ステータスカードの最高峰、ダイナースクラブカードとは。アメックスとどちらが良い?ダイナースのラインナップのメリット・デメリットを徹底比較します

  • 作成
  • 更新

ダイナースクラブカードは、アメックスと同様にとてもステータスが高く、高級レストランやホテルなどでも堂々と使え、特典も満載なので、日々の生活や旅行でも役立ちます。

この記事では、ダイナースのクレジットカードのメリット・デメリットや、おすすめのダイナースクラブカードの種類を解説します。

アメックスとの比較も行っているので、どちらの国際ブランドを選ぶか迷っている方も、参考にしてください。

ダイナースクラブカードとは

ダイナースクラブカードは、日本では三井住友トラストクラブが、国内向けに事業展開をしているクレジットカードです。 

ダイナースクラブカードは、国際ブランドがダイナースクラブとなっていて、ダイナースクラブの他のクレジットカードと同様に、ダイナースクラブの加盟店で利用できます。

ダイナースクラブカードを発行して、支払いに使う際は、利用先がダイナースクラブに対応していることを必ず確認しましょう

国際ブランド・ダイナースクラブは、アメリカの企業である、ダイナースクラブインターナショナルが展開しています。

ダイナースクラブは、1950年代からアメリカで展開されていて歴史が古く、日本でも1960年代から富裕層向けに事業が展開されていたため、ステータスが高い存在です。

ダイナースクラブのクレジットカードは、日本国内はもちろん、海外やインターネットなどでも活用できます。ダイナースクラブに加盟しているコンビニやスーパー、デパートなどでは、ダイナースクラブカードを支払いに活用してみてはどうでしょうか。

ダイナースの魅力、メリット

ダイナースのクレジットカードには、他のクレジットカードではなかなか得られない、様々なメリットがあります。自分にダイナースが合っているか、特典やメリットの内容をしっかりチェックしてみてください。

ダイナースはステータスが高い

ダイナースのクレジットカードは、もれなくステータスが高くなっています。

VISAやMastercard、JCBなどのクレジットカードは、カードの種類(一般、ゴールド、プラチナなど)や発行会社によって、ステータスの高さが変わってきます。しかし、ダイナースのクレジットカードなら、基本的にどのカードであっても高ステータスです。

多くのカードが年会費2万円を超えていますが、特典内容も、他社のゴールドカードやプラチナカードに並ぶボリュームで、満足度は高いでしょう。

利用可能枠に一律の制限がなく、高額な買い物も大丈夫!

ダイナースのクレジットカードには、利用可能枠に一律の制限がないという特徴があります。
利用可能枠自体は、会員それぞれに設定されますが、カード自体には利用可能枠の上限がありません

他社のクレジットカードの場合、カードごとに「最大80万円」「最大300万円」などの上限が設けられているケースがありますが、ダイナースには存在しないのです。

車などの、限度額をオーバーするような高額な決済をする際は、10日前に以下の番号へ知らせれば、相談の上取引をできるケースがあります。

  • 03-6863-7760
  • 受付時間:24時間

高額な買い物に役立つのは、ダイナースのカードを選ぶ大きなメリットです。

利用金額に応じてポイントが貯まっていく

ダイナースクラブのクレジットカードでは、利用金額100円ごとに1ポイントを貯められます。(一部、マイルが貯まるカードもあり)

1ポイントの価値は、交換するアイテムによって変化しますが、0.4~1%程度となります。
ポイントには有効期限がないので、たくさんのポイントを長い時間をかけて貯めたり、交換可能な最小限のポイントが貯まることに交換したり、使い方は自由自在です。

ポイントをどんどん貯めて、マイル楽天スーパーポイントなどに交換して活用できるのは、ダイナースクラブを選ぶメリットの一つと言えるでしょう。

優待特典が充実、日常でも旅行でも役立つ!

