クレジットカードの住所変更について詳しく解説!引っ越しの際は忘れずに!でも忘れた場合はどうなる?

  • 作成
  • 更新

引っ越しなどで住所が変わった場合、あなたの持っているクレジットカードは、忘れずに全て住所変更をするようにしてください。複数のカードを持っている場合は特に、忘れてしまうこともあるかもしれませんが、クレジットカードの住所変更を忘れると非常に危険です。

ではカードの住所変更を忘れるとどんなリスクがあるのか、どうやって住所変更すればいいかについてわかりやすく解説しますね。

クレジットカードの住所変更について詳しくご紹介!

それではさっそく、「いつ住所変更をするべきか」「住所変更の手続き方法」など、クレジットカードの住所変更について詳しく解説していきます。

引っ越しの最中に突然気がつくとついつい面倒になってしまうので、引っ越しがすでに終わっている人、引っ越しが控えている人だけでなく、これから引っ越しする可能性がある人も、今のうちに住所変更についての具体的な方法を頭に入れておきましょう。

いつ頃住所変更するのがよい?

クレジットカードの住所変更は、当日にするのが一番理想的です。できるだけ早く変更しておきたいところですが、カード会社によっては引っ越し前には手続きを受け付けていないところがあるからです。

また変更手続きを遅らせてしまうと、その間にクレジットカードに関する重要なお知らせが古い住所に送られてしまうため、遅くても引っ越しから一週間以内に手続きを終わらせるようにしてください。

引っ越し当日は忙しいから嫌だという人もいるかもしれませんが、ネットで手続きをすればほんの数分でできるので安心してください。もしすでに引っ越しているなら、出来るだけ住所変更手続きを早く済ませてしまいましょう。

住所変更手続きABC。徹底解説します

続いて、「具体的な住所変更手続き」「変更手続きの期間」「その他気をつけておくべきこと」など住所変更手続きについて詳しく解説していきます。

クレジットカードの住所変更手続きは、インターネット?郵送?電話?

クレジットカードの住所変更手続きは、インターネット郵送電話という3つの方法でおこなうことができますので、それぞれの手続き方法を紹介しますね。

【インターネットでの手続き方法】

    • カード会社のサイトを開きマイページにログインする
    • 「登録内容の変更」等のメニューから手続きをする(カード会社によって名称が違います)
    • 新しい住所を入力し変更する

【郵送での手続き方法】

    • コールセンター、あるいは公式WEBサイトから住所変更届の郵送を依頼する
    • 必要事項を入力して郵送する
    • 「住所変更しました」というお知らせが新しい住所に届く

【電話での手続き】

    • クレジットカードを用意し、本人が電話する
    • オペレーターに新しい住所を伝える
    • 「住所変更しました」というお知らせが新しい住所に届く

この中で、もっともおすすめなのはすぐに手続きが終わり、24時間365日変更することができる「インターネットでの手続き」です。カード会社としても、出来ればあなたがインターネットを通して自分で住所変更をしてほしいので、だれでも簡単に変更できるようになっていますよ。

クレジットカードの住所変更は、どれくらいの期間で変更完了する?

どの方法で住所変更を依頼したとしても、クレジットカードの住所変更はすぐに完了します。インターネットの場合は、入力を完了すればすぐに終わりますし、電話や郵送も変更手続きを行えば、その日のうちに変更が完了します。

住所変更以外に気を付けることは?

住所変更をする時には、「住所変更以外にも変更があるかどうか」に注意して、あわせて変更しておくようにしておきましょう。住所以外に変更できる内容には、次のようなものがあります。

  • ・電話番号
  • ・姓(結婚・離婚などの場合)
  • ・年収

この機会に、クレジットカードに登録されている内容を確認して、情報が最新なものかどうかをチェックしておきましょう。

クレジットカードの住所変更を忘れるとどうなる?

引っ越しなどで忙しくて、住所変更を忘れてしまった時にはどのようなリスクがあるのでしょうか。「返済だけきちんと済ませていれば大丈夫」などとタカをくくっていると、少なからずの問題を引き起こしてしまうことがあります。

明細などの郵送物が届かなくなる

クレジットカードの住所変更を忘れると、当然郵便物は古い住所に送られます。郵便局に古い住所に送られたものは全て新しい住所に送るように設定することもできますが、1年すると効力がなくなってしまいます。そのまま忘れて以前の住所に送られてしまうと危険ですので、できるだけ早く住所変更を行うようにしてください。

引き落としが遅滞するリスクも!

住所変更を忘れていると、クレジットカードに関するお知らせも届かないため引き落としが遅滞する可能性があります。例えあなたの口座に自動引き落としにしていたとしても、気付かないうちに口座にお金が入っていないということもあります。

そうなりますと、通常すぐに届くお知らせが新しい住所に届かないので、そのまま料金を支払わないまま滞納し続けてしまうことになります。それでも気づかないで料金を支払わないと、カードは強制解約になってしまい、それでも支払わないと最悪の場合裁判にさえなってしまうかもしれません。

そこまで行く前に大抵カード会社からメールや電話でお知らせがあるものですが、いずれにしても「あなたが遅滞した」という事実はクレジットヒストリー(クレヒス)※に記されてしまって、社会的信用を失ってしまいます。

※クレヒスとは、クレジットカードヒストリーの略。クレジットカード取引に関する情報で、全てのカード会社や金融機関は自由に閲覧することができます。

クレヒスに遅滞情報が記されてしまうと、ゴールドカードなどに切り替えるとき新しいクレジットカードを申し込むときローンを組むときなどに不利になってしまいます。

更新の際のクレジットカードが届かない

カード会社はお知らせだけではなく、更新された新しいカードも記録されている住所に送付します。ほとんどのカード会社は、カードが更新する旨を電話やメールで通達することなく直接送付しますので、更新されたカードが古い住所に届いてしまうことになります。

クレジットカードは、一般的に5年毎自動更新され新しいカードが届きますが、自分の持っているクレジットカード全ての更新日は普段あまり意識していないかもしれません。新しいカードが知らない人の住所に届くと思うとぞっとしてしまいますよね。

個人情報などのリスクもあり!

クレジットカードに関するお知らせや、更新されたカードにはあなたの重要な個人情報がぎっしりと詰まっています。開封していないお知らせにも、あなたの名前などの情報が載せられていますが、悪意のある人の場合、中を開封して個人情報を盗んでしまい、そのまま処分してしまう可能性も否定できません。

まとめ

今回はクレジットカードの住所変更について解説しましたが、いかがだったでしょうか。住所変更は、ネットで行えば24時間365日いつでもおこなうことができますし、手続きはほんの数分で終わりますので、引っ越しが終わったらできるだけ早く行うようにしてください。

住所変更を忘れると、更新されたときのカードや重要なお知らせが届かないため、個人情報の流出や返済の遅滞になってしまうリスクがありますので、絶対に忘れないようにしてください

クレジットカードには、重要な情報がたくさん記録されていますので、きちんと管理していくようにしておきたいですね。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧
JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る
三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る
よく読まれる記事
新着
ページの先頭に戻る