オートウェーブカードは車を持っている人におすすめのクレジットカード!メリット・デメリットを解説

  • 作成
  • 更新

オートウェーブカードは、車を持っている人におすすめのカードで、コストパフォーマンスが良いクレジットカードとして知られています。この記事では、オートウェーブカードのメリット・デメリットを詳しく解説します。

オートウェーブカードの基本情報

クレジットカードを作る上では、年会費や申し込み条件のほか、支払条件なども事前にチェックしておきたいものです。少しでも家計の節約を考えながら、お得にカード利用をするのであれば、少しでも年間費をかけずに得点が多いものを使いたいですよね?オートウェーブカードはそんなニーズに応えてくれるクレジットカードです。まずはオートウェーブカードの基本情報から見ていきましょう。

オートウェーブカードの年会費は永年無料

オートウェーブカード年会費は永年無料です。クレジットカードは、ステータスが上がるほどサービスが充実する反面、年会費も高くなってしまいます。多くの人が気軽に保有できる低ステータスの一般カードの中にも、年会費がかかるカードは多いものです。

保有しているだけで出費になってしまうと、万が一あまり利用しない場合には、年会費分が損となってしまいます。

また、一般カードの中でも、初年度だけ年会費が無料で、2年目以降年会費がかかるカードや、所定の利用金額を超えなければ年会費無料とならないものなの、制限がついているカードもあります。

しかしオートウェーブカードは、無条件に年会費永年無料となるため、保有しているだけでは費用がかかりません。

入会金500円が別途必要

オートウェーブカードは年会費永年無料ですが、1点だけ気をつけなければならないことがあります。それは入会金500円が別途必要ということです。年会費がかからず、入会金だけがかかるクレジットカードは、珍しいカードですので、このことはちゃんと把握しておきましょう。

ただし、最初に500円さえ払ってしまえば、後は年会費永年無料です。初年度だけ年会費が無料で、後からお金がかかり続けたり、一定利用金額を超えなければ年会費がかかるものよりも、お得な仕組みだといえるでしょう。

オートウェーブカードのETCカード

車に乗ることが多い場合には、ETCカードもチェックしておきましょう。ETCカードを利用すると、有料道路の料金所がスムーズに通れるほか、お得なETC割引が受けられます。

ETCを利用していない人は、有料道路の料金所で慌ててお金を用意したり、ハンドルを握りながらお釣りをもらうなど、料金所の通過ごとに手間がかかっていたかと思います。しかし、ETCカードがあれば、減速するだけで料金所を通過できるため、便利かつ快適に料金の支払いが可能です。

ETC割引は、平日の昼間や夜間、休日夜間など、さまざまな割引があり、最大50%引きの恩恵が受けられます。有料道路の利用料金が、目に見えてお得となる上、ETCマイレージサービスというポイント還元まであります。

ETCマイレージサービスは、通行料金によってポイントが貯まるサービスで、ETCカードの利用金額に応じてポイントが貯まります。貯まったポイントは通行料金の支払いに利用できるため、有料道路の利用がよりお得となります。

ETCマイレージサービスを利用するには、登録が必要ですが、年会費はかかりません。登録はNEXCOの公式サイトや、サービスエリアやパーキングエリアに設置されているパンフレットから行えます。カーライフがお得になるように、ぜひ登録しておきましょう。

さらに、クレジットカードのポイントまで貯まります。ETCカードの利用によってETCポイントが貯まり、1,000円(税込)の利用ごとに1ポイント貯まります。ポイントは月額累計端数切り捨てとなりますので、知っておきましょう。

オートウェーブカードのETCカードは年会費も発行手数料も無料ですので、ぜひ保有しておきたい1枚です。

家族カードも年会費無料

オートウェーブカードは、家族カードの発行も可能です。もしもクレジットカードの本人会員に家族がいる場合、家族カードがあると便利でお得です。家族カードは本人会員に紐づいて発行されるため、支払いは全て本人カード会員に請求されます。家計の一元管理がしやすくなるため、とても便利です。

