クレジットカードとデビットカード違いを初心者にも分かりやすく解説!メリット・デメリットを理解してお得な支払い方法を選ぼう!

  • 作成
  • 更新

便利なクレジットカードと似たものにデビットカードがあります。このデビットカードは、銀行などがよく宣伝していますが、クレジットカードとはどのように違うのでしょうか。

また、クレジットカードとの違いを知って、うまく利用する方法はあるのでしょうか。このクレジットカードとデビットカードの違いについて、細かく解説します。

クレジットカードとデビットカードの違い

現在の日本では、クレジットカードは一人当たり2.5枚ほど保有されており※、便利に使えるカードになっています。一方、最近よく銀行のインターネット広告などで見かけるのが、クレジットカードと似たデビットカードです。このデビットカードはクレジットカードとどう違うのかについて見てみます。

(※クレジット協会)

クレジットカードの引き落としは後払い。デビットカードは?

クレジットカードは、全国のお店やネットショップなどで商品を買った際の支払に使用できます。端末機器を通じてクレジットカード会社と結び、すぐに買い物情報がカード会社に登録され、締め日までの利用分が毎月請求されるのです。すなわち、後払いになります。

では、デビットカードはどうでしょう。

デビットカードには、VISA、JCBなどの国際ブランドが搭載されており、全国のお店やネットショップで買い物の際に支払に利用できるのはクレジットカードと同じです。

デビットカードがクレジットカードと決定的に違うのは、専用端末を通じてクレジットカード会社に情報は行きますが、その情報はさらにデビットカードを発行した銀行に送られ、銀行の口座から即時に引き落とされます。すなわち、デビットカードは即時決済なのです。

それだけに、デビットカードは銀行口座の預金残高以上には利用できません。

プリペイド型電子マネーとの差

また、即時決済という点では、Suicaなどのプリペイド型の電子マネーと似ています。しかし、デビットカードの場合には、端末機器を通じて銀行から引き落とされる形です。一方、電子マネーの場合は、カードに搭載されたICチップにチャージ(入金)されて、その場でそのチャージされた金額から直接即時決済されます

デビットカードは銀行のみが発行できる

デビットカードを発行できるのは、銀行のみです。昔からの店舗を構える銀行だけでなく、新興のネット銀行であるジャパンネット銀行や流通系のセブン銀行など、さまざまな銀行から発行されています。

また、デビットカードの発行には二つのタイプがあります。

一つは、国際ブランドのついたデビットカードであり、もう一つはJデビットと呼ばれる国内で独自のネットワークを構築しているデビットカードです。

国際ブランドのついたデビットカードは、国内だけでなく海外でも使用が可能で、国内外を問わずその加盟店は多く、全国、世界でどこでも買い物に使うことができます。

それに対して、Jデビットは、国内での買い物に限られるとともに、まだ加盟店も国際ブランドに比べますと少なく、利用範囲は限られています。また、お店での買い物の際には専用端末に暗証番号を入力する仕組みになっています。また、Jデビットの場合は、キャッシュカード一体型になっているものが多くなっているのも特徴です。

ポイントや年会費の違いはあるの?

基本的に、国際ブランド付きのデビットカードではクレジットカードと同様にポイントが付与されるケースが多くなっています。この際のポイント還元率は、クレジットカードと同じです。

但し、クレジットカードの場合には、公共料金や定期的な支払に利用できますし、ETCカードなどの利用も可能でポイントを貯めやすいですが、デビットカードではそれらを利用はできないため、ポイントの貯まる機会は少ないと言えます。

また、基本的にはデビットカードでは、クレジットカードのように年会費は必要ありません。その代わり、クレジットカードのような各種保険などの付帯サービスは無い場合が多いのです。

利用可能枠の上限は?

クレジットカードでは、申込み希望上限枠については審査によって決められますが、デビットカードの場合には、利用可能枠という概念そのものが存在しません

デビットカードの利用可能な範囲は、買い物をしている時点の銀行口座の残高が上限となるのです。従って、クレジットカードのように、知らない間に利用残高が高額になってしまうということはなく、銀行口座の残高がなくなった時点で買い物はできなくなります。

そのため、普段から衝動買いをし易い、浪費癖があるという方の場合にはおすすめのカードです。

デビットカードには審査がない?!