ダイナースクラブのカードは、優待特典の充実度が高いので、普段の日常生活中はもちろん、休日を楽しんだり、旅行を快適に満喫したりできます。

  • 「エグゼクティブ ダイニング」で、レストランのコース料理が1名無料(6名以上なら2名無料になるプランも!)
  • 国内空港ラウンジ29箇所+海外空港ラウンジ800箇所以上を利用可能
  • ホテルやレストラン、航空券の優待予約
  • 無料の空港送迎や手荷物宅配、空港パーキング
  • オープンゴルフコンペや会食会といった会員限定イベントに参加可能

以上の通り、特典重視の人にとって、ダイナースクラブのカードは魅力的な存在です。

ダイナース公式アプリが便利!

ダイナースには、公式アプリがあります。優待情報をチェックしたり、アプリ限定のクーポンを使えたりなど、アプリをスマートフォンにインストールしていれば、カードをより便利に使いこなせます。

ダイナースのデメリット・注意点はある?

ダイナースのクレジットカードを申し込む前に知っておきたい、デメリットや注意点があります。人によっては、デメリットがあるために使いづらいと感じられるケースもあるので、必ず確認しておきましょう。

ダイナース非対応の店舗に注意!

ダイナースのカードは、ダイナースクラブに加盟しているお店で使えます。

大手のコンビニやスーパーなどは、基本的に問題なく加盟していますが、小規模なお店などでは、ダイナースのカードを利用できないケースもあります。

ダイナース非対応の店舗が身の回りにある、または、今後使えないお店に出くわしてしまった時に備えておきたいときは、VISAブランドのカードなど、予備のカードを合わせて持ち歩きましょう

ダイナースクラブは、年会費が2万円を超えるケースがほとんどなので、2枚目のカードは、年会費無料の楽天カードや、セゾンカードインターナショナルなどを選ぶのがおすすめです。

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

ダイナースのカードは年会費が高め

ダイナースのカードは、年会費が高額です。クレジットカードに対して、年会費無料など維持費の安さを求める方はご注意ください。

年会費以上の還元を受けられるほど、特典は充実しているので、カードを使いこなせるなら、年会費が高額であるメリットは、十分解消されるでしょう。

提携カードは少なめ、いずれも年会費は2万円以上

ダイナースのクレジットカードには、ダイナースと航空会社などが提携している種類もありますが、他の国際ブランドと比べると、提携カードの種類は少なめです。

例えば、アメックスなら、通常のカードより年会費が安いセゾンパール・アメックスなど、たくさんの種類から好きなものを選べますが、ダイナースクラブでは、あまり選択肢が多くありません。提携カードも、基本的にゴールドカード以上のステータスであり、年会費は高額です。

ダイナースクラブを選ぶ場合、提携カードも含めて、カードの維持費は高額になることにご注意ください。

還元率が下がる加盟店や、ポイント付与がないサービスに注意

ダイナースクラブの加盟店には、還元率が下がったり、そもそもポイントをもらえなかったりするものもあります。

<ポイントをもらえないサービス・加盟店>

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • キャッシング
  • 年会費
  • ローン
  • その他、オプショナルサービス

一部電子マネーや、カードの各種手数料に対してはポイントが付かないので、ご注意ください。

<ポイント還元率が下がる加盟店(200円につき1ポイント)>

  • 東京電力、関西電力などの電力会社10社
  • 東京都水道局などの水道料金16社
  • 東京ガスなどのガス会社15社
  • 国税などの税金
  • 国民年金保険料などの保険料
  • さとふる(ふるさと納税)
  • NHK受信料、有料放送サービス
  • 車両購入代金
  • 医療用商材
  • 大型病院
  • ETC
  • インターネット、携帯料金

月々の支払いが発生する様々なサービスは、ポイント還元率が下がる傾向にあるので、ご注意ください。

ダイナースとアメックスを比較してみよう!どちらのステータスが高い?お得?デメリットはある?

