デビットカードを海外で使いたい!メリットや注意点をわかりやすく解説します

  • 作成
  • 更新

海外に行く際には、クレジットカードが必需品という意見は多く聞かれます。確かに、慣れない現地通貨で支払いに手間取ってしまうより、カードを出すだけで会計ができる方がスマートですよね。

海外でデビットカードを使うメリットや注意点に加え、海外利用におすすめのデビットカードを紹介していきます。

デビットカードとクレジットカードの違い

まずは、デビットカードクレジットカードの基本的な情報についておさらいしていきましょう。カードを提示して会計を済ませるという点においては両者共通していますが、その決済の仕組みは全く異なります。

それぞれの決済の仕組みを簡単に解説すると以下のようになります。

デビットカード…利用料金は、銀行口座から即時引き落とし。銀行口座にお金がなければ使うことができない。分割払いやリボ払いはできない。

クレジットカード…1ヶ月分の利用料金が、翌月に銀行口座からまとめて引き落とし。口座にお金がなくても使える。分割払いやリボ払いができる。

さらに細かい点について、以下の表を使って比較していきましょう。

 

デビットカード

クレジットカード

支払い日

即時

カード会社により違う(目安は翌月)

ポイント

ポイントサービスがないカードが多かったが、近年では還元率の高いデビットカードも増えてきている

ほとんどのカードが、利用額に応じたポイントサービスあり

信用情報

借金ではないので、信用情報には影響しない

後払いで借金のようなものなので、返済遅れなどはすべて信用情報機関に情報共有される

返済方法

銀行引き落とし

基本は、銀行引き落とし

銀行振り込みで返済することも可能

発行元

銀行

銀行やクレジットカード会社

審査

発行する銀行の口座があれば、原則として審査なし

信用情報や個人情報を元にした、発行元独自の審査あり

公共料金やインターネットでの買い物

使えるお店

カードについた国際ブランドと提携していれば、利用可

カードについた国際ブランドと提携していれば、利用可

両者の大きな違いは、“その場で引き落としか、後日払うか”という点でしょう。それに伴い“分割払いができるか、できないか”という違いも発生してきます。

数年前までは、“デビットカードは、クレジットカードの審査に通らない人が持つもの”というイメージが強く、ポイント制度や利便性についてもクレジットカードに劣っているものが多いと言われていました。

しかし近年ではポイントが付くデビットカードが増えるなど利便性という面でもかなり改善が進み、クレジットカードと同じくらい便利に使えるようになりました。そのため、クレジットカードの審査に通らなかったからということではなく、自分のライフスタイルにあっているからという理由でクレジットカードではなくデビットカードを愛用する人が増えてきているのです。

デビットカードを海外で使うメリット

国際ブランドが付いており海外利用にも対応したデビットカードであれば、国内で使う時と同様に海外でも多くのお店でスムーズに会計することができます。

慣れない現地のお金で会計すると手間取ってしまうことが懸念されますし日本から両替した大量の現金をもっていくのもリスクが大きいですよね。

ここでは、クレジットカードや現金を持っていくのと比べて海外でデビットカードを使うメリットを解説していきます。

審査がないので、発行がスムーズ

急な海外出張が決まった時でも、デビットカードならスムーズに発行することができます

口座があればその場でデビットカードを発行してくれる銀行はたくさんありますので、審査に通るかどうか不安な時間を過ごす必要がありません。

思い立った時にすぐ発行できるのは、デビットカードメリットの一つです

未成年の海外留学にも最適

クレジットカードを申し込むことができるのは、最低でも満18歳以上(高校生は不可)となっています。そのため、高校在学中に海外留学をする際などは、クレジットカードを持っていくことができません

一方でデビットカードは、15歳以上であれば高校生でも発行できるものも多数あります。満15歳以上を対象としているカードもあり、満15歳ということは早ければ中学3年生でカードを持つことができるという計算になります。

