クレジットカード審査のポイントまとめ【2019年版】審査方法や難易度を紹介します

  • 作成
  • 更新


クレジットカードを作るには審査に通る必要があります。審査の方法や重要視されるポイント、審査に落ちる理由など、審査を乗り越えるコツについてまとめました。審査に通りやすいカードもあわせてご紹介します。

クレジットカード審査方法

クレジットカードには信用が不可欠です。これは、カードの仕組みを理解すると容易に理解できます。まず、カード会社が提携している加盟店でカードを利用すると、カード会社がいったんお金を立て替えて加盟店に支払ってくれます。後日、カード会社から利用者に1ヵ月分まとめて請求され、銀行の口座から引き落とされる流れです。

カード会社は一時的にお金を貸すため、利用者が返済できなければ貸し倒れになってしまいます。そのため、返済能力があるかどうかを見極める審査が必要になるというわけです。クレジットカードを所有するには、審査に通る必要があります。審査は次の2つに基づいて行われます。

スコアリングに基づく審査

一般的に、審査で重要視されるのは、大まかにいうと安定した収入、返済能力、確かな居住地(年数)です。カード会社はさらに細かな審査を行い、信用度合いをチェックします。まず、カード申請時に自己申告により記入または入力された個人情報をもとに、一項目ずつ点数を付け、合計点で判断するというスコアリングを行います。スコアリングの項目には、おおむね次の通りです。

  • 年齢
  • 職業、職種
  • 勤続年数
  • 勤務先の規模
  • 年収
  • 居住年数
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 他社の借り入れ情報

個人信用情報センターに基づく審査

自己申告による申請書のスコアリング以上に重要視されるのが、個人信用情報センターからの情報です。個人信用情報センターは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などでの履歴が集約され、過去の返済履歴や借り入れの状況が保管されています。現在、日本には3つあり、各機関に企業が会員登録し、会員同士で情報を共有することができる仕組みとなっています。

  • KSC/全国銀行個人信用情報センター…銀行、銀行系カード会社
  • CIC/CREDIT INFORMATION CENTER…クレジットカード会社、信販会社
  • JICC/日本信用情報機構…消費者金融、信販会社

申告書だけでは過去の状況を把握できないため、カード会社は個人信用情報センターという中立機関に情報の照会を行います。例えば、以前に他社のカードで延滞を何度も繰り返した履歴などがあると、情報が随時更新され保管されているため、審査に大きく影響してきます。カード会社は個人信用情報センターからの情報をもとに、審査の通過の有無を判断することで、貸し倒れや過剰貸付などを未然に防ぐことができるというわけです。

個人信用情報センターでは、手数料を支払えば本人の情報開示請求ができます。過去の返済履歴が不安な方や審査に落ちてしまった方は利用するのも一手段です。ただし、個人信用情報センターは、あくまで照会のみでカード会社の審査業務は行っていないため、カード会社の審査に落ちた理由は分かりません

カード会社は申請書と個人信用情報センターからの情報に基づいて、審査通過の有無を独自に判断します。審査に通過すると、カードが発行され手元に届きます。

クレジットカードの審査で用意するもの

クレジットカードの審査の前後で、用意するものがいくつかあります。スムーズな審査が行えるようにきちんと準備しておきましょう。

本人確認書類

申込者が本人であるかどうかを確認するために必要です。運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証、住民票の写しなどです。

カードが発行された後の配達は、転送不可の本人限定郵便または宅配が基本です。そのため、カードを申し込む時は、本人確認書類に記載された住所と、実際に住んでいる住所が同一である必要があります。もし、異なる場合は、国税または地方税の領収書・納税証明書、社会保険料の領収書、公共料金等の領収書(電気、水道、ガス、固定電話、携帯電話など)の書類も合わせて提出しなければいけません。ただし、発行から6ヵ月以内など、条件があるため注意しましょう。