また、本人会員と家族会員分の利用ポイントが合算されるため、効率よくポイントが貯められます。家族会議が受けられるサービスも本人会員と同様ですので、家族にもメリットが多いです。

オートウェーブカードの家族カードは、初年度年会費も翌年度以降の年会費も無料ですので、余分な費用はかかりません。

オートウェーブカードはVISA、Mastercard、JCB

オートウェーブカードの国際ブランドはVISAMastercard(マスターカード)、JCBの3つです

ニルソンレポート(2015年)によると、国際ブランドの取引件数は、VISAが1位の56%、次いでMastercard(マスターカード)が26%となっており、多くの加盟店で利用可能です。

JCBは世界中でのシェアは1%と少ないながらも、唯一の日本発の国際ブランドであるため、日本国内に強いことで知られています。

つまり、オートウェーブカードは、世界中での上位2社に加えて国内に強い国際ブランドの利用ができるため、利用シーンが圧倒的に広いといえるでしょう。

《世界中での総購入取引件数のシェア》

  • VISA:56%
  • Mastercard(マスターカード):26%
  • 中国銀聯(ぎんれん):13%
  • American Express(アメックス):3%
  • JCB:1%
  • Diners Club:1%

オートウェーブカードの締め日・支払日

オートウェーブカードは、毎月末日締めで、支払い日は翌月27日です。ただし、支払日が土日祝日の場合には、翌営業日払いとなります。

もしも、1日にカード利用をした場合、翌月27日までのトータル2カ月近くの支払いサイトとなりますので、キャッシュフローが良いというメリットがあります。

また、Mastercard(マスターカード)加盟店での決済や、海外加盟店などの利用の場合、翌々月以降の請求となる可能性がありますので、想定しておきましょう。

オートウェーブカードの申込み条件

オートウェーブカードの申込み条件は、高校生を除く18歳以上の人が利用可能です。クレジットカードの中には、20歳以上としているものも多く、その点オートウェーブカードの申し込み条件は緩めに設定されています。

申込条件が緩いということは、審査条件が緩いことが考えられるため、幅広い層の人が利用可能です。

申し込みには免許証などの本人確認書類が必要です。24時間365日受付で便利なインターネットからの申し込みは、顔写真付きの本人確認書類が必要です。というのも、2016年10月1日に改正された「犯罪収益移転防止法」によって、クレジットカードをネット申し込みする場合には、顔写真がない本人確認書類での申し込みができなくなったからです。

申し込み時に慌てなくて良いように、あらかじめ準備しておきましょう。

オートウェーブカードの解約などの問い合わせ先

オートウェーブカードを解約したい場合には、クレジットカード裏面の電話番号にコールして、解約の意志を伝えましょう。オペレーターに解約を告げると、引き留めようと食い下がることもありませんので、スンナリ解約可能です。

解約は平日のみならず、土日も受付しています。そのため、土日のタイミングでも週明けまで待つ必要がありません。平日仕事をしていて、解約電話をする暇がない人でも安心です。解約は3分から4分程度で行えますので、それほど手間はかかりません。

紛失や盗難時の問合せ先

万が一オートウェーブカードを紛失してしまったり、盗難被害に遭った場合には、カードの不正使用被害を被った分を補償してもらえます。届け出をしてから60日前にさかのぼって、それ以降に不正使用された損害を補償してくれるのです。

問い合わせ先は「0120-828-013(24時間年中無休)」で、携帯電話(PHSを除く)からかける場合は「0570-080-848(有料、24時間年中無休)」です。また、海外における紛失・盗難は「81(国コード)-11-700-2952(24時間年中無休)」ですので、イザという時にはすぐにコールしましょう。

