クレジットカードの有効期限とは?確認方法から有効期限後どうなるかなど、初心者の方向けに分かりやすく解説!

  • 作成
  • 更新

「クレジットカードの有効期限が切れそうなんだけど、どうしたらいいの?」そうなんです。クレジットカードには有効期限があり、その期限が過ぎるとカードは更新しなければなりません。「でもどうしたら更新することができるのだろう」「そもそもなんで有効期限があるのだろう」と疑問に思うこともあるかもしれません。

有効期限は、セキュリティ対策を含めあなたが快適にクレジットカードを使うために必要なものです。しかし有効期限が切れた時に何もしないでおくと、悪意の意図を持った犯罪者にあなたのカードを悪用される恐れがあります。今回はクレジットカードの有効期限が切れた時に、私たちがしなければならないことをすべて解説します。

クレジットカードの有効期限とは?

クレジットカードの有効期限とは、あなたが持っているカードが使用できる期間のことで、どのクレジットカードにも設定されています。有効期限が過ぎたらそのクレジットカードの情報は全て抹消され、全く使えなくなりますので注意が必要です。

クレジットカードの有効期限の確認方法は?

クレジットカードの有効期限は、カードの表面にエンボス加工という文字が浮き出る加工がされていて、「月/年数」「月-年数」のように表されています。もしあなたのカードが「12/19」と表記されているなら2019年12月末まで使えるということがわかります。月、年数という順番は国際規格(英語の順番)となっていますので、間違えないようにしましょう。

クレジットカードの有効期限は何のため?

クレジットカードになぜ有効期限があるかというのは、主に3つの理由があります。

  • カードを新しくするため

クレジットカードの性能は常に向上していて、最新の性能を備えたクレジットカードを置き換える必要があります。また、クレジットカードは長く使い続けると磁気部分やICチップが劣化してしまい、正常に使用できなくなることがあります。こうした理由から、カード会社はすべてのクレジットカードに有効期限を設けて、あなたが定期的に最新のカードをつかえるようにしてくれます。

  • 防犯対策

コンピューターウィルスと同様、クレジットカードを使った犯罪は年々深刻化しています。有効期限を設けていることで最新の防犯機能が備わったカードを利用することができます。お気に入りのカードを使っているなら、そのカードを何十年と使い続けることになると思いますが、何十年も前のセキュリティ対策しかなっていないのは怖いですよね。有効期限があるおかげで、最新のセキュリティ対策をしているカードを持つことができます。

  • ネットショッピング

ネットショッピングでクレジットカードを使う時、カード番号と共に有効期限も入力しなければばらなくなっています。このように複数の情報を入力することによりセキュリティを強化することができています。

クレジットカードの有効期限が切れるとどうなる?

「クレジットカードの有効期限がもうすぐ切れるけどどうしよう…」と心配する必要はありません。あなたが特別な申請をしなくてもカード会社がすべて手配してくれます。しかし、カードを更新する際にしておかなければならないこともありますので、順に説明していきますね。

自動的に更新される

有効期限が切れる前に、あなたのクレジットカードはカード会社によって新しいカードに自動的に更新されます。更新されるタイミングはカード会社や更新時期によって違いますが、大抵有効期限が切れる1ヶ月くらい前に更新されます。

更新されたカードが自宅に届く

更新された新しいカードは、やはりあなたが申し込みをすることなく自宅に届きます。届いた新しいカードは、今まで通りすぐに使うことができます。

新しいカードが届いたら古いカードは処分する

新しいカードが届いた時には、以前の古いカードは使えなくなっていますのですぐに処分してください。使えなくなったカードといっても、そこにはあなたの個人情報がつまっていますので、とっておくのもそのまま捨てるのも危険です。できればシュレッダーにかけて切り刻んでおくと確実ですが、シュレッダーがない場合はハサミで以下の部分が判断できないように細かく刻んでください。

  • 名前、署名欄
  • 会員番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード(カード裏の右3桁の数字、アメックスカードは表の右4桁の数字)
  • 磁気ストライプ
  • ICチップ

また切ったクレジットカードは拾った時につなぎ合わせて判別されないように、二つ以上のゴミ袋に分けて処分しておきましょう。クレジットカードを使った犯罪は年々巧妙になっていますので、「ちょっとやり過ぎ」というくらい注意しておくことが大切です。

更新されない場合もある⁈

クレジットカードの更新には審査があります。審査の基準は入会の時と比べるとかなり優しいとはいえ、審査に落ちると「更新拒否」となり更新できない旨の通知が届きます。審査が落ちる理由は大きく分けて2つあります。

  • 支払いの延滞がある

更新拒否の最も大きな原因は、支払いをきちんとすませていない場合です。短期間の支払い遅延や、数回の遅延で審査に影響を及ぼすことはまずありませんが、2ヶ月以上の延滞が何回も続いていたり、長期間にわたって延滞をしていたりした場合、更新拒否されてしまうことがあります。またあなたが延滞をしているかどうかの情報は、個人信用情報機関というところに登録され、すべてのカード会社が閲覧できるようになっていますので、1枚のカードが更新拒否されたなら自分が持っているカード全てが延長されない可能性があります。

  • カードを全く使っていない

入会特典にひかれてカードを入会しただけなど、入会後全く使用していない場合更新の機会に更新拒否されてカードの使用ができなくなることがあります。カードを1枚発行するということは、個人情報を預かるということになりますので、データの管理や発行手数料にお金がかかっています。もし年会費無料のカードならそれだけで赤字となっていることになります。海外旅行保険用など、使用しないものの手元に残しておきたいカードがあるなら、有効期限が切れる2か月前までに1回でもいいので使用しておきましょう。

ETCカードの有効期限切れには注意が必要

ETCカードを別途発行している場合、元となるクレジットカードの有効期限が切れた時、そのETCカードの有効期限も切れてしまいますので注意が必要です。元のクレジットカードは処分したものの、「発行しているETCカードは車の中に入れっぱなしでいつものように高速道路で利用しようとしたらレーンが開かなかった」というケースがあります。更新時には新しいクレジットカードと同じような時期に新しいETCカードも送られているはずですので、一緒に処分しておくことを忘れないようにしてください。

まとめ

今回はクレジットカードの有効期限について解説しました。クレジットカードの有効期限とは、そのカードが使用できる期間のことで、期限が過ぎると使用することができなくなります。審査が通ればあなた自身は特別な手続きをする必要はなく、自宅に新しいカードが郵送されます。新しいカードが届いたら、古いカードの個人情報に関わる部分がわからないように、シュレッダーやハサミで切り、複数のゴミ箱に分けて処分してください。

クレジットカードの有効期限の主な目的は、セキュリティ対策です。クレジットカードを利用した犯罪は、年々悪質になっていますのでクレジットカードはあなたの情報を守るため、有効期限を含め何重ものセキュリティがされていますがそれでも絶対安全なわけではありません。あなた自身もカードの情報が漏れたり、個人情報が流出したりしないように最善の注意を払っておきましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る