ANAマイルの貯め方徹底ガイド!初心者マイラーにもわかりやすく解説

  • 作成
  • 更新

多くの航空会社で提供しているのが、「マイル」が貯まるマイレージサービスです。航空会社側が顧客を増やしたいという狙いで、マイレージサービスを提供するようになりました。顧客側にとっても、「マイル」を貯めて交換するというメリットがあります。今回の記事では「ANAマイル」について徹底解説していくため、初心者マイラーという方も注目してみて下さい。

ANAマイルとは

全日本空輸(ANA)が提供するマイレージサービス「ANAマイレージクラブ」で貯まるのが、「ANAマイル」です。「ANAマイル」を積極的に貯める方のことを「ANAマイラー」と呼びます。「ANAマイル」を貯める、使うだけではなく、様々な特典が受けられる点も大きな魅力です。「ANAマイレージクラブ」会員だけのキャンペーンも実施されるため、定期的に「ANAマイレージクラブ」にログインして確認してみると良いでしょう。

ANAマイルのメリット

なぜ多くの「ANAマイラー」が誕生するのか、それは「ANAマイル」には、多種多様なお得な交換先があるからです。どんな交換先があるのか、気になる方は次をご覧下さい。

ANA特典航空券に交換できる

「ANAマイル」の大きなメリットとなっているのが、「ANA特典航空券」への交換です。東京→大阪への飛行機に搭乗した際、片道普通運賃で25,000円ほどかかることはありませんか?飛行機で往復すると、運賃だけでも大きな負担となるでしょう。そんな時でも、「ANAマイル」を貯めて「ANA特典航空券」へと交換すれば、運賃0円で飛行機に搭乗することだって可能です。

「ANA国内線特典航空券」はANA便の国内線全路線が対象です。「ANA国際線特典航空券」はアジアやヨーロッパ、北米、ハワイ、オセアニアなど、多くの国際線路線が対象となっています。国内旅行や海外旅行に行きたい時にも、お得になるのが「ANA特典航空券」です。

特典航空券へ交換するには、最低でも幾らのマイルが必要?

出発空港と到着空港の距離によって、「ANA特典航空券」への交換に必要なマイル数が異なります。距離が遠くなるほど、必要マイル数が多くなるのが基本です。東京⇔大阪では「0~600マイル区間」となり、片道では次のようなマイル数が必要となります。

ローシーズン

レギュラーシーズン

ハイシーズン

5,000

6,000

7,500

一番近いマイル区間の場合、最低でも5,000マイル貯めれば「ANA国内線特典航空券」に交換できるということです。

「ANA国際線特典航空券」に交換する場合、一番少ないマイル数で済むのが韓国です。エコノミークラスの場合は、次のマイル数で日本⇔韓国の往復が可能になります。

ローシーズン

レギュラーシーズン

ハイシーズン

12,000

15,000

18,000

ローシーズンなら最低12,000マイル貯めれば、「ANA国際線特典航空券」へと交換できるでしょう。詳しくはANA公式サイトにある必要マイル数を確認して下さい。

提携航空会社の特典航空券にも交換できる

「ANAマイル」で交換できるのは、「ANA特典航空券」だけではありません。次の提携航空会社の「特典航空券」にも交換することが可能です。

■スターアライアンス加盟航空会社(加盟航空会社なら組み合わせ自由)

アドリア航空

エーゲ航空

エアカナダ

中国国際航空

エアインディア

ニュージーランド航空

アシアナ航空

オーストリア航空

アビアンカ航空

アビアンカ・ブラジル航空

ブリュッセル航空

コパ航空

クロアチア航空

エジプト航空

エチオピア航空

エバー航空

LOTポーランド航空

ルフトハンザドイツ航空

スカンジナビア航空

シンセン航空

シンガポール航空

南アフリカ航空

スイスインターナショナルエアラインズ

TAPポルトガル航空

タイ国際航空

ターキッシュ エアラインズ

ユナイテッド航空

■提携航空会社(往路復路は同一の航空会社)

エアドロミティ

マカオ航空

エティハド航空

ユーロウィングス

ガルーダ・インドネシア航空

ジャーマンウィングス

ジェットエアウェイズ

オリンピック航空

フィリピン航空

ヴァージンアトランティック航空

ベトナム航空

 