オートウェーブカードのポイントシステム

オートウェーブカードには、発行元のオリコのサービスに基づいたポイントシステムがあります。ぜひ上手に活用してお得に利用しましょう。

オートウェーブカードのポイント還元率

オートウェーブカードは、上記ETCのところで解説したように、1,000円のカード利用ごとに1ポイント貯まります。ほかにも暮らスマイルやお買い物ポイントなど、お得なポイント還元サービスが利用可能です。

暮らスマイル(オリコポイント)

毎月のクレジットカードのショッピング利用金額1,000円ごとに、1スマイルポイントが貯まります。暮らスマイルはオリコのポイントサービスで、250以上の商品アイテムに交換可能です。最低200スマイルから交換できるため、しっかり貯めてお好きな商品をゲットしましょう。

クラステージマイル

年間カードショッピング利用金額に応じて、クラステージマイルが翌年に毎月スマイルポイントが加算されます。クラステージマイルは最大2.0倍貯まるため、とてもお得にポイントが貯められます。利用金額の集計は誕生日月の翌月から、翌年の誕生日までの1年間となりますので、計画的にポイントを貯めましょう。

年間利用金額が200万円以上であれば、翌年のクラスステージはステージ200となり、翌年のスマイルポイント倍率は2.0倍となります。入会1年目はノーマルステージで、クラステージスマイルの加算はありません。入会後最初の誕生日月までの利用実績に応じて、翌年のステージが自動的に決まり、上がったステージも利用状況によって下げられる場合もあります。

スマイルナンバーズ

利用明細の確認や、ポイント交換など、各種手続きがオンラインでできる「eオリコサービス」利用者の場合、期間中にエントリーした好きな4つの数字が一致すると、当選ポイントとしてスマイルポイントが付与されます。

この、スマイルナンバーズは「暮らスマイル」対象のカードを利用している人で、エントリー月のショッピング請求額が3,000円以上ある人が対象です。ちなみに、月謝などの会費決済サービスや、家賃の支払い、キャッシングや分割払い手数料、諸費用などは対象外です。

また、nanacoチャージや楽天Edyチャージ、オリコプリペイドカードチャージなども利用金額の累計対象になりませんので注意が必要です。

独自ポイントサービス

来店ポイント特典システム導入店舗で、会員カードを提示すると、100円のショッピング利用ごとに1ポイント(1ポイント=1円)貯まり、500ポイント以上で換金が可能です。換金は1円単位で行ってくれますので、ポイントのロスがありません。

30,000ポイントを上限に貯められ、最終のショッピングの日から1年間ポイントが有効です。

オリコポイント

ネットモール「オリコモール」の利用などで貯められる「オリコポイント」もあります。eオリコサービスに登録しているユーザーが対象で、オリコモール利用分の最大10%分のオリコポイントが貯まります。

オリコポイント500ポイントを、Amazonギフト券500円分に換えられるなど、各種提携のポイントへの移行も可能です。逆に、1スマイルポイントは5オリコポイントに移行できます。

オリコモールのショップカテゴリや人気のショップは以下をご確認ください。

《オリコモールのショップカテゴリ》

ジャンル

カテゴリ

総合通販・百貨店

総合通販、テレビ通販、百貨店、スーパー・ドラッグストア

本・CD・DVD

総合ショップ、専門店、ネットレンタル

家電・パソコン

家電・量販店、パソコン・携帯、周辺機器・ ソフト、プロバイダ・データ通信

ファッション

レディース、メンズ、キッズ・マタニティー、インナー、バッグ・財布、アクセサリー・腕時計

旅行・チケット

旅行・宿泊、旅行用品、交通・レンタカーチケット

美容・健康

コスメ、ダイエット、ボディ&ヘアケア、健康食品・サプリ、健康グッズ、エステ・ヘアサロン

暮らしと生活

インテリア・家具、生活用品・キッチン、雑貨、ペット用品、日用品、引越し・不動産

クーポン・ウェブサービス

クーポン、車・バイク査定、その他ウェブサービス

グルメ・ギフト

食品・おとりよせ、スイーツ、お酒・飲料、ギフト・フラワー

趣味・おもちゃ・ゲーム

おもちゃ・ゲーム、スポーツ、アウトドア

ビジネス

資格・学校・教育、就職・転職、法人向け

《オリコモールの人気ショップ一覧》

ショップ名

通常ポイント

ショップ概要

Amazon.co.jp

0.5%

大手ECサイトのAmazon。およそ1億以上の商品を販売。一部を除き送料無料でお得。お急ぎ便を利用の場合、当日や翌日お届けでスピード配送。本やCD/DVD、電化製品を含め、数多くの商品ジャンルを取り扱い。