クレジットカードの利用代金の引落し口座、銀行印

カードの利用代金を引き落とすための金融機関の口座が必要です。口座開設時に登録した銀行印も合わせて用意しましょう。ただし、カードによっては、カード申し込み者本人名義の口座に限定されている場合があります。親や配偶者名義の口座を引き落とし先に設定したい場合は、注意して下さい。

保護者の同意書

カードの申込者が未成年の場合には、原則として保護者の同意書と印鑑が必要です。

電話番号

カードの審査中は、カード会社との連絡に使う電話番号や、勤務先などの在籍が確認できる電話番号が必要になります。カード申込みの条件として、申し込み者本人と連絡が取れる方と明記されていることがほとんどです。

住所

カードが発行された後は、カードを受け取れる住所が必要です。申込時に申告した住所に本人限定郵便で配送されます。引っ越しの予定がある場合は、受取りが困難になるため、引っ越し後に申請した方がスムーズです。

収入証明書類

キャッシングの利用枠が大きい場合は、収入証明書類が必要になります。参考までに三井住友カードでは、「借入希望枠と他の貸金業者を含めた借入残高の合算が100万円を超える場合、または三井住友カードのローンの利用残高と保有済みのカードのキャッシング利用枠もしくは今回の借入希望枠の合計が50万円を超える場合、または個人事業者の方」が収入証明書類の提出の対象です。

収入証明書類として認められるのは、一般的に次の書類(コピー)となります。

【給与収入・年金受給者】

  • 給与所得の源泉徴収票
  • 給与の支払明細書
  • 確定申告書第一表
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

【個人事業者】

  • 確定申告書B第一表と、青色申告決算書または収支内訳書のいずれか1点。

クレジットカード審査で重要視されること

カード会社によって、審査で重要視するポイントはやや違いがあり、詳しい内容は公表されていません。ただし、審査の基準は「3C」で判断しているといわれています

Capacity(資力)

返済能力の有無を判断する最も重要な基準です。カード会社は、継続的に安定した返済をしてくれる人にカードを保有してほしいため、勤務先や勤続年数、年収は大きな要素を占めます。公務員や大企業の方が安定しており、勤続年数が長いほど継続的な返済が見込めると判断されやすいでしょう。年収は、正確に申請しなければ、明らかな虚偽が発覚した場合に信用が落ちてしまいます。

Character(性格)

信頼できる人かどうかを判断する基準です。過去の返済履歴(クレジットヒストリー)から、定期的に遅延なく支払っているかという、お金に対する向き合い方を判断します。個人信用情報センターからの情報に基づき審査されます。

また、申告書への記載の仕方に誤字脱字や未記入の項目があった場合はマイナスに働いてしまいます。この基準は、カード会社の主観も入りますが、申告書への記入は丁寧に行いましょう。

Capital(資産)

貯蓄や不動産、有価証券など保有している資産があるかを判断します。つまり、万が一返済できなかった場合、資産を換金して返済に充てるといった負債の担保となる資産があるかを審査するわけです。

さらに、他社の借り入れや住宅ローンなども合わせて審査されます。借入れが多い場合は審査に通りにくく、通ったとしてもカードの限度額が低くなる可能性があります。

これらの3Cがハイスコアであれば審査がスムーズに進み、カードの利用限度額が高く設定されたり、ステータスの高いカードでも審査が通りやすかったりするでしょう。

クレジットカードの審査に落ちる理由

審査に落ちてしまった場合は、郵送またはメールで発行不可という内容が届きます。落ちた理由や詳細は記されておらず、問い合わせても教えてもらえません。一般的に、審査に落ちる理由は次のように考えられています。

ステータスが高すぎる

ステータスが高いカードほど審査が厳しい傾向にあります。クレジットカードのステータスとは、保有することによってイメージされる社会的地位や、得ることのできる社会的信用です。クレジットカードのランクはおおむね下から順に、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとなっています。ゴールドカード以上がステータスカードです。