ANA SKY コインに交換できる

特典航空券の他、「ANAマイル」→「ANA SKY コイン」へと交換することも可能です。「ANA SKY コイン」は10コイン=10円分として、ANA航空券や燃料サーチャージ、旅行商品などの支払いに使えます。「ANAマイル」のままだと「ANA特典航空券」へ交換するためには、多くのマイル数が必要です。

最低5,000マイルもなかなか貯まらないという方でも、10コインからでOKの「ANA SKY コイン」なら、すぐに使えることでしょう。ただし、「ANAマイル」を「ANA SKY コイン」に交換する場合、「ANA SKY コイン」の有効期限が1年になる点には注意して下さい。

ホテルやレストランのクーポンに交換できる

「ANAマイル」は提携ホテルやレストランで使える「クーポン」にも交換することが可能です。

「クーポン」対象の提携ホテルは、次をご覧下さい。

  • ザ・ペニンシュラホテルズ
  • シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ
  • ザ・リッツ・カールトン
  • セント レジス ホテル&リゾート
  • ホテルナゴヤキャッスル
  • オークラ ホテルズ&リゾーツ
  • サフィールホテルズ
  • ハイアット ホテルズ&リゾーツ
  • プリンスホテルズ&リゾーツ
  • 東急ホテルズ
  • KIZASHI THE SUITE

ホテルによって「クーポン」への交換に必要なマイル数が異なりますが、最低でも20,000マイル数が必要になるでしょう。

「クーポン」対象レストランは、次の通りです。

  • ザ・ペニンシュラホテルズ
  • シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ
  • ジョエル・ロブション
  • オークラ ホテルズ & リゾーツ
  • 東急ホテルズ
  • INTERSECT BY LEXUS – TOKYO
  • メルセデス ミー
  • プリンスホテルズ&リゾーツ
  • セントレジス ホテル & リゾート
  • ザ・リッツ・カールトン
  • グランド ハイアット 福岡
  • ホテルナゴヤキャッスル

レストランで使える「クーポン」は、最低でも10,000マイル数が必要です。「クーポン」の利用資格についても、ANA公式サイトより確認しておいて下さい。

ANAセレクションに交換できる

「ANAマイル」は「ANAセレクション」への交換にも使えます。「ANAセレクション」はANAがおすすめする商品となっており、次のようなカテゴリーが勢ぞろいです。

  • ANAオリジナル商品
  • 体験メニュー
  • キャリー&バッグ
  • グルメ
  • アルコール類
  • 時計・財布・アクセサリー類
  • 生活雑貨・家電
  • タカシマヤセレクト

「ANAセレクション」への交換には、最低10,000マイル数が必要です。「ANAセレクション」を取り扱っているのは、ANAショッピング「A-style」となっています。欲しい商品が見つかった時は、「A-style」へ登録しておきましょう。

ANAショッピング「A-style」でのショッピングに使える

「ANAマイル」は1マイル=1円として、ANAショッピング「A-style」でのショッピングにも使えます。さらにショッピング代金100円につき1マイル貯まるため、ANAマイラーの方は「A-style」を積極的に活用したいところです。

提携ポイントにも交換できる

「ANAマイル」のままでは交換先が見当たらない…。そんな時でも、様々な「提携ポイント」に交換できるために心配ありません。交換対象となる主な「提携ポイント」は、次をご覧下さい。

提携ポイント名

交換レート

nanaco

10,000マイル→10,000ポイント

Tポイント

10,000マイル→10,000ポイント

楽天スーパーポイント

10,000マイル→10,000ポイント

メトロポイント

10,000マイル→10,000ポイント

楽天Edy

10,000マイル→10,000円分

スターバックスカード

10,000マイル→10,000円分

地域経済応援ポイント

10,000マイル→10,000ポイント

その他にも交換先は様々

「ANAマイル」の交換先は、次のようにまだまだたくさんあります。

  • ANA国際線アップグレード
  • スターアライアンスアップグレード
  • バニラエア特典航空券
  • ANA国際線超過手荷物料金
  • 羽田空港ペットホテルで使えるクーポン
  • 航空券や機内販売などに使えるANAご利用券
  • 日本の逸品を揃えるWAYO SHOPでのショッピング
  • 様々なショップが加盟するANAマイレージモールで使えるクーポン
  • ニッポンレンタカーで使えるクーポン
  • オンライン動画配信サービスのANAシアターなど

貯めた「ANAマイル」を無駄なく使える点も、「ANAマイレージクラブ」の大きなメリットとなっています。

マイルの価値は高い!

