クレジットカードはタクシーで使えるの?確認の仕方や使えない場合の理由を解説します

  • 作成
  • 更新

「タクシーでクレジットカード払いにしようとしたら怪訝な顔をされた」
あなたもこのような経験をしたことはありませんか?電車やバスと違って料金がすぐにわからないタクシーは、クレジットカードでスピーディーに支払いを済ませたいですよね。

でもそもそもクレジットカードでタクシーは使えるのでしょうか。あとで使えないということがわかって運転手と揉めることがないようにタクシーでクレジットカードを使えるかどうかの確認の仕方や、カード払いを拒否された場合の対処法をこの記事を読んで覚えておきましょう。

タクシーでクレジットカードは使える

現在多くのタクシーではクレジットカードを使うことができます。特に首都圏のタクシーであればほとんどのタクシーは、クレジットカードが使えるようになっています。タク連(全国ハイヤー・タクシー連合会)の公式ホームページでも次のような記載があります。

  • 「現金以外の支払い方法も広がっています。チケット、クーポンの取り扱いのほか、クレジット、デビットカード、おサイフケータイなどを利用できる車両も増えています。」

引用元:「一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会「運賃・料金」より

このようにタク連は、加盟する会社に間接的にクレジットカードの導入をすすめていますので、現在でも多くのタクシーでクレジットカードが使えるようになっていますし、今後もますますカード払いができるタクシーが増えていくことが予想できます。

タクシーのドアのシールを確認

カード払いができるかどうかは、タクシーのドアに貼ってあるシールですぐに確認することができます。クレジットカードが使えるタクシーは、お客さんが見えやすい位置に、以下の国際ブランドのマークが貼ってあるはずです。

  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • アメリカンエキスプレス(アメックス)
  • ダイナースカード

大抵の場合これらすべての国際ブランドが貼ってあるはずですので、何かマークがあればクレジットカードが使用できるということになります。心配な方は持っているクレジットカードに対象の国際ブランドがあるかどうかを乗車前に確認しておきましょう。

クレジットカードだけでなく電子マネーもタクシーで使える

クレジットカードはもちろんですが、最近では電子マネー対応のタクシー増えています。クレジットカードと比べると電子マネーの普及率はまだまだですが、それでも最近はかなり見かけるようになってきました。しかしクレジットカードの国際ブランドと比べて、電子マネーの種類は多く使える電子マネーの種類は会社によって様々なので、乗車前に必ず確認するようにしておきましょう

 タクシーで使える一般の電子マネー

タクシーで使える一般の電子マネーには、次のような種類があります。

  • iD
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • au WALLET プリペイドカード
  • WAON

今の所セブンイレブンなどで使える「nanaco」、ファミリーマートなどで使える「Tカード」、ローソンなどで使える「ポンタカード」が使えるタクシーは確認できていません。今後さらなる電子マネーの普及を願うところです。

タクシーで使える交通系電子マネー

JRや私鉄、バスなどで使える交通系電子マネーもタクシーで使うことができるものがあります。使うことのできる交通系電子マネーは下記の通りです。

  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

これら交通系電子マネーは地方色が強いので、Suicaを除き地域によって使うことができる種類が分かれている場合がほとんどです。例えばJR九州が発行するSUGOCAや九州私鉄が発行するnimocaは、九州のタクシーで使用できますが、関東や関西ではほとんど使用することができません。それで出張をした時など、普段使わない地域でタクシーを使う場合、いつも利用している交通系電子マネーが使えるかどうか確認することは大切です。

電子マネーもタクシーのドアのシールを確認

電子マネーもクレジットカードと同じ位置にあるはずですので、タクシーに乗車する前にドアのシールを確認しておきましょう。クレジットカードは、使えるならほとんどのカードが使えますので、ドアを確認しなくても運転手に「カード払いできますか」と確認することもできます。

しかし電子マネーは種類が非常に豊富なので、あなたの持っている電子マネーの一つが使えなかったとしても、別の電子マネーが使える可能性があります。あなたの持っている電子マネーのすべて確認するのはあなたにとっても運転手にとっても大変なことですので、乗車前にドアのシールをしっかりと確認しておくことが大切です。