ステータスカードは年会費が高く、利用限度額が高額に設定されています。もし、年収や資産など、カードのステータスに見合う審査基準に達していない場合は、高額に設定される利用額に対して返済能力が低いと判断されます。クレジットカードの中には、保有資格が年収〇〇以上と明確に定められている場合もあるため、申請時にはきちんと確認しておきましょう。

ブラックリスト

支払いの遅延が長引くと、「ブラックリストに載る」とよく耳にします。しかし、実際には金融業界に「ブラックリスト」は存在しません。クレジットカードを作った場合、顧客情報が信用情報機関に登録されます。もし、一定期間返済が滞ったり、破産したりした場合は、事故情報が登録され、この状態が「ブラックリストに載る」と表現されているわけです。

ブラックリストに載ると、信用がないと判断されてしまうため、クレジットカードの審査に落ちる可能性がかなり高くなります。分割払いや住宅ローンなどを組むのも難しくなるでしょう。ただし、借入制限を受けるのは、一定期間のみです。信用情報機関への事故情報の登録期間が過ぎれば、事故情報が削除され、クレジットカードを作ったり新規にローンも組んだりすることも可能になります。参考までに、支払予定日より数カ月支払いが遅れた場合の事故情報の登録機関は5年間といわれています。

ブラックリストに載るのは、カード会社など貸金業者への借金返済が滞った場合だけではありません。携帯端末料金の月々の支払いや、奨学金の返済を一定期間支払わなかった場合も、ブラックリストに載る可能性があるため注意しましょう。

申込みブラック

短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込んだ状態を、「申込みブラック」とよばれています。おおむね1ヶ月間に3枚以上の申し込みをした場合です。この状態になると、審査に通るのはかなり難しくなります。短期間の多重申込みは、お金に困りカードを利用するのみで返済しないのでないか、金策として借り回しを行うつもりではないかと疑われるためです。

クレジットカードを新規に申込むと、カード会社は審査のために個人信用情報機関に照会を依頼し閲覧します。その閲覧情報が新しい記録として残され、6カ月間登録されます。もし、短期間に複数の申込みをすると、「借り回し」とみなされて、しばらくの間どこの審査にも通らなくなってしまいます。カードの審査に通るか心配、または複数枚のカードがほしいからと何枚も同時期に申し込むのは避けましょう

クレジットヒストリーが悪い

ブラックリストに載っていなくても、クレジットヒストリー(返済履歴)が悪い場合は、審査に通りにくくなります。たとえば、長期滞納ではなく短期間でも返済が遅れた、返済遅延を繰り返している、カード会員以外の他者からの返済があったなどです。

カードを毎月のように利用するのではなく、たまにしか使わない場合もクレジットヒストリーの評価が高いと判断されません。カード会社は、継続して毎月コンスタントに利用し、遅延なく返済する人を高く評価します。

スーパーホワイト

初めてクレジットカードを作る方は、保有および返済履歴などの信用情報に全く記録がありません。この状態は「スーパーホワイト」とよばれ、審査に通りにくいといわれています。20代まではあまり問題になりませんが、収入が増え返済能力が高まる30代以上になると、急にお金に困ったのではないかなどと疑われ、審査に大きく関わってきます。

また、ブラックリストに載った場合はおおむね5年間で信用情報の登録がなくなります。これもスーパーホワイトの状態と同じです。カード会社は、申請者が初めてカードを申請した状態なのか、ブラックリスト明けの状態なのかといった判断が付かず、審査が厳しくなることも考えられます

借り入れ額が多い

カードのキャッシング枠は総量規制により、カード保有者の年収の3分の1と貸金業法で決められています。ただし、利用していないキャッシング枠は総量規制の対象ではありません。他社からの借り入れ額が多い場合、新たにカードの申し込みをすると、総量規制の上限を超える可能性があり、審査に通過するのは難しいでしょう。

銀行系のカードは、貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、年収の3分の1という規制はありません。しかし、独自の基準により規制を行っていることが多く、貸金業法の上限を目安にしておいた方がよいでしょう。

審査難易度が高いクレジットカードとは?