楽天市場

0.5%

およそ6,300万点以上の商品を扱う楽天市場。日本最大級のショッピングモールとして24時間365日いつでも気軽に利用可能。

Yahoo!ショッピング

0.5%

日本最大級のECサイトYahoo!ショッピング。パソコンや周辺機器、家電製品のほか、ファッション、本、CD/DVDなど、さまざまなジャンルで充実した品揃え。

【落札】ヤフオク!

0.5%

ネットオークションと言えば、国内最大級のネットオークション・フリマアプリのヤフオク!およそvの商品点数を誇る充実の品揃え。

Amazon.co.jp「ファッション」

0.5%

お好みのスタイルを実現してくれるAmazon.co.jp「ファッション」。人気アイテムから旬の商品、人気ブランドまで幅広く取り扱い。30日間の試着ができてしっかりセレクト可能。通常配送料が無料である上、返品送料も無料。

じゃらんnet

1.0%

約230万件にものぼる宿泊プランを誇る国内最大級の宿・ホテル予約サイト。宿泊施設はおよそ24,000軒と充実。

楽天トラベル(国内宿泊)

0.5%

日本最大級の宿泊予約サイトで、国内宿泊をお得にネット予約可能。

ビックカメラ.com

0.5%

ビックカメラ.comは、専門店の集合体で、ビックカメラの公式サイト。豊富な商品を特価で購入可能。翌日や指定日にお届けできて便利。

DHCオンラインショップ

0.5%

ファッション、インナーなど、高品質アイテムをラインナップしているDHCのオンラインショップ。人気コスメや充実したサプリメント、のほか、高級食材まで購入可能。

一休.comレストラン

0.5%

お好みのレストランをお得に予約可能。国内最大級のレストラン予約サイトである「一休.comレストラン」。

LOHACO

1.0%

Yahoo!とASKULがコラボレーションしたサイト。食品、飲料、日用品だけでなく、ベビー用品や文房具、電化製品など、生活必需品用品の品ぞろえが盛りだくさん。最短翌日のお届けによって、急いでいる時も頼れる。

ベルメゾンネット

0.5%

ファッションやインテリア、コスメのほか、マタニティー&ベビーグッズ、グルメまで充実の品ぞろえ。カタログ通販「ベルメゾン」の公式オンラインショップとして、常に3万点以上の品ぞろえを誇る。

Joshin ネットショッピング

0.5%

大型家電量販店ネットショッピングならではの充実したラインナップ。パソコンやテレビ、家電、ゲームのほか、CD/DVDなども網羅する「Joshin」のネットショップ。

Yahoo!トラベル

0.5%

旅行に出かける前に必見のサイト。全国約13,000軒以上の宿泊施設と、1,000,000件以上のプランを予約可能。インターネット上から予約ができるので、自宅でお好きなプランを手軽に予約。

ホテル・旅館の宿泊予約【一休.com】

0.5%

高級ホテルや高級旅館など、ハイステータスな宿に特化した宿泊予約サイト。「ホテル・旅館の宿泊予約【一休.com】」は、厳選宿泊施設の予約を最大70%割引で行えるため、お得にラグジュアリーな宿泊が可能。

セシール オンラインショップ

1.0%

アウターやインナーファッションまで、ファッションアイテムを豊富に取り揃え。旬のアイテムや生活雑貨までしっかりとラインナップ。カタログ通販「セシール」のネットショップで、高品質でありながら低価格を実現。

