クレジットカードと電子マネーの違いを分かりやすく解説。おすすめ一体型カード6選も紹介!

  • 作成
  • 更新

クレジットカードと電子マネー。あなたはこれらのカードの違いを答えられますか?これらのカードは、どちらも「現金を使わない」という共通点がありますが、明確な相違点もあります。そしてその相違点を知っておくと、「便利でお得な裏技」が使えてしまうんです。

今回は、クレジットカードと電子カードそれぞれのメリットをお伝えし、その中から最もオススメのカードを紹介します。

クレジットカードと電子マネーの違いは?

電子マネーは気軽に使えるというメリットがありますが、利用範囲が限られているというデメリットがあります。一方クレジットカードは、カード利用者を信用(creditとは、信用の意)しているため、様々な場所で使える便利なカードですが、信用のためにいくつか制限があります。以下は、クレジットカードと電子マネーの違いをまとめた表です。

  電子マネー クレジットカード
入会審査 〇審査はなく未成年者を含め誰でも入会ができる △審査が必要で、未成年者や収入が限られている人は入会できないことがある
便利さ 〇カードやスマートフォンをかざすだけで利用できる △利用する時は、サインや暗証番号が求められることがある
気軽さ 〇100円に満たないような少額なものでも利用できる △少額の場合何となく利用しづらい
年会費 〇基本的に無料 △カード会社によっては年会費がかかることがある
上限額 △チャージの上限額が50,000円くらいまでで、分割払いができないので高額な支払いは不可 〇少なくとも300,000円以上あり、分割払いができるので高額支払いが可能
支払い方式 〇プリペイド方式(前払い)とポストペイ方式(後払い)の2種類がある。プリペイド方式は、使いすぎの心配がない。 △ポストペイ方式のみ。使いすぎてしまうことがある。
使用範囲 △国内の限られた場所しか使えない。 〇海外を含め、たくさんの店で使用することができる。
ネット決済 △ほとんどの場合不可。 〇ほとんどの場合可能

電子マネー付クレジットカード、一体型の魅力とは

このように、クレジットカードにはクレジットカードの、電子マネーには電子マネーのメリット・デメリットがありますので、両方持っている人も少なくありません。

電子マネー付クレジットカードの魅力は、クレジットカードと電子マネー両方にあるデメリットを補い、メリットを強化することができることにあります。

一体型だから管理がラク!

電子マネーとクレジットカードを持っていると物理的にカードが2枚になってしまうので、管理が大変です。最近はいろいろなポイントカードやクレジットカードが発行されているため、複数のカードを財布にしまわなければなくなり、財布がすぐにパンパンになってしまう…なんてことありますよね。かといって今日は使わないと思ってクレジットカードを家に置いてきたときに限って、「急に飲み会になって現金がない!」なんて事態が起きてしまったりするものです。

電子マネー付クレジットカードなら、カードが1枚になるので財布がすっきりします。しかも電子マネーを使えるところでは電子マネーを、クレジットカードしか使えないところではクレジットカードを利用するなんて選択もできますので、この1枚があればどこでもお得にポイントが貯まり、現金の持ち合わせが少なくても食事や買い物を楽しめちゃうんです。

ポイントをザクザク貯めよう!

電子マネー付クレジットカードは大抵、ポイントがダブルで貯まる仕組みになっています。つまり、「電子マネーをチャージした時」にポイントが貯まり、「電子マネーを使用した時」にさらにポイントが貯まります。

一例として、「ビックカメラSuicaカード」の電子マネー「Suica」を使って、ビックカメラで買い物した時のことを考えてみましょう。

クレジットカードでSuicaをチャージした時にポイントが貯まる(1.5%)

Suicaを使ってビックカメラで買い物をした時にポイントが貯まる(+10%)

合計11.5%ポイントが貯まる

このように、電子マネーやクレジットカードのみを使用した時と比べて、クレジットカードでチャージした電子マネーを使えば、ポイントがザクザク貯まるのがわかりますね。

総合評価
3.4
ビックカメラ利用ユーザには最大11.5%の高ポイント還元率

クレジットカードチャージをしたSuicaを使ってビックカメラでお支払いすると、チャージポイント1.5%とビックカメラの10%ポイントを合わせて11.5%ポイント還元

  • 初年度年会費無料(2年目以降も、前年にクレジット利用がある場合は「無料」)
  • ビックカメラの該当店舗だと、即日発行が可能(仮カードの為限度額10万円)
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~11.5% 10日間程度
無料 無料

