法人カードって起業したてでも作れるの?個人事業主が加入前に知っておきたいカード選びのポイントや審査基準

  • 作成
  • 更新

会社の起業には、様々な困難があります。また会社を起業してからも、業績を上げて会社を軌道に乗せることは、本当に大変なことです。起業した後、頭を悩ますものはたくさんありますが、頭を悩ますものの1つに経費の管理があります。経費管理の負担を楽にしたいと思われている個人事業主の方はとても多いのではないでしょうか?今回は会社の経費管理に抜群の力を発揮する法人カードについて詳しく説明していきます。

法人カードとは

法人カードとは、会社や個人事業主などの企業(法人)に対して発行されるクレジットカードのことをいいます。法人カードというのだから、法人にカードを発行するのは想像できると思います。しかし、法人カードの名義はどうなるのでしょうか?個人用のクレジットカードの名義は当然個人の名義になります。では、法人カードの名義は法人になるのでしょうか?答えは、NOです。法人に属する個人が法人カードの名義になります。法人カードを実際に利用するのは会社に属している個人になるためです。

法人カードって必要?メリットが知りたい!

では法人カードは、はたして必要なのでしょうか。法人カードのメリットについて説明します。法人カードを作る主なメリットは、5つあります。

① 公私の分別

個人事業主の場合、どうしても経費の処理が公私混同になりがちです。しかし、法人カードを利用すれば公私の分別をはっきりさせることが出来ます。また個人のクレジットカードですべて決済をすると法人で使ったのか個人で使ったのかの区別が難しくなります。いざ決算書や確定申告書を作るときが大変です。法人カードを作ることで公私の分別がつくことは大きなメリットになります。

② 支払いの1本化

会社を作るということは、公共料金や電話代、プロバイダー代など様々なお金がかかります。法人カードに支払いを一本化できれば、経費によって違う支払日を、法人カードの引落し日だけになるので管理が楽になります。

③ 経費を一本化出来る

ガソリン代や出張費、飲食費など営業活動を行っていると様々な経費が発生します。前払いで対応するか、事後精算で対応するか、どちらにしても精算は大変です。従業員を雇っていると経費の精算が大変になります。しかし、法人カードを従業員に手交すれば、経費を一括管理できるので非常に楽になります。

④ キャッシュフローが改善される

現金で経費を精算するとなると、経費の精算に必要な小口現金を準備しておく必要があります。しかし、クレジットカード決済ならば現金の準備が不要になります。クレジットカードの精算はご存じの通り1か月に1回です。月末締め翌月27日払いのクレジットカードが一般的ですが、月初に利用した場合は約2か月間支払いを猶予することが出来ます。支払日まで時間を空けることが出来ることは、キャッシュフローの改善につながります。

⑤ 何に経費を使ったかが一目瞭然

経理の仕事をしていると、経費を何に使ったかの明細を確認するのが意外と大変です。しかし法人カードを利用すれば、いつ、だれが、どこで、なにに、使ったかが一目瞭然になります。明細をまとめて確認することもできるので経費管理は非常に楽になります。

法人カードは起業直後でも作れる?

法人カードは、個人のクレジットカードに比べて審査の基準は非常に厳しいです。一般的に起業して2年以上経過していて、黒字であることが条件とされています。なぜなら法人には倒産のリスクがあるからです。倒産してクレジットの利用代金を回収出来なくなる可能性があるため、法人カードの審査の基準は厳しいのです。しかし起業直後だと100%法人カードが作れないというわけではありません。法人カードの中には、企業直後でも作成可能なカードはあります。

法人カードを選ぶときのポイントは?

法人カードは、経費管理などの面で、非常に力を発揮する便利なカードです。しかし、法人カードと一口でいっても法人カードは、カードによって様々な特徴があります。この章では、法人カードを選ぶ際のポイントについて説明します。

審査に通りやすいカードを選ぶ

法人カード選ぶ際のポイントの1つ目は、審査に通りやすいカードを選ぶことです。特に起業直後で法人カードを持ちたい場合、法人カードの審査基準は大きなポイントになります。審査に通りやすいクレジットカードでおすすめなのが、「EX Gold for BIZ M」です。

EX Gold for BIZ Mは、オリコカードが発行している法人カードになります。EX Gold for BIZ Mの特徴は、年会費は2,000円、ポイント還元率は0.5%になります。またEX Gold for BIZ Mは、個人事業主向けと、法人向けに分かれています。それぞれの違いは、個人事業主向けのカードは、キャッシングの利用が出来ますが追加カードの発行は不可です。一方の法人向けのカードは、追加カードは3枚まで発行可能ですが、キャッシングの利用は不可なことです。

EX Gold for BIZ Mの審査はどうなっているかというと、起業して1年未満の会社や仕事を始めて間もない個人事業主の方でも取得できる法人カードです。起業したてで法人カードを作りたい方にとっておすすめ出来る法人カードになります。

総合評価
4.2
高コスパでポイントも貯まる、個人事業主や法人代表者向けカード!

ビジネスサポートだけでなくポイントも貯まって初年度年会費がなんと無料のビジネスカード!カード支払い分の経費はWEB明細で確認でき経理処理の効率アップ!国内・海外旅行保険は最高2,000万円と充実で安心!ポイント還元率が法人カードでは驚きの最大1.1%!