利用店舗が多い

日本ではカード発行枚数はクレジットカードの方が圧倒的に多いですが、海外では(特にヨーロッパなど)デビットカードを好んで持つ人が非常に多くいます。そのため、デビットカードが使える場所は日本人が想像するより多いと言えるでしょう。

中には、美術館や小さなパン屋さんなどクレジットカードは使えないがデビットカードは使えるという場所も存在します。

現地通貨も引き出せる

海外キャッシング機能の付いているデビットカードであれば、自分の銀行口座の残高を現地の通過として引き出すことができます。

クレジットカードのキャッシング機能を使っても同じことができますが、クレジットカードのキャッシング機能の金利は18%に近い数字が適用されることが多く非常に高いです。デビットカードで自分の口座の残高を現地通過として出金した場合でも一定の手数料が発生しますが、キャッシングの金利と比べて圧倒的にお得です

このように、クレジットカードや現金と比較して、デビットカードにも優れている点がいくつもあるのです。国内でも便利に使えるデビットカードですが、海外利用時も強い力になってくれると言えるでしょう。

海外で使えるデビットカード

海外利用ができるデビットカードの見極め方は、国際ブランドが付帯しているか否かです。現在国内で発行されているデビットカードには「VISA」「JCB」のどちらかの国際ブランドが付帯されていることが多いでしょう

「VISA」「JCB」それぞれの国際ブランドが付いているデビットカードであれば、ブランドが提携している店舗で決済をすることができます。つまり、VISAやJCBブランドのついたクレジットカードを使えるお店であればそれぞれのデビットカードも使えることができるということになります。

アメリカやカナダ・オーストラリア・ヨーロッパやアジアといった日本人が好んで行く旅行先であれば、VISAやJCBのデビットカードで買い物に不自由することは少ないでしょう。

JCBブランドのカードには「Cirrus」という青い丸が二つ連なったようなマークが・VISAブランドのカードには「PLUS」という水色のロゴマークが記載されていることが多いですが、これは海外のATMを利用してお金を引き出すことができることを意味しています。

CirrusとPLUSこれらのマークがあるATMは世界各国に設置してあり、空港や海外の銀行・ショッピングセンターなど様々な場所にて見かけることができるでしょう。

稀に、国際ブランドが付帯していても海外ATMでのキャッシングに対応していないカードというものも存在しますので、注意が必要です。

他にも海外旅行傷害保険や不正利用時の補償制度が充実したカードを選ぶことも、海外で使えるデビットカードを選ぶ上でポイントの一つとなります。多くのカードに海外旅行傷害保険が無料で付帯していることの多いクレジットカードとは異なり、海外旅行傷害保険が付いているデビットカードの種類はあまり多くはありません。

一方で、紛失盗難時スキミングなどの被害にあった場合の不正利用については、本人の過失がないと認められればデビットカードであってもクレジットカードと同様に補償されるケースが多いです。

とはいってもクレジットカードとは異なり、使われてしまった時点で口座からお金がなくなってしまうので、口座にはお金を入れすぎないことが推奨されます。

デビットカードを海外で使う場合の手数料

国内でデビットカードを利用する場合、手数料は発生しないものがほとんどです。かかるとすれば、年会費くらいでしょう。(年会費無料のデビットカードもたくさんあります。)

しかし、海外で利用するとなると2種類の手数料が発生する可能性があります。それぞれの手数料が発生する条件や、平均的な手数料の値段を見てみましょう。

海外事務手数料…海外のお店で決済した際に発生する事務手数料

海外で利用している場合は、利用する国や利用した店舗・購入した商品に関係なく一定のパーセンテージ発生する手数料のことです。この海外事務手数料が無料のデビットカードもありますが、平均して2%前後の手数料が設定されています。

例えば日本円で10,000円のお買物をデビットカードで行った場合、海外事務手数料が2%だとすると、口座から引き落としがかかるのは商品代金の10,000円ではなく手数料を含めて10,200円なのです。