電子マネーのデメリットを相殺!オートチャージ機能

電子マネーのデメリットのひとつは、「チャージし忘れ」です。残高が少なくなってしまうと、当然カードで買い物することはできなくなります。

せっかくのスピーディーが売りの電子マネーなのに、場合によっては余計に手間をかけてしまうことがあります。特にラッシュ時に残高不足になったときは、道具が出てこない時のドラえもんのように焦りますよね。

でも電子マネー付クレジットカードでは、そんな心配はいりません。たいていのカードには「オートチャージ機能」が搭載されていて、電子マネーの残高が〇〇円以下になったら〇〇円が自動でチャージされます。もちろんオートチャージ機能は、解除することができたり、解約時に返金できたりしますので、「使わない電子マネーが余ってしまった」なんて心配はいりません。

おすすめ一体型カードはこれ!

カードによっては、電子マネーをチャージしてもポイントが貯まらないものがありますが、ここで紹介するカードは、すべて「クレジットカードから電子マネーをチャージ」した時、「電子マネーを使用」した時のダブルでポイントが貯まるカードです。代表的な電子マネーを使えるカードを紹介しますので、普段使いそうな電子マネーが使えるカードを選んでみてくださいね。

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

ビックカメラSuicaカード

Tカードプラス

楽天カード

イオンカードセレクト

セブンカード・プラス

電子マネーの種類

iD、QUICPay

Suica

Tポイント

楽天Edy、ANAマイル

WAONポイント、ときめきポイント

Nanacoポイント

使用できるコンビニ

セブンイレブン

ファミリーマート

ローソン

 

セブンイレブン

ファミリーマート

ローソン

ミニストップ

ディリーヤマザキ

サークルK・サンクス

ファミリーマート

サークルK・サンクス

セブンイレブン

ファミリーマート

ローソン

ポプラ

スリーエイト

ファミリーマート

ミニストップ

ローソン

 

セブンイレブン

 

ポイント還元率(使用時)

1%

1%~10%

0.5%~1%

0.5%

0.5%

1%~1.5%

ポイント還元率(チャージ時)

0.5%

1.5%

0.5%

0.5%

0.5%

0.5%

年会費

無料

初年度無料、次年度以降500円。ただし前年度1回の利用で無料。

無料

無料

無料

初年度無料、次年度以降500円。ただし前年度5万円以上の支払いで無料。

発行手数料

無料

無料

無料

無料

無料

無料

ブランド

JCB・VISA

JCB・VISA

JCB・VISA

JCB・VISA・MasterCard

JCB・VISA・MasterCard

JCB・VISA

総合評価
4.2
年会費永年無料で還元率が常に1%以上!ポイントをためるのにイチオシ!

ポイント還元率は常に1%以上でポイントがたまりやすい!入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて、小額のお買い物でもポイントがどんどんたまります

  • 年会費永年無料!さらにうれしい家族カード、ETCカードも無料です
  • オリコモール経由でamazonや楽天市場などのネットショッピングすると、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
無料 年会費
無料
総合評価
3.4
ビックカメラ利用ユーザには最大11.5%の高ポイント還元率

クレジットカードチャージをしたSuicaを使ってビックカメラでお支払いすると、チャージポイント1.5%とビックカメラの10%ポイントを合わせて11.5%ポイント還元

  • 初年度年会費無料(2年目以降も、前年にクレジット利用がある場合は「無料」)
  • ビックカメラの該当店舗だと、即日発行が可能(仮カードの為限度額10万円)
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~11.5% 10日間程度
無料 無料
総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料
総合評価
3.7
セブンイレブンやイトーヨーカドーのユーザにおすすめ

7&iグループでの利用で1.5%のポイント還元

  • nanacoへのクレジットチャージでもポイントが貯まるので、チャージしたnanacoで支払えばダブルでお得
  • 毎月8日、18日、28日はイトーヨーカドーでの利用で5%オフ
  • 貯まったnanacoポイントはANAマイルに交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 1週間程度
無料 実質無料※前年度のショッピング利用金額が5万円以上で次年度無料(利用がなかった場合は500円かかる)

まとめ

今電子マネーが使える店や交通機関はたくさんあります。それらの支払いを全て電子マネー付クレジットカードで行えば、とても便利で快適になるだけでなく、ポイントがすぐにたまることに、驚かれると思います。もしあなたが電子マネーかクレジットカードのみ、あるいは現金支払いにしているなら、この機会に電子マネー付クレジットカードを使ってみませんか?

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る