価値が高いという点も、「ANAマイル」の大きなメリットとなっています。クレジットカードの場合、100円につき1ポイント、1ポイントの価値1円のポイントプログラムがよく見られます。しかし、「ANAマイル」を特典航空券に交換すると1円以上の価値が期待できるのです。

次に東京⇔大阪(往復)のANA特典航空券に交換した場合の、「ANAマイル」価値を見ていきましょう。

■東京⇔大阪ANA特典航空券

往復運賃

25,000円(ANA SUPER VALUE 28)

必要マイル数

12,000(レギュラーシーズン)

1マイルの価値は次の計算式で分かります。

  • 「運賃÷必要マイル数=1マイルの価値」

上記の場合は「25,000円÷12,000マイル=約2.08」となる計算です。つまり、「1マイルの価値は2円」となる訳です。

東京⇔韓国ANA特典航空券へ交換した場合の、「ANAマイル」価値は次の通りです。

■東京⇔韓国ANA特典航空券

往復運賃

45,000円

必要マイル数

15,000(レギュラーシーズン)

「45,000円÷15,000マイル=3」「1マイルの価値3円」までにアップしました。ANA国際線特典航空券の場合、行き先によってはさらにマイルの価値アップです。

まずはANAマイレージクラブ会員になろう

「ANAマイル」を貯めるには、「ANAマイレージクラブ」へ入会して会員になることが必要です。ANA公式サイトにアクセスし、会員登録のページへと進んで下さい。必要事項に入力し、内容を確認してから会員登録を完了させましょう。

ANAマイレージクラブカードかデジタルカードを選ぼう

「ANAマイレージクラブ」への会員登録後に届くのが、「ANAマイレージクラブカード」です。クレジット機能は付いていませんが、入会費も年会費も無料で作成できます。「ANAマイレージクラブカード」では2018年9月より、デジタルカードも選べるようになりました。スマホの画面が「ANAマイレージクラブカード」になるため、プラスチックのカードを持参しなくても大丈夫です。さらに日本国内線スキップサービスや国際線自動チェックイン機も、デジタルカードで利用できます。

クレジット機能付きANAカードならさらに便利!

クレジット機能」+「ANAマイレージクラブ機能」付きなのが、「ANAカード」です。クレジットカード一体型のため、カードの管理は1枚で済ませられます。国際ブランド加盟店でショッピングした時の支払いにも使えるため、一般の「ANAマイレージクラブカード」より利便性が高まるでしょう。

「ANAカード」のラインナップは次をご覧下さい。

  • ANA一般カード
  • ANAワイドカード
  • ANAゴールドカード
  • ANAカードプレミアム
  • 交通系IC一体型カード
  • 提携カード

それぞれの「ANAカード」で利用できる主なサービス・特典は次の通りです。

サービス・特典名

一般

ワイド

ゴールド

プレミアム

ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」

ビジネスクラスカウンターでのチェックイン

×

指定ホテルグループでの割引

レンタカーでの割引

空港内免税店での割引

○(5%)

○(10%)

○(10%)

○(10%)

高島屋SHILLA&ANAでの割引

○(5%)

○(10%)

○(10%)

○(10%)

国内線/国際線での機内販売割引

○(10%)

○(10%)

○(10%)

○(10%)

空港内店舗「ANA FESTA」での割引

○(10%)

○(10%)

○(10%)

○(10%)

セントラルパーキング成田での割引

「A-style」での割引

○(5%)

○(5%)

○(5%)

○(5%)

国内外旅行商品での割引

○(5%)

○(5%)

○(5%)

○(5%)

ビジネスソリューション受講料割引

○(15%)

○(15%)

○(15%)

○(15%)

ハウステンボス内店舗での割引

○(5%)

○(5%)

○(5%)

○(5%)

ANA国内線空港ラウンジ

×

×

×

総合評価
4.5
ANA便でのマイル獲得や海外旅行向けサービスが充実!

100円で1マイルたまる、ANAマイラーなら必須の一枚!ANA、QuicPay、nanacoの機能が集約され、セブンイレブンでQuicPayで支払うと、通常ポイントに加えマイルとnanacoポイントが貯まります

  • 毎年のカード継続時に1,000マイル進呈や、ANA便搭乗で割増ボーナスマイル進呈などANA限定サービスが満載
  • 最高1,000万円の国内航空障害保険/海外旅行保険で補償も充実!
  • 初年度年会費無料!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~1.0% 最短3営業日(通常1週間程度)
無料 2,000円(税別)
総合評価
4
出張や旅行でANA利用者におすすめで、優待と補償がステータスカード並み!