ステータスが高いカードほど審査難易度が高くなります。カードのステータスは、低い方から順に、一般カード(プロパーカード)、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとなっています。プラチナカード以上は、インビテーション(招待制)が必要なカードが多く、良好なクレジットヒストリーを積むことが必要です。

また、カードの発行会社によっても審査の難易度が異なります。一般的に、低い順から消費者金融系、流通系、信販系、鉄道系・交通系、銀行系といわれています。これ以外にも、外資系(アメリカンエクスプレスやダイナースクラブなど)もありますが、過去の延滞履歴よりも現在の収入や直近のクレジットヒストリーを重視する傾向にあるといわれています。日本の企業とは審査が異なるため一概にはいえませんが、銀行系と同レベル程度といった見方ができるでしょう。

審査難易度が高いカードを所持することは、社会的信用を得ている証拠にもなり、カード利用時に周りから高く評価されます。

難易度が高いクレジットカードを手に入れるコツ

難易度が低めのカードでクレジットヒストリーを磨くことが、難易度の高いカードを手に入れることにつながります。実績を積めば、ランク上のインビテーションが届く可能性のあるカードを狙いましょう。

毎月コンスタントに利用し、遅延なく返済してクレジットヒストリーを磨くことが重要です。光熱費や携帯電話料金をカード払いにしておけば、カードを利用しなくても毎月の実績になります。その結果、ランク上のインビテーションが届くだけでなく、銀行系などの難易度の高いカードの審査にも通りやすくなるでしょう。

クレジットヒストリー以外にも審査に通りやすくなるポイントがあります。年収を上げるに越したことはないですが、勤続年数が長いほど安定していると判断されます。また、居住年数が長ければ夜逃げによる貸し倒れの可能性が低いと判断されるため、評価が高くなるでしょう

また、審査に通りやすくするには、ショッピング枠を30万円以下で申込むのもポイントです。審査が通ってから増額申請も可能なため、まずはクレジットカードを持つことに重点をおきましょう。次に、キャッシング枠は最小限または0円にしておくのがおすすめです。キャッシング枠を設定すると、カード会社は貸し倒れを防ぐために厳しく審査することになります。ショッピング枠と同様、後日キャッシング枠を増額または設定することも可能です。

審査難易度が低いクレジットカードを選ぶ方法

年会費無料もしくは年会費の安いカード、若者向けのカード、流通系のカードがおすすめです。流通系は、保有してもらうことで自社の売り上げを伸ばしたいという狙いがあるため、審査が通りやすいといわれています。利用頻度の高いスーパーや百貨店、コンビニがあれば、そこから発行しているカードを作るのがおすすめです。

審査難易度が低いおすすめクレジットカード

難易度が低いといわれる年会費無料のカードから、おすすめのカードをご紹介します。

【イオンカード、イオンカードセレクト】

流通系のカードで人気の高い代表格といえば、イオンカード(WAON一体型)です。クレジット機能とWAON機能が付いていて、クレジットカードとして使った場合は「ときめきポイント」が貯まります。さらに、イオングループの対象店では「ときめきポイント」が2倍になってお得です。また、イオンカードを提示して現金払い、もしくは電子マネーのWAONを使った場合は「WAONポイント」が貯まります。

イオンカードは、毎月お得に利用できる設定日が満載です。おなじみの毎月20日と30日の「お客様感謝デー」では、イオンカードによる対象店舗の利用で5%オフになります。その上、ときめきポイントも貯まるため、20日と30日に利用するだけで還元率が5.5%~6.0%までアップしてとてもお得です。また、毎月10日の「ときめきWポイントデー」では、イオングループ以外でのクレジット利用でもポイントが2倍貯まります。さらに、「G.G感謝デー」では55才以上(グランドジェネレーション)のカード会員限定でお買物代金が5%オフになる特典があります。

