クレジットカードの信用情報機関ってなに?あなたのクレヒス、信用情報が見れる!?

  • 作成
  • 更新

 

クレジットカード発行会社は、信用情報機関に加盟しています。入会希望者を審査する際、加盟している信用情報機関に照会をかけて、審査の合否をを参考にするためです。今回はその信用情報機関について徹底解説していきます。

クレジットカードの信用情報機関とは

信用情報を収集し、管理しているのが信用情報機関となります。加盟しているクレジットカード発行会社からの照会があった際、信用情報機関は入会希望者の信用情報を提供する仕組みです。信用情報を確認することで、入会希望者の信用力が分かります。その情報は審査の可否を出す際の重要な要素になるため、充分な信用力がある方は審査に通りやすく、信用力が低い方は審査に通りにくくなります。。

クレジットカードヒストリー(クレヒス)に重要な信用情報が登録されている

信用情報機関が管理しているクレジットに関する信用情報のことを、クレジットカードヒストリー(クレヒス)と呼んでいます。クレヒスに登録されている主な信用情報は、次の通りです。

  • ・ 本人に関する情報(名前や住所、生年月日、電話番号など)
  • ・クレジットへの申し込みに関する情報(商品名や照会会社名、契約予定額など) 
  • ・クレジットの契約に関する情報(契約日や契約の種類、支払回数など) 
  • ・クレジットの支払状況に関する情報(残高や入金額、完済日、延滞、保証履行、債務整理など)

特に重要なのが、支払状況に関する情報です。クレジットカードの支払状況が優良な方は、クレジットカードの審査に好影響が出ます。延滞保証履行債務整理などは、金融事故を起こしたという登録内容です。

クレジットカード発行会社の判断によるものの、金融事故の登録がある方は信用力が足りないため、クレジットカードの審査否決になりやすくなります。

クレジットカードの信用情報機関一覧

日本に存在している信用情報機関は、次の3つあります。

  • 株式会社シー・アイ・シー(略してCIC) 
  • 株式会社日本信用情報機構(略してJICC) 
  • 全国銀行個人信用情報センター(略してKSC)

多くのクレジットカード発行会社で、審査の際に照会をかけているのがCICやJICCです。三井住友カードなどの銀行系クレジットカードでは、KSCにも照会をかけることがあります。

クレジットカードの信用情報機関の情報はお互い共有されている!

信用情報機関では「CRIN」(Credit Information Network:クリン)と呼ばれる信用情報交流ネットワークを構築しています。3つの信用情報機関で管理している信用情報は、「CRIN」によって共有されているのです。

「CRIN」によって共有されている信用情報には、金融事故も含まれています。CICに加盟しているクレジットやローン会社で金融事故を起こしたと仮定します。金融事故の情報は「CRIN」によって共有されているため、JICCやKSCに加盟しているクレジットやローン会社でも分かるのです。

別のクレジットやローン会社に申し込みすれば、金融事故の情報は分からないだろうと安易に考えないで下さい。

スマホで自分の信用情報が確認できる!?

いったん金融事故を起こしたら、永久に信用情報に登録される訳ではありません。登録期間が設けてあり、過ぎれば削除されるのです。

この登録期間がいわゆるブラックという状態になり、ブラックリストに載っているという表現がされることもあります。

主な金融事故の登録期間は下記です。

  • 長期延滞→5年 
  • 保証履行→5年 
  • 債務整理(任意整理や特定調停)→5年 
  • 債務整理(個人再生や自己破産)→5年~10年

個人再生や自己破産では最長10年、金融事故として登録されます。長い期間かかるため、いつ削除されたのか、分からないことが多いです。他人の信用情報は無理ですが、自分の信用情報であれば、開示請求によって確認できます。過去に金融事故を起こした方は、開示請求によって削除されたのを確認してから、クレジットカードに申し込みしたいところです。

CICとJICCでは、スマホで開示請求できます。スマホでの開示請求なら、窓口までわざわざ出かける必要はありません。スマホであれば、手っ取り早く自分の信用情報を確認することが可能です。