通常カードに比べ搭乗時ボーナスマイルが通常の10%ではなく25%も貯まる。ショッピングポイントのマイル移行に加え、フライトや提携店でのお買い物は100円で1マイルが貯まるマイラー必見のカードです!

  • カード入会時と毎年のカード継続時に2,000マイルがプレゼントされます!
  • ANA国際線エコノミークラス利用でもビジネスクラス専用CLUB ANAチェックインカウンターが利用できる
  • ステータスカード並みの最高5,000万円の国内/海外旅行保険も付帯で安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~3.5% 最短3営業日
7,250円(税別) 7,250円(税別)
総合評価
4.1
優雅でおトクな生活を支える最もハイクラスなANA JCBカード!

ANA JCB最上位のカードはクラス最高水準の旅行保険や24時間365日利用可能なコンシェルジュサービス、世界中の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の無料発行と、上質なサービスを受けることができます

  • カード入会時と毎年のカード継続時に10,000マイルがプレゼントされます!
  • 搭乗時ボーナスマイルが通常10%が5倍の50%!ANA便航空券の購入はマイル2倍!
  • 年会費399USドルの「プライオリティ・パス」が無料で発行でき、搭乗便や搭乗クラス関係なく空港ラウンジが優雅に利用できる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
JCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.8%~3.3% 最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外
70,000円(税別) 70,000円(税別)
総合評価
4.3
ANAグループでの利用と海外旅行向けのサービスが充実したカード

ANAマイルがとにかく貯まる一枚!ANAグループ便の利用で、通常のマイルに加えて区間基本マイルの10%のボーナスマイルが付与。ANA航空券購入や機内販売のお買い物はポイント1.5倍、ANAカードマイルプラス提携店舗ならポイントとマイルをダブルで獲得!「ポイント移行コース」に登録すると、ポイントは無期限。

  • 毎年カードを継続する度に1,000マイルプレゼント!
  • ANA航空券購入や機内販売のお買い物はポイント1.5倍、ANAカードマイルプラス提携店舗ならポイント最大2倍
  • 旅行保険やショッピング保険に加え、海外旅行時にスーツケース1個を無料配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」付き
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    AMEX
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~2.0% 2週間程度
7,000円(税別) 7,000円(税別)
総合評価
4.2
マイルをより早く貯めて、海外旅行向けの充実したサービスを受けられるステータスブランドカード

ANAグループ便の利用で、通常のマイルに加えて区間基本マイルの25%のボーナスマイルが付与

  • ANAグループでのお買い物はポイント2倍
  • 急な出張や病気・ケガによる入院などによりキャンセルした旅行やコンサートのキャンセル費用などの損害を補償(カード購入に限る)
  • 空港のビジネス専用チェックインや最高1億円の国内/海外旅行保険やショッピング保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    AMEX
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~2.0% 2週間程度
31,000円(税別) 31,000円(税別)
総合評価
4.1
ANAマイル・メトロポイント・Oki Dokiポイントの3つのポイントがたまる!陸マイラー必須のカード!

ANAカードとTo Me CARDの機能がひとつになった初年度年会費無料のソラチカカード。日々のショッピングと東京メトロ利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでたまる!ポイントはマイル移行ができるのでマイラーにおすすめ!

  • 東京メトロの定期券購入にご利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでもらえます!
  • 東京メトロ乗車ごとに平日5ポイント、休日15ポイントがたまり、メトロポイント100ポイントを90マイルに移行できる
  • 最高1,000万円の国内外旅行傷害保険が付帯で安心
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~1.0% 最短3営業日
無料 2,000円(税別)

ANAマイル貯め方いろいろ!お得な貯め方も徹底解説

ここからは「ANAマイル」の貯め方についての解説です。「ANAマイル」はどんな方法で貯まるのか、どんなお得な貯め方があるのか、知りたいという方も注目してみて下さい。

フライトで貯めるマイル

飛行機に搭乗するごとに貯まるのが、「フライトマイル」です。旅行や出張などで飛行機をよく利用する方ほど、「フライトマイル」が貯まりやすいでしょう。

ANA国内線/ANA国際線のフライトで貯める

「フライトマイル」を貯めたい時の基本となるのが、ANA国内線/ANA国際線です。ANA国内線の場合、次の計算式にて「フライトマイル」が、どのくらい貯まるのかが分かります。「搭乗の区間基本マイレージ×運賃種別ごとの積算率=フライトマイル」。積算率150%となるプレミアム運賃など、積算率125%となるプレミアム特割など、積算率の高い運賃ほど、「ANAマイル」が貯まりやすいです。

