ETCカードはクレジットカードなしでも作れる!発行方法をわかりやすく解説

  • 作成
  • 更新

ETCは今では「料金を支払うために立ち止まる必要がない」だけのシステムではありません。高速道路の割引や渋滞回避支援、さらには災害時にも助けてくれる高速道路を運転する人にはなくてはならない機械となっています。そんな便利なETCですが「クレジットカードがないと申し込みができない」と誤解している人が少なからずいます。しかし「クレジットカードの審査が通らない」、あるいは「クレジットカードを作りたくない」という人でもETCカードは持つことができます。今回はクレジットカードなしでも作れるETCカードの発行方法やメリットデメリットをわかりやすく解説します。

クレジットカード会社のETCカードはクレジットカードとセットで申込みが必要

まずクレジットカード会社のETCカードは、クレジットカードとセットで申込みが必要であるということは覚えておきましょう。後ほど詳しく解説しますがクレジットカード会社が発行するETCカードと、クレジットカードなしで作れるパーソナルカードは別物です。クレジットカード会社発行のETCの中には「クレジットカード一体型」と「ETC専用カード」がありますが、どちらもクレジットカードとセットでなければ発行してくれません。ただしクレジットカード会社のETCカードでも、審査が非常に通りやすくなる方法があります。

クレジットカードなしでETCカードを作るなら

クレジットカードなしでETCカードを申し込みたいなら、次の4つの方法があります。

  • 1.家族カードを利用してETCカードを申込む
  • 2.ETCパーソナルカードを申込む
  • 3.法人ETCカードを申し込む
  • 4.ETCデビットカードを申し込む

どの方法もほとんど審査なしでETCを持つことができますが、それぞれ特徴がありますのでさらに詳しく解説していきますね。

家族カードを利用してETCカードを申込む

一つ目の方法は家族の中でクレジットカードを持っている人に限定される方法ですが、家族カードを利用してETCカードを申込むというものです。クレジットカードを持っている人は、本会員とは別に家族カードを発行できますが本会員の審査が通れば家族カードの審査はかなり通りやすくなります。

なぜなら仮に家族カードを持っている人が支払いを未納するとしても、審査に通って信頼できる人がいるからです。そして家族カードを持っている人はETCカードも持つことができますのでETCカードを持つのが非常に容易になります。ただし以下の場合は家族カードを発行してくれない場合があります。

  • 本会員と生計をともにしていない(生計をともにするという基準はカード会社によって違います)
  • 家族カードの所有者が18歳以下、あるいは高校生である
  • 家族カードの所有者が金融事故を起こしブラックリストに載っている(審査は非常に通りやすいとはいえ厳密にいうと審査はありますので、金融事故を起こしていると難しくなります。)

逆に言えば上記の条件を満たしていれば、ほとんど誰でもETCカードを作ることができます。

しかし家族カードでETCカードが発行出来ないクレジットカードもありますので注意が必要です。本会員以外でETCカードを発行出来ないカードには次のカードがあります。

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • ヤフーカード

ETCカードが発行出来ない家族カードの中に、このような人気のカードも含まれているのが残念なところです。ETCカードが家族カードとともに発行できるクレジットカードには次のようなものがあります。

  • dカード
  • オリコカード
  • 三井住友VISAカード
  • アメリカンエキスプレス(アメックス)

もしご家族が持っているクレジットカードがETCカードが家族カードとともに発行できのであれば、これらのクレジットカードを新たに申し込んでもらってください。

ETCパーソナルカードを申込む

高速道路が発行するETCパーソナルカードは、クレジットカードが発行するETCではなく、クレジットカードなしで作れるETCカードです。ETCパーソナルカードはクレジット(信用貸付)ではなく、デポジットを取りますので審査なしで発行することができます。

ETCパーソナルカードの申込み方法

ETCパーソナルカードの申込むためには、次の手順に従ってください。

【準備するもの】

  • 銀行口座
  • 銀行届印
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)
  • 保護者の同意書(18歳以下に限る)

【申し込み方法】

  • 1.ETCパーソナルカード事務局から申込書を郵送してもらい、必要事項を記入する ETCパーソナルカード事務局:TEL 044-870-7333(土日、祝日、年末年始除く9:00~17:00)
  • 2.申込書、本人確認書類を郵送する
  • 3.デポジット金を指定の口座に振り込む
  • 4.入金後2週間ほどでETCパーソナルカードが郵送される