ハイブリッド総合書店 honto

1.5%

紙媒体の書籍と電子書籍を同時に探すことが可能な「honto」は、読書ファンに嬉しいサービスを提供。ビーケーワンとhontoがコラボレーションしたオンラインショップ。

チケットぴあ

0.5%

およそ2万件以上のチケットを24時間取り扱う「チケットぴあ」。音楽イベントやスポーツ観戦チケットのほか、演劇やクラシックコンサート、映画、各種イベントまで、バラエティー豊かなチケットを豊富も取り扱う。

【海外・国内ホテル】旅行予約のエクスペディア ポイント

2.5%

国内・海外問わず、24時間ホテル予約が可能。な「Expedia(エクスペディア)」。世界30カ国以上でサイトを運営している旅行会社。

Apple公式サイト

0.5%

特典満載のApple公式サイト。全製品が送料無料、iPad/iPodメッセージ刻印無料、Macの簡単カスタマイズ、iPodの赤色(限定色)、学生・教員価格など、ユーザーに嬉しい特典が盛りだくさん。各種端末のケースやバックも取り揃え。最短24時間以内のスピード出荷が可能。

クレポ(オリコクレジットポイント)

オリコの指定加盟店、オートローンやショッピングクレジットなどの契約をすると、契約した加盟店でのみ利用可能な「クレポ」というポイントがもらえます。

クレポは、eオリコサービスから「クレポ利用券」に交換でき、クレポ利用券は1ポイント1円として利用可能です。オリコポイントカードでたまったスマイルポイントも、手数料無料でクレポに移行可能です。

オートウェーブカードのポイントの交換先

オートウェーブカードのポイント交換は、ポイント交換商品カタログの中から選ぶことが可能です。ポイント交換商品カタログには、食品、生活用品、美容、アウトドア、ビジネス、キッチンなど、さまざまな商品がラインナップされています。

また、ギフト券や他社ポイントに移行もできます。移行可能なポイントやレートは以下の通りです。

《ポイント交換レート》

ジャンル

オンラインクーポン

交換ポイント

オンラインクーポン

Amazonギフト券500円分・2,000円分

500オリコポイント、2,000オリコポイント

iTunesギフトコード500円分・1,500円分

500オリコポイント、1,500オリコポイント

Google Play ギフトコード1,000円分

1,000オリコポイント

nanacoギフト1,000円分

1,000オリコポイント

EdyギフトID 1,000円分

1,000オリコポイント

ファミリーマートお買い物券500円分

500オリコポイント

すかいらーくご優待券5,000円分

5,000オリコポイント

自治体ポイント1,000円分

1,000オリコポイント

ポイント移行

オリコプリペイドカードへのチャージ500円~49,000円(1円単位)

500~49,000オリコポイント(1オリコポイント単位)