東京→大阪の国内線では、どのくらいのマイルが貯まるのか、次に試算していきましょう。

■東京→大阪の国内線の場合

マイル積算率

100%

75%

70%

50%

30%

マイル数

280

210

196

140

84

ANA国際線の場合は、次の計算式で求められます。「搭乗の区間基本マイレージ×予約クラスごとの積算率=フライトマイル」「ファーストクラス」では積算率150%ですが、「エコノミークラス」のLやKでは積算率30%と低くなっています。

東京→ソウルの国際線で貯まるマイルの試算は次の通りです。

■東京→ソウルの場合

マイル積算率

150%

125%

100%

70%

50%

30%

マイル数

1,137

947

758

530

379

227

提携航空会社のフライトで貯める

ANAの他、スターアライアンス加盟航空会社や、提携航空会社でも「フライトマイル」が貯まります。提携航空会社によって予約クラスごとの積算率が変わるため、ANA公式サイトより調べておきましょう。運賃種別ごとの積算率や、予約クラスごとの積算率についても、ANA公式サイトに詳しい記載があります。

プレミアムメンバーならさらにボーナスマイルがざっくざく!

ANAでは「プレミアムメンバー」という上級会員資格を用意しています。「プレミアムメンバー」になると一般乗客よりも、プレミアムなサービスが受けられるのです。どんなサービスなのか、詳しくは次をご覧下さい。

【フライトボーナスマイル最大130%】

「プレミアムメンバー」には、「フライトマイル」+「フライトボーナスマイル」を付与するサービス付きです。「フライトボーナスマイル」の計算式は次をご覧下さい。「搭乗の区間基本マイレージ×予約クラス・運賃種別ごとの積算率×フライトボーナスマイルの積算率=フライトボーナスマイル」

「フライトボーナスマイル」の積算率は、ステータス(ダイヤモンド/プラチナ/ブロンズ)と継続年数によって、次のように変わります。

ステータス名

継続1年目

継続2年以上

ブロンズ

40%

50%

プラチナ

50%

100%

ダイヤモンド

115%

125%

ANAグループや、スターアライアンス加盟航空会社などでフライトすると、「プレミアムポイント」が貯まります。年間で獲得した「プレミアムポイント」数によって、次のようにスタータスが決まる仕組みです。

ステータス名

必要プレミアムポイント獲得数

ブロンズ

30,000ポイント

プラチナ

50,000ポイント

ダイヤモンド

100,000ポイント

さらに「ANAカード」なら積算率が5%アップ、「フライトボーナスマイル」積算率は最大130%です。ただし、「フライトボーナスマイル」の付与は「ANAグループ便」、「ユナイテッド航空便」に限られる点には注意しましょう。

マイルを取り損ないたくない時に便利な事後登録!

「ANAマイレージクラブ」では、マイルの事後登録というシステムを用意しています。飛行機に搭乗した後であっても、事後登録ならマイルが加算されるというシステムです。マイルを取り損ないたくない時は、事後登録を行ってみては如何でしょう。事後登録はANA公式サイトへログインし、「マイレージ事後登録」から手続きが行えます。

「マイレージ事後登録」には次の手続き期間があります。

ANA国内線

搭乗後翌日午後以降から6か月以内

ANA国際線

搭乗後3日以降から6か月以内

電話や郵送でも「マイレージ事後登録」の手続きができますが、インターネットのほうが手っ取り早いでしょう。

ホテルステイやANAマイレージモールなど貯め方いろいろ!

その他にも「ANAマイル」の貯め方はいろいろです。旅行や出張などで宿泊が必要になった時は、ホテルステイで「ANAマイル」が貯まります

「ANAマイル」が貯まるホテルや宿泊予約サイトは次の通りです。

ホテルや宿泊予約サイト

マイル獲得数

ANAグローバルホテル

条件によって変動

ANA厳選の全国のホテル

100円につき1マイル

Agoda.com

200円につき1マイル

一休.com

200円につき1マイル

エクスペディア

200円につき1マイル

Kaligo.com

200円につき1マイル

海外ホテル・オプショナルツアー予約 JHC

200円につき1マイル

Booking.com

200円につき1マイル

Hotels.com

200円につき1マイル

Yahoo!トラベル

200円につき1マイル

楽天トラベル

200円につき1マイル

Relux

200円につき1マイル

ネットショッピングでマイルを貯めたい時に便利なのが、「ANAマイレージモール」です。「ANAマイレージモール」には、様々なカテゴリーのショップが登録しています。どんなショップが登録しているのか、一部ご紹介しておきましょう。