海外ATM利用手数料…海外にある提携ATMを利用して、自分の口座にあるお金を現地の通貨として出金する際に発生するATM利用手数料

日本でも、ATMの種類や利用する時間帯によってATM利用手数料が発生することがありますよね。それと同じ様に、海外ATMを使うことに対する手数料であり、カードと連携している銀行口座から引き落とされます。

金額はデビットカードの種類によって異なりますが、利用1回につき100円~200円と設定されていることが多いです。中には、手数料無料というカードもあります。

これらが、デビットカードを海外で使った時に発生する可能性のある手数料です。海外で多く使う予定のある方は、これらの手数料が安いデビットカードを選ぶと良いでしょう。

デビットカードを海外で使うときの注意点

海外でデビットカードを使う時には、様々なメリットがありますが、同時に注意しなくてはならない点もいくつかあります。

ホテルのデポジットとしては利用できない

海外のホテルでは、自分が利用する予定の金額にプラスしてデポジットと呼ばれる補償金のようなものを支払うのが一般的です。このデポジットは、問題なくホテルを利用していればチェックアウト時に全額返金されます。

このデポジットの支払にはクレジットカードが使われることが一般的で、デビットカードでのデポジットの支払を嫌がるホテルも多いでしょう。それは、デビットカードの返金には手続きの時間手間がかかるため、トラブルになりやすいからです。

カードでデポジットを支払い、チェックアウト時に再度カードで再度マイナス処理をするのですが、クレジットカードであればマイナスの反映が早いためデポジットを請求されることはありません。しかしデビットカードで一度決済したものをマイナス処理すると、一度引き落とされた現金を再度口座に返金する必要が出てくるため、手続きに時間がかかるのです。口座に返金されるまでには、2週間前後かかることもあるでしょう。

そのため、ホテルのデポジットとしてデビットカードはあまり適していないのです

銀行口座の残高やATMの利用限度額に注意する

デビットカードは利用分を口座からすぐに引き落とす仕組みなので、原則として口座の残高以上の決済をすることはできません。残高が足りなくなってしまい、会計できないといったことがないようにあらかじめ利用するであろう金額を考えて口座に入れておく必要があります。どんなに魅力的な商品と出会ったとしても「次のお給料で払うから」「分割払いで少しずつ返していこう」という方法は取ることはできません。

また、ATMからの現地通貨の引き出しにも注意が必要です。ATMの利用限度額というものが決められていることがあり、一定金額以上は引き出すことができないのです。郊外のお店や屋台など現金しか受け付けていないというお店が多い環境に行く際には気を付けましょう。

スキミングや盗難に気を付ける

デビットカードに限った話ではありませんが、盗難には気を付けましょう。特に海外ではスキミング犯罪が横行している地域があるため、カードは手元にあってもカード番号や暗証番号を盗み取られてしまうことで悪用されてしまうことがあるのです。

ATMや会計時など暗証番号を入力する際には、細心の注意を払いましょう。

J-Debitのデビットカードは海外では使えない

銀行がデビットカードとして発行しているカードと、J-Debitは似ていますが違うものです。

J-Debitカード…デビットカードとしても使える、銀行キャッシュカードのこと。J-Debitと提携している店舗で利用することが可能。

メインは銀行のキャッシュカードでありデビットカードとしての機能が付帯しているようなものであるため、カード券面に16桁のカード番号やカード有効期限などは記載されていません。

J-Debitと提携を結んでいる店舗は、国内に限られており海外では使用することができません。国内においても、VISAやJCBブランドのデビットカードと比べると圧倒的に利用できる店舗は少ないです。

お手持ちのキャッシュカードがそのままデビットカードとしても使えるという点はメリットですが、国際ブランドが付帯していないことでデメリットがいくつも生まれてしまいます。デビットカードとして活用したいと思っている方は、J-DebitではなくVISAJCBといった国際ブランドが付帯したデビットカードを発行することがおすすめです。