デビットカードの特徴には、審査がないという点があります。クレジットカードは、申込み時に審査を受け、それに通った場合のみカードを持つことができます。クレジットカードの利用は、借入と同じであり、後払いになるため、返済力がある方に利用は限られるのです。

しかし、デビットカードは基本的に、本人確認ができ、銀行口座があれば、カードを発行してもらえます。銀行口座の残高の範囲での使用になるため、クレジットカードのように返済力などを審査する必要はないのです。

従って、自己破産をしたり、長期延滞になってクレジットカードが使えない方でもデビットカードは持つことができます。

但し、デビットカードでも、一時的な立替サービスのあるカードがあります。その場合には審査が行われることがあります。また、デビットカードとクレジットカードの差があるのは、発行可能な年齢差です。

クレジットカードは、カードの発行は高校生を除く18歳以上の方が対象になります。それに対して、デビットカードの場合には、中学生を除く15歳以上の方が審査の対象となるのです。高校生でもデビットカードを持つことはできます。

クレジットカードとデビットカードのメリット、デメリット

クレジットカードとデビットカードのメリットとデメリットを知ることによって、両方をうまく使い分けたり、メインで使うカードを決めたりすることができます。

クレジットカードのメリット

クレジットカードのメリットとしては、毎月利用明細書が送られてきますので、家計管理がしやすい点があります。また、定期的な支払である公共料金なども一括で一度に支払うことができることにより、計画的な支払いが可能なのです。

また、クレジットカードの場合には、ポイントが付く機会が多く、貯まりやすいメリットがあります。さらに海外旅行保険などの保険の付帯サービスが多く、さらにETCカードなどを付けることもできますので、さまざまな局面で便利に使うことができます。

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットは、銀行口座の残高の範囲でしか買い物ができませんので、カード利用をし過ぎて返済に困ることがない点です。そのため、家計の支出も一定の収入の範囲内で行うことができ、お金を管理し易いのが特徴です。

また、デビットカードでも海外ブランドが付いているカードでは、海外旅行などで現地通貨を現地ATMで自分の口座から引き出せるというメリットがあります。両替手数料もいりませんし、自分のお金を引き出しますので、クレジットカードのようにキャッシング扱いになって金利が発生するということもありません。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードの最大のデメリットは、リボ払いが増えており、知らない間に利用残高が増えてしまうという点にあります。いくら買い物をしても毎月の支払額が同じなため、ついつい衝動買いをしてしまいがちです。

デビットカードのデメリット

デビットカードのデメリットの一つは、銀行預金の範囲内での買い物に限られ、クレジットカードのようにリボ払いもできませんので、大きな買い物には向いていないことです

また、定期的な支払である公共料金などの支払ができませんし、その他でも、利用できないものがあります。すなわち、

  1. 高速道路のETCのように、瞬時の決済判断が必要になる場合には利用できない
  2. 航空機の機内販売では利用できない
  3. セルフのガソリンスタンドでは利用できない

などと使えない局面が多いのです。(代替払いが可能なデビットカードがあり、その場合には使えるケースもあります。)

クレジットカードとデビットカードを組み合わせる

クレジットカードとデビットカードには、それぞれにメリット、デメリットがあり、それぞれの良いところを生かして、組み合わせて使用するようにすれば、快適なカード生活を送ることが可能です。

例えば、普段の買い物や海外旅行の際はデビットカードで行い、大きな買い物をする場合や公共料金のような定期的な支払はクレジットカードを利用するという方法もあるのです。

また、延滞を起こして返済事故になった場合でも、クレジットカードは利用停止になりますが、デビットカードは使用することができます。

まとめ

クレジットカードとデビットカードは、買い物をする時に利用できる点では似ていますが、その決済方法自体には大きな差があり、後払いと即時払いの差があります。

また、デビットカードは審査があませんので、15歳以上の高校生以上の方であれば、銀行口座さえあれば、誰でも持つことができます。

クレジットカードとデビットカードには、それぞれにメリット、デメリットがあり、それぞれの良いところを組み合わせて使って、快適なカード生活を送ってください。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る