ショップ名

マイル獲得数

LOHACO

100円につき1マイル

TOWER RECORDS ONLINE

100円につき1マイル

アルペン公式オンラインストア

100円につき1マイル

ディノスオンラインショップ

100円につき1マイル

楽天市場

200円につき1マイル

ノジマオンライン

200円につき1マイル

Apple公式サイト

200円につき1マイル

Yahoo!ショッピング

300円につき1マイル

ユニクロオンラインストア

300円につき1マイル

ベルメゾンネット

300円につき1マイル

マイルの貯め方は、まだまだ次のようにたくさんあります。いろいろなシーンでマイルが貯まるようになるでしょう。

  • ANAの保険
  • ANA提携のリユースサービス
  • ANAのふるさと納税
  • ANAシアター
  • 日本円から外貨への両替
  • モバイル・Wi-Fiルーターのレンタル
  • 口コミ投稿
  • レンタカー
  • 車の売却
  • 電子マネーEdy
  • 引っ越し
  • 結婚式など

ANAカードなら、さらにマイルがお得に貯まるメリットが!

「ANAカード」を作成しておくと、さらにマイルが貯まりやすいです。次のようなメリットが「ANAカード」にはあるため、ANAマイラーの方は作成しておくと良いでしょう。

入会・継続でもマイルが貯まる!

「ANAカード」には入会・継続でも、次の「ボーナスマイル」が貯まるメリットがあります。

カード名

入会ボーナスマイル数

継続ボーナスマイル数

ANAカード一般

1,000マイル

1,000マイル

ANAゴールドカード

2,000マイル

2,000マイル

ANAカードプレミアム

10,000マイル

10,000マイル

さらに先ほどご紹介した「プレミアムメンバー」なら、対象「ANAカード」継続時に2,000特別ボーナスマイル加算です。「ANAゴールドカード」では合計4,000ボーナスマイルに、「ANAカードプレミアム」では合計12,000ボーナスマイルになります。

「ANAカード」ごとの年会費は次のようになります。

カード名

本会員年会費(税抜)

ANAカード一般

2,000円

ANAゴールドカード

14,000円

ANAカードプレミアム

VISA80,000円/JCB70,000円

年会費をお支払しても、「入会ボーナスマイル」と「継続ボーナスマイル」が貰える分だけ、差し引かれます。

総合評価
4.5
ANA便でのマイル獲得や海外旅行向けサービスが充実!

100円で1マイルたまる、ANAマイラーなら必須の一枚!ANA、QuicPay、nanacoの機能が集約され、セブンイレブンでQuicPayで支払うと、通常ポイントに加えマイルとnanacoポイントが貯まります

  • 毎年のカード継続時に1,000マイル進呈や、ANA便搭乗で割増ボーナスマイル進呈などANA限定サービスが満載
  • 最高1,000万円の国内航空障害保険/海外旅行保険で補償も充実!
  • 初年度年会費無料!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~1.0% 最短3営業日(通常1週間程度)
無料 2,000円(税別)
総合評価
4
出張や旅行でANA利用者におすすめで、優待と補償がステータスカード並み!

通常カードに比べ搭乗時ボーナスマイルが通常の10%ではなく25%も貯まる。ショッピングポイントのマイル移行に加え、フライトや提携店でのお買い物は100円で1マイルが貯まるマイラー必見のカードです!

  • カード入会時と毎年のカード継続時に2,000マイルがプレゼントされます!
  • ANA国際線エコノミークラス利用でもビジネスクラス専用CLUB ANAチェックインカウンターが利用できる
  • ステータスカード並みの最高5,000万円の国内/海外旅行保険も付帯で安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~3.5% 最短3営業日
7,250円(税別) 7,250円(税別)
総合評価
4.1
優雅でおトクな生活を支える最もハイクラスなANA JCBカード!