ダイナースのカードを検討するにあたり、合わせてアメックスのカードとどちらにするかで悩んでいませんか?ダイナースも、アメックスも、どちらもステータスが高い国際ブランドです。

そして、ダイナースとアメックスには、どちらにもメリットがあるので、自分にとってどちらがより便利に使えるか、サービスの違いを見比べて検討しましょう。

なお、今回の比較では、基本的に年会費22,000円(税抜)の「ダイナースクラブカード」と、年会費29,000円(税抜)の「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を比較します。

総合評価
4.3
圧倒的な旅行サポートを誇る、世界が認めるステータスカード!

ブランド力と無料ラウンジ利用やマイル移行のし易さで圧倒的に旅をサポート。100円=1マイルのハイペースでマイルが貯まる!航空会社VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」がなんと年会費無料で登録できます(通常99USドル)

  • ANAマイルだけじゃない!スターアライアンス系提携数十社にマイル移行可能
  • 海外旅行保険が最大1億円補償!さらに航空機遅延保険まで付帯!
  • 国内外の空港ラウンジが同伴1名まで無料で利用可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
AMEX 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.4%~1.0% 2週間程度
29,000円(税別) 29,000円(税別)

ダイナースとアメックスの優待内容。どちらが充実してお得?

ダイナースクラブカードとアメックスを比較すると、優待内容の充実度は概ね互角です。

 

ダイナースクラブカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ポイントサービス

100円につき1ポイント、有効期限無期限(還元率0.4〜1%)

100円につき1ポイント、1回交換後に有効期限無期限

ポイント還元率(交換先によって、還元率が変化する)

0.4〜1%程度

0.33〜1%程度 

レストラン系優待

・エグゼクティブ ダイニング(2名以上の予約で、1名分のコース料金無料、6名以上なら2名無料)

・料亭、レストランなどでの優待サービス

ゴールド・ダイニング by 招待日和(2名以上利用時1名無料)

空港系優待

・航空券、ホテル割引予約

・空港送迎タクシー片道無料、または、特別料金

・手荷物無料宅配

・空港前ホテル優待利用

・空港パーキング無料

・空港特急列車手配

・サンパーキング優待

・JALエービーシーの手荷物一時預かり

・Wi-Fiルーター、携帯電話割引レンタル

・航空券、ホテル割引予約

・手荷物無料宅配

・エアポート送迎優待

・空港パーキング割引

・無料ポーター(荷物を指定場所へ運搬)

・手荷物無料預かり

・H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクでの国内線航空券購入で、1,000円分の飲食券クーポンプレゼント

保険

・国内・海外旅行傷害保険最大1億円

・ショッピング保険年間500万円

・海外旅行傷害保険最大1億円

・国内旅行傷害保険最大5,000万円

・航空便遅延補償

・ショッピング保険年間500万円

ダイナースクラブカードのメリットは、レストラン系優待の充実度がやや高くなっていたり、国内旅行傷害保険の最大金額1億円で高額だったりすることです。

ただし、アメックス・ゴールド には、航空便遅延補償があるので、飛行機に頻繁に乗る場合は、アメックス・ゴールドも要検討でしょう。

ダイナースとアメックス、空港ラウンジの利用特典内容を比較

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドは、どちらも空港ラウンジ特典が充実しています。

 

ダイナースクラブカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

空港ラウンジ

国内29箇所+海外ラウンジ(合計800箇所以上)

国内28箇所+ハワイ、韓国+プライオリティ・パスによる海外ラウンジ(合計1,200箇所以上)

利用可能回数

無制限

海外ラウンジは年2回無料

同伴者

有料

1名無料

ダイナースクラブカードは、同伴者が有料である代わりに無制限に利用でき、プライオリティ・パスの申し込みは不要です。

アメックス・ゴールドは、海外ラウンジは年2回無料という制限がありますが、代わりに使えるラウンジが多く、同伴者も1名無料で利用できます。

家族旅行が中心ならアメックス・ゴールド、頻繁に海外に出かけるなら、回数無制限のダイナースクラブカードが良いでしょう。

ダイナースとアメックス、審査基準を比較

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドは、審査基準が異なります。

 