なぜクレジットカードが使えないタクシーがあるのか

クレジットカードが使えるタクシーが増えてきたとはいえ、まだまだカード払いができないタクシーもあります。またドアのシールにクレジットカードの国際ブランドがあるのに、運転手から嫌がられることもあります。ではなぜクレジットカードが使えないタクシーがあるのでしょうか。少なくとも次の4つの理由が考えられます。

  • 手数料がタクシー負担になる
  • 現金に比べて時間がかかる
  • カード端末が通信しづらい場所や時間帯がある
  • カード端末の操作が難しい

カード払いができなかったり運転手が嫌がったりする理由を知っていると、その時の対処法が見えてきますので、これら点を詳しく解説していきますね。

手数料がタクシー負担になるため

あなたにとって使えば使うほどポイントが貯まるクレジットカードですが、カード払いは誰が手数料を払っているのだろうと不思議に思ったことはありませんか?実はあなたがカード払いをする度にタクシーが手数料を払っています。手数料の割合は会社とカード会社の交渉によって決まりますが、タクシーの場合は5%前後が基本です。

さてタクシーの給料ですが、多くの場合歩合制となっています。例えば1日の売り上げが税抜きで2万円の場合50%の1万円を運転手さん、残りの50%1万円をタクシー会社がもらいます。しかし乗客がクレジットカードを使うと、手数料5%の1000円が引かれてしまいます。

この手数料は中にはタクシー会社が全額支払ってくれる場合もありますが、運転手の全額負担や会社と半々となる場合が多いのが現状です。それでお客さん全員がクレジットカードを使った場合、運転手の日当が1000円引かれて9000円になってしまうことになります。近年クレジットカードの普及率に伴い、タクシーでのカード払いの率が高まりつつあるので、5%の手数料が自腹になるカード払いを運転手が嫌がるのも無理もない話かもしれません。

カード払いは現金に比べて時間がかかる

レシートだけを渡せばいい現金払いに比べて、カード払いは読み込みに時間がかかります。運よくすぐに読み込んでくれればいいのですが、カードの使用期限が切れていたり磁気が読み込みづらくなっていたりあるいは通信状況が悪かったりしてたくさんの時間を取られてしまうことがあります。

タクシーはタイミングが命です。そうこうしている間にせっかくの新しい乗客を見逃してしまうこともあるでしょう。ほとんどが歩合制のタクシーは、1日の給料が大幅に下がってしまうことにもなりかねませんので支払いを早くすませて欲しいと思っています。

山間部やビル群の谷間はカード端末が通信しづらい

タクシーのクレジット決済は無線通信で行なっている場合が多いので、山間部やビル群の間でカード端末を操作していると通信ができなくなることがあります。この場合「カード払いはできないから現金にしてくれ」と直接言われることもあります。実際は少し動けば通信はできるはずですので、このように言われた場合、運転手が面倒臭いと思っているか、あるいはわざと手数料のかからない現金払いにして欲しいと思っている可能性があります。

カード端末の操作が難しい

運転手が高齢の場合単純にカードの端末操作ができないという人もいます。都市部ではさすがにカード払いでお願いされるのが多いので、慣れている人がほとんどですが、地方の場合カード払いでお願いされること自体が少ないので、カード払いの操作ができなくて断るという人もいます。

タクシーでクレジットカード払いを断られた時の対処法及び断られない方法

このようにやむを得ない状況も含めて、タクシーがカード払いを断る理由をいくつか考えてみました。そこでここではカード払いを断られた時、あるいは断られないようにする以下の4つの方法を紹介します。

  • クレジットカードしかないことを主張する
  • タクシー会社やカード会社に連絡する
  • クレジットカード払いができるか乗車時に確認する
  • タクシーネット決済を利用する

クレジットカードの国際ブランドが貼ってあればカード払いはできるはずですので、どうしても現金払いが嫌な場合は上記のどれかを行ってみてください。

クレジットカードしかないことを主張する

タクシーの運転手に現金払いにしてくれと言われたら、「クレジットカードしかない」ということをはっきりと主張しましょう。「現金払いでもできる」と運転手に思わせてしまうと、カードを受け取ってくれなくなるかもしれません。ドアにクレジットカードの表示が貼ってあったのでこのタクシーを使ったといえば、タクシーは断ることができなくなるはずです。