海外で使えるおすすめデビットカード

《SonyBank WALLET》

ソニー銀行が発行する、デビットカードです。年会費が無料と、気軽に持つことができるにも関わらず非常にハイスペックだと注目を集めています。

発行元

ソニー銀行

キャッシュバック還元率

0.5%~2.0%

海外事務手数料

残高があれば、手数料無料

現地通貨キャッシングの可否/手数料

可 1.76%/回

不正使用補償

設定している1日あたりの利用限度額の範囲で補償(最大で200万円/日)

国際ブランド

VISA

利用額に応じたサービスがないカードが多い中、このカードは最低でも0.5%のキャッシュバックがあります。ソニー銀行で外貨預金を行うことで、このキャッシュバックのパーセンテージは最高2.0%まで上げることができます。

外貨預金を行っていれば海外事務手数料が無料なのも、大きなメリットです。

《Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)》

通称ファミデビと呼ばれるこのカードは、ジャパンネット銀行が発行しています。ファミマTカードの特徴である、「Tポイントが溜まる+使える」デビットカードとして人気の1枚です。

発行元

ジャパンネット銀行

ポイント還元率

0.2%~1.0%

海外事務手数料

3.02%

現地通貨キャッシングの可否/手数料

可 手数料無料

不正使用補償

1口座あたり、年間500万円まで

国際ブランド

VISA

ファミリーマート店舗での利用時は、200円ごとに2ポイントのTポイントが付与されます。ファミリーマート以外の店舗でも、500円ごとに1ポイントのTポイントが付与されます。使い勝手の良いTポイントが溜まるのが、このカードの最大の特徴です。

総合評価
3.6
ファミリーマート利用ユーザに圧倒的おすすめ!ポイント還元率最大18%!

毎週火曜と土曜はファミリマートでの利用で、ポイント最大5倍

  • 25歳以下の方のファミリーマートでのカード利用でポイント2倍
  • 一ヶ月間のファミリーマートでのお買い物金額に応じて、翌月のポイントレートが最大3倍
  • 年会費永年無料
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~18.0% 最短2週間
無料 無料

《住信SBIネット銀行Visaデビットカード》

ローンなどが安いことで知られている、ネット銀行SBIが発行しているデビットカードです。カードデザインが3色から選べます。

発行元

住友信託SBIネット銀行

ポイント還元率

月間利用額に対して0.6%

海外事務手数料

2.50%(但し、年間30回までは手数料全額ポイントバック)

現地通貨キャッシングの可否/手数料

可 利用金額の2.50%

不正使用の補償

年間100万円まで

国際ブランド

VISA

海外事務手数料が、年間30回までポイントバックという珍しいサービスを行っていることで注目されています。留学や長期滞在ではなく、年に1度ほど海外旅行に持っていく程度の利用であれば、十分でしょう。

《GMOあおぞら銀行Visaデビット付キャッシュカード》

年会費無料でデビットカードとしては高ポイント還元率であることが特徴のデビットカードです。

発行元

GMOあおぞらネット銀行

ポイント還元率

0.6%~1.5%

海外事務手数料

3.02%

現地通貨キャッシングの可否/手数料

可 利用金額の3.02%

不正使用補償

年間100万円まで

国際ブランド

VISA

標準で0.6%のポイント還元率はデビットカードの中でも高還元率のカードに分類されます。満15歳以上であれば発行することができるので、学生の留学にもおすすめです。

まとめ

デビットカードを海外で使うことのメリットは、非常に多いということがお分かりいただけたのではないでしょうか?クレジットカードの陰に隠れてしまいがちなデビットカードですが、デビットカードにはデビットカードの良さというものがたくさんあります。

海外で使う際には、手数料が発生することを忘れないようにしましょう。使わないかもしれないと思っても現地通貨のキャッシング機能はいざという時に役に立ちますので、海外渡航時に合わせてデビットカードを作る人は、是非海外キャッシング機能の付いたカードを選ぶことをおすすめします。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る