ダイナースクラブカード

アメリカン・エキスプレス・カード

入会資格

27歳以上の方

20歳以上、本人に安定した継続収入のある方

以上の通り、ダイナースクラブカードは、年齢が27歳以上でなければ申し込めません。
アメックス・ゴールドは、20歳以上であれば申し込めますが、本人に安定した継続収入が必要です。

ただし、ダイナースクラブカードも、年会費が高額で、ステータスも高いため、27歳以上なら誰でも作れるわけではありません。安定した継続収入があり、少なくとも年収500万円程度であることが、審査に通るためには重要と言われています。

ダイナースクラブカードの種類は?おすすめカードをご紹介!

ダイナースクラブのクレジットカードには、複数のラインナップがあるので、どれを選んでいいか迷ってしまうかもしれません。

おすすめのダイナースクラブカードを3種類紹介するので、どれを選ぶか迷っている方は、参考にしてください。

JALマイラーにはJALダイナースカードでマイルをどんどん貯めよう!メリット、デメリット、家族カード、審査基準もご紹介

JALの航空機を利用していて、JALマイラーの方には、JALダイナースカードがおすすめです。
JALダイナースカードは、本会員年会費が28,000円(税抜)、家族カードは9,000円(税抜)となっています。

メリット

JALダイナースカードのメリットは、利用金額100円ごとに1マイルを貯められることです。
JALにおける1マイルの価値は、交換先によって変化しますが、1.5〜2円、さらにはそれ以上の価値の航空券への交換もできるので、通常のダイナースクラブカードより、還元率が高めです。

さらに、カードの利用において、ボーナスマイルを貯められるのも、見逃せないメリットと言えるでしょう。

  • 初回搭乗時:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗時:2,000マイル
  • 搭乗時:フライトマイル25%を追加付与

さらに、カード年会費+2,000円(税抜)で参加できる「JALカード ツアープレミアム」なら、先得やパッケージツアーの利用も含めて、区間マイル100%が追加でもらえるのも、見逃せません。

そして、JALダイナースカードの旅行傷害保険は、国内・海外共に、最高1億円に設定されています。

「エグゼクティブ ダイニング」などの優待特典に加えて、JALカードの1種であるために、以下のような特典も利用できるので、JALの航空機をよく利用するなら、役立つ機会は満載でしょう。

  • 機内販売や対象免税店での10%割引
  • 会員誌や、オリジナルカレンダーの送付
  • ホテルニッコーやJALシティの割引
  • JALカード会員限定のマネープランセミナーなどのイベント参加

JALのマイルをお得に貯めて、空港などでJALの特典を活用したい方は、JALダイナースカードを選ぶのがおすすめです。

デメリット

JALダイナースカードのデメリットは、年会費が28,000円(税抜)であり、通常のダイナースクラブカードよりも、6,000円(税抜)高額になっていることです。年会費を安く抑えたい方はご注意ください

ただし、ダイナースクラブのポイントに比べて、カード利用で貯まるJALマイルの価値が大きくなりがちなので、たくさん支払いで使って、マイルを貯めていくなら、年会費の差を埋められます。

また、マイルは36ヶ月後の月末に有効期限が切れるので、長期間マイルを貯め続ける場合は、期限切れにご注意ください。

審査基準

JALダイナースカードは、27歳以上の方が申し込めます。ただし、高ステータスなカードなので、基本的に安定した収入を得られていることも、重要であると言われています。安定した収入を得ていて、27歳以上であるJALマイラーの方は、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

ANA派のあなたにはANAダイナースカード。メリット、デメリット、家族カード、審査基準もご紹介

JALでなく、ANAを利用する機会が多い方には、ANAダイナースカードがおすすめです。
ANAダイナースカードは、年会費が27,000円(税抜)で、家族カードは6,000円(税抜)で利用できます。