電子マネーWAONポイント1,000WAONポイント

1,000オリコポイント

Tポイント1,000ポイント

1,000オリコポイント

楽天スーパーポイント1,000ポイント

1,000オリコポイント

Pontaポイント1,000ポイント

1,000オリコポイント

ベルメゾン・ポイント1,000ポイント

1,000オリコポイント

ANAマイレージクラブ600マイル

1,000オリコポイント

JALマイレージバンク500マイル

1,000オリコポイント

dポイント1,000ポイント

1,000オリコポイント

WALLET ポイント1,000ポイント

1,000オリコポイント

ポイント商品

UC ギフトカード5,000円分・20,000円分

5,000オリコポイント+事務手数料、20,000オリコポイント+事務手数料

提携カード会員限定 ポイント商品

エディオンカードポイント500ポイント

500オリコポイント

コジマポイント500コジマポイント

500オリコポイント

コストコプリペイドカード5,000円分

5,000オリコポイント

H.I.S.商品券2,000円分・5,000円分

2,000オリコポイント・5,000オリコポイント

ヨシヅヤ商品券2,000円分

2,000オリコポイント

チャリティー商品

東日本大震災義援金(日本赤十字社)2,000円分

1,000オリコポイント

東日本大震災・津波遺児支援活動への寄付金(あしなが育英会)2,000円分

1,000オリコポイント

熊本地震義援金 1,000円分

1,000オリコポイント

平成30年北海道胆振東部地震災害義援金 1,000円分

1,000オリコポイント

オートウェーブカードは車を運転する人にはメリットが大きい

オートウェーブカードは、さまざまな優待特典があり、車を運転する人にメリットが大きなクレジットカードです。ここでは、そのメリットについて見て行きましょう。

エンジンオイル交換無料・タイヤ交換半額

オートウェーブカードは、さまざまなキャンペーンが行われ、エンジンオイル交換無料タイヤ交換半額など、車を利用している人に嬉しい特典が盛りだくさんです。ただし、キャンペーンは1日限定や数日のみ開催などのものが多いため、随時公式サイトでチェックしておきましょう。

車検基本整備費2000円OFF

オートウェーブカードを持っていると、車検代が割引となります。新車の初回車検時に2,000円割引となるほか、オートウェーブカードの提示の上で現金払いかカード払いで2,000円割引、平日車検で1,000円割引、その他早期予約割引(車検満了日3カ月前までの予約3,000円割引・車検満了日2カ月前までの予約で2,000割引)などがあります。

最大8,000円割引となりますので、ぜひ見逃さずに利用しましょう

その他サービスが優待価格で利用可能 

オートウェーブカードは、各種作業工賃の割引があるなど、優待特典が受けられます。ただし、現在公式発表されている優待情報はなく、随時キャンペーンなどで発表となっています。お得な優待を見つけたら、期限までに利用しましょう。

オートウェーブカードは多種多様な電子マネーに対応

オートウェーブカードはさまざまな電子マネーに対応しています。オートウェーブカードが対応している電子マネーは「楽天Edy」「nanaco」「Suica」「SMART ICOCA」「iD」「QUICPay」「QUICPay+」「Visa payWave」です。

これだけ多くの電子マネーに対応していますので、あなたがよく使うものもあるかと思います。ご自身の利用している電子マネーが使えるか、ぜひ確認してください。

オートウェーブカードのデメリット

オートウェーブカードは、便利でお得なクレジットカードではありますが、いくつかのデメリットもあります。メリットだけでなくデメリットも含め、総合的に利用を検討しましょう。

海外旅行傷害保険がついていない

オートウェーブカードは、海外旅行傷害保険が付いていません。年会費無料のクレジットカードでも、2,000万円程度の海外旅行傷害保険が付くものもあるため、何の補償も得られないのは大きなデメリットです。

海外旅行で病気やケガをしてしまうと、治療費が高額となるため、海外旅行傷害保険付きのカードと複数枚の保有がおすすめです。

ショッピング保険はついている

オートウェーブカードは、海外旅行傷害保険は付いていませんが、ショッピング保険は付いています。年間50万円を限度として、海外利用を補償してくれます。購入日から90日間補償で、しっかりユーザーを守ってくれます。ただし、免責が1事故1万円であることや、JCBのみ対応ということには気を付けましょう。

オートウェーブカードがおすすめな人

オートウェーブカードがおすすめな人は、車の利用頻度が多い人や、オートウェーブの店舗を活用している人におすすめです。これらの人がオートウェーブカードを積極的に利用すれば、割引特典やポイントの恩恵が大きくなるでしょう。

また、年会費をかけずにクレジットカードを保有したい人にもおすすめです。逆に、車を保有していなければ何のメリットもありませんので、車の保有を前提としましょう。

まとめ

オートウェーブカードは、年会費無料でありながら、オリコのサービスを受けられるほか、オートウェーブでの特典が多いカードです。ぜひ上手に活用して、便利でお得なカーライフを過ごしましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
口コミ投稿
国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス
満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る