今のところインターネットで申し込むことができませんので、申込み書を受け取るためにはETCパーソナルカード事務局に問い合わせをするか高速道路のパーキングエリアのインフォメーションで受け取る必要があります。

ETCパーソナルカードの仕組み

ETCカードは「クレジット」でも「デビット」でも「プリペイド」でもない、独特の「デポジット」というシステムを使っています。それぞれの特徴を比較してみましょう。

クレジットカード

審査に通った信頼できる人に渡されるカードで、カード払いをするとき、カード会社が一時的にお金を立て替えてくれる。

デビットカード

カード払いをするとき、銀行から直接引き落とすので審査はいらない。

プリペイドカード

事前に入金した金額しか使うことができないので審査はいらない。

ETCパーソナルカード

デポジットとして一定額のお金を預かっているので、審査はいらない。

クレジット機能をつけるためには必ず審査が必要になりますので、審査なしでETCカードを持つために、デポジットとしてお金を預かることによって審査なしを可能にしています。この時に預かったお金はもしもの時のために預かるお金なので、通常通行料金をデポジットからとることはなく、通行料金は通行料金としてとります。ETCパーソナルカードのデポジットとして預かる金額は1ヶ月の平均利用額の4倍で、以下の4つのパターンがあります。

月平均利用額

デポジット金

5,000円以下

20,000円

10,000円

40,000円

15,000円

60,000円

20,000円

80,000円

1ヶ月の利用額が増えるとデポジットを追加で徴収され、未払い料金がデポジット金の80%を超えるとETCパーソナルカードが利用停止するというシステムになってしまいます。このようにETCパーソナルカードは審査なしで誰もが入手できる半面、デポジット金を預かるという少し複雑な仕組みになっています。デポジット金はETCパーソナルカードを解約しない限り返ってきません。またETCパーソナルカードはデポジットの他に年会費として1,134円+税を払う必要があります。

ETCパーソナルカードの引き落とし日

ETCパーソナルカードの引き落とし日は毎月27日ですので、この時期が近づいたら銀行口座にお金がきちんと入っているかどうか確認しておきましょう。ETCパーソナルカードは未払い料金が増えるとすぐに解約されていますので、引き落とし日はしっかりと覚えておくことは大切です。

法人・個人事業主が申し込む場合は法人ETCカード

法人や個人事業主が審査不要クレジットカードなしで申し込む場合は高速情報協同組合の法人ETCカードを申し込みましょう。法人ETCカードは個人と比べデポジットが安く、ポイントや割引などの対象となっているからです。

法人ETCカードには2種類ある

法人ETCカードには、「手数料5%のETCカード」と特典が充実している「手数料8%のETCカード」の2種類のカードがありますが、共通しているのは次の点です。

  • 1口1万円以上の出資金をデポジットとして支払う
  • カード発行手数料を1枚につき500円+税支払う
  • 取扱手数料(年会費)を1枚につき500円+税支払う
  • 高速道路の使用料に応じて手数料を支払わなければならない

また共通する割引は次の通りです。

  • 休日(土日祝の終日)30%オフ(軽自動車、普通自動車のみ)
  • 深夜0時〜4時30%オフ/

「手数料8%のETCカード」のほうは、これに加えてさらに次の特典がプラスされます。

  • 平日(月曜から金曜)朝6時〜9時、夕方17時〜20時50%割引(一部区間を除く)
  • 使用料金の1%〜10%ポイントが貯まるETCマイレージサービスに加入

最も大きいのは平日の朝夕50%割引になる特典ですので、この時間帯に高速道路をどれだけ使用するかが「手数料5%のETCカード」にするか「手数料8%のETCカード」にするかの判断材料になります。

法人ETCカードの申込み方法

法人ETCカードの申込みをするためには、次の手順に従ってください。

【準備するもの】

《個人事業主の場合》

  • 所得税確定申告書    
  • 車検証
  • 申請車両のETC車載器セットアップ証明書
  • 代表者の運転免許証

《法人の場合》

  • 商業登記簿謄本
  • 車検証
  • 申請車両のETC車載器セットアップ証明書
  • 代表者の運転免許証

【申し込み方法】

  • 1.「申し込みメールフォーム」に必要事項を入力後送信する
  • 2.郵送された「ETCカード申請書」を記入後、必要書類と共に郵送する
  • 3.出資金を指定の口座に入金する
  • 4.入金後10日ほどでETC法人カードが郵送される