メリット

ANAダイナースカードでは、マイルではなくポイントが貯まります。1ポイントは1マイル相当で、期限がなく自由にマイルに貯められるので、マイルを使いたいタイミングで交換できます。通常のANAマイルは、3年間で有効期限が切れるので、期限の心配がなくなるのは、大きなメリットでしょう。

もちろん、旅行傷害保険最大1億円、エグゼクティブ ダイニングで2名以上におけるレストランのコース料金が1名無料など、各種特典は、ダイナースクラブカードと同様です。

ANAカード限定サービスとしては、ビジネスクラスカウンターを利用してチェックインできることや、ANA FESTAで10%の割引を受けられることが挙げられます。

デメリット

ANAダイナースカードのデメリットは、年会費が、通常のダイナースクラブカードよりも4,000円(税抜)高額になることです。

ただし、ANAマイルに交換可能なポイントを貯められるので、マイルをたくさん貯める方なら、年会費の差額以上の還元を受けることもできるので、心配はないでしょう。

もう一つ、注意したい点は、ポイントをマイルに移行するために、手続きが必要であることです。JALダイナースカードなら、直接マイルを貯められるので、一手間を省略できます。

審査基準

ANAダイナースカードは、27歳以上が申し込めるクレジットカードです。

「27歳以上」以外の細かい指定はありませんが、ステータスの高いカードなので、基本的に安定した収入を得ている必要があると言われています。

27歳以上で、安定した収入を得られているANAマイラーの方は、申し込みを検討してみてはどうでしょうか。26歳以下の方や、発行できるか心配な方は、VISAなど他のANAカードも検討してみましょう。

BMW ダイナースカードはその名の通りBMWオーナーにおすすめ!メリット、デメリット、家族カード、審査基準もご紹介

BMW ダイナースカードは、BMWのオーナー向けカードです。BMW ダイナースカードの年会費は5,000円(税抜)で、家族カードは7,000円(税抜)で利用可能となっています。

メリット

BMW ダイナースカードのメリットは、BMW所有者や、購入する方に役立つ特典が多数用意されていることです。

  • 車両購入にBMW ダイナースカードを使える
  • 正規ディーラーから、BMW ダイナースカードでBMWを購入すると、利用金額に応じて貯めたポイントをキャッシュバックに使える
  • 貯めたポイントをBMWグッズと交換できる
  • 年間100万円以上の利用で、BMWオリジナルグッズが抽選でもらえる
  • BMWのロードサービス「BMW エマージェンシー・サービス」を利用可能
  • BMW Card Newsを定期的にもらえる

BMWに興味があり、クレジットカードでBMWを購入、日々BMWに関する特典を活用したい方は、BMW ダイナースカードをご検討ください。

デメリット

BMW ダイナースカードのデメリットは、BMWを持っていなかったり、興味がなかったりする人には、あえて選ぶ理由がないことです。BMWに興味がない場合は、ダイナースクラブカードなど、他の選択肢からカードを選びましょう。

審査基準

BMW ダイナースカードは、27歳以上の方が申し込めるクレジットカードです。
BMWの購入などで活用できるカードであり、ステータスも高いので、安定した収入を得ていることも、手に入れるための必須条件と言われています。

要インビテーションのダイナースクラブプレミアムカードとは

ダイナースクラブプレミアムカードは、インビテーション制のクレジットカードです。年会費は本会員が130,000円(税抜)で、家族カードは無料で発行可能です。

ダイナースクラブカードなどのランクアップ対象カードを持っていて、明らかにされていない何らかの条件を満たした人のみが、ダイナースクラブプレミアムカードに入会できます。

ダイナースクラブカードは、27歳以上が入会可能なので、ダイナースクラブプレミアムカードも、少なくとも27歳以上でなければ申し込めないと考えられます。

  • ポイントが100円につき2ポイント貯まる高還元
  • いつでも対応してくれるコンシェルジュサービス
  • 「銀座プレミアムラウンジ」などのラウンジを利用可能
  • ホテル優待が充実
  • プライオリティ・パスは最上級のプレステージ会員