  • カード審査に必要な書類は、法人代表者の本人確認書類のみと審査が優しい(個人事業は所得証明が必要)
  • 年間100万円以上ご利用で翌年度の獲得ポイントが90%アップ!200万円だと120%大幅アップ!
  • 全国約200の料亭・一流レストランを2名以上でコース予約すると1名分が無料になるビジネスプラチナ・ゴールド限定の「ダイニングBY招待日和」が利用可能!会食におすすめ!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.6%~1.1% 2~3週間程度
無料 2,000円(税別)

年会費はなるべく抑える

法人カード選ぶ際のポイントの2つ目は、年会費をなるべく抑えることです。おすすめのカードが、「ライフカードビジネスライト (スタンダード)」になります。ライフカードビジネスライト (スタンダード)は、年会費無料になります。年会費無料な分、ポイント還元がないことや、保険や空港ラウンジなどの付帯サービスはほとんどありませんが、法人カードをシンプルに決済として使いたい方にはおすすめです。

総合評価
3.7
経営者に最適なライフカードビジネス

年会費永年無料!!ホテルの宿泊やレンタル会議室などをお得に利用できるサービスや全国の厳選のレストランが電話一本で特典付きで予約できるVISA優待サービス!!または経理業務など経営効率をアップさせるサービスが利用できるMasterCard優待サービス付きでお得が満載!!

  • 従業員カードを年会費無料で3枚まで発行でき、法人ETCカードが年会費無料で発行無制限
  • 全国のホテル、スポーツジム、映画など毎日使える割引優待サービスが利用可能
  • JALやANAもお得な運賃で予約でき、海外・国内旅行の割引サービスも利用可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0 最短4営業日
無料 無料

サービスや特典が充実しているカードを選ぶ

法人カード選ぶ際のポイントの3つ目は、サービスや特典が充実しているカードを選ぶことです。おすすめのカードが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」になります。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの特徴は、エグゼクティブ御用達のアメックスだけあって特典は非常に豪華です。年会費は、31,000円+税金とアメックスらしい金額です。しかし特典が豪華なのであっという間にペイ出来るカードになっています。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、付帯保険の充実、空港関係のサービス(空港ラウンジ、手荷物宅配サービスなど)、企業情報や過去25年分の新聞記事を検索できる「ジーサーチ」を無料利用出来るなど非常に充実した内容になっています。

総合評価
4.4
ハイスペックでステイタス性が高いため、個人事業主や社長一人、もしくは役員だけの利用に人気

より充実したビジネスサポートと出張時などの手厚いサポートが魅力。あらゆる支払いに対応し、ポイントもたまる。独自の補償サービスが魅力で、突然の出張や病気・ケガによる入院などで、カード購入済みの旅行やコンサートをキャンセルする場合、キャンセル費用を年間最高10万円まで補償(キャンセル・プロテクション)

  • 経費管理に役立つ「四半期管理レポート」や、社員ごとの利用明細が分かる「ご利用代金明細書」が発行されるので、経費処理の軽減に役立つ
  • 帝国データバンク企業情報などが利用可能な日本最大級ビジネスDB「G-Search」が無料で利用可能!(通常年会費6,000円)
  • 最大1億円の国内/海外旅行保険に、国内航空機遅延補償で遅延や手荷物紛失で発生した費用を最高4万円まで補償!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    AMEX
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~0.4% 2週間程度
無料 31,000円(税別)

法人カードの審査基準は?

この章では、法人カードの審査基準について詳しく説明します。

法人カードの審査に通る前にしておくこと

法人カードの審査に通るためにしておくことは3つあります。
固定電話の開設、会社のウェブサイトを作る、個人のクレジットヒストリーをチェックすることが挙げられます。固定電話を開設や会社のウェブサイトを作ることによって会社の実態がしっかりしていることのアピールになります。クレジットヒストリーとは、個人のクレジットカードの履歴のことで金融事故があると法人カードの作成は、かなり難しくなってしまいます。クレジットヒストリーが気になる方は信用情報機関で自分の情報の開示を受けることが出来ます。

法人カードを作る前には法人口座作成を

法人カードの決済口座は法人名義の銀行口座になるので法人カードを作る前に法人名義の銀行口座が必要になります。現在、法人口座の開設はかなりうるさくなっています。個人の口座についても昔は何口座でも作ることが出来るくらい開設基準は緩かったのですが、今は原則2口座までしか作れません。また本人確認も非常にうるさくなっています。法人口座は個人口座よりもさらに開設の基準は厳しくなっています。用意する書類も多いのでその場で即日に法人口座を開設されるのはかなり難しくなっています。

法人カードを作るときは、銀行の法人口座の開設に時間がかかるので余裕を持ったスケジューリングが重要です。

まとめ

今回は、クレジットカードの法人カードについて説明しました。法人カードは、カードによっては起業直後でも作成することが出来ます。経費管理やキャッシュフローの改善につながるなど非常に便利なカードになります。個人事業主の皆様は、是非この記事をきっかけに法人カード作成の検討をしてみてはいかがでしょうか?

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る