法人のETCカードも、インターネットから申し込みを完了させることはできません。

法人ETCカードの仕組み

高速情報協同組合の法人ETCカードは、ETCパーソナルカードと同様クレジットカードではありません。デポジットを出資金として払うのが特徴で、利用ごとにデポジット金が増えるETCパーソナルカードと違い、高速情報協同組合の法人ETCカードはデポジットが1万円と決まっています。また出資金なので法人のETCカードを複数枚発行してもデポジットが1万円と変わらないというのもメリットです。法人のETCカードは5%、あるいは8%の手数料を組合に払うことによって、特典などを受けることができるようになっています。

デビットカードを申し込む(北陸地方の方限定)

デビットカードのETCが出回ると、銀行にお金が入っていないとETCゲートのバーが開かないで事故や渋滞を招いてしまいますので、デビットカードは性質上作るのが難しいと言われています。プリペイドカードのETCも同様の理由でありません。しかしそんな中で、ETCの機能がついているデビットカード「北國VISAデビットカード」というカードがあります。

このデビットカードは、即時決済ではなくカードを利用後2日〜3日後に決済するというシステムを取っているので確実にETCゲートを通り抜けることができます。それでデビッドカードでありながらETCの発行が可能になっています。残念なことにこのデビットカードは北陸三県(石川県、富山県、福井県)に住んでいる人限定のカードですが、もしこの地方に住んでいるなら検討してみてください。デビットカードなので審査なしで作ることができます。年会費は無料でポイント還元率が0.5%です。ゴールドカードにすれば年会費は5,000円+税かかりますが、ポイント還元率が1%になり、しかも海外旅行保険がつきます。

クレジットカードなしでETCカードを作るメリット

クレジットカードなしでETCカードを作るメリットは、誰でも審査なしで発行することができるというところです。どんなに審査が優しくてもクレジットカードはクレジットカード。誰でも審査が通るわけではありません。しかしクレジット機能がなければ基本的に審査はないので、気軽に作ることができます。

またクレジット機能がなければ、ETC以外に利用することができませんので使いすぎを心配する必要がなくなります。カードを紛失したり盗難されたりしたとしてもETCの機能しか使うことができませんので、最悪の場合でも被害はそれほど大きくありません。クレジットカードなしのETCカードはこんな人におすすめです。

  • クレジットカードの審査に受からない人
  • クレジットカードを持つと使いすぎてしまう人
  • クレジットカードに不正利用されるのが怖い人

クレジットカードを持つことができるなら、ETCがついているクレジットカードを持っているほうが様々な面で得点が高いですのでそちらをおすすめします。クレジットカードなしのETCカードのメリットは、あくまでクレジットカードがなしであるということだけになりますが、それが大きなメリットとなるという人は少なからずいるでしょう。

クレジットカードなしでETCカードを作るデメリット

クレジットカードなしでETCカードを作るデメリットは、意外とお金がかかることです。ETCパーソナルカードや法人のETCカードの場合デポジットとして1万円以上のお金が取られ、それに加えて通行料がかかります。また年会費無料のクレジットカードがたくさんある中で、クレジットカード機能がないETCカードは年会費がかかります。このように費用はかかるのに、クレジットカードのように利用ごとに貯まるポイントもありません。それでクレジットカードなしのETCカードはこんな人にはおすすめできません。

  • ポイントを貯めたい人(家族カード・デビットカードの場合は可)
  • 年会費無料のカードを作りたい人(家族カード・デビットカードの場合は可)
  • デポジットを払いたくない人(家族カード・デビットカードの場合は可)

このようにETCパーソナルカードは高速道路が発行しているので、特典が多いような気がしますが、実際はクレジットカード会社が発行しているETCカードと比べてデメリットの方が目立ちます。しかし家族カードやデビットカードの場合は、クレジット機能なしのETCカードのデメリットがほとんどありませんので、可能ならこれらを検討してみてください。

まとめ

今回はクレジットカードなしで作るETCカードについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。クレジットカードなしでETCカードを作りたいなら、まずETC機能がついている家族カードとデビットカードを検討してみましょう。それが難しいなら法人カードやパーソナルカードがあります。いずれにしても銀行口座さえあれば誰でもETCカードを持つことができます。今まで諦めていた人はすぐにETCカードの登録をしてみましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る