イオンカードに「イオン銀行のキャッシュカード」の機能を付けたイオンカードセレクトも人気です。イオンカードではWAONへのチャージではポイントが付与されませんが、イオンカードセレクトでは200円ごとに1WAONポイントが付与されます。あらかじめ設定しておけばWAON残高の不足時に、自動的にWAONにお金をチャージ(オートチャージ)してくれるため支払い時にとても便利な機能です。その他にも、公共料金の支払いにイオンカードセレクトを利用すると、1件につき毎月5WAONポイント付与や、給与振り込み口座にイオン銀行を指定すると毎月10WAONポイント付与され、WAONポイントがどんどん貯まります。

ただし、イオンカードセレクトの引き落としは「イオン銀行口座」しか指定できないため注意が必要です。通常のイオンカードのお得な特典を利用しながら、WAONのヘビーユーザーでWAONポイントをたくさん貯めたい方には、イオンカードセレクトがおすすめです。

イオンカード、イオンカードセレクト共に、旅行傷害保険は付帯されません。ただし、一定の条件を満たすと、イオンゴールドカード、イオンゴールドカードセレクトが無料で発行されます。利用付帯による海外・国内旅行傷害保険、ショッピングセーフティ保険の補償の充実、全国のイオンラウンジや国内主要空港のラウンジサービスの利用などのサービスが付帯されます。イオンカードとイオンカードセレクトは、年会費無料のゴールドランクへの道が開ける魅力的なカードといえるでしょう。

総合評価
1枚でクレジットカード機能、電子マネーWAONの2つの機能が使えるカード!

今日申し込んで今日使える!毎月10日「ときめきWポイントデー」はときめきポイントが2倍!イオングループ対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!

  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF
  • 55歳以上の方限定!毎月15日「G.G感謝デー」は 5%OFF
  • ときめきポイントを貯めてWAONに交換可能!WAONポイントは1ポイント1円からWAONとして使える
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.33% 最短即日 (ご利用いただけるのは仮カードです。「本カード」が届くまで2週間程度)
無料 無料
総合評価
3つの機能を1枚で兼ね備えたイオンカードセレクト!

クレジットカード+イオン銀行キャッシュカード+電子マネー「WAON」付きで1枚3役!ATM入出金手数料0円、イオン銀行宛も他行宛も振込手数料がなんと0円!さらに、カードと電子マネーの「ポイント2重取り」が可能で還元率最大3.0%!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.12%!
  • イオングループ対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.33% 2週間程度
無料 無料

【セブンカード・プラス(nanaco一体型/紐付型)】

流通系のカードとして人気のセブンカード・プラスは、セブン&アイホールディングスが発行するクレジットカードです。セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで、お得に利用できます。電子マネーのnanaco機能が付いており、利用額に対してnanacoポイントが貯まります。セブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズなどでカードを利用すると、通常よりもポイントが3倍貯まります。また、西武百貨店やそごう、7ネットの利用でポイントが2倍になります。さらに、nanacoへのチャージ(オートチャージ含む)でもnanacoポイントが貯まります。

イトーヨーカドー(ネットスーパーは除く)において、毎月、8日・18日・28日の「ハッピーデー」でセブンカード・プラスを利用すると、ほとんど全品5%オフでお買い物ができます。

セブンカード・プラスの大きなメリットは公共料金や税金、携帯電話などの支払いにカードを利用した場合にもポイントが貯まることです。さらに貯めたnanacoポイントで、公共料金や税金を支払うことも可能です。クレジットヒストリーの実績を積みながら、ポイントで日常生活に必要な経費を節約できるのは大きな魅力でしょう。

セブンカード・プラスを保有し、一定の条件を満たすとセブンカード・プラス・ゴールドのインビテーションが届きます。年会費無料で発行でき、ショッピングガード保険の内容が充実します。