以上のように、特典の充実度が高く、ステータスも最高峰であるダイナースクラブプレミアムカードを求める方は、まずはダイナースクラブカードへ入会し、カードを活用しましょう。

ダイナースクラブカードがおすすめな人

ダイナースクラブカードは、様々な使い方ができるクレジットカードです。自分にとって使いやすいかどうか、どんな人におすすめかを知ることで、検討しましょう。

ステータスが高いクレジットカードを求める人

ダイナースクラブカードがおすすめになるのは、ステータスが高いクレジットカードを手に入れたい人です。ダイナースクラブは、「日本で最初のクレジットカード」を謳っていて、知名度が高い存在です。

特に海外旅行で、ホテルやレストランを利用する時は、ダイナースクラブカードを提示することで、信用に値する人物であるとわかるため、丁寧に応対してもらえます。

ステータスにこだわらず、安価な維持費でカードを運用したい方は要注意ですが、ステータス重視なら、ダイナースクラブカードに満足できるでしょう。

海外や国内の旅行をする機会が多い人

ダイナースクラブカードは、飛行機に乗って旅行に出かける機会が多い人に最適です。空港ラウンジを利用できたり、旅行傷害保険を利用して、安心して旅を楽しめたりします。

言い換えると、あまり旅行に行かない方は、せっかく用意されている充実した旅行系特典を活用しづらくなってしまうので、注意が必要となるでしょう。

各種優待を受けて、生活を豊かにしたい人

ダイナースクラブカードは優待サービスが豊富なので、優待の活用で日々の生活をより豊かなものにしたい人に最適です。

レストランホテルゴルフ場などの様々な場面で優待を受けられます。ポイントサービスがあるので、支払いで使うだけでも、還元を受けられるメリットを得られます。

あまり優待特典に魅力を感じない方は、高額な年会費を支払うのが負担になってしまうかもしれないので、ご注意ください。

今だけ!超お得な期間限定入会キャンペーンをお見逃しなく!

ダイナースクラブでは春の選べる入会キャンペーンを実施中!

期間:2019年4月1日~2019年5月15日お申し込み分まで

以下のAコースとBコースからお好きな特典を選べます。この機会にぜひ、ダイナースクラブへの入会をご検討ください。

  • Aコース:初年度年会費無料
    • Bコース:最大70,000ポイントプレゼント
    • 1)新規入会:3,000ポイント

 

      2)入会後3か月以内に30万円の利用:12,000ポイント

 

      3)入会後3か月以内にさらに30万円の利用:15,000ポイント

 

      4)入会後6か月以内にさらに60万円の利用:28,000ポイント

 

    2,3,4)の通常ご利用ポイント:12,000ポイント

まとめ

ダイナースクラブカードは、ステータスが高いクレジットカードで、どのバリエーションも、27歳以上の方が申し込み可能です。

年会費は2万円以上の高額になりますが、空港やレストラン、ホテルなどで様々な優待を受けられたり、ポイント還元があったりするので、年会費の元を取るのは容易です。

空港ラウンジは、国内だけでなく、海外のラウンジも使えるので、海外旅行が多い人でも安心でしょう。

クレジットカードにステータスを求める方や、豪華な還元特典を手に入れたい方は、ダイナースクラブカードのクレジットカードを検討してみてはどうでしょうか。

ダイナースクラブカードには、航空会社と連携しているANAダイナースカードや、JALダイナースカード、BMWと提携しているBMW ダイナースカードなど、複数の種類があります。

カードの特典や、年会費を比較して、自分に合う種類を選びましょう。

また、ダイナースクラブカードでは、最大60,000ポイントを獲得できる入会キャンペーンが行われているので、これから申し込むなら、キャンペーンを利用すると、よりお得です。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る