転職したらクレジットカード会社から在籍確認はある?解説します

  • 作成
  • 更新

クレジットカードを作る際に、在籍確認を受けたことがある人は多いのではないでしょうか?

在籍確認とは、クレジットカードを作成する際に、本当にその会社に在籍しているかを調べるために行うものです。しかし転職した場合、在籍確認があるのか気になる人は多いのではないでしょうか?今回は、転職した場合の在籍確認について解説していきます。

転職ではクレジットカード会社からの在籍確認はない

まず結論からですが、保有しているクレジットカードについては、転職をしても在籍確認が入ることがまずありません。新しい会社に転職をしたり、子会社に出向になった場合、新しく起業をした場合などについても保有しているクレジットカードについては在籍確認が入ることはありません。よって転職して新しい勤務先に在籍確認の電話が入るのは面倒な場合や住所を間借りして起業している場合もすでに保有しているクレジットカードについては心配ありません。

在籍確認は新たにクレジットカードを申込みした場合のみ

現在保有中のクレジットカードには、在籍確認が新たに入ることはありません。しかし、新たにクレジットカードの申し込みをする場合は、当然ですが転職先に在籍確認が入ります

しかしクレジットカードの場合、カードローンや消費者金融のカードと違い、在籍確認がなくても作れるカードは多いです。何かしらの事情で在籍確認が入ることがまずい方は、在籍確認が入らないクレジットカードを作成するようにしましょう。

転職したらクレジットカード会社へ転職届を出そう

では転職した場合ですが、保有中のクレジットカード会社に必要な手続きはないのでしょうか?

それはあります。転職など在籍する会社が変わった場合、保有中のクレジットカード会社に「転職届」を提出する必要があります。転職届とは、その名の通り在籍会社が変わったことを伝える届のことをいいます。氏名や住所が変わった場合は、すぐにクレジットカード会社に届を出すと思います。

しかし勤務先の変更については届を出すのをつい忘れてしまう人や、届を出さなくてはいけないことを知らない人も多いのではないでしょうか。理想は、転職して1か月以内には届をクレジットカード会社に出すことです。しかしつい忘れてしまった場合は気づいた時点ですぐに転職届を出しましょう。

クレジットカード会社への転職届の出し方

クレジットカード会社への転職届の出し方ですが、インターネットが普及していないときであればクレジットカード会社の営業時間である平日の昼間に電話で転職した旨を伝える必要がありました。しかし今は、ほとんどのクレジットカード会社においては24時間365日インターネットで転職届の手続きが可能になっています。

平日の昼間に連絡が出来ない場合、夜間でもインターネットを使えば簡単に転職届を出すことが可能になります。大抵のクレジットカード会社では「登録情報の変更」という項目があると思います。この「登録情報の変更」から簡単に手続きをすることが出来ます。

転職届を提出したら途上与信される可能性もある

 すでに保有中のクレジットカードの場合、在籍確認はほぼないと説明をしました。しかし保有中のクレジットカードの場合でも転職届を出すと「途上与信」というものが行われる可能性が高いです。途上与信…。あまり聞き馴染みのある言葉ではないので知らない方も多いかもしれません。途上与信とは、モニタリングとも呼ばれます。

クレジットカード会社はクレジットカードを発行する時は当然審査を行います。審査を行うことによってクレジットカード発行の可否を決めるのです。ただクレジットカード会社は、クレジットカード入会後も定期的に審査を行っています。この途上与信の審査内容は以下のようなものになります。

  • ①利用状況

途上与信の審査項目の1つ目は、利用状況です。

クレジットカードを普通に使っていれば全く問題ないのですが、延滞が多かったりすると不良な利用者とみなされるので途上信上不利に働くことになります。また、普通にクレジットカードを利用していても、リボ払いの残高が多いと途上与信上不利に働くことがあるのでリボ払いの使い過ぎには注意しましょう。

  • ② 借入残高

途上与信の審査項目の2つ目は、借入残高です。

借入残高とは、キャッシングなどでお金を借りている残高のことをいいます。借入残高が多いと、当然お金に困っているのではないかとみなされるので途上与信上、不利に働くことになります

  • ③ 増額申請

途上与信の審査項目の3つ目は、増額申請です。

増額申請とはクレジットカードの利用限度額を引き上げる申請をすることです。海外旅行や大きな買い物をする場合に一時的に増額申請を行うことは問題ありません。しかし、何度も増額申請を行うと「この利用者はお金に困っているな」とみなされてしまいます。増額申請を頻繁に行うことには注意が必要です。

  • ④他社利用状況

途上与信の審査項目の4つ目は、他社利用状況です。

クレジットカード会社は、クレジットカード会社や銀行、消費者金融などとお互いに情報の交換を行っています。他社の利用状況についても調べることが出来るのです。対象のクレジットカードの利用状況がよくても他社の利用場が悪いと途上与信にマイナスに働いてしまいます。他社の利用状況や借入状況についても注意が必要です。

途上与信を行う頻度は、クレジットカード会社によって大きく異なります。あくまで口コミの情報にはなりますが三井住友カードや楽天カードは1か月や3か月など定期的に途上与信を行っているようです。途上与信は個人信用情報機関に問い合わせをすれば開示をしてくれます。

しかし転職した場合は、多くのクレジットカード会社で途上与信をかける可能性が強いです。では、途上与信を行わせないために転職届を出さないとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

クレジットカード会社へ転職届を出さないデメリット

転職届をクレジットカード会社に出さなくても、すぐに大きなデメリットが起こることはないと思います。しかしクレジットカード会社の規約には「届け出るべき事項」について契約者からの届け出がなかった場合には、クレジットカード会社は合理的に判断して変更する事ができると大抵のクレジットカード会社には書いてあります。

つまりクレジットカード会社が合理的な方法を使ってクレジットカード利用者の個人情報を入手した場合、クレジットカード会社の判断で勤務先の変更を行うことが出来るのです。この場合、どこの会社に転職したかをクレジットカード会社は知ることが出来ないケースが多いので「無職」扱いされてしまうことになります。

この「無職」という情報は、金融機関が共有する「信用情報機関」にて共有されることになります。無職の場合だと住宅ローンの審査や車のローンなどにも悪影響を及ぼす可能性があります。このように転職届をクレジットカード会社に提出しないことは大きなデメリットになってしまう可能性があるのです。

まとめ

今回は、クレジットカード会社の転職届について説明しました。転職をしてクレジットカード会社から在籍確認が入る可能性は少ないです。しかし転職届を出さないと大きなデメリットになる可能性があります。そのような事態にならないためにも転職をしたらしっかりクレジットカード会社に転職届を出すことが重要なのです。

 

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る