CICでのスマホ開示請求の流れを、次に紹介しておきます。

  • 1. ご利用前の確認 (利用規約や注意事項)
  • 2. 電話で受付番号を取得(0570-021-717)
  • 3. お客様情報を入力(取得した受付番号や電話番号などの個人情報)
  • 4. 開示報告書の表示 (パスワード付きPDFファイルをスマホの画面で確認)

JICCでのスマホ開示請求の流れはこちらです。

  • 1. 専用アプリをダウンロードし、インストール
  • 2. 専用アプリを起動し、パスワード発行と入力
  • 3. 申し込み内容の入力(氏名、住所、生年月日、電話番号などの個人情報)
  • 4. 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)を撮影し、送信
  • 5. 開示手数料の支払方法を選ぶ(クレジットカード払い、コンビニ払い、ATM払い、オンラインバンキング払い)
  • 6. 申し込み内容の確認
  • 7. 信用情報記録開示書の郵送 (スマホの画面ではなく、書面で確認)

KSCではスマホによる信用情報の開示請求はできません。郵送のみとなるため、KSC公式サイトより、登録情報開示申込書をダウンロードし、プリントアウトして下さい。

開示請求手数料が発生

CIC、JICC、ともに開示請求手数料として1,000円の支払が必要です。何度も開示請求すると、開示請求手数料がその都度かかりますので注意して下さい。開示請求手数料は、クレジットカードで支払することが可能です。長期延滞などでクレジットカードが利用停止されている場合、JICCではコンビニ払いやATM払いなど、他の支払方法を選べます。

しかし、CICのスマホ開示ではクレジットカード払いのみです。郵送開示ではゆうちょ発行の定額小為替証書窓口開示では現金で支払できます。窓口開示では開示請求手数料500円と安くなりますが、窓口まで出かけることが必要です。窓口開示は平日だけのため、平日は仕事があるという方は、利用するのが難しくなります。

個人の信用情報照会、信用情報開示の見方を解説します

自分の信用情報を開示して貰っても、詳しくない方だと意味が分からないことがあります。事前に信用情報開示の見方を知ったほうが良いです。

CICの信用情報開示報告書の見方

まずはCICの信用情報開示報告書から説明していきます。異動の文字が信用情報開示報告書にあった場合、金融事故が登録されているという意味です。異動の文字は、クレジット情報→お支払状況→返済状況の欄に、異動発生日とともに記載されます。異動の文字がなければ、金融事故を起こしていない、または削除されたということです。

CICの信用情報開示報告書の下には、入金状況の情報があります。状況の欄にある「$」は、きちんと入金しているという意味です。「A」は入金されずに遅延したという意味になります。「A」が3か月以上続いている場合、金融事故になっている可能性大です。

JICCの信用情報記録開示書の見方

次はJICCの信用情報記録開示書の見方です。信用情報記録開示書には、債権情報の表があり、一番右に記載されるのが異動参考情報となります。

主な異動参考情報の種類は次の通りです。

  • 延滞(3か月以上) 
  • 延滞解消 
  • 債権回収 
  • 債務整理 
  • 保証履行 
  • 保証契約弁済など

延滞解消であれば、入金されて延滞ではなくなったという意味になります。しかし、延滞債務整理保証履行などの文字がある場合は、金融事故を起こしたという意味です。

クレジットカードの信用を上げる、信用情報更新するには

クレジットカードの信用を上げるには、優良な支払を続けるのが一番です。1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払いなど、どの支払方法を選んでも構いません。

クレジットカードを利用した後は、支払日に口座から引き落としされる仕組みになっています。口座が残高不足だと、引き落としができませんので、きちんと入金しておいて下さい。給料振込口座をクレジットカードの引き落とし口座に登録すると便利です。

CICの場合、クレジットの信用情報更新は、1か月に1度が基本となります。新規契約や内容変更といった信用情報の場合は、翌日までの更新です。優良な支払を続け、信用情報更新されれば、クレジットカードの信用が上がります。

まとめ

今回はクレジットカードの信用情報機関について、解説してきました。様々なクレジットやローンの申し込み情報、利用状況、支払状況などを登録しているのが信用情報です。金融事故を起こすと信用情報に登録され、信用を失ってしまうため、支払には遅れないようにして下さい。金融事故を起こしてしまった後、削除されたか確かめたい時は、今回の記事を参考にしながら開示請求してみて下さい。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る