支払いでポイントが付いていることになるのでこれだけでもお得です。

さらにポイントサイトを経由して支払うとクレジットカードのポイントに加えて、ポイントサイトのポイントも得ることができますので、ポイントに二重取りが可能となります。

クレジットカードで支払うのであれば、ぜひポイントサイトを利用して支払うようにしましょう。

楽天市場やYahooが運営しているふるさと納税サイトであったり、「さとふる」「ふるさとチョイス」「ふるなび」などいくつもポータルサイトはありますので、これらを利用すると良いでしょう。

ふるさと納税を行う方法

ふるさと納税を行うにはいくつかの方法があります。

「クレジットカード払い」「自治体窓口での現金払い」「現金書留」「銀行振込」「コンビニ決済」「キャリア決済」「ペイジー」などがあり、地方自治体によって対応しているものが違っていますので、必ず事前に調べてから行うようにしましょう。

ふるさと納税をクレジットカード払いするメリットとは?

まずポイントが貯まるというのが大きいです。ポータルサイトを利用して行えばさらにポイントが貯まるでしょう。

また、カード払いにするということは手元に現金がなくても納税できるということになります。ある程度まとまった金額になりますので、その意味でもカード払いにできるというのは大きいかもしれません。

クレジットカードの設定で分割払いにしてしまえば、すぐにお金を用意できない場合でも安心です。

ふるさと納税をクレカでするデメリットは?名義に注意!

ふるさと納税をクレジットカードで行うことに対してのデメリットはほとんどありません。むしろメリットの方が圧倒的に大きいのですが、しいて言うのであれば1点だけです。それは「支払ったクレジットカードの名義」です。

過去にあったトラブルとして納税者本人ではない名義のクレジットカードで納税を行ったために、その後の手続きがすべてうまくいかなかったというものがあります。

支払う際は名義には十分に気をつけましょう。

ふるさと納税におすすめのクレジットカード

楽天ふるさと納税を利用するとお得『楽天カード』

ふるさと納税をできるポータルサイトはいくつかありますが、楽天ふるさと納税もその一つです。楽天のサービスの一種ですので、楽天会員の人にとっては気軽に利用できるでしょう。

そのときにもっともお得なのが楽天カードです。

楽天カードを利用してふるさと納税をしたときでも、楽天スーパーポイントを貯めることができます

そしてこの楽天スーパーポイントをふるさと納税に使用することができるのです。

例えば20,000円の納税をするとします。

そのとき楽天スーパーポイントを8,000ポイント使用すれば、払うお金は12,000円ということになります。

しかし納税は20,000円分したことになりますので、この20,000円に対してまた楽天スーパーポイントが発生することになります。

このように楽天会員であるならぜひ楽天カードを使ってふるさと納税を行ってみましょう。

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

ポイント高還元の『Orico Card the point』カード

Orico Card the pointは「入会金なし、年会費永年無料」でありながらポイント還元率が1%あるという非常にお得なカードです。

特にオリコモールを経由して何かを支払ったりする場合はさらに特別加算ポイントがつきますので、かなりのポイント還元率になることがあります。

このカードを使用していけば安定してポイントを貯めることができるのは間違いありません。

総合評価
4.2
年会費永年無料で還元率が常に1%以上!ポイントをためるのにイチオシ!

ポイント還元率は常に1%以上でポイントがたまりやすい!入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて、小額のお買い物でもポイントがどんどんたまります

  • 年会費永年無料!さらにうれしい家族カード、ETCカードも無料です
  • オリコモール経由でamazonや楽天市場などのネットショッピングすると、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
無料 年会費
無料

まとめ

ふるさと納税を行うのであればポイントを二重取りできたり、支払いを分割で後回しにできたりするため、クレジットカードで行うのが非常にお得になります。

すべての地方自治体が対応しているわけではありませんが、自分が納税しようとしている地方自治体がクレジットカード払いに対応しているのであれば、ぜひ行ってみましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る