ANA JCB最上位のカードはクラス最高水準の旅行保険や24時間365日利用可能なコンシェルジュサービス、世界中の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の無料発行と、上質なサービスを受けることができます

  • カード入会時と毎年のカード継続時に10,000マイルがプレゼントされます!
  • 搭乗時ボーナスマイルが通常10%が5倍の50%!ANA便航空券の購入はマイル2倍!
  • 年会費399USドルの「プライオリティ・パス」が無料で発行でき、搭乗便や搭乗クラス関係なく空港ラウンジが優雅に利用できる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
JCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.8%~3.3% 最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外
70,000円(税別) 70,000円(税別)

搭乗ボーナスマイルももらえる

さらに「ANAカード」には搭乗ボーナスマイルも貯まるメリットがあります。「ANAカード」ごとの搭乗ボーナスマイルの積算率は次をご覧下さい。

カード名

搭乗ボーナスマイルの積算率

ANAカード一般

10%

ANAゴールドカード

25%

ANAカードプレミアム

50%

この搭乗ボーナスマイルも次のような計算式で求めることが可能です。「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×搭乗ボーナスマイルの積算率=搭乗ボーナスマイル」「プレミアムメンバー」になれなくても、「ANAカード」があれば「搭乗ボーナスマイル」がもらえるのが魅力です。

クレジットカードのショッピングでマイルが貯まる

「ANAカード」でショッピングすると、1,000円につき1ポイント貯まり、貯まったポイントをマイルへ移行することが可能です。「ANA VISA 一般カード」には「5マイルコース」と「10マイルコース」があり、次の移行レートになっています。

コース名

移行レート

移行手数料

基本マイル還元率(注1)

5マイルコース

1ポイント→5マイル

なし

1.0%

10マイルコース

1ポイント→10マイル

6,000円

2.0%

「ANAカード」があれば、ショッピング時でも効率よくマイルが貯まることでしょう。

注1:基本マイル還元率は1マイル=2円の価値とした場合

どちらのマイルコースを選ぶとお得になる?

「10マイルコース」のほうが高い移行レートですが、6,000円の移行手数料が発生します。基本マイル還元率の高い「10マイルコース」のほうがお得なのか、移行手数料無料の「5マイルコース」のほうがお得なのか、よく比較することが大切です。消費税8%込みだと、「10マイルコース」の移行手数料は6,480円となります。1年に1回ではなく、2年に1回貯めたポイントをマイルへ移行すれば、1年当たりの移行手数料は半分の3,240円です。

1マイル=2円の価値とした場合、1年当たり324,000円以上の「ANAカード」払いで、「10マイルコース」のほうがお得になります。逆に言うと1年当たり324,000円未満の方は、「5マイルコース」を選んだほうがお得になるでしょう。

「ANA VISAワイドゴールドカード」なら「10マイルコース」で移行できる上に、移行手数料は無料です。「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」はさらに優遇されており、「1ポイント→15マイル」移行手数料無料で、貯めたポイントをマイルへ移行できます。

まだまだある、こんな貯め方も!

「ANAマイル」の貯め方はフライトやショッピングだけではありません。その他にも、次のような貯め方があるため、積極的に活用すると良いでしょう。

提携パートナーポイントをマイルに交換

他のクレジットカードなどで貯めたポイントを、マイルに交換するという貯め方があります。マイルへ交換できる主な提携ポイントと、交換レートは次をご覧下さい。

提携ポイント名

交換レート

nanacoポイント

500ポイント→250マイル

Tポイント

500ポイント→250マイル

楽天スーパーポイント

2ポイント→1マイル

アプラスカード

1ポイント→3マイル

エポスカード

1ポイント→0.5マイル(通常会員)

オリコカード

5ポイント→3マイル

ジャックスカード

5ポイント→3マイル

セゾンカード

1ポイント→3マイル

JCBカード

1ポイント→3マイル

UCカード

1ポイント→3マイル

ライフカード

1ポイント→2.5マイル

交換できるまで、あと少しのマイルが必要という時に便利な方法です。メインカード、サブカードと複数枚のクレジットカードを使い分けている方は、無駄なく交換できることでしょう。

総合評価
3.6
ファミリーマート利用ユーザに圧倒的おすすめ!ポイント還元率最大18%!

毎週火曜と土曜はファミリマートでの利用で、ポイント最大5倍

  • 25歳以下の方のファミリーマートでのカード利用でポイント2倍
  • 一ヶ月間のファミリーマートでのお買い物金額に応じて、翌月のポイントレートが最大3倍
  • 年会費永年無料
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~18.0% 最短2週間
無料 無料
総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料
総合評価
3.9
年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ

入会金・年会費永年無料で最短即日発行!

  • マルイで買い物する方は必須のカード!
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ
  • 優待期間以外でもマルイでの買い物ならポイントは2倍
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~ 最短即日
無料 無料
総合評価
4.2
年会費永年無料で還元率が常に1%以上!ポイントをためるのにイチオシ!

