クレジットカードのCVCってなに?なんのためにある?CVVとの関係は?

  • 作成
  • 更新

「セキュリティコードを入力してください」

「CVVコードを入力してください」

ネット通販などでカード決済にする時このような指示をされて戸惑ったことはありませんか?結局何だか良くわからなくて買い物ができなかったり、あるいは指示された通りにして決済はできたものの「結局あれは何だったんだろう」と、セキュリティの名がつくだけに不安が残ったりしたかもしれません。

そこで今回は、クレジットカードのCVCとは何か、その見つけ方、またはメリットなどCVCに関する情報をすべて詳しく解説します。CVCの意味がわかると今まで煩わしかったその数字が、逆にありがたさに感謝したくなるかもしれませんよ。今現在ネット犯罪は急激に増えています。セキュリティに関わる大切な情報なので、ぜひ最後まで読んでください。

クレジットカードのCVCとは?

クレジットカードのCVCとは「Card Verification Code(カード確認コード)」のことで、端的にいいますと不正利用を防止するためのセキュリティコードです。このコードのおかげで悪意のある第三者があなたのクレジットカード番号を含むカード情報を不正に入手しても、クレジットカード手元にない限り利用することができません。

クレジットカードのCVCはどこを見ればわかる?

クレジットカードのCVCを探すのは非常に簡単です。どうぞお手持ちのクレジットカードの裏面を見てください。そこにいくつかの数字が羅列していますよね?CVCはそのカードの裏面に並んでいる数字の一番端にある3桁です。

 ほとんどのクレジットカードがカードの裏面の3桁ですが、アメリカンエキスプレス(以下アメックス)に限り、カードの表面のブランドロゴの上、15桁のカード番号の右上にある4桁の数字がCVCです。

いずれにしてもCVC番号は、右端にかかれていて、その部分だけわかりやすくなっていますのでカードを持っていたらまずその場所を確認してみてくださいね。

クレジットカードのCVCはいつ必要?

CVCは基本的に、ネット決済の時に必要な数字です。CVCは各クレジットカードに設定されるものなので、手元にカードがない限り確認できないようになっています。よって手元にカードがあることがはっきりしている、普段の買物時にCVCが求められることはまずありませんので安心してください。仮に店員がCVC番号を聞いていたり、あなたのカードからCVCを読み取ろうとしていたら不正利用している可能性がありますので注意が必要です。

クレジットカード番号だけじゃだめなの?

昔のクレジットカードでは、CVCがありませんでしたがネットが普及した今、ネット決済が多くなり、同時にクレジットカード番号が不正されることが多くなりました。CVCを導入することで、次のように3重のセキュリティをかけたことになり、ネット犯罪の減少に貢献しています。

  • クレジットカード番号、有効期限が求められる

  • 暗証番号が求められる

  • CVCが求められる

 

このようにあなたのクレジットカード情報は、気づかないうちにCVCによって守られていたということがあるかもしれません。あなたとしてもこのセキュリティーを活かすために、CVCを他人に絶対に見せないようにしてください。

CVCを守るためにできること

クレジットカードを放置しておく危険性については申し上げるまでもありませんが、ショッピングなどで利用する時も、店員があなたのカードを持って別の部屋に入ってしまうのはCVCが見られてしまうため危険です。CVCを隠す保護シールなども販売されていますので、活用することができるでしょう。今後詐欺集団の悪知恵が高まれば、CVCをさらに強化したセキュリティーが必要になってくるかもしれませんが、今の段階であなたができる限りのセキュリティー対策をしておく必要があるといえます。

CVCとCVVはどう違う?

CVVとは「Card Verification Value(カード確認値)」のことです。CVCとCVVは呼び方が違うだけで「基本的に同じもの」と思って差し支えありません。日本では多くの場合CVCと表記されますが、海外の通販サイトを利用すると時々CVVなど別の呼び方がされる場合があります。CVCと同じようにカードの裏面の右端3桁(またはCard表面右端4桁)を入力してください。

クレジットカードが更新されると、CVC、CVVの番号はどうなる?

クレジットカードが更新されると、CVC、CVVの番号は必ず変わります。CVCやCVVはあなたがクレジットカードを手元に持っているという唯一の手掛かりなので、非常に大切な番号です。クレジットカード更新ごとにCVC、CVVの番号が変わることによって、悪意ある人が不正利用しようとする確率も少なくなります。

あなたがもしネット通販を何度もやっていて、CVC、CVV番号を記憶しているなら、クレジットカードを更新した時にあなたの記憶も更新してください。これを知らないで何度も昔のCVC、CVVを入力すると「不正入手したクレジットカード」と勘違いして利用できなくなることもありますので注意して下さい。また同様の理由で、クレジットカードを紛失して再発行する時もクレジットカード番号と共にCVC、CVV番号も変更になります。

 クレジットカードのCVCのメリットは?

ネット通販をする時に、クレジットカードの情報をスマホやパソコンが保存してくれることがありますよね。でもCVCの保存がされることは絶対にありませんので安全です。(仮に保存が求められた場合それは詐欺サイトの可能性がありますので注意して下さい。)クレジットカード番号を覚えるのは大変ですが、3桁程度のCVCなら暗記できますよね。それでスマホやパソコンにカード情報を保存して、CVCだけ覚えておけば安全にそして楽にネット通販を楽しむことができます。

さらにCVCは磁気情報には記録されていませんので、万が一スキミングにあってしまった時もCVCだけは守ることができます。いわば「クレジットカード情報を守るための最後の砦」それがCVCというセキュリティコードなんですね。

まとめ

クレジットカードのCVCについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。CVCは難しい場所にあるわけではないのですぐに見つけ出すことができます。クレジットカードのCVCとはセキュリティコードのことで、あなたのクレジットカードが手元にあることを示す手がかりとなる番号です。CVCはアメックスカードはカードの表面にある、右端の数字4桁ですが、それ以外のカードはカードの裏面にある数字の右端3桁です。

ネットショッピングをしている時、カード情報をスマホに登録しているのにCVC番号を求められてわざわざクレジットカードを探さなければならず、イライラすることもあるかもしれません。しかしこのCVCはカードを不正利用されないための、大切なセキュリティ番号です。複数枚カードを所有している場合大変ですが、ネット通販をするカードのCVCは短いので覚えておくようにしましょう。

クレジットカードはどんどん複雑化していますが、カードを使って不正利用しようとする人もそれに合わせてさらに悪知恵を働かしています。便利でお得でも常に不正利用される可能性があるということを忘れないようにしましょう。CVCがあることによってセキュリティーはかなり向上しましたが、それでも100%安全なわけではありません。今後もカードをお得に利用しつつ、最大限の注意を払ってクレジットカードを使うようにしていきましょう。

 

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る