タクシー会社やカード会社に連絡する

車の中に会社の連絡先が書いてあるはずですので、カード払いにできないかを直接連絡することもできます。個人タクシーの場合は、JCBなどのカード会社に電話してみるのが効果的です。クレジットカード会社と契約をしている店は、JCBの公式ホームページにあるように個人の都合でカード払いを拒否することはできないことになっていますので、あなたが電話をする前に同意してくれるはずです。

「JCBでは加盟店との契約で、手数料の上乗せ行為を禁止しています。
万が一そのような行為があった場合は、加盟店に是正指導を行いますので、カード裏面に記載のカード発行会社までご連絡ください。」

引用元:JCB公式ホームページ「よくある質問」より

「クレジットカードの手数料はお店側が支払うって知ってた?手数料の仕組みをくわしく解説します」という記事では、なぜ加盟店側がクレジットカードの手数料を支払わなければならないかがわかりやすく説明されています。クレジットカードの仕組みについて知っておけば、加盟店側であるタクシーがなぜカード払いでの支払いを拒否できないかがわかりますのでぜひお読みください。

タクシーでクレジットカード払いをしたいときは乗車時に確認する

少し強引な方法も紹介しましたが、タクシーの運転手さんの実情などを考えますと、できれば穏便に済ませておきたいものですよね。支払いの段階になって運転手とのトラブルを起こさないためには、乗車時に「カード払いはできますか?」と確認することが最も良い方法といえるでしょう。

前述したようにカード払いができるかどうかは、ドアに貼ってある国際ブランドのシールで確認することができますが、それでも支払いの段階になってカード払いを嫌がる人がいます。あらかじめ運転手にクレジットカードを使えるかどうかの確認をしておけば、トラブルを最小限に抑えることができます

カード払いができるのに、乗車時に「カード払いはできない」と言う人はほとんどいません。なぜならせっかくの乗車してくれるチャンスを見失ってしまうからです。そして「カード払いができる」とお客さんに言った後、支払いの段階になってから嫌がる人も少ないでしょう。たとえ通信状況が悪くても、なんとか車体を動かしながら決済してくれるはずです。

タクシーネット決済を利用するという方法もある

タクシーをよく利用する方は「タクシーネット決済」を利用することをおすすめします。タクシーネット決済とは、専用のアプリにクレジットカードを登録しておけば、タクシーの手配から支払いまでアプリが勝手にしてくれるとても便利なサービスです。

使い方はとても簡単です。

    • アプリを起動する
    • 現在地と目的地を入力する。
    • 入力した現在地にタクシーが来て目的地まで行ってくれる
    • 決済はすでに終わっているので現金やカードの支払いは必要ない
    • 降車後登録されているクレジットカードで決済が行われて、メールで利用明細が送られる

このようにネット上でお金のやりとりがされますので、クレジットカード払いで嫌がられることもなく気軽にタクシーを利用することができます。しかもスマホで操作するだけでタクシーが来てくれて目的地まで運んでくれます。運転記録は残りますので、運転手が乗車賃を稼ごうとして遠回りされることもありません。

仮にそのようなトラブルが生じたら、アプリに残った記録を証拠にできるので、タクシー会社はすぐに料金を返金してくれます。このようにタクシーネット決済は、クレジットカードを気兼ねなく使えるだけでなくタクシーを利用する人にとってとても便利なシステムになっていますのでおすすめです

まとめ

今回はクレジットカードをタクシーで使うことができるかについて、解説しました。最近では、クレジットカードはもちろん電子マネーもタクシーで利用できる率が高まっています。クレジットカードが使えるタクシーのドアには、使えるクレジットカードの国際ブランドや電子マネーの種類が貼ってありますので、乗車前に確認しておきましょう。

ただしタクシー運転手としては、手数料の取られるクレジットカードよりも現金払いにして欲しいと思っていますので、カード払いを嫌がる運転手はいます。カード払いができるタクシーだとわかっていたとしても、乗車前に「カードは使えますか」と確認しておけばそのようなトラブルを回避できます。最悪の場合、カード会社やタクシー会社に連絡することもできるでしょう。

クレジットカードをタクシーで使えば、面倒な小銭のやりとりがなくなるだけでなくポイントも貯まりますし、支払いの管理もしやすくなります。今までタクシーを現金払いにしていた人は、ぜひカード払いに切り替えてみてくださいね。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る