総合評価
3.7
セブンイレブンやイトーヨーカドーのユーザにおすすめ

7&iグループでの利用で1.5%のポイント還元

  • nanacoへのクレジットチャージでもポイントが貯まるので、チャージしたnanacoで支払えばダブルでお得
  • 毎月8日、18日、28日はイトーヨーカドーでの利用で5%オフ
  • 貯まったnanacoポイントはANAマイルに交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 1週間程度
無料 実質無料※前年度のショッピング利用金額が5万円以上で次年度無料(利用がなかった場合は500円かかる)

【エポスカード】

エポスカードは、丸井グループの子会社が発行している流通系のカードです。ファッションビルのマルイをはじめ、丸井グループでカードを利用すると、ポイントお得になったり、年4回の「マルコとマルオの7日間」というセール時にはポイント還元率10%となったりなどお得な特典があります。

エポスカードが運営するポイントアップサイト「たまるマーケット」経由でお買い物をすれば、ポイントが2~30倍貯まります。また、全国で提携している商業施設のお買い物でボーナスポイントが貯まります。その他にも提携している飲食店やカラオケ店でポイントが最大5倍、旅行・ホテルの予約でポイント最大6倍など豊富な優待サービスが用意されています。さらに、エポスカードには年会費無料ながらも、充実した海外旅行傷害保険が自動付帯されていることも大きな魅力といえるでしょう。

また、エポスカードを保有し一定の条件をクリアすると、エポスゴールドカードのインビテーションが届きます。新規でエポスゴールドカードを申し込むと、年会費5,000円かかりますが、インビテーションにて発行した場合は年会費が永年無料です。エポスゴールドカードは、海外旅行傷害保険のグレードアップ、空港ラウンジの利用をはじめ充実した特典が満載です。

さらに、エポスカードの最上位エポスプラチナカードを目指すことができます。直接申し込みでは年会費30,000円ですが、インビテーションにて発行した場合は年会費20,000円とお得に保有できます。

総合評価
3.9
年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ

入会金・年会費永年無料で最短即日発行!

  • マルイで買い物する方は必須のカード!
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ
  • 優待期間以外でもマルイでの買い物ならポイントは2倍
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~ 最短即日
無料 無料

【楽天カード】

信販系カードで人気の高い楽天カードは、クレジットカードの中でも満足度が高く絶大な支持を集めています。高還元率でポイントが貯まりやすく、使い勝手がよいためでしょう。

楽天カードの還元率は通常で1%ですが、楽天市場では3倍、楽天トラベルでは2倍、楽天ブックスで2倍、楽天証券で2倍、Rakoo(楽天のグルメ情報サービス)掲載の店舗で2倍、街中の提携先で最大で3倍になるなど、ポイントがさらにお得に貯まります。

また、楽天市場では毎月5と0のつく日に楽天カードで決済するとポイント5倍になります(通常の3倍にプラス2倍)。さらに、楽天スーパーセールなどをはじめ、お得かつポイントアップのキャンペーンが頻繁に行われています。そして、スーパーポイントアッププログラムを利用し条件をクリアすれば、楽天市場のお買い物がいつでもポイント最大15倍にすることも可能です。

楽天市場での買い物が多い方に特におすすめですが、楽天以外での買い物、携帯電話や公共料金などでも1%という高還元率のため、ポイント重視の方にはおすすめのカードです。

楽天カードの最上位カードである楽天ブラックカードを目指すことにもつながります。楽天カードで実績を積み、楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードへランクを上げれば、楽天ブラックカードへの道が開けます。

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

【JCB CARD W /JCB CARD W plusL】

審査の難易度が高いといわれる銀行系カードでも、若者向けに発行されるカードは難易度が下がります。JCB CARD WJCB CARD W plusL は、2017年に登場したJCBが発行する39歳以下限定のカードです。ただし、39歳までに申し込めば40歳以降もずっと持ち続けることができます。

通常のJCBカードと比べてポイントが2倍(還元率1%以上)となり、大変お得です。さらに、カード入会後3カ月はポイントが4倍となります。また、事前に旅行代金などを支払えば、海外旅行傷害保険が付帯されます(利用付帯)。

