クレジットカードの限度額を上げる方法を解説!申請方法や審査基準も徹底解説

  • 作成
  • 更新

クレジットカードが急に使用できなくなったという経験はありませんか?もしかしたらそれはカードの利用限度額を超えてしまっているからかもしれません。クレジットカードはそれぞれ利用限度額が設定されていて、その限度額を超えるとそれ以上は使うことはできません。

そこで今回は、「カードの利用限度額って何か良くわかない」という人に向けて、利用限度額を確かめる方法限度額を上げる方法になど、限度額に関係することをすべて解説します。自分の利用限度額を知っておかないと、急にカードを使用することができなくなり大変な事態になってしまうかもしれませんので、ぜひ最後まで読んで必要な措置をとっておきましょう。

クレジットカードの利用限度額とは?

クレジットカードの利用限度額とは一枚のカードで利用できる上限の金額で、上限を超える決済ができなくなるシステムです。クレジットカードの利用限度額がどれほどかは、「あなたがカード会社からどれほど信頼されているか」ということにかかっています。

あなたもどんな人かわからない人に、いきなり高額のお金を貸すことはできないですよね。カード会社も一緒です。それで大抵カードの利用限度額は最初低めに設定されていて、その後あなたとの信頼が培われていくにあたって限度額が上がっていきます。では利用限度額はどのように決まるのでしょうか。またどうやったら自分のカードの利用限度額を知ることができるのでしょうか。

利用限度額はどうやって決まる?

最初の利用限度額は、クレジットカードを申し込んだ時の審査で決まり、その後カードの使い方次第で利用限度額が上下します。審査時に決まる判断基準は、以下のようなあなたが申込書に書いた記録や、他の情報機関による記録に基づいています。

  • 年齢
  • 年収
  • 職種、雇用形態
  • 家族構成
  • ローンの有無
  • クレジットヒストリーによる過去の使用履歴

このようにクレジットカードの申込書に書いた情報は、カードの発行の有無だけでなく利用限度額も関係しています。また、「個人信用情報機関」というところに保存されているクレジットヒストリー(過去のクレジットカードの使用状況)も利用限度額を決める上で重要な情報となっています。

自分のクレカ利用限度額はどうやったらわかる?

クレジットカードの利用限度額は、カード会社によって公表されていることもありますがそれは「そのカード会社の最大限度額」です。あなた自身に設定されている利用限度額は自分で確認する必要があります。自分のクレカの利用限度額を確かめるのは、以下の3つの方法があります。

  • カードの請求書で確認する

カードの請求書には、目立つ場所に目立つ文字で「カードの利用可能枠」などと書かれている欄にあります。

  • ホームページの会員ページで確認にする

カード会社のホームページで会員ページにログインした後、「ご利用可能額の照会」などと書かれている欄で確認することができます。

  • 電話で問い合わせる

電話でオペレーターにつなぎ、自分の利用限度額について直接問い合わせることもできます。

このように利用限度額は、いつでもどこでも確認することができますので、いざという時にカードが使えなくなったということにならないように自分の利用限度額を確認しておきましょう。

利用限度額を上げる方法と申請方法をご紹介します

クレジットカードの利用限度額を上げる方法の中には、「継続的な引き上げ」「一時的な引き上げ」というものがあります。それぞれを詳しく解説しますので、自分に合った方法を選んでください。

継続的な引き上げ

長期的にカードの利用が増える場合は、継続的な引き上げで申請することができます。クレジットカードを1枚しかもっていない方、あるいは複数持っている中のメインにしているカードカードは、継続的に引き上げておいた方が便利です。

カード会社による引き上げ

地道にカードを使い続け、支払いをきちんとすましておけば、あなたのほうで特別な申し込みをしなくても、カード会社のほうから自動的に利用限度額を上げてくれることがあります。突然「利用限度額が上がりました」という知らせが来るので、驚く方もいらっしゃるかもしれませんが心配する必要はありません。これは「この人なら利用額を上げても大丈夫」というカード会社によるあなたの信頼の証です。もし使いすぎになってしまうことが心配な人は、電話で直接連絡をして利用額を下げてもらうこともできます。

ちなみにアメリカンエキスプレス(以下アメックス)は、会社として限度額に上限がなく会員ひとりひとりに応じた限度額を設定してくれます。数百万円の高額な支払いをカードで支払いたいなら、アメックスカードに入会して今のうちに信頼と実績を積んでおくことができるでしょう。

自分で申請をする

カード会社による引き上げまで待てないという人は、自分でカード会社に直接申請するという方法があります。カード会社に直接電話するか、カード会社のホームページで申し込みをしてみましょう。自分で申請をする場合は、入会した時と同様に審査が必要になります。それで審査をする前に、自分自身が入会時と比べて次のような内容の変動があったか、もう一度確かめておきましょう。

  • 年収に変動はあったか
  • カードの利用履歴期間はどれほどか
  • カード払いは月どれほどしているか
  • 返済は指定日にきちんと収めているか
  • 新たなカードを取得しているか

この中でも特にカードをよく使っていて、返済をきちんと収めているかが大切です。また、新たなカードを何枚も取得している中で利用限度額を上げる要請をすると、「お金に困っている」という印象を持たれ審査に通らない可能性があります。

一時的な引き上げという方法もあり!

カード会社によっては、「一定の機関利用限度額を引き上げてその後戻してくれる」という制度があります。一時的な引き上げは継続的な引き上げに比べて審査は優しく、場合によっては審査なしですぐに引き上げてくれることもあります。

「海外旅行などで一時的に高額な支払いがある」、「普段はメインで別のカードを使っているが今回はこちらのカードで支払いたい」など理由はいろいろあるかもしれませんが、普段は今の利用限度額で十分だと思っているならこうした制度も活用してみましょう。

利用限度額を上げるのではなく、新しくクレカを申請するという方法も

審査をするのは面倒くさいという人は、新しいクレカを申請するという方法も明記しておきましょう。新しいカードを申請すれば、今まで持っているカードの利用限度額に、新しいカードの限度額もプラスされますので同じ月に高額な買い物ができるようになります。年会費無料のカードはたくさんありますので、この機会に申し込んでみるのはいかがでしょうか。

利用限度額をあげるための審査は厳しい?

利用限度額をあげるための審査は厳しくありません。カード会社としては、あなたは大事なお客さんであり、カードを出来るだけたくさん使ってもらいたいので基本的には審査を通す方向性で確認してくれます。

もちろんあなたがカードの支払いに疑いを持たせてしまうようなら、限度額を上げることはできませんが、月々の返済日はきちんと守り、6ヶ月以上過ぎているならたいていの場合審査を通してくれるはずです。

まとめ

今回はクレジットカードの利用限度額について解説しました。クレジットカードの利用限度額とは、1枚のカードで利用できる設定された額で、カード会社が管理しています。利用限度額を上げるためには、カード会社があげてくれることもありますが、自分で申請する場合には審査が必要になります。

普段そんなにクレジットカードを使わないという人も、急に高額な支払いをカードでしなければならないということもあります。「すでに利用限度額が過ぎていたのに気づかずにそのままETCレーンに行ってしまった…」なんてことがあると思うとぞっとしますよね。ぜひ今一度自分の持っているすべてカードの利用限度額を把握し、必要なら限度額の引き上げ申請を出しておきましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る