ポイント還元率は常に1%以上でポイントがたまりやすい!入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて、小額のお買い物でもポイントがどんどんたまります

  • 年会費永年無料!さらにうれしい家族カード、ETCカードも無料です
  • オリコモール経由でamazonや楽天市場などのネットショッピングすると、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
無料 年会費
無料
総合評価
4.6
世界約3,000万の店舗で使える日本唯一の国際ブランド!ポイントサービスも充実!

最短翌日発行!セブンイレブンで買い物すればポイント3倍、スターバックスならポイント5倍!年50万円以上の利用があれば、2年目以降の年会費が無料!前年の利用額が100万円以上でポイント付与率が150%アップ海外でのトラブル・病気・ケガなども日本語サポートで安心

  • 海外利用は常にポイント2倍!前年の利用額が100万円以上でポイント付与率が150%アップ、100万円以上で120%アップ
  • 国内・海外旅行傷害保険は最高3,000万円補償で安心!
  • 楽天、Yahoo!、ZOZOタウンでのお買い物はポイント最大20倍、セブンは3倍、スタバはポイント10倍!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~2.5% 最短翌日お届け
無料 1,250円(税別)
総合評価
4.1
メインでもサブでも使える年会費無料の高還元率カード

業界最高水準のポイントプラグラム!初年度ポイント1.5倍、誕生月はポイント3倍で大幅アップ!そしてポイント有効期限が最大5年間で安心してポイントを貯められます。

  • 年50万円利用で次年度ポイント1.5倍、さらに年150万円利用で次年度ポイント2倍
  • ポイントUPモール経由でのお買い物で、なんとポイント最大25倍!
  • ANAマイルや電子マネー、Amazonギフト券への交換など多彩にポイントを利用可能、ポイントを効率的に貯めてお得に使える
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~3.3% 最短3営業日
無料 無料

SuicaやPASMOチャージでマイルを貯める

飛行機と電車と両方利用している方にお得なのが、「交通系IC一体型カード」です「ANA VISA Suicaカード」は「ANAカード機能」+「Suica機能」が一枚のカードになりました。Suicaへのチャージ、モバイルSuicaへのチャージでも、マイルに交換できるポイント(ワールドプレゼント)が貯まります。「ANA VISA Suicaカード」の場合、Suicaオートチャージもポイント付与の対象のため、Suicaチャージでマイルを貯めたい方の利便性が高くなるでしょう。

その他にも、「ANA To Me CARD PASMO JCB」にて、PASMOオートチャージがポイント付与の対象となっています。PASMOオートチャージで貯めたポイントはマイルへ交換できるため、PASMOをよく利用している方はこちらのほうが便利です。

口座開設で貯める

対象の銀行や証券会社などに新規口座開設し、マイルを貯めるという方法もあります。マイルが貯まる主な銀行や証券会社などは次をご覧下さい。

会社名

獲得マイル数

京葉銀行

キャンペーンで300マイル

新生銀行

キャンペーンで300マイル

SMBC日興証券

200マイル

SMBC信託銀行

300マイル

外為オンライン

1,000マイル

GMOクリック証券

1,500マイル

申込みする際に「ANAマイレージクラブ」お客様番号の入力を忘れずに行いましょう。

家族マイルを合算する

一人ではなかなかマイルが貯まらない…。そんな時でも、家族で貯めたマイルを合算すれば、大きくなります。「ANAカード」では、個人会員向けに「ANAカードファミリーマイル」というサービスを提供しています。クレジット機能なしの「ANAマイレージクラブカード」でも、マイルの合算ができます。「ANAマイレージクラブ」は何歳でも入会できるため、18歳未満でクレジットカードに申込みできないという家族でも、「ANAカードファミリーマイル」なら申込み可能です。親会員となるプライム会員は1名、子会員となるファミリー会員は1名から9名までとなっています。家族人数が多くても、すべてファミリー会員に登録できることでしょう。

まとめ

ANAマイルのお得な貯め方について、徹底解説してきましたが如何でしたか?貯めたマイルは、いろいろな交換先がありますが、中でも特典航空券への交換がお得です。陸の交通機関をよく利用する方は、「ANA VISA Suicaカード」や「ANA To Me CARD PASMO JCB」など、「交通系IC一体型カード」にも注目してみて下さい。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
口コミ投稿
国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス
満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る