JCB CARD W plusLは、女性向けのクレジットカードJCB LINDAの特典が、JCB CARD Wにプラスされたカードです。女性特有の病気に配慮した保険「お守りリンダ」にリーズナブルな価格で加入できたり、美を追求する女性を応援するサービスが付帯されたりなど、女性に人気があります。

JCB CARD WとJCB CARD W plusLは、JCBオリジナルシリーズのラインナップであるため、良好なクレジットヒストリーを積めば、上位カードを目指すことができます。入会時の年齢制限や、WEB限定および明細書もWEBのみというデメリットがありますが、JCBカードならでは信用とサービス、高還元率が叶う価値ある一枚といえるでしょう。

総合評価
4.8
39歳以下限定の年会費永年無料カード!!ポイント還元率が通常2倍の1%!入会後3カ月は4倍の2%!

【注目!期間限定!ポイント4倍キャンペーン実施中!!】【18歳~39歳以下限定】学生や新社会人、さらに30代の方に最もオススメ!年会費永年無料・ポイント最大20倍・充実の海外旅行保険など魅力的な機能が詰まった高スペックカードが誕生!100円で1マイル以上たまる!

  • 39歳以下限定で年会費がなんとずっと無料です!
  • 国内・海外どちらも常にポイント2倍でお得!入会後3カ月は驚愕のポイント4倍!マイル換算だと100円で1マイル以上!!
  • さらに楽天、Yahoo!、ZOZOタウンでのお買い物はポイント最大20倍、セブンは3倍、スタバはポイント10倍!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~7.0% 最短3営業日(通常1週間程度)
無料 無料
総合評価
4.8
【女性限定】39歳以下限定の年会費永年無料カード!!ポイント還元率が通常2倍の1%!入会後3カ月は4倍の2%!

【注目!期間限定!ポイント4倍キャンペーン実施中!!】学生や20代・30代の女性に最もおすすめのカード!WEB限定の39歳以下の女性限定で常にポイント2倍!年会費は永年無料!海外旅行保険・ショッピング保険がついているだけでなく、女性に嬉しい女性疾病保険付き

  • 39歳以下の女性限定カードで年会費がなんとずっと無料です!
  • 国内・海外どちらも常にポイント2倍でお得!入会後3カ月は驚愕のポイント4倍!マイル換算だと100円で1マイル以上!!
  • 女性に優しい女性疾病保険も選べて安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~7.0% 最短3営業日(通常1週間程度)
無料 無料

クレジットカード更新時にも審査がある

クレジットカードには有効期限があり、カード券面に印字されています。通常は、カード保有者からの手続きは不要で、有効期限満了月の約1ヵ月前に自動で新しいカードが送付されます。カード会社は、新規申込み時と同様に、更新時に審査を行っており、審査が通らないと新しいカードは届きません。更新できない場合に考えられる主な原因は次の通りです。

支払い遅延や滞納があった

更新の際、カード会社は個人信用情報機関へ照会を行います。新規申込み時に問題がなかったとしても、それ以降に支払い遅延や滞納など、クレジットヒストリーに悪い評価が下された場合は、更新されない可能性があります。

利用実績がない

クレジットカードは利用してはじめてカード会社に利益が出ます。利用実績が全くないと、カードの維持費ばかりかさみ、カード会社にとってメリットはありません。年会費を支払っているカードの場合はそれほど問題ありませんが、年会費無料の場合は更新されない可能性が高くなります

年収が大幅に下がった

転職や退職などで職業に変更があり年収が大幅に下がった場合など、カード会員の条件に合わないと判断された時は、更新されないことがあります

まとめ

審査に通るためには、良好なクレジットヒストリーが必要だということがご理解いただけたのではないでしょうか。カード会社から信用を勝ち取れば、便利で豊かなカードライフを送ることができます。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る